« 冬越し中のハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | クレマチスの新芽を探してみました(ベランダガーデニング) »

2018年2月18日 (日)

アーチ・パーゴラが丸見えだ!(ベランダガーデニング)

早起きしたものの新聞記事に熱中し過ぎて時間の経過を忘れてしまいました。
昨日の男子フィギュアや将棋の藤井5段の大活躍がビッシリと書かれていたのでついつい読み続けていると外は明るくなってしまい慌てていつもの作業にとりかかる始末

いいニュースがあるとやはり嬉しくなり良い1日になりそうでウキウキ気分です
今朝は風もなく青空が広がっているから尚更です

Img_1880

晴れているから水遣りもしっかり出来ました

2月中旬は1年で最もベランダの植物の占有容積が小さいときではないでしょうか
落葉植物は茎や蔓だけの状態になり常緑植物も剪定してこじんまり状態になっているからです。

Img_1877


Img_1884


Img_1885

アーチパーゴラ、トレリスに絡んだ植物達は丸裸状態になり骨組みが丸見えになって春先から夏にかけての景色とは全然違って惨めな姿です

冬の花のビオラや秋からずっと咲き続けてくれるカスミソウで和んでいます

Img_1876


Img_1886

それでも今をしっかり管理していたら春がびっくりするほどのシーンとなり喜びいっぱいとなります。

Img_1881


Img_1883

計画に沿ってバラ・クレマチスの蔓を剪定・誘引しておくと1ヶ月もすると新芽がニョキニョキと伸びて一気に緑が増えていきます
芽が出だしてから誘引を始めると蔓を折ったりするのでもったいないですよ

大好きなポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」が新芽を出し始めました。

Img_1887

年々ベランダの環境に合った植物も増えてこのアーチ・パーゴラに絡んでくれるクレマチスも4品種になりました

ベランダ奥側に更にクレマチスを絡ませないかと予備軍を育成中です

Img_1890

昨年からは五色ノブドウも加わり葉模様を楽しんでいます
狭いスペースでうまく育ってくれています

Img_1891

二日前にはアーチ下方でスノードロップが開きました

Img_1889

« 冬越し中のハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | クレマチスの新芽を探してみました(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬越し中のハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | クレマチスの新芽を探してみました(ベランダガーデニング) »