« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

春の嵐にご用心!(ベランダガーデニング)

午後から明日にかけて”春の嵐”が吹き荒れる予報ですtyphoon
南風で鉢やプランターが飛ばされないように移動させておかないといけませんdanger
”春の嵐”は南風がまともですから台風よりも強風になることがありますshock

日頃から台風対策に心がけているので大概の鉢は倒れないように防護しているのですが小物はどうしようもないので風が当たりにくい場所に移動です。
避難させるものはビオラが主です。

Img_2009


Img_2013



南風が当たらない北側のベランダに移動させました。

Img_2015

Img_2010

Img_2012

ずっと育てている植物がダメージを受けなければと不安ですができるだけのことはしてあとは自然任せにしておくしかありませんhappy01

昨日のクロッカスですがダブルでなくトリプルで開いてくれましたsign03
昨日は黄色の蕾が3つだったのですが今朝は3個開いてくれました。

Img_2006


Img_2007

気温が上昇したので今日はオキザリスも朝から開いてくれましたshine

Img_2014


久しぶりにエアプランツを水に浸しておきましたdenim

Img_2011

2018年2月27日 (火)

春らしい陽気でした(ベランダガーデニング)

今日は朝から気温が高めで気が緩みそうな感じでしたspa
友人に誘われてすぐ近くのゴルフ場に出かけることになり、気持ちいい運動をしてきましたgolf
天気がいいと気分も全然違いますねnote

2月も明日で終わり。
明日は”春の嵐”がやってきそうですtyphoon
いよいよ春がやってくるのですねcherryblossom

厳しい冬が越せるかどうか不安だった植物達も一部を除いてどうにかこうにかあと一歩で冬を越せそうですdanger

華奢な姿でいかにも寒さが苦手そうなセダムも何回か凍結しましたが耐えきっています。

Img_2000

寒いベランダでも全然大丈夫でしたsign03
氷点下2、3℃に2,3回なる程度の神戸ならではなんでしょうねsign02

Img_2001

Img_1998

昨日開いたクロッカスは今日もう一つ開いたようです?
家に帰って見た時はもう閉じた状態でしたcoldsweats01
明日はダブルで見ることが出来そうですgood

Img_1995

ビオラはいつまでも元気ですね!
これからMAXに向かっていきますup

Img_1996


Img_1997


Img_2002


Img_2003

明日は”春の嵐”の南風が吹き荒れるのでベランダが大変なことになるかもしれませんshock
日頃から清掃しているのですがどのようになるかちょっと心配ですね。

Img_2004


Img_1992

2018年2月26日 (月)

クロッカスが開花(ベランダガーデニング)

冬季オリンピックが閉幕しました。
日本人選手が大活躍で随分楽しませていただきましたnotes
スポーツはいいですね、感動場面がいっぱいあって涙腺が緩い私はついつい…しっぱなしでしたsweat02

ビタミン色のクロッカスが開花してまた春らしくなってきましたsun

Img_1988






特に今日は気温も高くなって冬が終わりそうな雰囲気なので尚更嬉しくなりますnote

Img_1984

早くから球根から芽を出したのですがその後は変化が乏しくじれったくなっていたのですがパッと色を付けてくれました。

この場所はムスカリがどんどん占有してぼうぼうになったので間引いてそこに初めてクロッカスの球根を植えてみたものですhappy01

Img_1986

クロッカスは失敗しない球根の一つですね!
ちょっとしたスペースに球根を植えていたら春には芽を出してくれますok

スノードロップからバトンタッチしてくれるのでしょうsign02

Img_1977

他に春を告げてくれるものはないかなと探していると水仙の花茎が現れていましたeye

Img_1981


Img_1982


そして木苺は今にも葉が飛び出そうな感じになっていました。

Img_1970


Img_1969


Img_1968


家の中ではシャコバサボテンが乱れ咲き状態。

Img_1967


Img_1965

「春よ来い、早く来い」と心待ちにしていますcherryblossom

Img_1991


Img_1972

2018年2月25日 (日)

ミニバラ新芽が弾けた!(ベランダガーデニング)

今日の天気は下り坂ということで朝からずっと曇天ですcloud
気温も昨日に比べると少し低めで青空が欲しい気分ですhappy01

昨日に続いてクレマチスの枯れた蔓を除去しましたhairsalon
いつも間違って生きた蔓を切ってしまうので老眼鏡をかけて慎重に先端から一節ごと下方に向かって枯れていることを確認しながらカットしていきましたcoldsweats01

植物達はまだ活動に勢いがありませんがそれでもしっかり春の準備を進めていますup
ミニバラのあずき色だった新芽の先端が弾けてきました。

Img_1961


そのうち小さな葉を形成して緑葉いっぱいになるのでしょうsign02

Img_1964

Img_1955


Img_1956

ベランダではスペース的にもそして日照も十分でないのでバラは育てにくにのですがミニバラなら害虫も気ににすることなく楽しめますnotes

Img_1957


Img_1958


Img_1959

*今日は記事を書いたのですが投稿するのを忘れていましたcoldsweats01

【独り言】
冬季オリンピックのスピードスケートの新種目マススタートで高木菜那選手が見事に金メダルを獲得しましたshine
パシュートもそうですが選手の後ろにつくとそれほど空気抵抗を受けないのだろうかと半信半疑でしたが今回の日本人選手の結果やコメントから納得させられましたpass
体力的に劣る選手が最終的には勝つのだから間違いないですねsign01
大きなオランダ選手の後ろに最終コーナーまでピタリとつけて抜け出した作戦はオランダ人コーチのアドバイスがあったからかもしれませんがsign02

新幹線や航空機など超高速の物体なら理解できるのですが人間の力で走る程度の速度でそこまで影響するのだろうかと疑問に思っていましたcoldsweats01 

マラソンなどでもそう言われていますがトップアスリートくらいになるとやはり記録に明白に影響するのですねpencil

2018年2月24日 (土)

クレマチスの整枝・誘引(ベランダガーデニング)

冬季オリンピックの日本人選手の活躍も見たいのですが暖かい日にはベランダに出たいのでゴソゴソしていましたsun
PM2.5で覆われているのでしょうね、視界が悪くいつも見えている淡路島やすぐそこの明石海峡は全く見えませんdespair

今日は重点的に東側壁のハンギングの裏側に隠れているクレマチスの蔓の整枝・誘引をしておきましたhairsalon

Img_1947


Img_1943

前にもやったのですがそれ以後枯れた蔓を取り除き、より生長しやすい場所に誘引します。
隠れて見えなかった場所には既に大きな新芽を付けているものも多数ありちょっと嬉しくなりましたbud

Img_1944


Img_1945


Img_1946

ハンギングの陰にならないようによく日が当たる場所に誘引してやりたのですがつい好みの品種が見つかって増やしてしまうので展張させる場所がなくこんな所にまで誘引していますcoldsweats01

Img_1948


Img_1953

Img_1952



2018年2月23日 (金)

やっぱりクレマチスが好き(ベランダガーデニング)

昨日クレマチスの鉢増しをしているときに赤玉土が足りなくなって途中でホームセンターに買いに行ったのですがレジの傍でクレマチスの苗が入荷しているのを見つけましたeye

昨日はとにかく作業を終えないといけないので横目でチラリと見るにとどめ、早速今日出かけてきましたrun

苗の種類は少ないのですが平日とあってか未だ沢山残っていました。

昨年までベランダで咲いてくれていた「ベノサバイオレシア」と初めての「フロリダ」の2種です。

Img_1940



絞りの入る花弁が気に入ってたベノサバイオレシアがノウゼンカズラに負けてしまったのでしょうか、芽を出さないので新苗で再挑戦です。

「フロリダ原種」は昨年「テッセン」に挑戦したのですが直ぐに駄目にしてしまったので同じ白色系の花弁をと手にとってみました。

2年苗なのでひとまずこのままで来春まで育ててみようと思っています。

クレマチスの季節になったのですねsign03
「篭口」の新芽も葉を広げて活動開始です。

Img_1941

この姿を見ると条件反射で春の香りが漂ってきますcherryblossom

グレイブタイビューティもしっかり新芽を2個出しましたbud

Img_1942

グレゴマも姿を消したので再度苗を購入しました。

Img_1937

2018年2月22日 (木)

クレマチスの鉢増し(ベランダガーデニング)

ベランダはスペースが限られるので出来るだけ鉢増ししない私ですが7号鉢にクレマチス2品種(「ロマンティカ」と「ルビーグロー」)を植え付け、根が張って根鉢がカチンカチンになってしまったので仕方なく鉢増ししてやることにしましたcoldsweats01

Img_1924

Img_1925

クレマチスは根を下方に伸ばすので深鉢が適しているのですが近くのホームセンターでは深鉢のスリット鉢が無いので普通の鉢を使用しています。

Img_1927

根鉢を抜くのにアケビの時と同様に、苦労するだろうと覚悟はしていたのですが蔓の上部を固定しているので鉢をあまり動かすこともできず約2時間の格闘でしたshock

最初は蔓を折らないようにと注意しながら作業していたのですがそんなことではらちがあかないので途中から片足をプランターにかけて強引に引き抜こうとするもびくともしませんでした。

Img_1928

途中であきらめかけましたが悪戦苦闘の結果、何とか根鉢を抜くことが出来ましたsad
根を傷つけるのでスリット鉢を割った方がいいのですが工具もないのでこのような惨めな姿にしてしまいましたcoldsweats02

Img_1931

乱暴になったことで蔓を2か所折ってしまいましたcoldsweats02
高所壁まで到達している大きな蔓は既に節から新芽を出しているのでショックです。

Img_1935


セロテープで補助しておいたので何とかなるでしょうsign02

Img_1933

使用土は赤玉土(小粒)6、腐葉土4に緩効性肥料を適量混ぜたものにしました。


クレマチスもこれで多少根を新たに張るスペースが出来たのでパワーを蓄え沢山花を咲かせてくれるでしょうsign02

Img_1932

8年前に小さな苗を買ってきた「ロマンティカ」蔓径が1㎝にもなり活躍してくれますhappy01
(買った時はピンチヒッターのつもりでしたが今はレギュラーの座をしっかりです)

Img_1939

【独り言】
冬季オリンピック、昨夜の女子チームパシュートには感動しましたgood
(A紙では「チームパシュート」と言わず「団体追い抜き」と表現しているのが不思議に思っていたところ鉢増し作業中にかけていたラジオでそのことについて面白く突っ込んでいました)
3人がピタリと一体となって空気抵抗を低減させて走るスピード感ある日本チームはあのスピードスケート王国のオランダをワールドカップに引き続き圧倒しました。
体格的にも優れたメダリストを揃えたオランダチームに勝利したのだからそれはそれは感動するでしょうsign02
(スピードスケートをTV観戦しているとき自分も身体を左右に揺らしていませんか?happy01
 

今回のオリンピックメダリストの競技後のインタビューでは勝因を自分を支えてくれたチームやサポートしてくれた人達をすぐに挙げる姿でまた感動しますspa
スピードスケートもオランダ人のコーチ達に感謝を忘れてはいけませんねnotes

 昨日のフィギュアスケートの女子ショートは凄い演技の連続でしたsign03
日本の高校生坂本選手が自己更新で高得点を出すと宮原選手も完璧な演技でこれまた高得点で上位につけたのですが更には更にはロシアの2選手が世界最高得点といったこれまでに見たこともないハイレベルの戦いでした。
どの選手も実力を発揮できた満足そうな演技後の表情が何よりでしたnote
明日のフリーがどのようになるか楽しみですnotes

2018年2月21日 (水)

高所緑化計画の総括(ベランダガーデニング)

冬が終わると喜んでいたら花粉症の季節になるのですねweep
私も目の周りが少しヒリヒリしてきて憂鬱になり始めました。
これから短くとも2,3ヶ月も続くかと思うとぞっとします。

今日はWebサイトのメンテナンスの日であることをすっかり忘れていましたcoldsweats01
ログインしようと何度試みるも今まで見たことのないメッセージ画面となり、ウィルスにでも犯されたかと諦めかけたときにサイトのメッセージを見つけて納得、夕方にやっとログイン可能になりましたhappy01

数年前にベランダ奥の高所壁を緑化しようと挑戦したのですがどうにかこうにか数種の蔓性植物を這わせて花も咲かせることが出来るようになったのでまとめてみました。
(2,3年後には大規模改修工事が行われる予定なので成果も一旦ここで評価です)

Img_1920

緑化のために2,3のクレマチスを選定して高所まで上げる計画は順調に仕上がっていきましたup
半日陰場所でも育つ品種と制限がありましたが、お気に入りの品種が見つかり春になると楽しみいっぱいですhappy01

Img_1922


Img_1921

②更に壁面を賑やかにしてみようと東側の壁面のHFヤングの一部の蔓をこの奥の壁面まで誘引すると伸びるわ伸びるわ想定外の生長に大満足ですbell

Img_1919

日陰では花を咲かすことはまず無理だと思われたノウゼンカズラも高所まで誘引してそこから日が当たるように垂らすと何とか花を咲かせることが出来ましたdollar

モッコウバラも昨年から花を少しですが花を咲かせますshine

Img_1923

総括すると高所壁を飾ってくれる植物はクレマチス「紫子丸」「ロマンティカ」「HFヤング」「篭口」そしてノウゼンカズラ、モッコウバラと当初計画よりも増えて成果大ですup

やれば何とかなったということでしょうかsign02coldsweats01

更にクレマチスを増やしてみようと2,3品種を挑戦中ですthink

2018年2月20日 (火)

気温上昇でオキザリスが開きました(ベランダガーデニング)

黄色の花を咲かせるオキザリスが3週間前位に開きましたがその後は閉じたままの状態になってしまいましたdown

開花条件の温度と照度が揃わないのでしょうねsign02
晴れの日は楽しみにしていたのですがなかなか開かないので不完全燃焼です。

今日は朝から青空が広がり気温も上がって10℃を超えてきました。
すると久しぶりにオキザリスが開いてくれましたup

Img_1906

黄色の花は春を連想させてウキウキ気分にさせてくれますspa

Img_1915

Img_1908

花期をそろそろ終えるオキザリス「バーシカラー」の方も気温上昇と共に開いてくれますgood

Img_1904


Img_1905

スノードロップは気温上昇に比例して花弁の広げ方が大きくなるように感じますhappy01

Img_1910

今日もビオラは元気、元気smile

Img_1911


Img_1912

2018年2月19日 (月)

クレマチスの新芽を探してみました(ベランダガーデニング)

スピードスケート女子500mで小平奈緒選手が期待通りのぶっちぎりで金メダルを獲ってくれましたmotorsports
W杯15連勝中といった実績を引っ提げて当然優勝といった期待がかかるもののオリンピックでの一発勝負は難しいと誰もが思ったことでしょうsign02
オリンピックレコードといった快挙も達成でその強さを証明しました。
今朝も朝刊のオリンピック記事を隅々まで読んでしまいましたhappy01
数年前から不思議だった所属先との関係もやっと分かりました。

昨日は午後からは比較的暖かかったのでプランター内の枯れ葉拾いをしながらクレマチスなどの新芽を探してみましたeye

Img_1903


Img_1901



地上部を完全に枯らす品種はやはり心配ですね!
二度と芽を出さなかったらそれでおしまいですものねcoldsweats02

小さな蔓のものも何とか新芽が顔を出しているとその頑張りについ拍手ですhappy01

Img_1898


力強い新芽を見るともう春がやってきたと錯覚してしまいますcoldsweats01

Img_1897


ビオラの花がプランターからこぼれんばかりになってきましたshine

Img_1893


Img_1894

Img_1892





初めてのタキイ種苗のF1ビビもいい感じになってきましたscissors

Img_1895

2018年2月18日 (日)

アーチ・パーゴラが丸見えだ!(ベランダガーデニング)

早起きしたものの新聞記事に熱中し過ぎて時間の経過を忘れてしまいました。
昨日の男子フィギュアや将棋の藤井5段の大活躍がビッシリと書かれていたのでついつい読み続けていると外は明るくなってしまい慌てていつもの作業にとりかかる始末coldsweats01

いいニュースがあるとやはり嬉しくなり良い1日になりそうでウキウキ気分ですnotes
今朝は風もなく青空が広がっているから尚更ですsun

Img_1880

晴れているから水遣りもしっかり出来ましたsign01

2月中旬は1年で最もベランダの植物の占有容積が小さいときではないでしょうかsign02
落葉植物は茎や蔓だけの状態になり常緑植物も剪定してこじんまり状態になっているからです。

Img_1877


Img_1884


Img_1885

アーチパーゴラ、トレリスに絡んだ植物達は丸裸状態になり骨組みが丸見えになって春先から夏にかけての景色とは全然違って惨めな姿ですshock

冬の花のビオラや秋からずっと咲き続けてくれるカスミソウで和んでいますwheelchair

Img_1876


Img_1886

それでも今をしっかり管理していたら春がびっくりするほどのシーンとなり喜びいっぱいとなります。

Img_1881


Img_1883

計画に沿ってバラ・クレマチスの蔓を剪定・誘引しておくと1ヶ月もすると新芽がニョキニョキと伸びて一気に緑が増えていきますbud
芽が出だしてから誘引を始めると蔓を折ったりするのでもったいないですよhappy01

大好きなポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」が新芽を出し始めました。

Img_1887

年々ベランダの環境に合った植物も増えてこのアーチ・パーゴラに絡んでくれるクレマチスも4品種になりましたup

ベランダ奥側に更にクレマチスを絡ませないかと予備軍を育成中ですnote

Img_1890

昨年からは五色ノブドウも加わり葉模様を楽しんでいますnotes
狭いスペースでうまく育ってくれていますgood

Img_1891

二日前にはアーチ下方でスノードロップが開きましたshine

Img_1889

2018年2月17日 (土)

冬越し中のハイビスカス(ベランダガーデニング)

10℃以下では耐えきらない植物はやはり室内でないと冬は越せませんdanger
一度でも寒気に当ててしまうと駄目になるのは明白ですbook

ハイビスカスはリビングの窓辺の日当たりのよい所に置いて冬を過ごしますspa
もう10年以上もこうやって過ごしていますgood

Img_1873

コウシュンカズラは初めての冬越し中です。
ハイビスカスと同じ場所です。
どうにか耐えて新芽を出し始めましたbud

Img_1875

ガーデンシクラメンはベランダでも大丈夫なのですが弱ってしまうと一時的に室内に入れてやっています。

Img_1867_2

傍ではシャコバサボテンがハイビスカス、コウシュンカズラの冬越しを応援してるかのように次々と花を開いています。
室内が明るくなりますshine

Img_1866

今年はフウセンカズラを花後もずっとそのままにしています。
綺麗とは言えませんが蔓や実が枯れた姿もまた違った感じで…

Img_1868

Img_1870_2



【独り言】
スノボ男子ハーフパイプのメダリスト、平野選手はその技は世界でできる選手はほとんどいないといった派手なパフォーマンスを披露してくれるのですが、競技後の動作や受け答えは冷静で落ち着いた雰囲気は凄く好感がもてます。
多くのメディアから同じ質問をされてもそのたびに丁寧に分かりやすく説明してくれる姿勢はスノボからイメージされるものと全く違っていました。

男子フィギュアでは羽生結弦選手が見事に金メダルを獲ってくれました。
男子では66年ぶりの連覇といった快挙だとのこと!
あの大怪我からの奇跡的な復活ができたのですね。
羽生選手の快挙の陰となって少し目立たなかった宇野選手も凄いことをやってくれましたsign03
日本人選手の金、銀メダルの演技に酔いしれて時間を忘れてしまった土曜の午後でした。

2018年2月16日 (金)

スノードロップが咲いていました(ベランダガーデニング)

冬季オリンピックの日本人選手やチームが大活躍してくれるので中継から目が離せませんtv
競技前の意気込みも自信があって凄く期待がもてるのでたまりません。
一昔前の控えめコメントとは随分違ってきましたねhappy01

ここ数日家を空けることが多くベランダの様子を見ることが出来ませんでしたが、今日は朝早くから用事を済ませて昼前にベランダに出てみるとスノードロップが開いていることに気付きましたeye

Img_1861


Img_1856

朝の掃除や水遣りの時には全く気が付きませんでしたcoldsweats01

Img_1858


Img_1852

陽射しがタップリ当たるせいか、花弁をしっかり開いていますhappy01

Img_1851


Img_1853

スノードロップは下向きに開くのでなかなか内側の花弁の様子を窺う機会がないのですが今回は3枚の内側の斑入り花弁をしっかり確認できます。

Img_1863


Img_1862


Img_1865

2018年2月15日 (木)

ヒヨドリからの贈り物(ベランダガーデニング)

2,3日前までの予報では「雨」だったのですが今日は曇りのち晴れに変わり、しかも気温が昨日に続き高めなので随分得をした気分になっていますhappy01

北九州では「春一番」が吹いたとか、いよいよ春が訪れそうですねcherryblossom
嬉しい限りですgood

ベランダに決まった時間にヒヨドリがやってくるようになりましたchick
その振る舞いからきっと昨年までやってきた鳥なんでしょうねsign02

昨年ヒヨドリが残していった贈り物から発芽したものを育てていたら「こんなん出来ました」。

Img_1850

Img_1842


山の中に入ったら見かけたような植物ですが名前が分かりませんcoldsweats01
約1年でこれほど生長したのですがこれからどうなるでしょう?

少し変わった葉の形をしているし、日陰でも育ちそうなのでベランダの日陰場所の緑化に役立ちそうですclover

Img_1843

気温が上がってくると気になるのがビオラです。

Img_1844


Img_1845


こちらは寒いのが好きな植物なので気の毒ですdown

Img_1847

今を思う存分楽しみたい気持になります。

Img_1848

2018年2月14日 (水)

色彩豊かな葉も楽しめるゲラニウム(ベランダガーデニング)

夏の高温多湿が苦手なゲラニウムですが昨年の夏は北側ベランダの風通しのよい場所に置いてどうにかこうにか乗り越えてくれましたscissors

秋になって涼しくなると新葉を形成して低くまとまった姿になりますnote

Img_1841

Img_1837

冬は色濃くなる葉や紅葉する葉、グラデーションがかかる葉などバラエティに富みますup
這うように密にまとまる姿が気に入ってます。

Img_1840


Img_1838

もう1ヶ月もすると濃いブルーの小花を咲かせてくれますよ。

Img_1839

【独り言】
今日の冬季オリンピックのスノボ男子ハーフパイプの競技は見応えありましたねsign03
19歳の平野選手が誰もがなしえなかった高難度の技を決めて金メダルを決めたかと思ったらスノボのスーパースター ホワイト選手が逆転で金メダルをさらっていきました。
どちらの選手も人の技とは思えないような技の連続で楽しませてくれましたshine

 

2018年2月13日 (火)

雑貨が助けてくれます(ベランダガーデニング)

冬季オリンピックで日本選手が大活躍ですcrown
実力は金メダル確定と言われていたものの結果は銀、銅となりオリンピックの難しさを知らされましたがその戦いぶりに感動しましたshine

今日のスノボ男子ハーフパイプの予選は見応えありましたeye
決勝に向けて凄い技を次々と披露する各選手の駆け引きがヒートアップup
明日の中継が今から楽しみですpresent

冬のベランダはどうしても殺風景で寂しくなりますdown
植物達も活動を止め勢いがなくなるので少しでも引き立ててやろうと雑貨を配置していますnote

ちょっとしたことで見栄えも違うと思うのですがどうでしょうsign02
ベランダに出る楽しみも増えテンションもあがるのでガーデニングを継続できますhappy01

①プミラ

Img_1824

②ワイヤープランツ

Img_1826


Img_1827


Img_1831


③シュガーバイン

Img_1830



④コクリュウ+ワイヤープランツ

Img_1829


⑤セダム「アクレ」

Img_1828

⑥ナンテン

Img_1832

⑦ガーデンシクラメン

Img_1836

Img_1825

⑧ハツユキカズラ

Img_1833

⑨ノウゼンカズラ

Img_1835

⑩ペラルゴニウム・シドイデス

Img_1834

2018年2月12日 (月)

再び寒波ですが(ベランダガーデニング)

また寒波がやってきて北陸では大雪の警戒が必要とのことsnow
人の生命を脅かす自然に注意しなければなりませんdanger

神戸では雪は降りませんがさすがに寒いsign01
ベランダに出ても水遣りなど必要なことだけを済ませてすぐにリビングに戻って身体を温めますspa
昨日寒肥などの作業を済ませておいてよかったですgood

Img_1817

Img_1808

今日は風があるので体感温度も厳しいようですdown
しかし、「寒い、寒い」とばかりは言っておられませんねhappy01
雪国のことを考えればこれくらいは「冬」ではないのでしょうねsign02

Img_1809

Img_1810


Img_1811

やはり、こんな時はお日様が貴重ですshine
気分が違ってきますup

Img_1813


Img_1812

数日前からベランダにヒヨドリがやってくるようになりましたchick
いつもの場所にやってきてはじっとしているので昨年もやってきた鳥なんでしょうかsign02
花をちぎったりの悪さをしないので可愛がってやっています。

Img_1822

背中を向けて完全に無防備ですsmile
むしろ縄張り争いを警戒して外に向かって他の鳥がやってこないように威嚇しているかのようです。

こうやって朝夕と各々30分以上もじっとしていますsleepy

【独り言】
冬季オリンピックの選手の活躍を期待してTV観戦していますが、今日のスノボ女子スロープスタイルは気の毒なほどでしたtyphoon
強風が荒れ狂う中の競技だったので殆んどの選手が風にあおられ得意技を発揮することなく転倒するシーンを見て大怪我をしなければいいがと派手なパフォーマンスよりも心配が先といった様子でした。
予選が出来ずいきなり決勝、しかも時間遅れといった中での大会でしたが参加した選手達の胸中はいかにsign02

やはり、競技後の選手のコメントを聞いて危険だったことが分かった。
あれだけの転倒者が連続しているのに競技を続行してあの内容では…。
折角オリンピックに参加出来た選手があのコンディションの中では気の毒で仕方ありません。

2018年2月11日 (日)

寒くても冬の作業を(ベランダガーデニング)

冬季オリンピックが始まりました。
メダル獲得の期待がかかる競技も多数あり、番組表を見ながら用事を済ませていますeye

ベランダの作業も気になることがあるのですがオリンピック中継が気になって集中してやれませんcoldsweats01

今の時期は害虫駆除が効率的にできます。

床に落ちた枯れ葉やウッドパネルの下で冬を越そうとするダンゴムシなどの害虫を退治するためにしっかり清掃することを心がけています。

Img_1789

床に置いている床・プランター等を移動させ掃除してクリーンを維持ですshine

カイガラムシ退治をやっています。
ノウゼンカズラの節に発生することがあるので枯れ枝を切除した後、マシン油乳剤を吹き付けておきます。

画像の中央のトレリスノウゼンカズラの蔓が絡んでいるのですが分かりにくいですねweep

Img_1790


冬越し中のアメリカンブルーの株元では新芽を覗かせ始めていました。

Img_1792

春を感じさせてくれるシーンを少し。

Img_1796


Img_1795


Img_1793

クレマチス寒肥をやりました。
12月にもやりましたがこれから春の成長期に向けてゆっくりと効いてくる油かす+骨粉を与えておきます。
植え替えが困難なのでこれで少しは大きくなって沢山の花を咲かせてくれないかと願っての作業です。

Img_1797


施肥のためにバークチップを取り除くと新芽を確認することができますeye
這沢Mはまだ小さいのですが年々徐々にですが大きくなるので楽しみです。

Img_1798

篭口は力強い芽で暖かくなると一気に蔓を伸ばしそうです。

Img_1800


Img_1801Img_1803

春になってアーチ、パーゴラに絡んだりベランダの奥まで届くようになった蔓に可愛い花を咲かせてくれると想像すると寒いベランダ作業も苦にはなりませんcoldsweats01

Img_1804


Img_1805


Img_1806

2018年2月10日 (土)

雨のベランダ(ベランダガーデニング)

夜明けと共に雨がシトシトと降り始めましたrain
今朝は結露が全くなかったので気温も多少高く雪にならなかったのでしょうsign01

ベランダが薄暗く、植物達も一休みといったところでしょうか眠っているように見えますsleepy
ちょっとした気象の違いで表情が違って見えますeye

Img_1773_2


リビングからベランダを撮ってみましたcamera

Img_1774


Img_1775


昨日から突如ヒヨドリがベランダに姿を見せるようになりましたchick
昨年もやってきた鳥なのかバードフィーダの所にやってきてリビングを覗き込んで餌をよこせと言わんばかりですcoldsweats01
3mくらい離れている私の姿を認識しても10分位はじっとしています。
ヒヨドリの画像はまたの機会にして。

Img_1777


Img_1779


Img_1781

Img_1785

Img_1788


2018年2月 9日 (金)

今日はゆっくりと(ベランダガーデニング)

今朝は比較的穏やかで春がやってきそうな空気感でしたcherryblossom
気が緩みそうになりましたがそこはシャキッと引き締めて掃除洗濯に頑張りましたrun

昨日は暗いうちに出掛け、夜遅く帰ってきたのでベランダを全く見ることが出来ませんでしたcoldsweats01
毎日見慣れている光景ですが1日見ないと新鮮ですsign03

長い間、花が開いたまま冷蔵保管されたようなクレマチスの花もあまりに低温になって葉脈が凍結したのでしょうか駄目になってしまいましたdown

Img_1765


春らしい色を少し見てほっこりとspa

Img_1767


Img_1768


お菓子のような模様のセダムsign01

Img_1770


Img_1771


つるバラの新芽がニョキニョキと伸びて期待感が高まりますup

Img_1772

2018年2月 7日 (水)

生長に欠かせない日照(ベランダガーデニング)

強烈な寒波で日本海側では記録的な大雪となり死者が出たり、災害救援隊の要請など生活に支障をきたすほどの深刻な状態になりましたdanger
明日ごろまで強い冬型の気圧配置が続くとの予報ですが平常に戻って欲しいものですsun

今朝はベランダの鉢にも霜柱が立っていました。
水遣りの残った水を排水溝に流すと直ぐに氷になるほど冷え込みました。

ベランダに日が射し込むと植物達はやはり嬉しそうですねsign03
水仙はニョキニョキと葉を伸ばして大きくなっているように見えますeye

Img_1755

クロッカスクレマチスの新芽も次第に大きくなって力強くなるようですup

Img_1754


Img_1756



生長にはやはり光、温度が大切ですねnote
寒い時期は日照のありがたさが分かりますdollar
凍り付いた花・葉をやさしく乾かしてくれたり、霜柱を溶解してくれたりと…

Img_1763

Img_1764




寒さに強いビオラは日が差すと嬉しさのあまり躍っているようにも見えます。

Img_1762


Img_1757

Img_1758


Img_1759


冬の間、ベランダの隅っこに置いているミセバヤを晴れの日にはテーブルの上に置いて日光に当ててやっていますspa

Img_1760

ミニバラの新芽のあずき色が目立つようになってきましたup

Img_1761

2018年2月 6日 (火)

今年はクリスマスローズが咲かない?(ベランダガーデニング)

日本海側では大雪警報が出て深刻な状況、自然の猛威は恐ろしいほどです。

今朝はベランダに水をこぼすとすぐに凍ってしまうほどでしたcoldsweats02
しかしながら、昨日ほど風が強くないので少しはましですsun

軒下から遠ざけていたビオラでしたがやはり低温のためか花がうなだれていましたdown
それでも軽傷のため日が当たるとすぐに元気よくピンと立ち上がってくれましたrun

Img_1749


何故か今年はクリスマスローズに蕾がついていませんshock
例年なら今時蕾が一つは付いているのですが…

Img_1750


日中外に出しているアメリカンブルーも傍で応援しているのですがどうでしょうsign02

Img_1752

3月後半に花を咲かせるのでのんびり待っていてもいいかもしれませんねsign02

Img_1753

【独り言】
今日確定申告書をネットで作成・郵送しましたpencil
昨年までは必要書類を準備して税務署の出張作成所で数値をインプットしてもらっていました。
昨年は開所早々凄い人でかなり待ってしまったので今年は自分でインプットしてみようと挑戦です。
手順に従って昨年までの資料を参考に入れてみました。
自分でやってみるとこれまでのものにインプットされていない箇所や保険の種類が間違っていて控除額が違っているものを見つけましたeye
急いでいるとやはりミスってしまいますねcoldsweats01

自分でしっかりチェックすると還付金も増えるようですgood

2018年2月 5日 (月)

「寒い、寒い」とばかり言ってます(ベランダガーデニング)

今日は晴れてはいるものの風が冷たく、真冬状態です。
つい「寒い!」が出てしまいます。

鉢の表面が乾燥気味になっているので水遣りが難しいのですが正午前にやっておきましたhappy01
木曜日頃までこの強い寒波は続くとの予報、まだまだ冬を感じておかないと駄目なんですねsad
インフルエンザが大流行しているようですbomb
TV番組でも突然MCが罹って休まれているのを見かけます。気をつけましょうねsign03
私も何年か前までは毎年罹って40℃の熱にうなされましたが今罹ってしまうともう耐えられそうもなく恐ろしくなるほどですweep

オキザリスは日が当たっているのですが花は開こうとしていませんwobbly
明るさは足りているのでしょうが温度が不十分なのでしょうねsign02
(花弁の中の温度を維持するために花を開かないのですね)

Img_1739


厳しい寒さなのですが木イチゴは芽出しの準備をしていますhorse
ベランダの植物の中で最も早く芽吹くのが木イチゴです。

Img_1740


Img_1735

アケビもそろそろ芽吹こうかなといったところまできています。

Img_1741


Img_1736

室内で冬を過ごしている植物達はリラックスした表情ですnotes

Img_1738

2018年2月 4日 (日)

春というのに!(ベランダガーデニング)

今日は立春。
暦上では春なのですが西日本に強烈な寒気団が南下して再び寒波襲来ですshock
本当の春がやってくるのはまだ時間がかかりそうですsign02

クレマチスの新芽が次々と出てきているので凍傷に遭わなければよいのですが。

寒くても元気なのはやはりビオラ

Img_1726


Img_1727

霜の当たって凍結しないかぎり少々の寒さでは大丈夫です。

Img_1729


Img_1732

冷たい西風が強くて晴れているもののベランダに出るとすぐに熱を奪われ冷えきってしまいますdown
あまりの寒さにキーボードやカーソルを触る手が凍てついて思うように動きませんsad

Img_1731_2


Img_1730


窓辺に置いているガーデンシクラメンやシャコバサボテンは日が当たるとさすがに嬉しそうですsun

Img_1725

Img_1733


Img_1734

2018年2月 3日 (土)

今日は節分(ベランダガーデニング)

今日は節分、「福は内、鬼は外」と掛け声しながら福豆をまいて邪気を払う。
関西(大阪を中心)では恵方巻と言って太巻きを丸ごと恵方(今年は南南東)に向かって黙って一気に食べると福が訪れるという風習があって一大行事のごとく各家庭で行われているようです。

30年前に神戸に引っ越してきてこの風習を初めて知りましたがそれからは当然のように行っていますhappy01
その頃はスタンダードな海苔巻きだったように記憶しているのですが最近はいろいろな巻物にバラエティに富んできましたshine
今日は近くのショッピングモールではどのお店も恵方巻コーナーはものすごい行列でしたsweat01

知名度も上がってきて関東にも広まってきているとかsign02

何であれ邪気を追い払って幸福な年にしたいですねsign03

季節が変わる、明日は「立春」ですcherryblossom

昨年9月に種をまいたオルレアホワイトレースとストロベリーキャンドルは発芽して順調に(?)成長しています。

Img_1712


Img_1713

この寒さにも負けずに何とか生きています。

まだまだ頼りない姿ですが春になるまでにはもっと大きくならなければ移植できそうにありませんcoldsweats01

Img_1714



ちょっと土増ししてみようかな?

Img_1715

スノードロップは白の蕾を確認できるようになりましたeye

Img_1716


クローバー「ティントロゼ」は寒気に当たりながらもしっかり根付いています。

Img_1717

Img_1724

暑さは苦手ですが寒さは平気なゲラニウムはどんどん大きくなってきましたup
今回は夏越しに成功しましたscissors

青紫色の小花を咲かせますが葉っぱだけの今の姿もまとまりがあって私のお気に入り。

Img_1718

矮性のローズマリーが垂れるようになって花を咲かせました。
我が家のベランダでは今の時期が最も日にあたるので開花期となります。

Img_1720

家の中ではシャコバサボテンがかなり開き始めました。
短日で開くのではなく、日が長くなってから開花絶頂って何か変ですねcoldsweats01

Img_1711

2018年2月 2日 (金)

弱々しい姿だけど強靭なセダム(ベランダガーデニング)

首都圏では積雪でまた交通機関が大混乱かと思われたのですが外れてよかったですねsign01
近年は首都圏に雪が降ったり、台風が接近するなど自然災害が多くなったような気がします。

昨日は小さなDIY作品ですが時間が凄くかかってしまいましたwatch
今日は週末ですが少しゆっくり過ごしたい気分ですspa

寒波襲来によって氷点下に下がったのでベランダに出したままのスパティフィラムが凍死してしまいましたがセダムや多肉植物は元気に過ごしています。

Img_1696


Img_1697

朝凍ってしまっても日が昇って徐々に融けるとすきっとした姿を取り戻します。
華奢な姿をしていますが何故か強靭な体質のようですpig

Img_1699


Img_1698

Img_1703

小さな植物が頑張る姿は冬の寒さを吹き飛ばしてくれますup

Img_1704

Img_1702




Img_1705


Img_1706

日陰場所に置いているセダムは寒風を遮られているので助かっているのかもしれませんsign02

Img_1707


Img_1708


Img_1709

Img_1710

2018年2月 1日 (木)

ベランダに広がり感を?(ベランダガーデニング)

ベランダを少しでも広くそして立体感のあるように見える空間にしたいのであれこれDIYしながら楽しんでいますnotes

昨日から木製の板を買ってきてベランダ中央部をより広く感じるようにと貼り付けてみました。

Img_1689


Img_1691



このエリアは洗濯物を干す場所なので障害とならないようにハンギングは我慢しています。

台風などの強風時にハンギングの一時避難場所としてラティスを張っているのですがその機能を損なわないように張ってみましたcoldsweats01

Img_1690

大した作業ではないのですが文字を入れるのがなかなか難しいですね。

これまでも小さな銘板を作ってみましたがなかなか上手くできませんthink

今朝は雪が舞って寒いのですがコタツに入らず頑張りましたよrun

Img_1694

こうやっていろいろ試してみるととstep by stepで徐々に気に入ったものに仕上がっていくので作業も楽しくなりますup

Img_1693

Img_1695

【独り言】
昨夜の「皆既月食」を見られた人も多いことでしょうsign02
天気予報では西日本は曇り空なので期待薄でしたが月食が始まる時間には雲はなくゆっくり観察することができました。
スーパームーンが赤銅色に変化した皆既月食は荘厳であり、神秘的でもあります。
風呂上がりの身体が冷え切らない程度に楽しみましたnight

Img_1676

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »