« モッコウバラを剪定・誘引(ベランダガーデニング) | トップページ | オレガノディクタムナスが新芽を覗かせ始めました(ベランダガーデニング) »

2017年6月19日 (月)

マクロ撮影(ベランダガーデニング)

緑一色のベランダ風景となって小さい変化が見えにくいので小さな花などに近づいて撮影してみましたsearch

最初はその色・艶・形が気に入っているクレマチス「這沢M」です。
夏の灼熱の下で咲くノウゼンカズラの葉が茂る中でひっそりと咲いています。

Img_8125


Img_8124


2番目は五色ノブドウの斑入り葉です。
自然っぽく好き勝手に蔓を伸ばして今はアーチに絡んでいます。

Img_8129

3番目は葉の形状がハート型のハートカズラです。
日頃は水遣りだけが気掛かりでその様子をしっかり見ることがないのでこうやって葉模様などを楽しむと初めて我が家にやってきたことや入念にチェーン(蔓)を絡まさないように苦労したことなどいろんなことが思い出されますhappy01

Img_8147


トランプ繋がりで次はスペード型のワイヤープランツです。
細い茎ですが耐暑性、耐寒性があって強靭な植物です。
時々短く切り戻して株元まで緑葉を維持しています。

Img_8145


更にその形状から名が付いている「ホットリップス」です。
春から秋まで年中花が咲いていると思わせるほど花期が長い植物です。

Img_8139


Img_8140

6番目はもみじ葉ゼラニウムです。
陽射しが強い日は更に暑さを増すほどの灼熱色の花ですsun

Img_8141


熱を冷ませてくれるクールな色の葉のハツユキカズラです。
今の時期は乳白色の新鮮な葉が覗いてきます。

Img_8142

そして、冷涼感を提供してくれるアズーロコンパクトは我が家の夏の定番ですcoldsweats01

Img_8131


夏の花が続きます。

サフィニアが2種。
20数年、夏に欠かさないパープルミニです。

Img_8134

Img_8136

最後はベランダに転がっていた???です。

Img_8143


« モッコウバラを剪定・誘引(ベランダガーデニング) | トップページ | オレガノディクタムナスが新芽を覗かせ始めました(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モッコウバラを剪定・誘引(ベランダガーデニング) | トップページ | オレガノディクタムナスが新芽を覗かせ始めました(ベランダガーデニング) »