« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

今年もGWに咲いてくれたベルフラワー(ベランダガーデニング)

やっとGWがやってきましたねsign01
いろいろと計画を立てられて出かけられた人も多いことでしょうbullettrain
そのせいかいつも賑わっていた公園が今朝は閑散としていましたeyeglass
スーパーに行っても客が少なくゆっくり買い物が出来ますhappy01

我が家のGW中のシンボル花となったベルフラワーが今年も咲いてくれましたshine

Img_6962


Img_6933



人が観光地や街に繰り出しているときに家に籠っている私を元気付けてくれるようにパッと一瞬にして咲くベルフラワーは印象的なのでGWの花としてよく覚えているのですhappy01

Img_6937


Img_6935

ブルーの小花が密に咲く姿は爽やかでこの時期はきっと惹きつけられると思いますsign02

Img_6938

すぐに満開となって鉢いっぱいにブルーの小花が咲いてくれますshine


Img_6939

雨に濡れると溶けて乱れた姿になるので鉢植えしてベランダで楽しむにはもってこいですgood

Img_6943

Img_6957


Img_6958


Img_6959


Img_6960

晴れの日が続いてモッコウバラの生長が著しくもう満開ですshine
もう少しゆっくりでいいのにcoldsweats02

Img_6944

Img_6949

クレマチス「玉ゆら」が静かな空間でポツリポツリと花を増やしてきましたup

Img_6964


そろそろ4番目のクレマチスが咲いてくれそうですgood

モッコウバラの今の様子をと外に出て見てみました。

Img_6977


Img_6980


Img_6969

2017年4月29日 (土)

ちょっと前は全裸状態だったコバノズイナが(ベランダガーデニング)

notes冬は完全落葉して今月中旬になってやっと芽吹きだしたコバノズイナがもう花穂を付け始めていましたeye

Img_6919


Img_6920

途中経過を観察出来ないくらいの速さの変化です。
いつも土表面の状態ばかり気にしていたので上方に気が回っていませんでしたcoldsweats01

Img_6921

白い小花がブラシ状が連なるコバナズイナの花は我が家のベランダでは珍しいので花期の間はずっと観賞していますnotes

Img_6917

耐暑性、耐寒性があり日陰でも育つ頑強な植物なので育てやすいですhappy01
しかも花だけでなく秋の紅葉も楽しめるので有効期間の長い植物です

クレマチス「ルビーグロー」の花が3輪になりました。

Img_6923

クレマチス「ベルオブウォーキング」の蕾がふっくらして開花前になってきました。
今年もモッコウバラとの競演がどうにか見られそうですscissors

Img_6926


Img_6927


Img_6925

「花水川」は狭い場所で何とか開花維持ですcoldsweats01

Img_6930

ハツユキカズラの新芽がとても新鮮でカラーリーフが更にカラフルになって嬉しくなりますnotes

Img_6924

ハオルチアの花が咲きました。

Img_6931

2017年4月28日 (金)

新入りミニバラに沢山の蕾(ベランダガーデニング)

いよいよ明日からGWですねrvcar
9連休の人もあるというから凄いですねぇ。
一昔前では考えられないようなことですが1年にそうない機会だから存分に楽しんで欲しいですね(休日出勤を強制するような上司は今の時代にも存在するのでしょうか?)
天気に恵まれそうなGWを満喫してリフレッシュしましょうnotes

昨年12月に植え替えした新入りミニバラが凄く元気で沢山の蕾を付けました。

Img_6885



そしてミニでなく大きな蕾も一つ付けているのでどのような花が咲くのか楽しみですup

Img_6913



我が家にやってきて1年半を経過しますがまだ若いこともあってよく活躍してくれますrun

優しい色の花が和ませてくれますspa

Img_6916

老体ミニバラもマイペースで葉を形成しています。

Img_6914

 

クレマチス「花水川」の花が一昨日開いた時よりも整ってきましたcamera

Img_6909

ヘンリーツタとモッコウバラとの競演とまではいきませんが並んだところをcamera

Img_6911



Img_6910

2017年4月27日 (木)

ブルーベリーが咲く頃(ベランダガーデニング)

昨年ブルーベリーの葉っぱの色が薄くなったので先月植え替えしました。
そろそろ花期なのですがそれほど蕾が付いていませんcoldsweats01

Img_6905



かなりの根を整理した植え替え直後だからまだ十分に生長出来ないのでしょうねsign02

それでもしっかりいくつかの蕾を付けてくれたので嬉しいですhappy01

Img_6903


ベランダに果樹があると楽しみも違ってきますup
花が咲いた後に更に楽しみがあり樹の姿も楽しめますnotes

Img_6908

葉っぱの色は昨年よりも健康に見えますscissors

Img_6907

Img_6900


花が少ないとベランダにやってくるヒヨドリもガッカリすることでしょうsign02
今年は駄目でもきっと来年は復活してくれるでしょうnote

Img_6898


Img_6890

ベランダが賑やかになってきましたnotes

Img_6887

Img_6906

Img_6897


Img_6894

モッコウバラが満開状態になりましたshine

Img_6891


Img_6892

2017年4月26日 (水)

クレマチス開花2番手はルビーグローと花水川(ベランダガーデニング)

やっぱり開きました、ルビーグローsign01

Img_6868



「玉ゆら」によって1番手を逃したルビーグローはかなり頑張った様子ですhappy01
いつも1番で早くから蕾を付けていたので毎日のようにウォッチしていましたeye

Img_6871


Img_6858

大輪系なので存在感がありますpig
黄色やピンク色からブルー系の花に変化していく今の時期のベランダに合った色のクレマチスですnote

Img_6857_2


低い位置に花を咲かせてくれるクレマチスとして活躍してくれていますrun

Img_6864

花水川も蔓が短く低い位置に花を咲かせるのでベランダ西側の花が少ない位置を狙って配置しました。

Img_6875

淡いピンク色の花弁は優しい感じがします。

Img_6870

午後になってからルビーグローがもう1輪開きました。

Img_6881

大好きな花の一つの同色系のネメシアもまとまって咲いてくれました。
こちらはエリゲロン・プロヒュージョンとのコラボの始まりです。
いよいよ植物達の春の競演が始まりますねnotes

Img_6843

冬の間は斑入り葉をカラーリーフとして楽しめるシレネユニフローラの花が咲きました。

Img_6877


Img_6876


Img_6879

モッコウバラが雨に濡れてパラリパラリと散るのが残念weep
それでもまだ蕾が残っているので大丈夫だぁhappy01と思いたい。

Img_6862


Img_6861


Img_6863

2017年4月25日 (火)

今年のクレマチス開花1番は「玉ゆら」(ベランダガーデニング)

春になって我が家のベランダで1番最初に咲くクレマチスはずっと「ルビーグロー」だったのですが、今年はズルをしたのかどうか「玉ゆら」がその座を奪いました。

ズルと言ったのはこんなところに咲くの!とばかりに株元の最も近い場所で半鐘型の花を咲かせたのです。
栄養分が最も早く届くところで咲かせたのですねsign02

Img_6850

ヴィオルナ系クレマチス「玉ゆら」の正規(?)の蕾がふっくらしてきました。

Img_6851


Img_6845



小さな花なので存在感が薄く見過ごしてしまいそうになりますhappy01
グラデーションのかかった蕾の表面はゴツゴツした感じで厚手の花弁です。

Img_6844

大輪系のような強烈な存在感はなく、小さな半鐘型の花を咲かせて和ませてくれますwheelchair
以前は半鐘型のクレマチスが苦手だったのですが好みが変わったのか一旦この種のクレマチスを育てると一気に3品種になりましたup

Img_6846


1番の座を奪われた「ルビーグロー」は明日には開きそうですsign02
悔しそうに見えますhappy01

Img_6849


多花性のHFヤングはいっぱい蕾をつけて準備万端、GWにはきっと開いて楽しませてくれるでしょうnotes
2012年計画でベランダ奥の高所壁に誘引した蔓にはビッシリと蕾がつくようになりました。

Img_6848

西側のベランダ奥にはこれまた2012年計画のモッコウバラが花を咲かせることが昨年分かり、今年も咲いてくれましたeye

Img_6842

 

2017年4月24日 (月)

ホットリップスが春の花期を迎えました(ベランダガーデニング)

ホットリップスは1年中花を咲かせているような感じですが春と秋はしっかり咲いてくれます。

Img_6832



手ごろな植物でまとまって咲いてくれる姿は小路に咲いているようなナチュラル感があって気に入っています。

Img_6833

Img_6831

Img_6834




Img_6830

強健な植物で殆ど気にすることなく育ってくれます。
水遣りを少々忘れても大丈夫だし耐寒性、耐暑性もあるのでおかまいなしの状態ですcoldsweats01

Img_6835

Img_6830_2

手前のクレマチスとのコラボも実現出来そうですscissors

Img_6840

先日咲いた宿根ブラキカムの花が三つに増えましたnote

Img_6839

モッコウバラの花びらがパラパラと落ちるようになり少し寂しい感じ。

Img_6838



早くクレマチスが咲いてくれないかとヤキモキですshock

Img_6836

2017年4月23日 (日)

新年度スタートのブライダルベール(ベランダガーデニング)

昨日は久しぶりに運動golfに出かけたのでブログを休みましたcoldsweats01
気候がよくなったからかゴルフ場は満員で待ち待ちの渋滞でスッキリ気分とはいきませんでしたが綺麗に整備されたグリーンや遠くの山々の笑う景色が見られてリフレッシュできました。

冬の寒さで地上部を完全に枯らしてしまったブライダルベールが新しくスタートを切りましたhappy01
嬉しいですね、小さな緑を覗かせてホッとして徐々にブライダルベールだと認識できる姿になってくれたときは。

Img_6819

もうこうやって何年も繰り返すブライダルベールの新年度の再会です。
枯れたと思って水遣りを怠ると再会出来ませんcoldsweats01
地上部が枯れても根が生きているので水遣りを忘れてはいけませんdanger

もう少し生長すると南側ベランダのアーチにハンギングして楽しみます。

Img_6827


傍のアケビもそれと分かる葉っぱを沢山付けました。

Img_6820

四季成りイチゴ「夏姫」が今年も元気です。

Img_6824



昨年、ランナーで増やした子株や孫株をまとめて樽プランターに集めたのですがここで元気モリモリ状態になってミニイチゴ畑になってくれました。

Img_6822



白い花が咲いてこれから結実のシーズンをむかえますcherry

Img_6823

山椒の花がいっぱい咲いて線香花火のようです。
葉っぱもいい香りを放ってそばを通るときに被服に触れるとフレッシュな気持ちになりますnote
Img_6826

2017年4月21日 (金)

もう一つの宿根ブラキカム(ベランダガーデニング)

ベランダに2苗ある宿根ブラキカムのうち一つは既に咲いて芝桜やオプティオスペルマなどと一緒に咲いているのですがもう一つのオリーブのグランドカバーとして頑張っている方が咲いてくれました。

Img_6808


Img_6807

あの華奢な宿根ブラキカムがよくぞ何年も生き続けるかと感心します。

Img_6813


Img_6814

モッコウバラが咲いてくれたのですがクレマチスの開花が遅いのでヤキモキしていますwobbly
昨年のクレマチスの1番開花は4月13日だったので1週間以上遅れています。

Img_6804

足元付近のモッコウバラも咲きだしました。
もっとゆっくりでいいのに待ってくれない勢いですsad

Img_6816





Img_6810

一昨年はいつだったかなと調べてみると21日だからそんなに気にすることはないのですねhappy01
今年は桜の開花も遅かったのでそんな調子なんでしょうかsign02

Img_6805

GWが近づいたのでベルフラワーが咲き始めました。
ベランダではブルー系の花が増えてきました。

Img_6806

 

4月下旬から5月上旬にかけてベランダが最も賑やかになりそうですup

Img_6815


Img_6817


Img_6818

2017年4月20日 (木)

冬越ししたアメリカンブルーの剪定(ベランダガーデニング)

寒い冬を何度も乗り越えてくれるアメリカンブルーの剪定をしましたhairsalon
カチカチに木質化した枝をかき分けて枯れ枝や向きの悪い枝をカットするのです。

(剪定前)

Img_6774



鉢内に落ちている枯れ枝、葉なども取り除いて風通しをよくして環境改善ですnote

既に枝に小さな芽を出して活動を始めようとしているので直ぐにワサワサ状態になってくれるでしょうsign02

(剪定後)
Img_6776

鉢内の栄養分を消費しているので追肥の緩効性肥料を適量やります。

これも冬を越したサフィニアの剪定しておきましたhairsalon
今の時期にしておけば分枝して沢山の花を付けてくれます。

Img_6778


フウセンカズラの種を蒔きました。
発芽温度の20℃に達するような気温になりだしたので昨夜種子を水に浸けて今朝蒔いておきました。
これまで全て発芽したので失敗はないでしょうhappy01
河内木綿の古い種も発芽すれば儲けものとばかり蒔いてみようと思っています。

Img_6789

ブルーベリーが活動開始です。
かなりの老木になりましたが頑張っていますrun

Img_6790

葉っぱの色が薄くなったので3月下旬に植え替えしました。
きっと回復して再び沢山の花や実を付けてくれるでしょうsign02

Img_6791

長くガーデニングを続けているといつの間にか好みが変化していることに気づきますcoldsweats01
始めた頃は白い花はあまり注目していなかったのですが今ではかなりの場所で咲いています。

Img_6797


歳をとると気持ち的に白に惹かれるのかもしれませんsign02

Img_6803


他の植物を引き立たせる役割をこなすところも好きになったような気がします。

Img_6792


Img_6793


Img_6794

今年新たに気に入ったカーペットカスミソウも白い花でしたhappy01

Img_6800


Img_6801

Img_6795

2017年4月19日 (水)

生きていた五色ノブドウ(ベランダガーデニング)

昨年6月に買った五色ノブドウは順調に生長してそれらしい姿を披露して秋に完全落葉しました。

冬の間、完全落葉していた他の植物達は新芽を出すものの五色ノブドウは全く新芽を覗かせないので枯れてしまったのかなと不安でしたが4月になると生きている証を覗かせてくれましたeye

Img_6765

斑入り葉を観賞するために育てているのですが優しい感じの葉っぱは和みますよwheelchair

Img_6762

1年間、五色ノブドウを育て、観察してどのうな生長過程を過ごすのかを知ることが出来たのでこれからは少し余裕をもって育てられそうですsign02

Img_6766


姫リンゴが瞬く間に満開となってきました。

Img_6768



嵐が去った後、一気に開いたので難を逃れたようですsign02

Img_6767

ピュアホワイトの花は新鮮そのものですshine
ベランダの格子部分に置いているので正面から見ることが出来ないので残念ですが日陰の環境でもちゃんと育ってくれる姫リンゴに感謝ですhappy01

Img_6770


Img_6769


木苺もかなり花を咲かせたので受粉作業をしてやらないといけませんcoldsweats01
最近は蜜蜂の姿を全く見かけないようになりましたね。

Img_6772


Img_6771

「春の嵐」が吹き荒れた後、気温が上がったこともあってかモッコウバラがどんどん開いていきます。

Img_6788

Img_6757


Img_6758

あまり早く満開になるとクレマチスとのコラボが見られないかもしれませんsad

Img_6759

Img_6781

モッコウバラを背景としたネモフィラ
気温が上がったら間延びしてきましたup

Img_6786

2017年4月18日 (火)

桜が満開と言えばミヤマホタルカズラ(ベランダガーデニング)

昨日の暴風と化した「春の嵐」は強烈でしたねtyphoon
毎年この時期の「春の嵐」に泣かされますshock
折角春を迎えて植物が健康に育って花を咲かせようとする矢先に傷めつけるからです。
低気圧の中心が北部を通過して南風になり、ベランダに吹き付ける風は台風よりももっと激しくなります(最近の台風は大概南海上を通過して北寄りの風なので助かっています)

先日2回ほど続けて「春の嵐」がやってきたのでもう終わりかなとこれからの植物達の生長が楽しみだっただけにショックが大きいですdown

ソメイヨシノが満開となって花見が気になればこのミヤマホタルカズラを思い出しますhappy01
同じ頃にタイミングよく咲いてくれるからです。
しかも咲き方がソメイヨシノに似ていて前日までは何もなかったのがパッと一斉に開くからですsun

Img_6741

黄色やピンク色に目が慣れた頃に鮮やかな濃いブルーの花が飛び込んでくるので新鮮な感覚になります。

Img_6747

冬の間は東側のベランダ床に置いて寒風を避けて過ごしていて暖かくなってくると南側ベランダの最も日当たりの良い場所に移動させています(前年に購入して弱くなったなったミヤマホタルカズラはまだ東側ベランダで待機中です)

Img_6742


水遣りは一般的な「乾いたら水遣り」を守っています。
肥料はあまりやりません。春から秋の間、2か月に1回程度液肥をやっています。

Img_6748


昨夜の嵐でつるバラ1本が大きな被害に遭い、クレマチスも蔓が数か所折れてしまいましたcoldsweats02
それでも咲き始めたモッコウバラは蕾がそれど落ちるずいっぱい開花しましたshine
残念なこともあるけれども嬉しいこともありますねhappy01

Img_6744

Img_6753

Img_6754

自然任せで楽しめればいいでしょうかnotes

ベランダの一番奥の高い場所にも咲いてくれました。

Img_6755

ベランダ床に葉っぱが沢山落ちたのでついでにとタワシでゴシゴシ磨いておきました。
毎日掃除をしていますが塵や埃がこびりついて掃いても綺麗になってないのですねshock

Img_6749

2017年4月17日 (月)

ミニバラに蕾が(ベランダガーデニング)

今夜は暴風が吹き荒れる予報typhoon
これで桜も終わりになるのでしょうかsign02
美しい姿が一瞬にして散ってしまうなんてはかない花ですね!

南風というから要警戒ですdanger
折角咲いている花や大きな蕾が吹っ飛んでいくのではないでしょうかbomb

出来る限り、傷めないように避難できるものは避難させてあげようhappy01

Img_6740


正午頃に風が強くなってきたのでハンギングや高い場所の鉢を下ろしておきました。
転倒、落下防止だけでなく植物が傷んでしまうことを少しでも抑制するための効果もありますclip

Img_6739

若木のミニバラがやけに緑葉を付けたと思ってカメラを向けたら蕾を付けていましたcamera
若いだけに勢いがありますねsign01

Img_6726


Img_6727

葉っぱが密に付いているので病害虫に気をつけなければなりませんdanger

Img_6729


大して手を加えなくても自然と芽を出し、葉を形成し花を咲かせることを繰り返してくれますrecycle
そして元気、勇気を提供してくれるのだから言うことないですねgood

Img_6728

10年以上前からある年寄りの株はどうでしょう?

Img_6737



目を覚ましたものの一向に葉が増えません。
動きだすのに時間がかかるのでしょうね、まるで私と同じでようで笑えますcoldsweats01

Img_6738

ベランダの東側も賑わってきました。

Img_6730

クレマチスは蕾を数十個くらい出来てきましたup
今夕の強風を無事乗り越えてくれればいいのですが…

Img_6731


Img_6733


Img_6734

2017年4月16日 (日)

2017年モッコウバラ開花スタート(ベランダガーデニング)

昨日は1ヶ箇所だけモッコウバラが開きそうな気配をしていたのですが今朝、日が当たりだすと見る見るうちに数か所で開きましたshine

Img_6691


Img_6701

例年通りの4月中旬に開花スタートです。
昨年はあまりに早く咲いたので驚きましたが普通に戻って安心しましたhappy01

Img_6716


Img_6692

これから咲いてくれるであろうクレマチスとのコラボが楽しめそうですsign02
この時期が最もテンションが上がる時期ですup

Img_6680


Img_6710

Img_6717





今年も昨年と同様にベランダ奥の高所でも咲いてくれそうですgood

Img_6713


Img_6723

Img_6714

芝桜、宿根ブラキカムそしてオプティオスペルマのコラボがありましたcoldsweats01

Img_6696

ブルー系の花が続くようになってきました。
冬越ししたアズーロコンパクトも花期を迎えました。

Img_6699

気温が上がってくると冬の花、ビオラとのお別れが近づいてきます。

Img_6704

2017年4月15日 (土)

蕾が開きそうです(ベランダガーデニング)

暖かい日が続いたので植物の活動が著しい。
生長度合いが目でハッキリ認識出来るほどですeye
クレマチスの蔓が厄介な場所に絡んでないか毎日チェックが必要ですdash

Img_6664

今日はモッコウバラとミヤマホタルカズラの蕾が弾けそうになっています。

Img_6678


Img_6675

モッコウバラは何も付けていなかった枝から新芽が出るとあれよあれよとばかりに葉、蕾を形成してもう花を咲かせようとしています。

Img_6669


Img_6670

この花が咲いてくれると我が家のベランダが本格的な春に突入ですhappy01
嬉しい日が続いてくれますgood

Img_6667

Img_6666

ミヤマホタルカズラは濃いブルーの花で先に咲いた薄いブルーのツルニチニチソウラブラドリカなどからブルー系の花を継ぎます。

Img_6672


Img_6674


Img_6673

午後にはこの蕾が開きましたsign01
濃いブルーの花は勇気がでますrun

Img_6682


山椒の花も開き始めましたnotes

Img_6687

ベルフラワーが蕾をいっぱい付けて一部は青色をのぞかせ始めました。

Img_6685

この調子だとGWの頃はかなりの花が咲き揃いですnote

Img_6683


Img_6686




夙川に花見に行きました(ベランダガーデニング)

昨日、天気もよかったので午後から花見に出かけましたtrain
桜が咲く前には京都のどこに行こうかネットや本で調べていたのですがなかなか行けなかったので近くの兵庫・阪神地域に流れる夙川に行ってみることにしましたcherryblossom

Img_6594



Img_6596


Img_6598

毎年阪急電車で京都に行く途中、車窓から夙川の両岸に咲く桜を見るたびに一度寄ってみようと思っていただけにやっと実現出来ましたhappy01

Img_6616

Img_6621

夙川駅を降りてすぐなので簡単に行けるのがいいですね。



予想していたとおり、いやそれ以上のヨメイヨシノのシーンに出会うことが出来ましたcamera

Img_6619

Img_6629

平日でしたが訪問客が多かったですよsign03
さすがに桜ですね!
弁当をぶら下げてカップルや子連れ、一人で来られている人も多かったです。

Img_6630


Img_6632

電車がひっきりなしに通るのですが時折警笛を鳴らして通過しているのは危険な人がいるからでしょうかsign02
桜並木に合っている警笛でもありました。


Img_6635

明日は座る場所がないくらい賑わうのでしょうねsign02


Img_6641


Img_6645


Img_6648

Img_6653

水の流れや噴水、電車など動くものと静かに咲く桜とのコラボが気に入りましたcamera


Img_6655


Img_6658

2017年4月14日 (金)

多肉植物の今(ベランダガーデニング)

寒さが苦手な多肉植物は春がやってくると一安心sign01
何とか生き延びてくれたと拍手を贈りたいところですhappy01

Img_6591




一部の多肉植物は室内に移動させてやりますが全部を入れるスペースがないので寒風が当たりにくく比較的気温が下がらない壁際に置いて冬を越しています。

Img_6576


Img_6577

今の季節、多肉植物の花が咲くころですが地味なうえに花が極小なので見逃してしまうことがありますcoldsweats01

Img_6580


Img_6575

折角立派に咲いてくれているので観賞して褒めてやりたいところです。
私はよく十二の巻の花を見過ごして残骸を見つけたときはみじめな気持ちになってしまいますcoldsweats02

昨日ハオルチアが花茎を伸ばしているのを発見。

Img_6584


Img_6568



これまで全く気づきませんでしたeye

Img_6587

すでに長く伸ばした花茎とこれからといった2本の花茎があります。

Img_6570

爽やか色のオプティオスペルマが咲いてくれるようになりましたshine

Img_6590

2017年4月13日 (木)

山椒の花が開きそうになりました(ベランダガーデニング)

今朝は青空が広がって気持ちよく花見日和といったところでしょうかsun
青空を背景としたソメイヨシノは特別で過去のいろいろな場面を思い出させてくれますeyeglass
前の学校では卒業アルバムの撮影でしょうね、桜の木の下に椅子を並べて大勢の生徒が順番に撮られていましたcamera

木苺の優しい花が咲く頃にいつも咲いてくれるそれは小さな小さな黄色の花の山椒ですsearch
肉眼では開いているのかまだ閉じているのか判別しにくいのですがカメラのレンズを通して確認できますcoldsweats01

Img_6553

もう少しで開きそうですsign02
花は満開だけでなくその前後も楽しめますnote
その姿を見ていろいろ気持が変わるからですhappy01

Img_6555

花を咲かせた後に実を付ける山椒ですが我が家のそれはそこまで至ったことがありませんthink

Img_6557

山椒はある程度水を含んだ土を好みます。根が浅くあまり張りませんので乾燥しやすい土だと強風に襲われると倒れてしまうことがあります。

今の木苺の様子です。
白い花が複数咲いてのどかな感じsign02

Img_6546

何度見てもやさしい感じnote

Img_6558

 

クレマチスとつるバラが絡む壁面は一気に緑葉で覆われてDIYした愚策ミニボードを隠すようになってくれましたgood

Img_6559

Img_6560

フリル咲きビオラ「ミルフル」はモリモリ状態なってまだまだ夏の花にメイン花壇を譲りそうにありませんdog

Img_6573

Img_6563


Img_6565

春の色、暖かい色は肩の力が抜けて何だか分からないですが嬉しくなりますhappy01

Img_6548

宿根ブラキカムの可愛らしい花がポツポツ咲くようになりました。
野性味のある感じで咲いてくれる姿が何とも愛おしい。

Img_6567_2

我が家のベランダで野性味といえばネメシア、もう何年も自然とサイクルを繰り返しています。

Img_6592

2017年4月12日 (水)

今の時期、好きなシーン(ベランダガーデニング)

バラクレマチスが賑やかに咲き始める前の今の時期は春の小花がポツポツと咲いてくれるのですが冬の静かシーンから明かりが灯るちょっと控えめなシーンが気に入ってますhappy01

花単体としては目立つことなく全体の姿として存在が認識出来る程度の花姿が見ていて落ち着けますjapanesetea

Img_6529

これから緑葉が増えて花が次々と咲いてくれるだろうと妄想が始まるこの時期はワクワク気分になれますup


Img_6542


Img_6537

Img_6539

バラやクレマチス等の蔓性植物を誘引して花が咲いてくれる箇所を設定して想定シーンが実現するとニンマリです。
また翌年夢が更にふくらみ今年はどうかなと仕込むのが今の時期ですcoldsweats01

Img_6543

2017年4月11日 (火)

日々発見が!(ベランダガーデニング)

満開になったソメイヨシノが昨夜の再びの「春の嵐」で少し散ってしまいましたcherryblossom
校門で綺麗に咲いている桜を前を通る人や入学式で登校した新入生と父兄が記念写真を撮っている姿は和やかで微笑ましいhappy01
つい花摘みをしている手を休めて見つめてしまいます。

Img_6534

つい2週間前くらいまで茶色化して変化のなかったベランダが突然動きだして毎朝小さな新しい発見がありますeye

今朝はベルフラワーが小さな蕾を付けていました。
いつもGWの頃に花を咲かせるので無関心でした。

Img_6514


Img_6508


まだ蕾は一つなのでこれから順次増えてくれるのでしょうsign02
GWが楽しみですnotes

Img_6507


Img_6505

クレマチス「ベルオブウォーキング」の蕾が高い所に出来ていました。

Img_6533



モッコウバラとコラボしてくれるかなsign02

モッコウバラは蕾を膨らませて今にも弾けそうな感じになってきましたdash

Img_6519

念願叶ってベランダ奥の高所壁に這わせたクレマチスは今年も蕾をいっぱい付けました。

Img_6525






春になってから梯子型トレリスにハンギングしたヘンリーツタは日がよく当たることもあって新葉を広げ始めています。

Img_6517

姫リンゴも既に蕾を付けていました。
こちらは枝がベランダの格子部から外に出てしまっているので気付きませんでしたcoldsweats01
一気に花を咲かせて散ってしまうので注意しておかないと見逃してしまいますdanger

Img_6523

エリゲロン・プロヒュージョンも小さな蕾を沢山付けていましたよnote
冬の間に思いっきり剪定しておいたのですが強いですね!

Img_6509

ベランダのあちこちでこぼれ種から芽を出して生き続けています。

一方、水仙やムスカリはそろそろ店じまいを始めましたdown
冬の終わりを告げてくれてほっとさせてくれるこれらの植物にお礼を言いたい。

Img_6511

ラブラドリカもいっぱい花を咲かせて頑張っています。
日が当たらない場所でも花を咲かせてくれるので助かります。
ベランダで日照が十分でなくても育つ植物に出合うまでいろいろと勉強させてもらいましたcoldsweats01

Img_6520

木苺の花は雨に当たると茶色く傷んでしまうので残念です。

Img_6524

2017年4月10日 (月)

今年も冬越し出来ました(ベランダガーデニング)

我が家のベランダでお馴染みの植物達は今年も失敗しないで冬越し出来ました。
(生き続けてくれるメンバーが定着してきました)

アメリカンブルー時計草も問題なく春を迎えることができました。

アメリカンブルーはもう何年になるでしょうか、木質化して株元に水遣りしようとしても枝が硬くて如雨露の口が入りませんcoldsweats01

Img_6495



段々大きくなってくれると見ごたえのある豪華咲きとなるので楽しみですnotes

時計草はこれまでビール袋で覆って冬越しをしていましたが昨年袋内が蒸れてしまったので今回は袋では全く覆うことなく冬を越してみました(随分昔、何の対策もしないで冬を迎えたら枯れてしまったのでそれ以降ずっとビニール袋で覆っていました)

Img_6502

2年前に植え替えて勢いがあったのも功を奏したのか今回枯れることなく冬を越すことが出来ましたscissors

時計の文字盤そっくりの花が咲くのが楽しみですnotes

ブライダルベール もいつものように冬を越しました。

Img_6497



寒波がやってきたときに一気に地上部を枯らしてしまいましたが3月になると中心部に緑が覗いて復活です。
植物の習性を知っておけば枯れてしまったと諦めなくても大丈夫なようですよpencil

冬の間ブライダルベールを寒風から避けているところの排水管に絡ませているアケビが休眠から目を覚ませました。

Img_6498


蔓から芽を一気に吹き始めました。
昨年は花を見かけませんでしたが今年は花そして実が付いてくれなきかな?
眠っている間に植え替えをしたのでパワーはあると思うのですが…happy01

Img_6500

サフィニアがひとつだけ冬を越しましたgood
夏が終わったので北側ベランダに移したのですが水キレだけはさせなかったら寒さに耐えきりました。 6苗のうち一つでしたがもう少し暖かい場所が確保出来たら3,4苗は冬を越すような感じでした。

Img_6501

カレックスが穂を付け始めました。
秋を連想させてしまいますが今の季節は”春”ですcherryblossom

Img_6486

常緑の斑入り葉は冬でもカラーリーフとして楽しませてくれます。

Img_6503

桜が咲くと何かいいことありそうなワクワク気分になります。
今日は始業式のようでいつものように沢山の生徒が登校していました。
賑やかになっていいですねrun  
パワーをもらえますsmile

Img_6490


Img_6492

2017年4月 9日 (日)

ノウゼンカズラが芽吹きました(ベランダガーデニング)

ツルニチニチソウが花数を増やしましたup

Img_6470






薄いブルーの花は優しくすがすがしいdog

Img_6414



以前花が咲かなくて悩んでいたころが懐かしいsandclock
(日陰場所ではカラーリーフを楽しむくらいで花を咲かせるのはどうも難しい)

カラーリーフとしてベランダの高い日陰場所に黄金カズラと寄せ植えしてその姿を楽しんでいますhappy01

Img_6434

ノウゼンカズラが新芽を吹きだしましたbud
昨年よりかなり遅い活動開始ですhappy01

Img_6421

昨年久しぶりに期待していた花を咲かせてくれたので疲労が蓄積しているのでしょうかsign02

Img_6420

名前が分からず教えていただいたコバノズイナも新芽を吹き出しましたbud

Img_6428

5月中旬にブラシ状に白い花が咲きます。

Img_6427

薄いブルーの芝桜宿根ブラキカムに寄り添うように咲いていましたshine

Img_6426


ラブラドリカもあちこちで咲くようになりました。

Img_6419

オスティオスペルマムが次々と咲いてくれるようになってきました。
シャキッとして元気の出る色・姿ですねrun

Img_6438


もう一つの”コメット”もこれから花数を増やしそうですup

Img_6440

【独り言】
今日もカメラをぶら下げて住宅周りの桜を撮ってみましたcamera
昨日は小雨が降る中でしたが今日は薄日が入る中とあって数人の人が入れ替わり撮っていました。

 

Img_6451


Img_6449



誰しもがそんな気持ちになる春なんだなぁと思いながらシャッターを切りました。
春は気持ちいいsign03

 

Img_6459







今日は朝早くからマスターズの松山選手、WBCの田中投手とダルビッシュ投手そして午後からは体操選手権に女子ゴルフ更にはボクシングとスポーツ観戦好きにはたまらない1日ですtv
座ってテレビばかり観ていると足腰が弱りそうだと気にしながらもやっぱり好きだからしょうがない。
明日は身体を動かさなければ駄目になりそうcoldsweats02

 

2017年4月 8日 (土)

木苺が咲きました(ベランダガーデニン)

今朝は水蒸気が蒸発して朝靄で視界が悪かったですeyeglass
桜はやはり青空が似合うことが分かりました。
しっとりした空気で今日は水遣り不要となりましたhappy01
(突然晴れとなって乾くときがあるので気を付けないといけないときがありますdanger

木苺も昨年より1週間遅く咲きました。
植物は環境条件を察知して正確に年間スケジュールをこなすのですねclock

Img_6371


Img_6373

この花を見るたびに爽やかな気分になりますhappy01
しわがある白い花弁が反射的に木綿生地を連想させるからでしょうねsign02

Img_6376

昨年植え替えをしたので蕾をいっぱい付けています。
これから満開を迎えると今まで見たことのない光景が見られるかもしれませんsign02

Img_6377

昨年は蕾を付ける直前に植え替えしたので茎・葉は充実したのですが花数は多くありませんでしたcoldsweats01


Img_6385





隣の山椒もよく見ると蕾を付けていましたeye

Img_6386


Img_6372

「春の嵐」の影響でしょうか、小花が咲き始めたりクレマチスの蔓の伸びが著しいup
ラブラドリカが開きました。

Img_6378


カーペットカスミソウも桜の雰囲気の小花を咲かせましたcherryblossom

Img_6391

Img_6382

そして、セダム類も花を咲かせるようになりました。
小さな花は宝石のようにも見えますring

Img_6390

小花もいいけれど鮮やかに目立つ花も今の季節は元気が出ますrun

Img_6393


Img_6358

住宅周辺のが一気に開きました。

Img_6407


Img_6403



午後から少し雨が降り始めましたが明日はきっと晴れるでしょうsign02
週末にタイミングよく咲いてくれました。

Img_6399

2017年4月 7日 (金)

春の嵐(ベランダガーデニング)

昨日HPのDIY・ガーデニング雑貨のページを更新をしましたpencil

昨晩は荒れ狂っていましたtyphoon
窓に吹き付ける雨風で起こされました。
いつも花見の頃に「春の嵐」に襲われますねcoldsweats02
階下の桜の様子を見ると開き始めのため殆ど散ってはないように見えます。ヤレヤレですhappy01

Img_6356

ベランダは雨が降り込んだのでびしょびしょrain
気持ち悪かったのでブラシでゴシゴシ床を1時間超磨いておきましたshine

Img_6349


綺麗になると気持ちいいですねnote

「春の嵐」は植物を傷めつけたり、ベランダを汚したりで憎き自然ですがいい所も少しあるようです。
冬の眠りから目覚めていない植物を起こしたり花・葉起こしをしてくれて中にこもっていたものを外に引きだして新しい姿にしてくれますscissors

Img_6355


Img_6350


ビオラも大して被害ありませんでした。
むしろ花起こしをしてくれ豪華咲きになりましたnotes

Img_6357


Img_6348

葉っぱが雨で洗われて綺麗にリフレッシュsign01

Img_6352


Img_6353

Img_6351

背が高くなった水仙も何とか倒れずにピンと立っています。

Img_6354

ベランダ東側の奥に置いているヴィオルナ系クレマチスがグーンと伸びて昨日までの視界から跳び抜けていました。
慌てて誘引ですcoldsweats01

Img_6367

日陰で育つかどうか心配でしたが問題なく育って半鐘型の可愛い花を咲かせてくれます。

菜の花が満開状態になりました。
風で揺らされて一気に開いたのでしょうかsign02

Img_6362

2017年4月 6日 (木)

ブルー系も咲くようになりました(ベランダガーデニング)

周辺のソメイヨシノが一気に開いて景色が一変しました。
が咲くとこんなにも違うのですね、この光景を見るや否や高揚しますup
足元のユキヤナギも真っ白に咲いて8階から見下ろすと絨毯のように見えます。
折角開いた桜も今晩から強風で雨が降る予報なので散ってしまうかもともったいないようで不安ですtyphoon
(昨年もタイミング悪く綺麗な桜の花を見ることが出来ませんでした)

段々と南風が吹くようになってきたのでクレマチスの蔓の誘引チェックをしておきましたcoldsweats01

ベランダで咲く花が黄色やピンク色からブルー系に変わってきました。
ラブラドリカが昨年よりも1週間程度遅く蕾を付けました。ソメイヨシノなどと同じように1週間遅いということは気温等の環境条件から植物は春のスタートが遅かったわけですねsign02
ラブラドリカの花期は本来秋から翌春にかけてだからそんなの関係ないのかも?)

Img_6329

耐寒性・耐暑性があって日陰でも育ち扱いやすくしかも場所をとらない植物なのでベランダガーデンにはもってこいではないでしょうか。

Img_6320


黒っぽい緑葉はカラーリーフとしても力強い感じで1年中楽しめますnotes
生育旺盛で管理の手間は全くないほどですhappy01
他の植物を侵食するほどの繁茂力はなくグランドカバーとしてとても役立つ植物ではないでしょうかsign02
広がり過ぎたら間引いて取っておいて必要なときに使っています。

Img_6323

これから花が咲くとブルーの小花と濃い葉っぱとの調和は落ち着き感があって気に入ってます。

 

ゲラニウムが満開になってきました。
どんな背景にも適合できる色と姿ではないでしょうかsign02

Img_6326


Img_6327

Img_6328

2017年4月 5日 (水)

宿根ブラキカムがまた咲いてくれました(ベランダガーデニング)

何年生き続けてくれるのでしょうsign02
この華奢な茎葉の宿根ブラキカムですが強いですね~sign03

Img_6297


Img_6298

細い茎ながら根伏せしておけば這うようにして広がるようです。
周辺には大好きなクレマチスを植えているので侵食しないようにコントロールしていますwink

Img_6299

小花ですが惹きつけられますnote
ベランダのサイズに調和できる花径ではないでしょうかgood
ベランダでは植え付けや植え替えが作業スペースの問題から難しいのですが宿根草が生き続けてくれるとこれらの作業が省けるので助かります。

Img_6306

宿根ブラキカムをベランダの2か所で育てています。
どちらも生育環境に合っているのでしょうね、長生きしています。

こちらはオリーブのグランドカバーとして矮性ローズマリーと共に頑張っています。

Img_6302

Img_6303


Img_6304

Img_6311


Img_6312

ガーデンシクラメンが満開を迎えましたshine

Img_6324

Img_6310

2017年4月 4日 (火)

4月のベランダ西側(ベランダガーデニング)

神戸も昨日やっとサクラの開花宣言がありましたcherryblossom
ニュースでは東京・上野公園の花見の様子が伝えられますが別世界のような賑わいに見えますhappy01

この時期の植物達の動きは速いですね~run
たった5日前にベランダ西側の様子を撮ったのですが随分違った景色になりましたclover

Img_6260


Img_6262

特にクレマチスの蔓の伸び量が凄いsign03
毎日誘引を行っていないと蔓が好き勝手な方に進んで絡んでしまいますcoldsweats01

Img_6264


このベランダ西側は立体感がでるようにするために何年もいろいろと挑戦しましたcoldsweats01
5年前はこんな状態でした

Img_6283



やっとひとまず行きついたのが今の状態です。
なかなかステップアップ出来ませんが毎日眺めているうちに次のステップに上がるヒントが見出せるかもしれませんthink

Img_6276


Img_6282


このエリアに育つ植物も見つかり、ずっと長生きし続けてくれています。
ムスカリやヘンリーツタ、オレガノ、イベリスそして夏と冬は1年草のサフィニアやアズーロコンパクトとビオラが入れ替わりほぼ同じメンバーです。

ヘンリーツタが長い眠りから目を覚ましました。

Img_6265Img_6284Img_6288_2


Img_6285

2017年4月 3日 (月)

つるバラの移動(ベランダガーデニング)

今週末からは気温がかなり上がって春本番になりそうですspa
住宅周辺の桜は遅れていましたが今日くらいからボチボチ開きそうですcherryblossom

昨年の花後からリハビリと言いましょうか日によく当てたいために東側のベランダに移動させていたつるバラ「春がすみ」花を楽しむ所定の場所に移動させましたhappy01
(所定の場所はガラス越しの光が当たる程度で花付きが悪いので2年前からこの方法を採っています)

Img_6248


Img_6249

いつもなら約2か月後の蕾を付ける頃から移動させるのですが今年は試験的に早めの移動ですcoldsweats01
(これからモッコウバラやクレマチスが開花を迎えるのでそれらを傷めないために)

Img_6257_2

周辺は従来よりもクレマチスが2苗ほど増えたので今年はどのような光景が現れるのか楽しみですnotes

Img_6256

Img_6259

オスティオスペルマムはそれらしい姿になってきましたscissors

Img_6252


Img_6253


2017年4月 2日 (日)

クンシランが開いた(ベランダガーデニング)

クンシランが鮮やかなオレンジ色の花を咲かせました。

Img_6241



周りの孔雀サボテンは休眠状態からまだ目を覚ませたのか覚ましてないのか分からないような赤い色をしているのですがクンシランはビニール袋の中で既に開花準備をしていたので袋を取り除いてから直ぐに開きました。
周りがパッと明るくなりましたflair

Img_6245





東側のベランダが動き始めましたhorse

山椒は葉の形状からすぐに「山椒」と分かるようになり、擦ると僅かながら香ります。

Img_6239


Img_6243

Img_6247

水菜はそのままにしておいたら花を咲かせ菜の花畑状態。

Img_6244

画像はまだ撮っていませんがアケビが芽吹き始めたようです。
植え替えしたので今年は生育旺盛になってくれるかもしれませんsign02

南側ベランダは日当たりよくて気持ちいい空間です。

Img_6235


Img_6238

2017年4月 1日 (土)

今日から4月(ベランダガーデニング)

昨夜の雨も朝方止んで空気がすがすがしいdog

冬の間、室内に取り込んでいた植物全てをベランダに出してやりました。
外気を久しぶりに吸って「気持ちいい~!」って言ってるように見えますwink

弱ったり傷んだりしていますがこれから回復して本来の生育をしてくれるでしょうsign02

昨日はかなり寒かったのですが今日は春らしくなって桜もそろそろ開いてくれそうな感じですcherryblossom

ベランダも少し春らしくなってきましたnote
春らしいシーンを撮ってみましたcamera

①ゲラニウム
昨年ゲラニウムを初めて育てたのですが花の少ないときにこの場所にハンギングしてその光景が気に入ったので今年も再現したくなりましたhappy01

Img_6214


Img_6225


②ビオラ
冬定番のビオラは寒い冬には有り難い花です。
この花があるから冬を頑張ることが出来ます。

Img_6215


Img_6216


Img_6218


③ベルフラワー
GWが楽しみとなるベルフラワーです。
一気に花が開くので様変わりします。このシーンが楽しみとなり1年間の管理を頑張ることが出来ますsmile

Img_6217


④ムスカリ

Img_6219


⑤水仙
多くの花を見ることは出来ませんがベランダの一角で春らしい雰囲気を味わっています。

Img_6220


⑥ガーデンシクラメン
明るい色の花が咲くガーデンシクラメンを選んでベランダを明るくしています。
花期が長いので助かります。

Img_6222


⑦ネメシア
私の最も好きな花の一つで長い付き合いです。
目立たないのですが毎年繰り返し咲いてくれるところがいいですねhappy01

Img_6223


⑧クリスマスローズ
春の訪れを知らせてくれる花のひとつです。
この花が咲くとベランダが動きだしますrun
あちこちの植物達が新芽を出してベランダが緑色に変化しますclover

Img_6224

⑩カーネーション

Img_6221

⑪ヒヨドリ
そろそろお別れのときです。
朝、昼、夕と決まった時間になるとベランダにやってきて餌のミカンを食します。
躾をすると悪戯はせず縄張りをつくって他の鳥を寄せ付けませんpig

Img_6231

夕方は餌を食べた後じっと1時間ほど休憩して巣に帰る日々ですchick
まるで置物のように見えます。

Img_6234

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »