« 最も緑が少ないとき(ベランダガーデニング) | トップページ | 小さくても頑張るミニバラ(ベランダガーデニング) »

2017年1月20日 (金)

1月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

少し寒さが和らいだと喜んでいたらまた週末寒波がやってきますsnow
既に空気が異常なほど冷えて午後からは天気も崩れてくるとのことです。
西日本の日本海側はかなり荒れ模様になるとのことですから注意が必要ですdanger

ビオラが豪華咲きになって花壇が明るくなってきましたshine

Img_5212


Img_5211



今日は「大寒」、1年で最も寒い季節です。
まさにその通りのような朝から気温が上がらず凍り付いたような感じです。

Img_5209

それでも沢山のビオラの花が咲いて元気をくれますup

Img_5203


Img_5205

今年はイエロー系を多く植えたので余計に明るく感じられ体感温度が上がりますspa

Img_5207




ビオラの花を観ている間は寒さも忘れることが出来て花がら摘みなどして楽しんでいますnotes

Img_5206

一番早くからベランダの最も日当たりのよい場所にハンギングしたフリル咲きビオラ「ミルフル」の様子が少しおかしいshock
株はしっかりしているのですが花付が悪いのですsweat02
窒素系肥料が強いのかもしれないのでリン酸カリウムの液肥を遣ってみました。

Img_5214

先日葉摘みを行ったつるバラが新芽を出し始めましたbud
旧葉を剥がされて目が覚めたのでしょうかsign02
ヤル気モードになったのでしょうかsign01

Img_5213


ホットリップスも精一杯頑張ってくれてベランダに色を添えてくれますrun
寒い中ご苦労様です。
大変嬉しいですhappy01

Img_5215

【独り言】
文部科学省の「天下り問題」はやはりあれだけ世論が厳しく、法律化されたにも拘わらず、無視され続けていたことは腹立たしいですねpout
しかも組織的に斡旋した疑いがあるというから「国家公務員」たる者、一体何なのって感じです。あきれてしまいます。
何十年も当然のように繰り返されてきた国家公務員の「天下り」は行く先々で一般人とは比較にならないほどの高額の退職金を手にするだけでなく天下り先と不適切な関係(補助金他)で無駄な税が使われていると思うと腹立たしい限りです。

クリーンで明るい社会はいつ実現するのでしょうかsign02

« 最も緑が少ないとき(ベランダガーデニング) | トップページ | 小さくても頑張るミニバラ(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最も緑が少ないとき(ベランダガーデニング) | トップページ | 小さくても頑張るミニバラ(ベランダガーデニング) »