« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

春が待ち遠しい(ベランダガーデニング)

今朝は前が見えないほどの濃い霧が立ち込めていました。
毎日こんな日が続いたらどうでしょう、ぞっとしますhappy01
こんな日があるから晴れの日が一層テンションが上がるのでしょうねup
太陽の有り難さを実感しますsun

今日は気温が上がり、春がやってくるのか勘違いしそうになりました。
まだまだこれからが最も寒くなるというのに…
でもやっぱり春が待ち遠しいですねsign02

2年前からのガーデンシクラメンが咲いてくれるようになりました。
年末頃に沢山の花を見るガーデンシクラメンですが自然任せのものはこれからのようです。

Img_5345


ハツユキカズラは真っ赤に紅葉したまま冬を越そうとしていますmaple

Img_5336

春になると柔和な色に変わるから不思議ですねぇ。

葉ボタンは正月の寄せ植えの役割を終えてからはのんびりだらりの状態ですcoldsweats01

Img_5341


寒い中、春をまっている植物達の様子を少し。

Img_5335


Img_5339


Img_5340

Img_5339_2


Img_5342

独り言】
インフルエンザが流行っているようですshock
孫が通っている保育園ではかなりの感染者が出たので登園を控えた方がよいとのことなので呼び出しがあり急きょ出かけることになりましたsubway

最近のウィルスは強力だから気を付けないといけないですねdanger

2017年1月29日 (日)

パワーアップしたビオラ(ベランダガーデニング)

この2,3日の日照から植物がかなりパワーをもらったようですsun
顕著に分かるのがビオラの花数ですup

Img_5304


Img_5308





Img_5305

パッパッと日ごとに増えるのが目に見えて分かりテンションが上がります。

Img_5309


Img_5311


Img_5312

目線を変えて見るといろんなシーンが楽しめてワクワクします。

Img_5310





Img_5316

いつもは脚立に上がって高所の水遣りをすると直ぐに下りていたのですが真上から見た景色もなかなかですgood

Img_5314

Img_5313

Img_5334

これも気温が上がってベランダにゆっくり出ていることが出来るからですspa
もう少し晴天が続いて欲しいですが今日は雲に覆われていますshock

Img_5329


Img_5325


Img_5327


Img_5330


Img_5331

Img_5333

午後4時になりますがどうも雨が降ってきそうな雲行きですcloud
「お天道様どうもありがとうございました」と言いたい週末の天気でしたhappy01
久しぶりにゆっくりベランダを楽しむことができました。

Img_5338



2017年1月28日 (土)

冬でも元気なシュガーバイン(ベランダガーデニング)

今日も穏やかな天気ですsun
3月中旬の気温だそうですよspa
休日とあってか朝早くからウォーキングされている人を沢山見かけます。
こちらまで元気をもらえますcoldsweats01

寒さには弱いようなイメージのある(私の感想です)シュガーバインですが予想に反して強いことが昨年分りました。

以前は室内で冬を越していたシュガーバインなのですが試しにと昨年冬もベランダに出したままにしてみたところ少しダメージを負いましたが冬越しに成功しましたgood

Img_5293

霜や強い風が当たらないベランダの奥まった場所に置いているせいか0℃以下には下がらないようですsign02

Img_5292


Img_5294

室内で楽しんでいるシュガーバインはもくもくと鉢から湧くようにあふれ出てきましたclover

Img_5296



今時の環境を好むのでしょうか? 生長著しいものがあります。
時々葉水したり、10日に1回くらいの頻度で水遣りしています。
肥料は全くやりません。

Img_5297

私の経験では夏の蒸し暑さでバテてしまうことの方が多いです。

陽射しをたっぷり浴びてオキザリスが全開、気持ちよさそうですsun

Img_5299

Img_5300


ペラルゴニウムが先日の寒波に遭って凍傷をおって葉っぱがチリチリになってしまいましたcoldsweats02
傷んだところを短く刈り込んで対処ですhairsalon
今までは室内に入れて冬越ししていましたが今年初めてのベランダでの冬越しに挑戦です。

Img_5301

何処でも育つこの植物もhairsalon

Img_5302


クレマチスの新芽があちこちから出るので嬉しい今日この頃ですnotes

Img_5303


【独り言】
年賀状の”お年玉”がありましたが今年はたったの1枚の切手シートでしたhappy01
最近は数枚の切手シートが当たっていただけに残念でした。

Img_5298


サイズがずっと同じだったのが少し小さくなったので違和感があります。
何年か前にサイズが大きくなった時には1年で元通りになりましたが今回はどうでしょうsign02
小さくなったので問題ないかなthink

ずっと元号で表されていたのですが今回は西暦も併記されています。
何か意味あるのでしょうか?dog

2017年1月27日 (金)

遅咲き(?)スノードロップ(ベランダガーデニング)

冬といえども少し過ごしやすい日となって肩の力を抜いても大丈夫な今日の天気ですhappy01
油断して風邪をひいてしまうと最悪なのでちょっと用心しながらベランダに出ています。

植物達を観察していたらスノードロップの花茎の先端に白いものを見つけましたeye
今年は咲くのが遅いなと心配していたので嬉しいですねnote

Img_5289

寒い時期に凛として咲く姿は特別な気持ちになってしまいますhappy01
小さな小さな花なのですが他の花とは違った雰囲気のする姿なので花が咲いている間は毎日のように見つめてしまいますcoldsweats01

Img_5290

球根を植えっぱなしにして群生してくれることを夢みていますshine
南向きのベランダでは冬は日当たりよく夏は日陰になるのでスノードロップにとっては好条件ですscissors

Img_5291

水菜春菊がかなり大きくなってくれました。
今年も出遅れてしまいましたが何とか鍋に間に合って欲しいです。

Img_5286


Img_5287

2017年1月26日 (木)

陽射しを浴びて嬉しそう(ベランダガーデニング)

穏やかな日が続いてくれますsun
植物達にたっぷりの水遣りしてやりました。

風もなく優しい陽射しがベランダ奥まで届いていますsun
植物達は無防備の姿で貴重な日を浴びてリラックスしています。

水遣りもしたのできっと活動を活発にして光合成をしていることでしょうsign02

①ガーデンシクラメン

Img_5268


②矮性ローズマリー

花を咲かせるまでには至っていませんが日を浴びて準備中のようです。
寒さにも強いので1年中ベランダに置いています。

Img_5269

③フリル咲きビオラ「ミルフル」他

日に当たると色が鮮やかになり元気が更に出ますよrun

Img_5270


Img_5272


Img_5273


Img_5274


Img_5282

Img_5279

④ミヤマホタルカズラ

Img_5288

⑤クリスマスローズ

そろそろ花茎を伸ばしてくるころですがまだ気配がありませんcoldsweats02

Img_5285


⑥ワイヤープランツ

陽射しに輝く姿もいいですねsign02

Img_5284

⑦セダム

寒さに対してどこまで耐えられるか心配していますが今のところ耐えているようです。
寒さよりも夏の蒸し暑さが苦手かも???

Img_5283_2

⑧ミセバヤ

Img_5278

⑨オキザリス

陽射しを喜ぶ表情が現れるのが顕著です。

Img_5276

⑩ジュリアン

Img_5280

⑪葉ボタン

見苦しい姿になってきましたが余生を楽しんでいます。
((切り戻してやればまだまだ1年、2年楽しめることもあります)

Img_5275


⑫水仙、スノードロップ他
日をいっぱい浴びてこれからの開花に準備です。

Img_5277

⑬オレガノディクタムナス

そろそろ今シーズンは終わりですね。来シーズンの準備をしなくては。
春先に植え替えしてパワー供給です。

Img_5281


2017年1月25日 (水)

カネノナルキはベランダと室内で(ベランダガーデニング)

青空が一面に広がって気持ちいい朝を迎えましたsun
鉛色の厚い雲に押さえつけられた日が続きましたが今日は開放感いっぱいですrun

一旦寒波からは免れそうですdash
植物達も緊張感から解放されリラックスできるのではないでしょうかsign02

南アフリカが原産地のカネノナルキは肉厚葉と柔らかい幹は水分をタップリ保有(?)するので氷点下の状態になると凍ってしまって壊死状態になりますがかなり強い植物です。

Img_5266

もう30年以上も一緒に生活しています(3度の引っ越しも共にしました)
明るい場所で乾燥気味に育てればまず失敗はないのではないでしょうか。

Img_5257


Img_5258

数年前に子株が出来て生長したので冬になると親は室内に入れて子はベランダに出したままにしています(寒さにどれくらい強いかを試しています)

Img_5260


Img_5262

氷点下に置かない限り冬を越せることが昨シーズン分かりましたscissors

Img_5263

風通しの悪い場所に置いておくとカイガラムシがつくので日頃のメンテが大事なようですeye

近年は品種改良されて幼木(カネノナルキは”木”でなかったですね)から花を咲かせますがしっかり生長しないと花を咲かせないようです。

Img_5264

寒さから解放されて陽射しを喜んでいるビオラですsun

Img_5267

2017年1月24日 (火)

寒くても頑張っている越冬植物(ベランダガーデニング)

19年振りに日本出身力士の横綱が誕生しそうですねsign03
若い力士の台頭や珍しい技を披露してくれる力士など相撲界が賑わってきました。
八百長や賭博問題などで当分の間、興味がなかった中継ですが最近は見るようになりました。
最近のスポーツ界の若い人の大活躍は元気、勇気をもらえるので楽しみいっぱいです。
卓球も新しいチャンピオンが誕生しましたねcrown
スポーツ観戦大好きには楽しみが増えましたhappy01

西日本の寒波も明日は少し緩んでくれそうですsun
もう1か月くらいが越冬植物にとっては我慢のしどころです。
ダメージを負いながらも頑張る姿は頼もしい限りですconfident

①アメリカンブルー

Img_5251

もう数年生き続けて老木になって体力が落ちているだろうと5℃以下に冷え込む夜は室内に入れてます。
葉っぱの色が薄くなりますが生きている証拠が目で分るので助かります。
今年も大丈夫なような経過を辿っています。

②ブライダルベール

Img_5252



0℃近くまで一度でも下がると地上部はダメージを負って枯れるようですdown
それでも大概春になって気温が上がってくると新芽を出してくれるので冬の間はずっと外に出しっぱなしです。
植物の性質を知っていると冬の過ごし方も少し楽になります。

③レッドフラッシュ

寒さには弱いので5℃以下の場合、室内に入れています。
通常は朝方ベランダに出して夕方に室内に入れてます。

④コルディリネ

Img_5247



5℃以下ではすぐに萎えてしまって復活不能になってしまうので冬季はずっと室内の日当たりのよい場所に置いています。
今のところ健康そのものです。
乾燥気味に育てるように土表面が乾いても1,2日おいてから水遣りしています。
肥料は冬季にはやりません。

⑤フィットニア

Img_5250



こちらも5℃以下では駄目になるのでずっと室内で過ごします。
室内ではなかなか乾かないので根腐れすることがあるので乾き気味に、よく晴れた日に霧吹きしてやってダニ退治を同時にしていますgood

⑥ハイビスカス

Img_5256



寒さからのダメージを受けにくくするために11月に切り戻しをして室内に入れることを10年以上繰り返して冬越し出来ているので今年も大丈夫でしょうsign02
南方の暖かい所で育っているイオメージで寒さに弱い(?)ような感じがするので冬季は室内で乾燥気味に育てています。

⑦木立性ベゴニア

Img_5255



ベゴニアは熱帯・亜熱帯地方に自生する植物なので寒さには弱いのでしょうねdanger
それでも5℃くらいまでは大丈夫なようです。
最低気温が5℃くらいになりそうになると短く刈り込んで室内に入れて乾燥気味にしています。

⑧ハートカズラ

Img_5254



11月下旬に室内に入れて冬が終わることを待っていますsandclock
3週間に1回程度に少量の水遣りをしています。
20年以上も生き続けている強い植物なので問題なく冬を乗り越えてくれるでしょうsign01

2017年1月23日 (月)

何かをしようと…(ベランダガーデニング)

寒気団にすっぽりと包まれて震えあがってしまう今日の神戸ですsad
天気予報では平地でも積雪があるとのことでしたが午前は青空が広がっていましたsun

Img_5231

Img_5232

Img_5233

今日は定例のゴルフの予定でしたがゴルフ場からのオファで中止になりました(一昔前は余程の気象条件が悪くない限りはCLOSEにならずしっかりプレイフィを取られていましたが変わりましたね)

で、予定が急に変わったので何をしようかと色々と考えて…
最近はベランダの変化があまりしないので新しい苗をと考えているうちに…クレマチス苗をネット予約してしまいましたcoldsweats01
ずっと欲しかった品種なので早く届いてくれると嬉しいですnotes

やることが見つかりましたsmile
正月飾りの片づけと言うか植え付けです。
新しい年を迎えられた大役を果たしてくれたのできちんとした土に戻してやらなくては。
鉢やプランターの空きスペースに植えてやりました。
勿論、生育環境の合った仲間との寄せ植えですheart04

イベリスは日当たりのよい場所にヘデラ、エリゲロン・プロヒュージョンとの寄せ植えです。

Img_5238


Img_5239





Img_5243

斑入りワイヤープランツは日陰でコクリュウと寄せ植えです。

Img_5244



ワイヤープランツについては既に我が家のベランダの日陰でも育つことが実績済なので大丈夫でしょうsign02

Img_5245

ビオラはかなりバテ気味ですが仲間と同じプランターで頑張ってもらいましょうrun

Img_5234


Img_5240


Img_5242

午後は急に暗くなって雪が舞い始め、これが予報で言っていた積雪なのか実感ですsnow

ベランダに雪が降りこむ中、身体を硬直しながらも頑張りました。
なにもこんな寒い中でやる必要もないのですが一度決めると止まれない私は…wobbly

冷え切った身体は作業後、肉まん食べて温まりましたspahappy01

2017年1月22日 (日)

スノードロップがおかしいな?(ベランダガーデニング)

1年で最も寒い1月下旬から2月にかけて大概スノードロップは咲いてくれていたと思って最近は毎日様子を窺っているのですがなかなか変化がありませんeye

Img_5223


Img_5226

気候の影響かそれとも植え付けが遅くて土壌をかき乱したからなのかいろいろと考えてみるのですが原因は分かりませんcoldsweats01

Img_5225

ま、今まで毎年咲いてくれているのでその内咲いてくれるだろうと思うのですが生長の変化が見られないのでちょっと心配ですねconfident

Img_5227


Img_5229


寒空の下、凛と咲く姿が凄く好きなスノードロップは1年のスタートとして最も見たい花の一つです。

Img_5228

昨年は憧れのスノードロップの群生に近づいたのですが今年はどうでしょうsign02

【独り言】
スポーツ観戦に大忙しですcoldsweats01
錦織圭選手の全豪オープンテニスでの大活躍tennis
時差があまりないオーストラリアでの試合なので生中継で応援できます。
大相撲も若手力士の活躍や日本人力士の優勝も見どころありです。

昨日まではスキージャンプW杯での伊藤選手、高梨選手の大活躍をLiveで観られ、今日は卓球の全日本選手権の決勝がありますtvhappy01

2017年1月21日 (土)

小さくても頑張るミニバラ(ベランダガーデニング)

「寒い、寒い」とばかり言っておられないが本当に寒い!!!shock
スキーに行っている時はこの寒さが心地よく嬉しいのですがそんな計画がないときは凄く落ち込みます。
この差は何なんでしょうsign01 勝手な私ですcoldsweats01

ベランダの景色も大して変わりませんが一応水がきれていないかチェックだけは欠かしませんeye

小さな苗ながらたくましいミニバラはこの寒気の中、元気です。
もう春を感じているのか新年のスタートダッシュをかけているようですrun

小豆色の新芽を弾かせて新葉を形成し始めています。

Img_5220


このミニバラは10年以上の老体なのですが今やそれを感じさせませんhappy01

Img_5219_2


以前、ミニバラの寿命は5年程度と言われていましたが人類同様、環境の変化もあってかかなり伸びているようです。

Img_5218


昨年新たにやってきた新入りミニバラ老体ミニバラに負けまいと目を覚ましたようです。

Img_5221


Img_5222



子宝草が凍傷に遭って白くなってしまいました。
先日の寒波が限界を超えて組織が破壊されたのでしょうsign02

Img_5216


可哀想なのですが他にも沢山仲間を残しているので寒気に対する強さ加減を知ることが出来ましたpencil

Img_5217

2017年1月20日 (金)

1月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

少し寒さが和らいだと喜んでいたらまた週末寒波がやってきますsnow
既に空気が異常なほど冷えて午後からは天気も崩れてくるとのことです。
西日本の日本海側はかなり荒れ模様になるとのことですから注意が必要ですdanger

ビオラが豪華咲きになって花壇が明るくなってきましたshine

Img_5212


Img_5211



今日は「大寒」、1年で最も寒い季節です。
まさにその通りのような朝から気温が上がらず凍り付いたような感じです。

Img_5209

それでも沢山のビオラの花が咲いて元気をくれますup

Img_5203


Img_5205

今年はイエロー系を多く植えたので余計に明るく感じられ体感温度が上がりますspa

Img_5207




ビオラの花を観ている間は寒さも忘れることが出来て花がら摘みなどして楽しんでいますnotes

Img_5206

一番早くからベランダの最も日当たりのよい場所にハンギングしたフリル咲きビオラ「ミルフル」の様子が少しおかしいshock
株はしっかりしているのですが花付が悪いのですsweat02
窒素系肥料が強いのかもしれないのでリン酸カリウムの液肥を遣ってみました。

Img_5214

先日葉摘みを行ったつるバラが新芽を出し始めましたbud
旧葉を剥がされて目が覚めたのでしょうかsign02
ヤル気モードになったのでしょうかsign01

Img_5213


ホットリップスも精一杯頑張ってくれてベランダに色を添えてくれますrun
寒い中ご苦労様です。
大変嬉しいですhappy01

Img_5215

【独り言】
文部科学省の「天下り問題」はやはりあれだけ世論が厳しく、法律化されたにも拘わらず、無視され続けていたことは腹立たしいですねpout
しかも組織的に斡旋した疑いがあるというから「国家公務員」たる者、一体何なのって感じです。あきれてしまいます。
何十年も当然のように繰り返されてきた国家公務員の「天下り」は行く先々で一般人とは比較にならないほどの高額の退職金を手にするだけでなく天下り先と不適切な関係(補助金他)で無駄な税が使われていると思うと腹立たしい限りです。

クリーンで明るい社会はいつ実現するのでしょうかsign02

2017年1月19日 (木)

最も緑が少ないとき(ベランダガーデニング)

今朝はあまり冷え込まなかったのか窓は全然結露していませんでしたsweat01
朝の作業の1アイテムが無くなると随分助かりますhappy01

夏以降緑葉を維持していた植物も寒波で凍傷に遭い枯れてしまったのでベランダが寂しくなりました。

Img_5200



「寒」に入った今が1年で最もベランダが寂しくなる時ではないでしょうかsign02
夏の間は緑葉で隠れていた背景がむき出しになり殺風景ですcoldsweats02

そこでベランダが寂しくなっても出たくなるように目を楽しませるためにプレートなどの雑貨を置いていますnotes

Img_5197


Img_5194


Img_5195

これから2,3か月間はこの景色との付き合いですが新芽がアチコチから出てきて景色が変化する姿は結構楽しめテンションも上がっていきますup

Img_5199


Img_5198


Img_5196

2017年1月18日 (水)

寒波の影響(ベランダガーデニング)

先週末の厳しい寒波でベランダの植物達は震え上がってしまったようです。
5℃以下になると厳しい植物はやはりダメージを負ってしまいましたdown

幸いに氷点下までには下がらなかったので何とか持ちこたえていますpunch

ブライダルベールは緑葉を沢山残して生き生きしていましたが凍結して地上部を枯らしてしまいそうな状態になってしまいました。

Img_5193






この程度だとたとえ地上部を全部枯らしても土中は生きているので春になると新芽を出してくれるでしょうsign02

同様にミセバヤも葉っぱが凍傷に遭った状態になって赤くなりました。

Img_5191





こちらは新芽を覗かせて準備OKなのでいつものサイクルを繰り返してくれそうですbud

ナンテンはやっと紅葉しましたmaple
昨年は比較的暖かったのでしょうね?

Img_5184



寒気に当たらなかったのでなかなか紅葉しなかったのでしょうsign02
今回の寒波でやっとナンテンらしい赤色の葉を披露です。

寒さが強い植物は今回の寒波を喜んでいるようですnotes
クロッカスが新芽を覗かせましたbud
ヒゲのように細い葉が分かれてのぞかせるのでクロッカスと判別できますeye

Img_5182

Img_5181


Img_5185

ヴィオルナ系クレマチスが地中から新芽を出しすので嬉しくなります。
毎日のようにバークチップを取り除いて探していますeye

Img_5192


Img_5189



オキザリスは今日久しぶりに気温が上がったので開いてくれましたsun

Img_5177


Img_5179


こんなに寒くても頑張っている植物もあります。

ミリオンベルです。
花数は減ってきましたがしっかりと咲き続けてくれていますnotes

Img_5180

2017年1月17日 (火)

空間を効率よくVERTICAL GARDEN(ベランダガーデニング)

久しぶりに少し寒さが緩んで過ごしやすいですhappy01
今日は消防設備の点検日なのでベランダを整理整頓しておきましたshine
年2回、消防設備の点検が行われますが感知器類の点検は勿論大切ですがガーデニングを楽しむ上では避難経路の確保に注意しておかなければなりませんdanger

万が一、火災に遭ったときに慌てないように日頃から消火活動のやり方、避難方法をしっかりと頭の中に入れておくように心がけています。

ベランダの限られたスペースでガーデニングを楽しむために空間の効率的な使い方をいろいろと考えるのですがなかなか難しいですねcoldsweats02

Img_5159


Img_5161

床に鉢、プランターを置くとすぐにいっぱいになってしまうので壁面の縦空間を活用できないかと四苦八苦しながら両側の壁面そして正面の高い壁とベランダのあらゆる壁面を攻めまくっていますcoldsweats01

Img_5170


Img_5171

構造物の固定方法や壁面で育つ植物の選定などうまくいったときは嬉しいですねsign03smile

Img_5164


Img_5165

バラクレマチスなどの蔓性植物を多用して高い場所の壁面緑化を推進です。

Img_5167

Img_5168





Img_5175


洗濯物を干すなどの生活空間は最小限確保しながらベランダガーデニングを楽しんでいます。

Img_5176


Img_5173


Img_5169

Img_5163

2017年1月16日 (月)

寒さには強いステラです(ベランダガーデニング)

寒くてなかなか蒲団から出られませんcoldsweats01
あと5分、もう5分と粘りながら自分との戦いです。

冬空の下に健気に咲くバコパです。

Img_5153



最近はバコパとは言わずにステラなんですね。
名札にはステラが多くなってきています。

Img_5156

小さな花ですがまとまって咲いてくれると体感温度が上がります。
本来は春先から開花するのですがハウスで開花調整されて市場に出た苗をかったので早くから花を見られていますnotes

Img_5155

寒さには比較的強いのですが夏の蒸れに弱いので夏越に苦労しますshock

今の時期は乾きそうになったら早めに水をやっています。一度乾燥させると復活が難しいからです。

今シーズンは白とピンクの2種を楽しんでいます。

Img_5154


寒さに弱いレッドフラッシュと寄せ植えしているので夜は室内に入れて寒さ対策です。

Img_5157


Img_5158

2017年1月15日 (日)

やはり寒さに強いビオラ(ベランダガーデニング)

朝起きて窓を開けてみると予報通り一面が銀世界snow
車も殆ど通らず静かな朝でした。

冬の花ビオラもグッタリとしていました。
雪が降りかかるとダメージが大きいだろうと昨夜花壇からベランダ床に下していたのが多少は効果あったのか日が当たりだすと直ぐに起き上がりましたup

Img_5150


Img_5145

やはり冬を好む花ですねsign01
こんな姿を見ると元気が出てきますrun

Img_5146


Img_5147


いろいろな顔をしたビオラを眺めるのが楽しみですnotes

Img_5148


Img_5149


Img_5151

ミニバラの新芽が大きくなってきました。

Img_5152

2017年1月14日 (土)

寒波がやってきました(ベランダガーデニング)

天気予報通り、寒波がやってきましたsnowcoldsweats02
センター試験が行われるときはいつも寒波がやってきているような気がします。
余計な心配をさせないで日頃の実力が出し切れる状態で受験が出来たらいいですねpencil

ここ神戸は朝方は晴天だったので安心していたらあれよあれよと暗くなってきて横殴りの雪が降ってきましたsnow

Img_5135



朝早くから部活動を頑張っていた学生も「ヤバイ!球が見えない」とテニスボールが見えないらしく慌てるほどの雪でした。

それも1時間足らずで止んでくれたので一安心ですsmile

植物達もあせってしまったのではないでしょうかsign02
寒くても日が当たってほっこり油断していたところに急に大粒の雪が降ってきて凍り付いたことでしょう。

Img_5138


Img_5136


Img_5137


寒さを好むガーデンシクラメンはこれからを楽しむことでしょう。
植えっぱなしのガーデンシクラメンに蕾が上がってきました。

Img_5141

Img_5140


年末に新しく買ったガーデンシクラメンは花期をそろそろ終えるのでしょうかsign02
勢いが止まってしまいました。

Img_5142

2017年1月13日 (金)

やはり出来る子のミセバヤ(ベランダガーデニング)

週末は本当に寒波がやってきそうな今日の冷え込みですdown
空気が冷たく少し風が吹くだけで背中が丸くなり震えあがってしまいます。

ミセバヤ今シーズン初め、調子が思わしくなかったので植え替えたのですがその影響でしょうか生長が遅れてしまい肉厚葉も緑のまま秋を終えてしまいました。

Img_5131


Img_5095

いつもなら今頃は地上部を枯らして株元には小さな葉を形成して冬を越します。

緑葉を残しているのでまだ来シーズンの準備が出来ていないだろうとポットを下してみると、いやいやしっかり新芽を付けていましたeye

Img_5090

やるべきことはしっかりと出来る子なんですねsign03

Img_5092


Img_5093

安心しました。今夜からの寒波に少しでも遭わせないためにベランダの風が当たらない所に避難させておきました。

Img_5132

来シーズンはあのミセバヤの特別な花を沢山見たいものですnotes

【独り言】
年末からあまり外出せず運動不足がちだったので今日は京都・伏見稲荷まで出掛けてみましたtrain

Img_5099


これまで京都には20~30回くらい訪れていますが殆ど私鉄沿線の御馴染みの名所めぐりでしたが今回初めてJR沿線巡りをしてみました。

Img_5106

伏見稲荷は最近外国からの訪問客が多いと言われていますが現地に着くとそれはそれは殆どが外国人、凄い人気なんですねsign03
シャッター押しを頼まれた初老の人曰く「日本人を探すのに苦労したよ」と笑われていました。

Img_5122

隣の駅近くの東福寺にも寄ってみました。
ここは紅葉時には大人気で混雑しますが、今の時期はひっそり感が漂ってなかなかの雰囲気でした。

Img_5128


Img_5130

2017年1月12日 (木)

冬のセダム(ベランダガーデニング)

今週末は西日本にも厳しい寒波がやってくるそうですsnow
最高気温が5℃前後らしく最低は氷点下近くになるので普通の植物にとっては限界ギリギリですねsign02
ある温度を超えてしまうと一瞬にして枯れてしまいますdown

Img_5080

今、ベランダで楽しんでいるセダム類も寒さに対して微妙な感じですcoldsweats01
これまではそれ程気温も下がらなかったこともあって順調に育っていましたが今回の寒波ではどうでしょう?
ちょっと様子をみてみることにしましたthink

Img_5081


Img_5082


Img_5083

多肉植物も寒さに強い品種もあるのでセダム類も寒さに強いものもきっとあるでしょうshine
(冬場は植物が凍結しにくいように水遣りを減らしています)

Img_5084


Img_5085


Img_5086



我が家のベランダで1年中生き続ける植物があれば管理も楽になるので助かりますgood

Img_5087


Img_5088_2


2017年1月11日 (水)

やっと初詣(ベランダガーデニング)

昨日はいつもの通院で朝9時前の電車に乗って出掛け、終わった後は遅くなったのですが初詣に三宮・生田神社に行ってきました。

Img_0093



さすがに参拝者も少なくゆっくりと参拝出来ました。
おみくじも久しぶりの「大吉」で何かよい予感がしますnotes

Img_5077

境内は外国人の方の方が圧倒的に多く、ガイドさんが「参拝の仕方」を教えられていました。

大きなバッグを引いて参拝される人も多く、神社の景色も近年は変わってきましたねsign01

Img_0096

Img_0094

1年を健康に過ごすことが出来るように願っておきましたhappy01

今日はこれからモッコウバラの葉摘みをします。
バラのように病害虫対策が主目的ではなくベランダでは日照が大切なので少しでも新芽に日を当ててより健康的に育てるためですsun
日光は貴重ですね。

Img_5074


Img_5075

葉っぱを取れる範囲で作業を終えました。
やはり安全第一ですね。

絡んだクレマチスの蔓も剪定しましたhairsalon

Img_5078


Img_5079

2017年1月 9日 (月)

アケビを植え替えました(ベランダガーデニング)

冬の休眠期に入るときに植え替えが適切な植物があります。
バラもそうですがアケビもその一つです。

今朝も寒かったのですが昨日に続いて植え替え作業をしましたhappy01
寒いと億劫になりますが一旦腰を上げるとヤル気になる私ですcoldsweats01

Img_5066

生長旺盛なアケビは1年もすると鉢内は根がビッシリ張ります。
ベランダの植物達は基本としてコンパクト仕立てにするために殆ど鉢増しをしないようにしていますがアケビは維持することが困難になり、とうとう8号鉢になりましたcoldsweats01
(鉢植えに適していないかもしれませんねsign02

Img_5067

前回の植え替え時に苦労した根鉢の取り出しは予想していましたがそれどころではありませんでしたshock
鉢内面の縁切りは土がカチンカチンのために一向に進みませんでしたdown
30分も続けても取れないのでコーヒーブレイク(録画の朝ドラを観ながら)気分を変えて再挑戦したのですが結局3時間もかかってしまいました。
金づちを使ってまでの根鉢取り出し作業、最後は自分の足が引きつってしまい危うくギブアップするところでしたcoldsweats02

Img_5069

植え替え作業くらいだから1時間で済むだろうと思っていましたが4時間もかかってしまいましたsandclock

Img_5070

何とかして結実を夢みているのですがなかなか難しいですね。
花は何度か咲いてくれたのでもっと充実させれば結実に近づくのではないかと鉢も大きくして養分補給をしっかりしてみようと鉢増しをしてみました。

Img_5071

用土は小粒の赤玉7、腐葉土2の割合で緩効性肥料を適量混ぜたものです。

根鉢は崩さず肩口と底部を少し取り除くだけにしました。

Img_5068


アケビと格闘した1日になりましたsmile

明日は寒波がやってくる予報ですsnow

Img_5073


Img_5072

2017年1月 8日 (日)

モッコウバラを今年も植え替えました(ベランダガーデニング)

昨年の1月初旬にモッコウバラを植え替えましたが今年も植え替えてみることにしました。
幹が弱々しくなったようなので根詰まりでもしたのではないかと鉢増しをすることにしましたup

Img_5055

Img_5061

Img_5056

ベランダの奥の高所にまで誘引するようにしたので地上部との栄養バランスがとれないのでしょうねsign02

Img_5059


Img_5060



地上部分に栄養を供給するには鉢内の養分がもっと必要な感じがします。

用土はバラ専用土を使用して緩効性肥料を適量混ぜてみました。

Img_5063

根鉢は肩口と地表面を落とす程度にして8割方残しておきました。

Img_5062

モッコウバラは春にはどのような姿になってくれるか凄く楽しみですnote

Img_5064

葉摘みして誘引のやり直しもした方がよさそうですcoldsweats01

Img_5057

小雨が降る中、頑張りましたよhappy01

Img_5059_2

【独り言】
スポーツのTV観戦に忙しいeye
高校サッカー、ラグビー、バレーにラグビーのトップリーグ更には海外での錦織圭選手や松山英樹選手とどのチャンネルを回しても(今はタッチと表現かなcoldsweats01)熱戦に食い入ってしまいます。
高校生の一生懸命にプレイする姿はどちらも勝者にして欲しくなるほどです。

プロ選手も今は海外勢と対等というかNo.1に迫るほどの実力を有するほどだから応援も熱が入ります。

2017年1月 6日 (金)

クレマチスの準備をぼちぼちと(ベランダガーデニング)

ベランダの奥の高所にHFヤング、紫子丸、ロマンティカ、ルビーグロー等を這わせています。
冬になって葉っぱが枯れたので蔓の剪定、枯れ葉の除去をしようとするも蔓が絡み合って品種の特定が出来ないので困りましたshock

Img_5047


Img_5048

強剪定、弱剪定と品種によって剪定の方法が異なりますがこんな時はこだわりを捨てて適当に済ませることにしていますcoldsweats01
葉っぱを取り除くと蔓が分かりやすくなるので根元から蔓を追って剪定しますhairsalon

Img_5049

枯れ葉を除去すると節々から大きな新芽を覗かせているものもあります。
こんな時は嬉しいですねhappy01

Img_5053

高所の刈り込み作業は大変ですがベランダ床に落ちた枯れ葉の掃除も結構煩わしいです。

Img_5050

Img_5051

Img_5054


2017年1月 5日 (木)

やっとつるバラの葉摘みを終えました(ベランダガーデニング)

つるバラ「サマースノー」の葉摘みをしましたhappy01

*次の2枚の画像は葉摘み前です。

Img_5038

同じつるバラの「春がすみ」の葉摘みをしたときにやりたかったのですが「サマースノー」はベランダの最前面にあって高所で危険なので体調が良いときにしなくてはと思い延び延びになって今日に至りました(12月は風邪をひいて熱や咳がなかなか止まらず体調不調でしたsleepy

Img_5039

大して葉は残っていませんが作業姿勢が悪く、ベランダから落っこちないようにへっぴり腰での葉摘み作業ですcoldsweats01
先端部の除去は危険すぎるのでそのままにしておきました。

Img_5042


Img_5044

これでつるバラの新年スタートですrun

Img_5041

Img_5045

2017年1月 4日 (水)

木苺が今頃紅葉しました(ベランダガーデニング)

ベリー類は紅葉が遅いのですがそれでも11月には黄色に葉っぱが変色していました。
今年はいつまで経っても緑を維持していました。

昨年の春に植え替えて元気モリモリ状態だったのでパワーが残って緑葉を維持しているのかなと勝手に思っていましたhappy01

Img_5027

紅葉しないまま春を迎えるのかなと思っていたところ年が明けると急に変化がありました。

これで新しい芽が出る準備ができました。

Img_5029

すぐ隣に配置している山椒は早くから落葉して、今は新芽を弾かせようとしています。

Img_5033






ブルーベリーは赤葉に変化した後、パラリパラリとゆっくり落葉していますがベランダで貴重な色となっていますmaple

Img_5035


Img_5037

水菜、春菊はまだこんな生長段階なので鍋料理には無理。
今シーズンも鍋シーズンが終わる頃に何とか使えるかも?といったところですcoldsweats02

Img_5031


Img_5032

2017年1月 3日 (火)

今年は水仙咲いてくれるかな?(ベランダガーデニング)

去年は結局葉が伸びただけで花を見ることが出来なかった水仙ですが今年も同じ結果になってしまうのでしょうかsign02

Img_5016

花が少なくなる冬に貴重な花として秋に球根を植えて(植えっぱなし)冬の楽しみにしています。

Img_5017



一昨年は数個の花を見ることが出来ましたnotes

鉢植えで植えっぱなしにするとどうしても養分不足になりがちになるので肥料や土増しに気を付けているのですが効果が十分でないのかもしれません?

Img_5018

まあ、なるようになってくれるでしょう。あとは自然に任せて水遣り、肥料をやって応援してみますhappy01

Img_5021

早くから咲いているオキザリスは晴れの日は花弁を開いて元気印を披露してくれます。

Img_5022


Img_5024

ガーデンシクラメンは静寂感の中で赤い炎をともし続けていますnote

Img_5025_2







2017年1月 2日 (月)

満開に近づいたビオラ(ベランダガーデニング)

年末に孫らが帰省して賑わいましたが大晦日には戻って行ったので正月はゆっくりと過ごしていますbottle
年賀状が届き、友人らの近況を読みながら、いろんなことに挑戦されていることに勇気をもらい自分も何かしなきゃと考えている正月ですhappy01

Img_5000





Img_4973


Img_4972

今年最初のガーデニング投稿は我が家の冬の花の代表のビオラです。
(大概新しい年のスタートはビオラからですcoldsweats01
そろそろ満開に近づいてきたようですshine

Img_4976


Img_4978



メイン花壇を埋め尽くすほどにモリモリ状態になってきました。
イエロー系をメインに明るい雰囲気に仕上がってきました。
昨年は少しパープル系でデコレーションしてみましたがアクセントとなった黄色が気になっていました)
今年も不思議な力を湧きだしてくれる植物の力を借りながら前向きに過ごそうと決めましたrun

Img_4981


Img_4984


Img_4983

Img_4982

今回のビオラは3社の種苗メーカーの品種を混ぜて花付き状態を観察しています。
背丈が低くコンパクトに生長する品種が好きなのでいいものが見つかったら継続して楽しんでみようと思っています(背丈が高くひょろっとすると風で倒れて醜い姿になるので低い花の品種を主に楽しんでいます)

Img_4986

Img_5009





Img_4996

フリル咲きビオラ「ミルフル」は既に我が家のベランダに適合していると思われるので次に何かいいものが見つかれば嬉しいなと毎日様子を窺っていますeye

Img_4997

Img_5003





Img_4998

お正月なので頑張って角度を変えて撮ってみましたcamera

Img_5004


Img_5005

Img_5010




Img_5006

ちょっとくどいくらいの画像投稿ですがお許しを。

Img_5012


Img_5011

Img_5007


Img_5008

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年(ベランダガーデニング)

あけましておめでとうございます 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

Img_4874_2

昨年は震災や大火そして残忍な事件、更には海外では想定外の大統領選挙結果等々大変な年でしたdown
今年は明るく大きく前進できる年になって欲しいものですup


昨年はノウゼンカズラが3年振りに咲いてくれるといったサプライズが起こりました。
諦めずに待った甲斐がありましたwheelchair

年々積み上げてやっとベランダの全壁面を一応緑化出来る”ネタ”が出来上がりかなりの実績を上げられるほどになってきました。

植栽計画はほぼ固まったので今年は誘引計画をしっかり立てて素敵な空間を創ってみようと計画中です。
そのためにも植物がしっかり生長してくれることが前提条件ですpencil
(昨年は計画倒れに終わってしまったので再挑戦です)

クレマチスも新しい品種を加えたり、挿し木や種まきして育った苗も大きく生長してきたので昨年よりは賑わってくれると期待していますnotes
(休眠期の管理も怠らずにやっています)

今年も少しだけ頑張りますのでアドバイス、コメント、感想など…よろしくお願いいたしますclover

家族と共にこじんまりとお屠蘇、御節と雑煮をいただいて新年を祝いましたbottle

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »