« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

オキザリスも早く開きました(ベランダガーデニング)

やっとHPの更新が出来ましたcoldsweats01
何とか形だけですがどうにかこうにかここまで達することができました。
と、言っても2016春版がUP出来ただけなんです。
冬がやってきてすぐに春がやってこようとしているのに前の春のことを今頃です…coldsweats02
なのであえて”タイトル”に出来ませんでしたshock

1ページに残しておくと当時のことが簡潔に思い出され次のステップに向かうときに便利なので何とか続けようと思っています。

容量の問題が少し解決したので早めに2016夏、2016秋に取り掛かりです。

今年は慌てん坊の仲間が増えたオキザリスですが仲間が増えて心強くなったのか早くも開き始めましたshine
正午現在、まだ完全には開いていませんが気温が最も高くなる午後2時頃には開いてくれるでしょうsign02

Img_4650


Img_4658

いつもは早くても1月に1番花が咲いて寒い中でも元気をくれるのですがnote
元気印のビタミン色は春がやってきたと勘違いするほどです。

Img_4645

オキザリススノードロップと同様に、温度と明るさが足りると開くようです。
地球温暖化などと言われていますがオキザリススノードロップの慌てん坊も実は気温変化を鋭く察知しているのかもしれませんねsign02

Img_4657


Img_4653

オキザリスの繁茂スピードは凄いものがりますup
最初は数個の球根でしたが年々倍増して広がっていきます。

Img_4647


傍のスノードロップは赤、白の花が混ざって秋らしい景色を見せてくれますmaple

Img_4651

Img_4652

2016年11月29日 (火)

コバノズイナの紅葉(ベランダガーデニング)

今年はいろいろと用事があって紅葉狩りに行けてませんshock
京都は今が絶好の色付きらしくTVの特番で観ているとウズウズしてきますmaple

Img_4633

ずっと名前が分からなかった「コバノズイナ」、あの優しい白い花の姿も好きでしたが葉っぱがこのように紅葉するとは知らず、このグラデーション紅葉もこれから秋の楽しみのアイテムのひとつになりました。

Img_4643


Img_4639

ブルーベリーは真っ赤に紅葉、ヘンリーツタは全て落葉と我が家の”紅葉”が終わりつつあるときに新たにコバノズイナが紅葉してくれてもう少し楽しめそうですhappy01

Img_4638


Img_4630

Img_4634

HPを2015冬から更新していないので(空き容量が無くなって処理が面倒なのです)何とかしなくてはと昨日から奮闘し続けています。
たった1ページだけなのにPC知識が乏しいのでなかなか進みませんcoldsweats01

それでも諦めることなく形だけはどうにかなりそうなところまできました。
あともう一息、頑張って今日中には2016春をUPしたいです。

2016年11月28日 (月)

スノードロップが開いた(ベランダガーデニング

スノードロップの開花期は年を越して2月頃からなのに毎年11月に1輪だけ開いてくれますhappy01
慌てん坊のスノードロップです。

Img_4623


11月の環境条件でも花を咲かせるDNAを有する球根なのでしょうね。
毎年咲いてくれるのでそのような性格(性質)の球根なのでしょう?

昨日も開く準備は出来ていたようですが花びらが開くための温度と照度に達していなかったのか1日中花びらを閉じたままでした(人間同様、寒いときは縮こまっているのでしょうか)

Img_4629

今日は朝から晴れていたのでスノードロップにも日が当たり、9時過ぎには半開き10時半にはほぼ全開状態になりましたsun

スノードロップが群生する姿に憧れていますが、1輪だけが凛として咲く姿もいいですねgood

Img_4626

2016年11月27日 (日)

喜んでいるビオラ(ベランダガーデニング)

折角の日曜日というのに朝から雨が降っていますrain
雨が降った後は寒気が入ってきてかなり寒くなる予報です。
ますますテンションが下がりますねdown

今週は最低気温が5℃を下回る日が予想されているのでいよいよ寒気対策を完全に施しておきたいです。
少し寒気に当てる必要があったクンシランにも雨が止んだら忘れずにビニール袋で覆ってやらなきゃdanger

寒さを好む冬の花、ビオラは「そろそろ出番!」と一つまた一つといろんな色の花が咲いてきました。

Img_4585


Img_4622

Img_4587




寒くなってもこの花が咲いてくれると体感温度が上がり、冬を楽しく過ごすことが出来ますspa
冬を楽しく過ごすためには冬季の趣味が効果的ですねsign03
(スキーやガーデニングを始めてから冬を活動的に過ごすことで寒さに負けないようになりましたcoldsweats01

Img_4589


Img_4593


Img_4601


Img_4606


Img_4612


Img_4615


Img_4619

まだまだ本当に寒いのはこれから。
人間は縮こまりますがビオラは生長して手を広げいっぱい花を咲かせてくれますup
ビオラからいっぱい元気をもらうためにもビオラを大切に育てたいと思いますhappy01

Img_4586


Img_4620


Img_4621

ガーデンシクラメンもいっぱい元気をくれますねnote

Img_4596

2016年11月26日 (土)

ベランダで役立つ多年草(ベランダガーデニング)

多年草は一度植えると毎年花を咲かせるので手間がかからず便利な植物です。
強い植物は10年以上も生き続けてくれますsandclock
冬の寒さや夏の高温多湿に弱い植物は寒さ対策や涼しい場所に移動させたりして環境を整えてやればずっと生き続けますup

ベランダでは狭いために苗の植え付け作業が困難なので出来るだけ多年草を使うようにしていますhappy01

①ベルフラワー
冬は地上部を枯らすこともありますが春には芽を出してきます。

Img_4579


Img_4580

②宿根ネメシア
冬は短く刈り込んで過ごします。
春先には新芽を出してすぐに花を咲かせてくれます。

Img_4581

③宿根ブラキカム
細い茎で頼りないですが意外と強く水遣りを忘れずにしておくと春に小さな芽を出してくれます。
枯れたと勘違いしないで水遣りを忘れないことですね。

Img_4582


Img_4583


④アリッサム
か弱いので1年草に思われがちですが暑い夏を乗り越えればずっと生き続けてくれるようです。

Img_4584

⑤ウォーターマッシュルーム
日当たりを好む水生植物ですが半日蔭でも育つのでベランダの片隅に置いているのですが生き続けています。
霜に当たると枯れてしまう冬に弱い植物ですがベランダだと霜に当たりにくいし、気温低下もある程度防げるので環境としてはいいようですgood

Img_4577

この時期は日が当たると植物達は喜んでいるように見えますsun

Img_4578

そろそろバラの葉摘みをした方がいいですねsign01

Img_4576

2016年11月25日 (金)

室内移動でリラックス?(ベランダガーデニング)

今朝は数日振りに晴れ間が広がって活動的になれる気分ですup
空気が冷たく新鮮さが特別に感じます。
インフルエンザが早くから流行っているとのことなので早速予防接種に行ってきましたhospital
2年連続でインフルエンザに罹ったことがあり、あの熱に苦しむことは老体となってはかなり厳しいので最近は予防接種を欠かさずするようにしています。

今回の寒波で寒さに弱い植物を室内に入れてやりましたがさすがに安心したのかリラックスしているように見えますhappy01

植物が生きていける環境にしてやらないと強そうに見えても5℃以下の寒気に一度当てただけで枯れてしまうものもありますshock
そんな目にあわさないためにも室内に入れてやっています。

今日は室内に入ってくる日に当たりながらリラックスしている植物もありますsun

Img_4570


Img_4572

室内の日が当たらない場所に置かれた植物も寒さから逃れただけでほっとしてしている感じです。

Img_4575


これからは水遣りに注意が必要です。
ベランダに置いているようにタップリやると根腐れすることがあるので少し少なめにするようにしています。兎に角、冬季を生き延びるために。

2016年11月24日 (木)

スノードロップが芽を出しました(ベランダガーデニング)

冬の楽しみのひとつ、スノードロップがバークチップの間から芽を出しましたbud

Img_4566

そういえば毎年11月の同じ頃に咲くスノードロップがありました。
あの球根なのでしょうねsign02  慌てん坊の球根が確かありましたcoldsweats01

Img_4563


Img_4562

スノードロップの満開時期は1月ですが花が少ないときに一つでも咲いてくれると嬉しいですねnote
これからの経過観察が楽しみです。

Img_4561

寄せ植えした鉢が少し落ち着いてきましたcoldsweats01
ちょっと背丈の高い植物が欲しかったのですが無かったため何かが抜けた感じになってしまいましたdown

Img_4567


オリヅルランのランナーにつながった子株を切り取って植え付けましたbud
冬越しして来シーズンのオリヅルランを楽しむためです。

Img_4568

今の時期はシュガーバインが元気いいですねrun
室内に入れているものは蔓を伸ばして葉っぱを沢山付けています。

Img_4569

2016年11月23日 (水)

ベランダ格子部分に寒冷紗を(ベランダガーデニング)

昨日の暖かさから想像できない今朝の冷え込みでしたshock
天気予報で寒波が知らされていたので多少準備が出来ていましたがまさかの寒風に驚きましたtyphoon
関東地方では明朝は積雪の恐れもあるとのことですよsnow

昨日孔雀サボテン寒風対策をやっていて正解でしたhappy01

今日はベランダの格子部分に寒冷紗を張りました。

Img_4547



この寒冷紗は寒風を遮り、光を透過させるために白を選択しています。
20年近く続けていますが0~10℃くらいの場所では植物達の冬越しにかなりの効果を発揮するようですup

これで一部の多肉植物を守っています。

Img_4559


Img_4560


寒くなると多肉植物も紅葉したりして夏とは違った姿を披露してくれますnote

Img_4551


Img_4552

Img_4556

1日中、鉛色の雲が低く垂れこんで気温が上がらない日でしたdown

Img_4553


Img_4555

2016年11月22日 (火)

孔雀サボテンの寒さ対策を(ベランダガーデニング)

明日はぐっと寒くなるとの予報なので寒さに弱い孔雀サボテの寒さ対策をしましたspa

Img_4535




”寒さ対策”と言っても鉢をビニール袋で覆ってやるだけですhappy01
この方法で10年以上も問題なく冬を越していますgood
年に2,3回氷点下或いは氷点下近くになる程度の我が家ではこの程度の対策でいいのでしょうねsign02
(たった1度だけでも霜や寒気に当てるだけで枯れてしまう植物は多々あり、後悔先に立たずを経験することがあるので事前の対策が必要ですcoldsweats02

Img_4537

こうすることによって孔雀サボテンの許容最低気温5℃をカバー出来ているのでしょう。

茎葉に水分を多く保って表皮が薄いハートカズラハオルチアなどは水分が凍結して枯れてしまうので室内にいれておきます。

Img_4543


Img_4544

水菜・春菊が芽を出したのですがどっちに水菜の種を蒔いたか忘れてしまったのですがやっと葉の形状がそれと分かるようになってきましたeye

Img_4538

明日はかなり寒くなるらしいsign02
寒さが好きなビオラは喜ぶでしょうnotes

Img_4539


Img_4540


Img_4541

2016年11月21日 (月)

ハイビスカスの刈り込み(ベランダガーデニング)

Img_4512


Img_4513


Img_4520


Img_4517

ハイビスカスを冬越しさせるために短く刈り込みましたhairsalon
昨年強剪定したので今年は弱剪定です。

Img_4522

コンパクト仕立てを継続させるためにと室内に入れるために占有体積を最小化するためにですhappy01

Img_4523




生育旺盛なハイビスカスはすぐに鉢内いっぱいに根を張り、2年で植え替えが必要になります。
勿論、刈り込まなければ大きくなって1m以上にもなります。

毎年、11月下旬に最低気温が10℃を切るくらいに下がりそうになるくらいに冬越し準備を始めます。

あとは室内に5月頃の温かくなるころまで入れておきます。

Img_4524

Img_4525

冬越しの準備をしないといけない植物が段々と増えてきますup
ヘンリーツタは紅葉を終えて殆ど落葉し、旧枝だけが残った状態になりました。

Img_4531

Img_4529

大したことをせずに冬を越す植物もありますsmile
夏の花、アズーロコンパクトは花が咲いたまま冷蔵保存したかのように冬を過ごします。

Img_4526


周辺の山の今年の紅葉は色が綺麗です。昨年はくすんだような感じでしたが今年は色の種類も多く鮮やかです。

Img_4534


Img_4532

フリル咲きビオラ「ミルフル」が花数を増やし始めましたnote

Img_4530

2016年11月20日 (日)

慌てん坊に仲間ができた?(ベランダガーデニング)

オキザリスの生長が速いので昨年はいつ頃花が咲いたのかを調べてみたら11月28日に1番花が咲いていましたsign01

Img_4492


Img_4495

たった一つだけで他は通常期の2~3月に咲いたのでこれは突然変異で何かを間違えて咲いたのだろうと思っていましたhappy01

しかし、今年は花茎が既に3本ほど伸ばしていますeye
あの球根が子孫を増やしたのでしょうかsign02

Img_4499


Img_4496

元々オキザリスの花期は1月から5月頃までだから日照や温度の条件が揃えば咲くのでしょうね?
急に寒い日があってその後温かい日が続いたので春のスイッチが入った球根があるのでしょうsign02

Img_4502


Img_4500

このオキザリスの花茎が伸びると春がやってきたと条件反射的に感じて嬉しくなりますnote
でもこれから寒い冬がやってくるのですねshock

Img_4493

先日、冬越しのために刈り込んだアメリカンブルーが花を咲かせていました。
休眠して体力を温存させてやりたかったのにアメリカンブルーとしてはまだ花を咲かせたかったのですねsign02

Img_4505


緑を維持してくれる植物があると嬉しいですねhappy01

Img_4504

遊びに行ったマンションの公園に咲いていた花を撮ってみましたcamera
最近は住居周辺の環境整備が充実していて住みやすいですね!

Img_0050


Img_0052

2016年11月19日 (土)

クリスマスローズの新葉がニョキニョキと(ベランダガーデニング)

昨夜はかなり風雨が強かったようですtyphoon
(爆睡していたので雨が降ったことなど全く覚えがありませんcoldsweats01
ベランダ床に落葉が落ちていて本格的な秋を物語っていましたmaple
折角の週末なのに天気がすぐれないので残念ですねshock

Img_4486

街中ではクリスマスモード真っ盛りxmas
特別な雰囲気になりますねnotes

ガーデニングを始めた頃はクリスマスローズはクリスマスに花が咲くものと勘違いしていて(咲く品種もありますが)なかなか花が咲かないことにもどかしさを感じましたcoldsweats01
実際に咲くのは春先の3月頃なのを知って(実感)してからはあせることなく待つことができるようになりましたhappy01

Img_4480


Img_4482

鉢植えしてから丸10年が経過しますwatch
寿命は10年を超えると聞いたことがありますが、大切に育てるとクリスマスローズもそれに応えてくれます。

Img_4489

昨年秋に植え替えしたので今シーズンは沢山の花が期待出来そうですsign02

Img_4490

2016年11月18日 (金)

ビオラもぼちぼちと(ベランダガーデニング)

冬の代表花のひとつ、ビオラがぼちぼち花を咲かせてくれるようになってきました。

Img_4423


Img_4426



摘芯を繰り返していたのでなかなか蕾を形成することはありませでしたが日に当てるようになってからは小さな蕾を付け始めました。

Img_4427


Img_4425

今年もいろいろな色のビオラをミックスとしたので楽しみ方が変わりましたnotes

Img_4429

まだまだしっかりと日に当てることが大事なので今は観賞よりもビオラの健康管理に気を付けていますsun
花が沢山咲いてくれるようになると配置など観賞優先ですcoldsweats01

Img_4430


Img_4432

2016年11月17日 (木)

呑気なミセバヤ(ベランダガーデニング)

昨年11月には花を沢山咲かせて紅葉を始めていたミセバヤですが今年はのんびりとやっと蕾を付けましたcoldsweats01

Img_4420


Img_4416

のんびりもいいけれど寒波がやってくるとこのまま開くことなく終えてしまうかもしれませんsign02

Img_4417

生長が遅いので先日植え替えしたので活動が遅れているのも一因ですが苗自体は健康になったようなのでこのまま見守ることにします。
(小さなポットに植えてコンパクトに育てたい宿命かもです)

Img_4421

ミセバヤは花が咲くまでは肉厚葉の観賞でも楽しめるのでベランダで楽しめる植物のひとつのようです(暑い夏にも寒い冬にも比較的強いようですhappy01

Img_4422

2016年11月16日 (水)

毎年咲いてくれるアリッサム(ベランダガーデニング)

Img_4405


夏の高温多湿をうまく乗り越えれば毎年花を咲かせてくれるアリッサム、今年も夏をクリアーしてくれましたgood
(花後の梅雨時前に短く刈り込んで風通しのよい場所に置いておくといいようです)

Img_4410


Img_4407

何年になるのでしょうsign02
あの華奢だったアリッサムの茎が木の幹のようになりましたsign03

Img_4414

Img_4411

Img_4409


寄せ植えが似合うのですが大きくなると場所をとるため鉢植えでは難しく単体で楽しんでいますnotes

オキザリスが花茎を潜望鏡の姿のように葉っぱの間から伸ばしてきました。

Img_4413

2016年11月14日 (月)

寄せ植えしました(ベランダガーデニング)

今日の天気は下り坂ということで慌てて”寄せ植え”をしました。”

寄せ植えといっても「寄せ植え」を計画していて使わなかったり、株分けして余った苗を単に”寄せ植え”したものですcoldsweats01

Img_4403

折角縁のあった植物達なので少しでも長生きして欲しいのでよりよい環境にしてやりましたclover

使った苗は千日古坊、レッドフラッシュ、バコパ、ツルニチニチソウ、ジュリアン、名前不明の苗等です。

Img_4404

色合いとか互いの相性とか植え付け適齢期とかにとらわれずのびのびと生長できるようにしてやりました。

何とか雨が降らないうちに作業を終えることが出来ましたhappy01

今年新たに買ったシャコバサボテンは満開ですがベランダにあるものはやっと蕾を付けました。
これが本来の姿なのでしょうsign02

Img_4399



短日植物なので日が短くなるのを感じて1,2か月すると蕾を付けると言うので11月に入ってから蕾が付くのでしょうね。

2016年11月13日 (日)

ベランダの小さな秋(ベランダガーデニング)

またPCの調子が悪く(画像の切り取り、貼り付けが出来ないetc)ブログの投稿が出来ませんでした。
PCは5,6年が寿命なんでしょうかsign02
いろんなソフトをダウンロードしていく内に不具合が生じるのでしょうねsign02

紅葉を求めて出かけたいところですが急用が多くて出かけられないので我が家のベランダの小さい秋を楽しんでいますmaple
(近くの学校の桜や山の紅葉が目に入るとウズウズしてきます)

①ヘンリーツタ
全ての葉っぱが真っ赤に紅葉して既に落葉を始めています。

Img_4387


②オレガノディクタムナス

Img_4388


Img_4389


③黄金カズラ
緑色をベースに赤や黄色に染まった葉っぱが秋を演出してくれます。

Img_4394


④ハツユキカズラ
柔和な白色の葉は無くなって真っ赤な堅い葉に変わりました。

Img_4391


Img_4393


⑤四季成りイチゴ「夏姫」
真っ赤な実が実りました。
この場所はヒヨドリが知らないので大丈夫でしょう?

Img_4396

日当たりのよい場所に置いているイチゴは葉が紅葉してきましたmaple

Img_4397





⑥ホットリップス
赤い花や赤白模様の花が混ざって咲いています。

Img_4386

⑦ブルーベリー
日が当たるといい感じの紅葉ですmaple

Img_4369


Img_4392

⑧オキザリス
春が待ちきれないのかワサワサ状態になってプランターを覆い隠すほどになってきました。
雑貨のピックも呑み込みそうになってきましたshock

Img_4385

⑨南天
緑葉が一部赤色に変わってきました。

Img_4398

⑩外から見たベランダの秋
ベランダの中が見えませんが両サイドに”小さい秋の様子”が垣間見えますmaple

Img_4379

2016年11月11日 (金)

挿し木したペラルゴニウム・シドイデスのその後(ベランダガーデニング)

シックな花を咲かせるペラルゴニウム・シドイデスを1年8か月前に挿し木しましたが順調に生長しています。

Img_4363

挿し木した昨年夏には花を咲かせてくれましたが、今年は何故か咲かせてくれませんでした(小さな花なので気付かなかったのかもしれませんcoldsweats01

Img_4366

乾き気味を好むので土表面が乾いて2,3日してから水遣りするように気を付けています。
今日は少し苦土石灰を混ぜてやりました。

Img_4367

冬越しのために木立性ベゴニアを短く刈り込みましたhairsalon

Img_4361



春になってからの刈り込みの方が適しているのですが室内に入れるためにと試しにやってみたのですが問題なかったのでそれ以来毎年継続しています。

Img_4362

ベゴニアやゼラニウムは挿し木しても容易に発根し、生長するようですgood
ベゴニア・ゼラニウムはベランダで大活躍してくれる植物なので重宝しますdollar

Img_4358



必要になったら挿し木して育てハンギングなどして楽しんでいますnotes

Img_4360

シャコバサボテンが豪華に咲いてくれましたshine
初めての薄いオレンジ色は私にとって新鮮です。

Img_4368

2016年11月10日 (木)

久しぶりのベランダ(ベランダガーデニング)

急用が出来て2日間、薄暗いうちに植物に水遣りだけして出かけ夜は真っ暗になってからの帰宅。
今日は久しぶりに植物達の様子をゆっくり見られました。

落ち葉拾い、ベランダ床の掃除をして一つ一つ観察してみるとたったの2日間ですが変化の著しいものもありますeye

先日移植した四季成りイチゴ「夏姫」は付けていた実が赤く染まってきましたcherry

Img_4337



養分が必要なときに植え替えしたので心配しましたが何とか乗り越えているようですup
まとめて移植したイチゴも元気モリモリで何だか期待出来そうhappy01

Img_4338


冬の代表花の一つ、ガーデンシクラメンは花数を増やして周りを明るくしてくれますshine

Img_4339


セダム類はこれくらいの寒さではまだ大丈夫なようですnote
氷点下近くまで下がって凍結するとダメージが大きいようなのでこれから水を控えめにしてみようと思っています。

Img_4340


大好きな花のひとつ、ネメシアは長く咲き続けています。
長生きしてちょっとダメージあってナチュラル感が出たネメシアは特別ですhappy01

Img_4344


Img_4346

先日植え付けたシュガーバインも新しい土に馴染んでくれたのか落ち着いた姿になってきました。

Img_4353


クリスマスローズが新芽を出してきましたの旧葉(枝)を切って新芽に日がよく当たるようにしてやりましたsun

Img_4351

ステラもピンク色の小花を増やしてオキザリスの緑一色の中に色を添えてくれます。

Img_4355

Img_4356


2016年11月 7日 (月)

ぼちぼち寒冷対策をしなくては(ベランダガーデニング)

11月になると突然寒波がやってきますsnow

今年も9日、10日には神戸も最低気温が5℃前後になるとの予報です。
一昨年も上旬に冬将軍がやってきましたshock

10℃を切る前に寒さに弱い植物達の冬越しを始めます。
長生きしてくれるので大切にしてやりたいものです。

ブログに過去の記録を残しているのでスムーズに作業を進めることができますgood

少し寒い目にあわさないと春に花芽が付かないクンシランなどは月末頃まではこのままにしておきます。

真っ先に対策を講じるのはブライダルベール。
(室内に入れられるならそのままの状態でいいようです)

Img_4317


Img_4319


1m以上も伸びた蔓もあり可哀想な気もしますが冬を越すには短く刈り込んで体力を温存です。

Img_4325


Img_4327



昨年は厳しい寒波で地上部を全て枯らしてしまいましたが復活してくれました。
(大概根は生きているので諦めずに乾いたら水遣りを行っています)

もうひとつ、アメリカンブルーも。

Img_4320


Img_4321

こうやって6年以上生き続けているアメリカンブルー、世代交代してもいいのですがこんもりとボリューム感のあるアメリカンブルーもなかなかいいものなので大切に育てています。

Img_4331





短く刈り込んでやると傍に置いて冬に活躍してくれるクリスマスローズの根元に日がよく当たるようになり喜んでいるようですhappy01

Img_4332

2016年11月 6日 (日)

水仙が芽を出しました(ベランダガーデニング)

水仙スノードロップのためにイチゴを植え替えてやりました。

Img_4296



ランナーを伸ばして他のプランターに根を張ったイチゴが大きくなり過ぎて水仙などが陰となったのでこれでは生育が悪くなるだろうと…   
結実して充実した苗となった四季成りイチゴ「夏姫」が可哀想な気もしましたが水仙のためにと決心しました。

Img_4311


かなりのスッキリ感です。
バークチップを取り除いてみると水仙が10本ほど芽を出していましたbud

Img_4312

勿論、引き抜いたイチゴは別のプランターに植えて付けてやりました。

Img_4313

ミニイチゴ園に置いてランナーから伸びた子株と共に。

Img_4314


ビオラがもう一つ咲いてくれましたshine

Img_4298


Img_4303


Img_4304


ミニバラも大きく開いて気分は”バラ”sign02

Img_4305


Img_4310



Img_4306

【独り言】
グリル周りの掃除をしましたshine
厳冬時よりも汚れを落としやすい温かいうちにと済ませておきました。
いつもは夏に行っていたのですが今年の夏は異常に暑かったのでヤル気にもなりませんでしたshock
脂分が落ちてサラサラとなった器具は気持ちいいですねsign01

Img_4315

2016年11月 5日 (土)

いつの間にかイチゴだらけ!(ベランダガーデニング)

四季成りイチゴ「夏姫」が結実していましたcherry

Img_4288


Img_4284

秋から冬にかけてベランダが茶色化してしまうので少しでも緑色をとイチゴを1苗だけ植えてみたのですが生育旺盛でランナーを伸ばして子株を次から次と増やしましたup

Img_4287


Img_4285

7,8年前の株から現在は10数株まで増えてベランダのアチコチで生き続けています。
植え付ける場所が無くなってきたので夏に木樽プランターに集めたのですが全てを集めることは出来ませんでしたcoldsweats01

Img_4290

水仙を植えている場所でもイチゴが大きくなってこれでは水仙が負けてしまいそうですsign02

Img_4293

これからはイチゴの葉の紅葉が楽しめますmaple

2016年11月 4日 (金)

ビオラの季節ですね(ベランダガーデニング)

昨日南側ベランダに移動させたビオラは日光を存分に浴びて喜んでいるようです。
今までは水遣りして4,5日は湿った状態でしたが今朝はもうカラカラに乾燥していましたsun

これからは光合成が盛んに行われ生長著しくなるものと思われますsign02
期待したいですhappy01

配置場所が早く決まって1週間前からベランダに出しているビオラ1苗は根をしっかり張って本番モードに入りつつあります。
摘芯を繰り返していましたが花を咲かせ始めました。

Img_4280

同時に植え付けた苗も日光を十分に当てれば随分生長速度が速いものですbullettrain

Img_4275


Img_4282


先は長いものでしっかりと苗を管理して沢山の花を咲かせて楽しみたいものです。

Img_4276


Img_4278

2016年11月 3日 (木)

冬の花、ビオラの出番(ベランダガーデニング)

サフィニアも処分して冬の花、ビオラを出待ちしていた北側ベランダから表に出してやる準備をしましたrun
配置場所の片づけ、清掃をしっかりしてから主役の登場です。
この時ばかりは気合が入ります。
病害虫からしっかり守り、主役に頑張ってもらうために清潔に保っておきます。
これから半年間以上もこのビオラから元気、勇気を頂戴するので大事に育てなくてはなりませんbud

日光にしっかり当たると一気に生長してボリュームを増します。
風通しをよくするために浅植えして根鉢が少し現れるくらいにしました。

摘芯も繰り返しています。

2時間でここまで作業が進み、ティタイムですcafe

日頃プランターで陰になっている躯体の日光消毒もしておきましょうhappy01

Img_4261

つるバラは来シーズンの準備かシュートを伸ばしています。

Img_4262

新入りシャコバサボテンも花を増やしてくれました。

Img_4263

ビオラの移動は何とか昼前に終えることが出来ました。

Img_4267

ベランダの景色が変わって新鮮です。
これから冬が楽しみですnotes

Img_4268

冬の主役、ビオラが登場すると周辺の植物達も元気になったように見えます。

Img_4269


Img_4271


Img_4273




2016年11月 2日 (水)

いつまでも元気なワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

ベランダの緑化として主に日陰場所で大活躍してくれるワイヤープランツです。

Img_4258


Img_4251

耐陰性、耐寒性もあるようで10年以上もベランダで生き続けています。

Img_4249

Img_4252



見た目は弱々しく、最初の頃は冬はビニール袋で覆って冬を越していましたが氷点下に年2,3度しか下がらない我が家のベランダではそれも必要ないことが分かり、ずっと特別な処置はしておらず年間を通して同じ場所に置いています(霜が当たらない場所です)

Img_4250


Img_4259

水キレで時々深刻な状態に陥ってしまいます。
葉っぱがチリチリ状態になってしまい枯れていってしまいそうになりますdown
地上部はかれても根は生きているので短く刈り込んで水遣り、霧吹きしてやると復活するようですup

Img_4255

株元が落葉して見苦しい姿になったときも短く刈り込んでやると、元の生き生きした姿になります。

小さな葉や全体の姿もベランダサイズに丁度よく役立つ植物なので重宝していますgood

Img_4260

Img_4257

2016年11月 1日 (火)

アリッサムが咲き始めました(ベランダガーデニング)

古木アリッサムが白い小さな花を咲かせ始めました。

Img_4241


もう何年になるのでしょうsign02
庭植えだとこぼれ種から毎年新しい芽が出て絨毯のように広がってくれるのですが鉢栽培だと他の鉢に種がこぼれて増えることが難しいようです。

Img_4247

幸い、アリッサムは多年草なので苦手な夏の高温多湿を乗り切れば生き続けてくれますeyeglass

Img_4242

夏は風通しのよい涼しい場所に移動させて乾燥気味に育てれば何とかなるようです。

このアリッサムも長生きしてくれていますup

水仙が芽を出しましたbud
植物は冬を完全に受け入れているようです。

Img_4243


夏の花、アズーロコンパクトはまだ咲き続けて別れを惜しんでいるようです。
今年も冬を越す体力を残しているのでしょうかsign02

Img_4244

Img_4245

昨日に続いて今日も穏やかな天気ですsun

Img_4248

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »