« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

1年の折り返し点(ベランダガーデニング)

1年の折り返し点になりました。
「寒い、寒い」と言っていた冬もいつの間にか過ぎてもうすぐ夏休みsun
猛暑になったり、肌寒くなったりでたまに冬に向かっているのか夏に向かっているのか勘違いすることもある私ですcoldsweats01
(まだ認知症ではありませんので念の為)

今ベランダで咲いている花が少ないので6月ともなれば何の花が咲いていたかと思い出すとペラルゴニウム・シドイデスがシックな花を咲かせていたのではないでしょうかsign02

Img_2316


今年は冬に水を遣り過ぎてダメージを負わせたので花を咲かせるにはもう少し時間がかかりそうですsandclock

それとオレガノディクタムナスが苞葉を次々と出す頃です。

Img_2312


Img_2313



冬も羽毛に覆われた葉を楽しませてくれますがこの時期は生まれ変わるような姿になりますclover

Img_2314


四季成りイチゴ「夏姫」が花を咲かせていました。
最近、毎朝蜜蜂がベランダで飛んでいますが受粉作業を行ってくれていることでしょうsign02

Img_2315


連日、雨や曇りで日照不足ですねshock
日照を好む植物達はグッタリして不健康な姿になってきました。
空気中は湿気タップリで鉢・プランターも乾くことなく状態が悪いですね。

セダム多肉植物はこのような状態を好むのでしょうね、生長著しいですよsmile

Img_2317


Img_2318

気温が下がって元気が出たのかゲラニウム「ビルウォーリス」も再びですshine

Img_2323

2016年6月29日 (水)

老木ミニバラが咲きました(ベランダガーデニング)

10年前にいただいたミニバラが今年も花を咲かせてくれましたshine

Img_2308



当時の園芸書などでは寿命が数年程度とあったのでその歳を超えるとリラックスして育てることができ、年々咲いてくれる深紅のミニバラを楽しみました。

Img_2306



どれくらいの花が咲いてくれたのでしょうsign02
少なく見積もっても 20個/年*10年=200個 だからこの小さな株で暑さ、寒さにも負けず病害虫にも耐えながらも凄いですねsign01
その生命力に驚かされると同時に勇気をもらっていますhappy01

Img_2301

ミニバラは育てやすく、場所をとらず1年を通して咲いてくれる品種も多くベランダで育てるには好都合なようですgood

ベランダでは新しくやってきたミニバラと違ってベテランらしさの風貌があります。

ビオラがまだ咲き続けてくれますhappy01
さわやかに咲いている姿のこの光景が結構気に入っていますscissors

Img_2297

クレマチス「玉ゆら」も長く咲いてくれて和ませてくれます。

Img_2302




Img_2307

2016年6月28日 (火)

フウセンカズラの花が咲きました(ベランダガーデニング)

久しぶりに植えたフウセンカズラが順調に育って花を咲かせましたshine

Img_2283

比較的強い植物なのであまり気にせず育てられますhappy01
蔓が伸びる過程や涼しげな葉や花そして風船(実)を楽しむことができます。

Img_2286

Img_2292





Img_2288


Img_2290


風船(果実)もひとつ付けていました。

Img_2289

最初の頃は小さな竹を取ってきてそれに絡ませてより涼し気を演出してみましたが今回はありあわせのオベリスクに絡めてみました。

クレマチスのプランターに正体が分からない芽が出てきたのでそのままにしていたらやっと花を咲かせました。
アズーロコンパクトです。

Img_2293



上方のハンギングから昨年種が落ちて発芽したのでしょうね、何と強い生命力sign01

Img_2294

2016年6月27日 (月)

夏の花が楽しめます?(ベランダガーデニング)

やっとベランダのメイン花壇に夏の花の我が家の定番、サフィニアを配置することが出来ましたnotes
ミリオンベル1苗も参加です)
昨年より約1か月遅れました。

Img_2277

Img_2278

冬の花を整理して暑さにも負けない植物が並ぶと気持ちいいですねhappy01
強い陽射しの日も気にする必要がないのもストレスから解放されます。

Img_2279

これからはこれらの花の生長を楽しむことが出来ますup
右上がりの勢いのある状況はウキウキ気分にさせてくれます。

Img_2280

今年は状態のよい苗が手に入らないうえにナメクジまでのおまけつき(合計20匹近く)だったので生長が気になっていましたがやはり2苗は大事な部分をネメクジに襲われたので駄目になりそうですsign02

Img_2281



今の私の体調のようなサフィニアですがこれからしっかりと太陽光を浴びて元気になってくれることを願いながら大切に育てます。

Img_2282

先にハンギングしたアズーロコンパクトと共にこれからの暑い夏を乗り切る元気をくれることでしょうsign02

Img_2266

2016年6月26日 (日)

アズーロコンパクトのベランダデビュー(ベランダガーデニング)

体調を崩して2日間、水分補給だけの力が出せない生活なのでガーデニングはお休みしていましたcoldsweats02
そんな中突然強風が吹き荒れてベランダが汚れてしまいましたrain
ずっと生き続けてくれたビオラも傷んでしまったのでこのタイミングで片づけることにしました。

これから清掃して夏の花のベランダデビューです。

今日は掃除をする必要のないハンギング場所にアズーロコンパクトを南側ベランダにデビューさせました。

涼しげな色のスカイブルーです。

Img_2276


Img_2274





Img_2269

クレマチス「玉ゆら」は長い期間、小さな半鐘型の花を次々と咲かせて楽しませてくれていますnotes

Img_2272


Img_2273

オレガノディクタムナスが柔らかい姿を披露してくれるようになって」きましたup

Img_2271

2016年6月22日 (水)

再びゲラニウムが咲いてくれました(ベランダガーデニング)

花期が終わったと思って高温多湿が苦手なゲラニウムを我が家のベランダで比較的涼しい場所に移動させていたら再び花を咲かせてくれましたshine

Img_2262

Img_2260


ヨーロッパやアフリカの高地で自生するゲラニウムなのでそこらの環境を想像しながら涼しい場所でないと生き延びられないだろうとできる限りのことはしてやろうと日陰のエアコン室外機の上において避暑ですcoldsweats01

Img_2261

小さな薄いブルーの花、そして葉の形や姿が整然とまとまっていて単体でも十分楽しめる植物のようです。
見るからに暑さに弱そうなのでこれからが勝負です。
初めて出会えた植物だけ大切にしたいです。

Img_2265

出番待ちのミリオンベルが花を咲かせ始めました。
買ってきたときに咲いていた花をすべて切り落として摘芯を繰り返していたのですがそろそろ準備ができました。

Img_2263

サフィニアもかなり準備ができました。
今週末には南側ベランダに出して冬からずっと頑張ってくれたビオラと交代予定ですhorse

Img_2264

2016年6月21日 (火)

夏の準備をしなくては(ベランダガーデニング)

夏の準備をボチボチしています。
蒸し暑くなってきたので混み合った葉を間引いたり、土表面に落ちた枯れ葉などを除去して風通しをよくしてやりました。

室内のスパティフィラムも黄色くなった葉や小さくて弱そうな葉を切り取って健康な葉に栄養がより届くようにしてやりました。

古木のミニバラがやっと蕾を付けましたsign01

Img_2256



そろそろ老衰かと労わっているのですがなかなか元気ですrun

Img_2258


Img_2259

冬に水を遣り過ぎてダメージを負わせたペラルゴニウム・シドイデスも花芽らしきものを付けたようです(土表面がすぐに乾燥していたので水遣りしていたのですがいつもの以上の頻度なのでおかしいなと感じてはいたのですが…土中は湿っていたのでしょうsign02

Img_2254


Img_2255

ゼラニウムの活動が活発になって新鮮な葉を出したり花を咲かせました。

Img_2253

2016年6月20日 (月)

ベンジャミンの刈り込み(ベランダガーデニング)

6月に恒例のベンジャミンの刈り込みをやりましたhairsalon
室内でグリーンとその姿を楽しんでいるので占有面積をより小さくするために毎年刈り込んでコンパクト仕立てにしています。

刈り込む前はボサボサ頭ですが姿を整えるように刈り込むとスッキリしますnote

(刈り込み前)

Img_2247


Img_2248

風通しが良くなるように込み合った箇所もカットです。

Img_2250

もう20年以上も前から家族と共に引っ越しして共生し続けているベンジャミンは頑強です。

水キレに注意する程度で置いている場所も年間を通して同じです。
日は全く当たりませんが長生きしてくれています。耐陰性が強いのでしょうsign01

(刈り込み後)
Img_2251


Img_2252

挑戦2回目のカルーナが元気ですup
昨年の夏の暑さをどうにかクリアしたのですがその後の回復速度がゆっくりだったので冬の寄せ植えには間に合いませんでしたcoldsweats01
冬が終わるころになって新葉を出して元気さの証しをのぞかせました。

Img_2008

 

2016年6月19日 (日)

つるバラの移動(ベランダガーデニング)

冬の花の片づけを少しずつしています。
高温多湿を嫌う宿根草は比較的涼しい北側のベランダに移動し秋を待ちます。
花期を終えたビオラは労をねぎらいながらバッサリと根元からカットです。
ブランド苗のビオラはまだ花が残っているのでもう少し楽しみますnotes

昨夜から降った雨は朝には止んでいたのですが9時過ぎから再び強く降り始めましたrain
それでも風がないのでベランダに降りこまないので作業が出来ましたhappy01

Img_2228


Img_2225

つるバラが花期を終えたので日当たりのよい東側のベランダに移動させてしっかりと体力つけて来春の出番待ちですsmile
出来るだけ生育環境を整えてやっていっぱい花を咲かせる姿に再会したいです。

冬越しのためにアーチにハンギングしていたアズーロコンパクトは日当たりのよい場所にハンギングですsun
今はひ弱な姿ですがじきに力強い姿になるでしょうsign02

Img_2234

寒波でダメージを負ったブライダルベールもいつもの位置に戻してやりました。

Img_2231


Img_2237_2





Img_2236


Img_2240


ベランダ西側はこれで夏仕様の準備完了ですnote

Img_2239


オレガノディクタムナスも新鮮な葉を先端に形成して花期を迎えそうですshine

Img_2243


Img_2241



ヘンリーツタの蕾が弾けるにはもう少し時間がかかりそうですsandclock

Img_2244

2016年6月18日 (土)

久しぶりのベランダ(ベランダガーデニング)

久しぶりにベランダの植物達とゆっくり過ごせますhappy01
孫が夏風邪をひいて熱が出たとのことで連日早朝に1時間半かけて出動ですrvcar
1歳そこそこの子が高熱と戦っている姿を見ると寝付けないときは火の玉を抱える程熱くても何とか楽にしてやろうと抱き続けてやったりしましたcoldsweats01
起きているときはじっとしていればいいのに調子がいいのか家の中を駆け回るほどの元気さなので40℃になって心配になって急遽病院に連れて行ったのですが薬は出されませんでした。

今日は家中の掃除をした後、植物達をチェックしましたeye
ミニバラは2番、3番花が開いて「早く見てよ」とそろそろ終わろうとしていました。

Img_2221


Img_2206

セダム類は新芽をニョキッと伸ばしてこんもり状態になってくれていました。

Img_2223


Img_2224

オレガノディクタムナスもふんわり状態となってもう少しで花を咲かせてくれそうです。

Img_2218


ヘンリーツタは更に蕾を増やしてこれまでの最高記録を達成したようです。

Img_2219


Img_2220


フウセンカズラは蔓を伸ばして花も咲かせ始めましたup

Img_2217

何よりも嬉しいのは夏の花の苗がしっかりと根付いて準備万端ですnote

Img_2213


Img_2216

アイビーゼラニウム「カリエンテ」が復活して今シーズン初めての花を咲かせましたnotes
これからずっと次から次と花を咲かせてくれることでしょうsign02

Img_2167


Img_2169




残念なこともありましたsign01
五色ぶどうの葉っぱを一夜にしてアオムシに食べられてしまいました。

Img_2211

2016年6月14日 (火)

遅いけども青しその種まきしました(ベランダガーデニング)

ちょっと遅くなりましたが毎年行っている青しそガーデンレタスミックスの種を蒔いておきました。

Img_2058


大好きな素麺をよりおいしく食べたいために青しそは欠かせませんhappy01
今年は昨年の青しそのこぼれ種が発芽して早くから大きくなってくれたので安心して新しく種を蒔くことを思いつきませんでしたcoldsweats01

ブライダルベールが見事に復活してくれましたが南側のベランダの準備が出来てなくて冬越しさせた場所に置いたままになっていますcoldsweats02

Img_2059

花を咲かせるようになったので直ぐにでも移動させようとしたのですがハンギング紐にアケビの蔓が絡んでいるので明日にでも…

Img_2060

Img_2061

2016年6月13日 (月)

再びミニバラが(ベランダガーデニング)

月曜日の朝から雨降りとはちょっと憂鬱気分ですねsign02
しかしながらこの雨が農作物や飲料となる恵みとなると思えば少し楽になれますthink

暑さが苦手な花も今日は助かったようで落ち着いたように見えますdog

ミニバラの2番目の蕾がもう少しで開きそうですsandclock

Img_2050


Img_2049



緑葉がいっぱい増えてちょっとうっとうしくなったベランダですがピンクや白の花が咲いて色を添えると違った感じになりますshine

Img_2048


Img_2047

たった1輪のミニバラですが嬉しいものですhappy01
1日がHAPPY気分になれますnotes

Img_2038


Img_2040


Img_2043

Img_2039

ゼラニウムの季節になってきましたtulip
アイビーゼラニウム「カリエンテ」は寒波でかなり傷んでしまいましたが少しずつ復活してきましたup

Img_2053


多肉植物は今の時期が嬉しそうですsign02
勝手に想像するのですが寒さから解放されてのびのびとしているように見えます。

Img_2054


Img_2055


Img_2056


Img_2057

今年はナデシコ「オリビア」の花を長い間楽しめましたnotes

Img_2051

2016年6月12日 (日)

ハイビスカスをベランダに移動(ベランダガーデニング)

冬の間、室内で過ごさせていたハイビスカスをベランダに出してやりましたsun

Img_2026


Img_2027



もう何年も前から決まっているベランダで日当たりのよい場所です。

Img_2028

Img_2031




Img_2029

寒い期間にはゲラニウムの花を観賞して楽しみましたがゲラニウムは涼しい場所に移しました。

Img_2032_2

ハイビスカスはこれから新しい芽を出してあの特徴のある花を咲かせてくれるでしょうsign02

寒さに弱いフィットニアは冬の間、室内に入れているのですが昨年は生長著しかったので油断してしまい傷めてしまいました(乾燥させて葉がチリチリ状態になってしまいました)

Img_2036

地上部の葉を全部カットして復活を待っていたらやっと小さな新葉をのぞかせてきましたbud

Img_2034

2016年6月11日 (土)

フウセンカズラが大きくなってきました(ベランダガーデニング)

4月中旬に種子を蒔いたフウセンカズラが発芽してかなり生長しました。

Img_2016


Img_2017



同時に蒔いた河内木綿は残念ながら今年も発芽しませんでしたcoldsweats02
冷蔵庫で保管しているのですが年数が経ったのでもう駄目なんでしょうねsign02
(他の種子は数年経っても発芽してくれるのですが…ちょっと早かったので発芽気温に達していなかったのかも?)

Img_2018


Img_2020

ひょろっとしたフウセンカズラの蔓ですがヒゲがしっかりとオベリスクなどに巻き付いて支えます。

Img_2021

もっと生長すればオベリスクの高さをはるかに超えるほど伸びるので処理に困りますshock

Img_2022

今日は最高気温が30℃になるとの予報、夏ですねsun
そんな中、冬の花ビオラがまだ咲き続けるので迷っています。

Img_2009


Img_2010


Img_2013


夏の花、サフィニア、ミリオンベルは摘芯しながらベランダデビューを待っていますsandclock

Img_2023


Img_2024

暑い日が続くとクローバーがダラリと弱るのですが水遣りすると再びピーンと元気になります。

Img_2015


Img_2014

2016年6月10日 (金)

ミヤマホタルカズラの剪定(ベランダガーデニング)

ミヤマホタルカズラの姿が乱れてきたので剪定してやりましたhairsalon

Img_2000_2





Img_2001

花後に軽く剪定するのが本来の剪定方法ですが株元が枯れて茶色になって見苦しくなったので思い切ってカットしてみましたcoldsweats01

Img_2004

これからの高温多湿がミヤマホタルカズラは苦手なので風通しのよい場所に移動させておきます。
半日陰場所です。乾いたら水遣りする程度です。

また来春に鮮やかなブルーの花を咲かせてくれることに期待ですshine

四季成りイチゴ「夏姫」が元気を出しましたup
緑葉が増えてきました。

Img_2005


Img_2006

2016年6月 9日 (木)

アチコチで咲くエリゲロン・プロヒュージョン(ベランダガーデニング)

兎に角強靭でベランダのアチコチで生き延びるエリゲロン・プロヒュージョンです。

Img_1989


Img_1991

Img_1990





一旦、苗を買ってくると後は必要ないほどプランター・鉢に種子が飛んで子孫を残すようです。

Img_1992



暑さ、寒さにも強くて対策は必要ないようですpig

少々水遣りを忘れてもすぐに復活するほど強靭で育てやすい植物です。
むしろ植えた覚えのないプランター・鉢で咲いて他の植物は花期を終えて枯れても結局最後まで居残るほど強いエリゲロン・プロヒュージョンです。

Img_1993

土表面が乾いたら水遣りすることは忘れませんが大概は寄せ植えの植物優先でエリゲロン・プロヒュージョンに特別配慮はしていませんcoldsweats01

Img_1998


セダムが小さな花を咲かせていたのですがなかなか画像に収めることが出来ませんでしたwobbly
最後の花のようなので撮ってみましたcamera

Img_1987

クレマチスもそろそろ第1期の花期が終わろうとしています。

Img_1988

目立たない花が咲いています。

Img_1999


Img_1997

そしてカラーリーフもいい感じの色に。

Img_1996

Img_1986




2016年6月 8日 (水)

すっかり落ち着いたウォーターマッシュルーム(ベランダガーデニング)

5年目を迎えるウォーターマッシュルームです。
メダカ鉢の植物として姫睡蓮に挑戦しましたが日陰場所なので無理だと分かっていろんな水生植物を検討していたところ偶然に出会ったウォーターマッシュルームですがうまい具合に適合してくれましたpass

Img_1971

5月頃から夏にかけて小さな花を咲かせるのですがよく見逃してしまいますshock
葉の形状と姿が可愛らしく楽しめますnotes

Img_1976

後から入れた紅チガヤとも相性よくメダカ鉢のメンバーとして活躍してくれています。

Img_1975


Img_1978

メダカ鉢に入れていることもあって肥料は全くやりません。
日陰の明るい場所に置いているので夏も水温はそれ程上がりません。
冬はかなり水温が下がるので夜の間だけ蓋をして防寒しています。

水没させても育つようですbud

Img_1974

ベランダの奥の日陰場所なので育てられる植物が限られたのでメダカでも飼ってみようと始め、少しずつ環境も整えてやりましたfish

Img_1982


Img_1985

2016年6月 7日 (火)

ほっとしたブライダルベール(ベランダガーデニング)

いつもベランダで冬越しさせているブライダルベールが今年は寒波で地上部が完全に枯れてしまったのでもしやと少し心配でした

暖かくなってきて小さな緑色を発見したときはほっとしましたhappy01

Img_1964

室内に入れて越冬するとダメージを負わないので再スタートが早く今頃は沢山の花を咲かせているのでしょうが…。
昨年はかなりの青葉を残して春を迎えてので今の時期には花を咲かせていましたshine

Img_1965


ゆっくりでも生きていてくれれば十分です。
寒さに耐え、根っこだけの状態からゆっくり1枚の小さな葉、それが2枚、3枚…と増えてしっかりとした姿になるのを観察していると勇気をもらえますup

Img_1966

今は越冬時の東側のベランダの排水管にハンギング(アケビの蔓に囲まれて)していますがもうじき南側ベランダのアーチにデビューです。

先日”趣味の園芸”ベリーやバラの剪定方法が放映されていたので早速それにならってやってみましたhairsalon

かなり生長して茂った木苺を剪定しました。

Img_1967


Img_1968



結実した枝は根元部分から切り落とし、今年新しく伸びた枝は先端部分を3分の1くらいカットしました。

Img_1970

2016年6月 6日 (月)

黄金色に輝く黄金カズラ(ベランダガーデニング)

今の時期の黄金カズラは新しい葉が増えて黄金がザクザクと湧いてくる感じですdollar
水分をタップリと含んだ新しい葉は輝きがありますshine

Img_1939


Img_1940

小さな苗だったのですが10年以上も経つとかなり生長しましたup

Img_1938

全く日があ当たらない場所にハンギングしているのでうまく育ってくれるかなと不安でしたが少しずつですが大きくなってくれました(ベランダで観賞するには丁度いい生長速度で助かっています)

Img_1943

Img_1950


Img_1951

乾燥に注意して土表面が乾いたらタップリの水遣りを心がけています。
(高所にハンギングしていますが一緒に植えているツルニチニチソウの葉がしおれたら乾いたサインですcoldsweats01
夏は2日に1回、冬は数日に1回くらいの頻度になっています。
液肥を春から秋口まで1か月に1回くらい与えています。

Img_1946

もう1か所に黄金カズラをハンギングしているのですが、こちらはクレマチスの葉にうずくまった感じになっていますcoldsweats01

Img_1956

Img_1957

ベランダ西側の梯子型トレリスにハンギングしているヘンリーツタの蕾が段々大きくなってきました。

Img_1954

引っ越してきたつるバラとも仲良くしていますheart04

Img_1955

今朝は孔雀サボテンが紅白共2個ずつ花が咲いていました。

Img_1958


Img_1960



ボリュームのある花はさすがに目立ちますねsign03
東側のベランダが賑わっていますsmile

Img_1962


Img_1963

2016年6月 5日 (日)

夏苗を植えました(ベランダガーデニング)

腰痛が治ってから植え付け作業をしようと思っていましたがなかなか完治しないので昨日頑張ってみましたhappy01

Img_1936

サフィニアを6個、ミリオンベル1個、アズーロコンパクト1個そして五色ぶどう1苗です。
大した数ではないのですがベランダでは作業場所が狭いので移動を繰り返しながらの作業は非効率で時間ばかりかかってしまいましたsandclock
健康が大事であることを痛感しましたhappy01

Img_1935

作業が終わるとほっとしますねhappy01
やっと夏を迎えることができます。
少々の暑い日が続いてもこれらの花を眺めることで乗り切ることが出来ますrun

Img_1937

シレネユニフローラ他セダム類が根付いて鉢からこぼれるような姿になってくれました。

Img_1945

アメリカンブルーを日当たりのよい場所に移動させてやりましたsun
これから秋まで沢山の花を咲かせてくれることを期待ですnotes

Img_1953

2016年6月 4日 (土)

ブログを始めて10年が経ちました(ベランダガーデニング)

coldsweats012006年6月4日にベランダガーデニングの記録を残すことを目的に始めた「ベランダの花日記」ですがもう10年も経っていましたpencil

Img_1934

当時はブログが何だかよく分からず、サイトを開設することにかなり苦労したことが思い出されますthink

ぎこちないキーボード操作ながらもポチポチ打っていたらいつの間にか記事数が3271になっていました

ガーデニングを始めた頃はブームになる直前だったので資材もそんなになく、またあっても高価なのでなかなか手がでませんでした(トレリスなどは今の3~4倍もしました)

ガーデニングを始めた時から”今”を一生懸命頑張って楽しんでいたら、ベランダの景色もいろんな経験が積み重なって今の姿(景色)になっていました。

沢山のアドバイスやコメントを戴いたお陰で問題も早めに対処や見直しが出来たこと、そして何よりも励まされたことでブログを継続出来たと思っています。
これからもよろしくお願いいたします。

今日は大好きな花のひとつ時計草が咲いてブログ始めて丸10年に花を添えてくれましたclock

Img_1913


Img_1914


そしてミニバラも全開に!

Img_1922


Img_1926

2016年6月 3日 (金)

2年目のアズーロコンパクトが咲きました(ベランダガーデニング)

冬越しさせるのに一生懸命だったので剪定を十分出来なかったアズーロコンパクトが咲きました。

Img_1916

姿よりも生き続けることが優先なのでちょっと不格好ですがそのままの姿で楽しんでいますnotes

Img_1917


Img_1919


新しく買ってきた苗はまだビニポットで小さいのですが2年目はやはり貫録がありますねsign02

Img_1921


Img_1920

2016年6月 2日 (木)

ミニバラが咲きました(ベランダガーデニング)

昨年我が家にやってきた新人のミニバラが咲きましたshine
薄いオレンジ色の落ち着いた感じの花です。

Img_1906

朝はまだ蕾状態で先端部分を閉じていましたが見る見るうちに開いてきましたup

Img_1907

このプランターにはいろんな品種(色)のミニバラが植えられて売られていたようで昨年はいろいろな花が咲いて楽しむことが出来ましたnotes

Img_1900


Img_1897

老体のミニバラもまだ元気です。
新しい葉を増やして順調にサイクルを繰り返していますrecycle

Img_1904

西側に移動させたつるバラも落ち着いてきました。

Img_1902


Img_1903

Img_1910

2016年6月 1日 (水)

やっと夏苗を買ってきました(ベランダガーデニング)

今日から6月、衣替えですねsign02
寒い寒いと言っていたのが今度は暑い暑いになってくるのですね。
植物達にも夏対策をボチボチしています。

Img_1891

暑さに弱い植物は北側ベランダの涼しい場所に暑さを好む植物を南側ベランダに出してやりましたsun

冬から春にかけて咲く花が長く咲き続けてくれるのでなかなか夏の花に移ることが出来ませんcoldsweats01

Img_1890



満開期を過ぎて茎葉の緑が目立つようになってきたビオラですがまだ花を咲かせるので処分するのは可哀想と水キレさせないように注意して楽しんでいますnotes

Img_1892

これからは夏日があると一気に弱ってしまうので一応夏の花の苗を準備しておこうと一昨日園芸店に出かけました。
苗が入荷前なのか、もう夏苗は終わりなのか分かりませんでしたがしっかりとした苗が見つかりませんでしたcoldsweats02
結局、ナメクジの足跡が残ったようなちょっと気がかりな苗を買ってきました。帰宅後すぐにナメクジ用薬剤を置いていたらすぐに捕獲できました。

Img_1874

早く植え付けしたいのですが腰が完全に治らないこともあってもう少し我慢です。
摘芯をして準備だけはしておきましたhairsalon

Img_1877

今回は夏の定番、サフィニアとアズーロコンパクトそして久しぶりのミリオンベル、初めての五色ノブドウ等です。

Img_1875

これらの小さな苗が大きく生長して夏バテしないような元気、勇気を与えてくれることでしょうrun
植物には不思議な力がありますup
いつも助けられていますhappy01

Img_1878

Img_1876

今朝は(実際には昨夜)孔雀サボテンが6個も咲いてくれました。
同時に6個は見ごたえありますねeye

Img_1884

植え替えしたのでパワーを増したのでしょうね。
元気よくて嬉しいですhappy01

Img_1886


Img_1887

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »