« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

植物最盛期(ベランダガーデニング)

今の時期は植物達にとって嬉しい環境条件なのでしょうねsign02

2,3日で見違える程変化して驚きますeye
緑葉がいっぱいになっていたり、蔓が他の植物にちょっかい出して外されないような状態になっていますcoldsweats02

特に今シーズンは植え替えした植物が多く、生育旺盛になって鉢からこぼれるような姿になってくれましたfull

木苺、山椒の木も弱りかけていましたがしっかりと回復しましたclover

Img_1302


Img_1306


Img_1307


Img_1303

クリスマスローズは鉢内に根が詰まって葉の色が薄くなっていましたが今年は濃くなっているので来シーズンは期待できそうですhappy01

Img_1293

傍のオリーブも植え替えしたので枝がニョキッと伸びて通路が狭くなりましたshock

Img_1294

今は小さな蕾を沢山付けて開花待ち状態です。

Img_1295

時計草は先週から新芽を伸ばしてきました。

Img_1308

クレマチスも4月下旬から5月は最盛期を迎え壁面を緑葉で覆って生きた空間を創ってくれましたclover

Img_1297


Img_1301


Img_1299

いろんな植物との競演も今の時期ならではですねsign03

Img_1300




花まで咲かせて盛り上げてくれるので申し分ないですねgood

Img_1296


Img_1312



ベランダに出る楽しみと勇気・元気をもらっていますnote

頑強なエリゲロン・プロヒュージョンはあちこちで咲いて野原の景色を連想させてくれます。

Img_1305

2016年4月29日 (金)

GWの花(ベランダガーデニング)

GWが近づくと楽しみな花、ベルフラワーが咲いてくれました。

Img_1252


Img_1254


Img_1256



長い間植えっぱなしであり日照が十分でないせいか今年はちょっとインパクトが足りませんcoldsweats02

Img_1263


Img_1265


Img_1266



いつもは一斉に密に咲くので一瞬にして景色が変わるのですが、今年はひょろっと茎が伸びて花数も少なく元気がありませんdown

Img_1267

でも、好きな花が咲いてくれるとテンションが上がりますnote

Img_1283

Img_1274





Img_1280



GWに出かける予定がないので好きな花が咲いてくれるとちょっとした楽しみになりますnotes

Img_1284

Img_1275

クレマチス「ベルオブウォーキング」も色付いてモッコウバラとの競演に何とか間に合ってくれたようですhappy01

Img_1289


Img_1292

2016年4月28日 (木)

まだまだ続くブルーの花が(ベランダガーデニング)

青い花が続くようです。

Img_1200



ブルーデージーで一応青い花は終わりかと思っていたらメダカ鉢の傍に置いているオリーブ鉢でグランドカバーとして植えている宿根ブラキカムが小さな青い花を咲かせていましたshine

Img_1203


Img_1218

小さな花なのでベランダで大輪の花が多くなってきたときは見逃しそうになりますcoldsweats02
小さい花ですがシャキッとした姿が気に入っていますhappy01

Img_1222



葉っぱとのバランスも絶妙で狭いベランダで楽しむには有り難い植物なのでベランダガーデニングを始めた時からずっと何か所かに配置しています。

Img_1204

更に小さい花(蕾)を今年初めて見つけましたeye

Img_1197



一昨年から育てているミントブッシュです。昨年は花を見つけることなく過ごしてしまいました。
あまりにも小さいので見逃してしまったのでしょうsign02

Img_1198

まだ蕾のようなのでこれからウオッチです。
(視力が衰えているの詳細がよくわかりませんshock レンズを通してのウオッチになります)

Img_1192


Img_1193

大きな花も元気をもらえていいですが小さな花を見守るのも落ち着けていいですよclover

Img_1205


Img_1194

まだブルーの花がありました。
夏の花、アズーロコンパクトです。 
昨年沢山の花を咲かせた後、冬越し出来たアズーロコンパクトです。
春になって新芽を出したものですbud

Img_1225


今はアーチの中央にハンギングしていますがこれは冬越しのためのものであってこれから気温が上昇すると日当たりのよい場所にあるビオラの場所にローテーションしますrecycle

Img_1226


Img_1227

2016年4月27日 (水)

ブルーデージーが咲きました(ベランダガーデニング)

クレマチスベルフラワー、ゲラニウムなどブルー系の花が増えてきた中、更に名の通りのブルーデージーが咲いてブルー真っ盛りになってきました。

Img_1164


Img_1160


Img_1159

クレマチス「HFヤング」を背景にしてブルーデージーが咲いているのですが同系色でもあり、引き過ぎて分かりにくいですねcoldsweats01

Img_1157

ベルフラワーがかなり開いてきましたeye

Img_1166


Img_1179


Img_1146

Img_1184

Img_1183

Img_1185




ゲラニウムは花期が長いですね!
初めての挑戦ですがベランダで長く楽しめる植物は嬉しいですhappy01

Img_1145

Img_1186

昨日の高温が影響したのかベランダの植物が凄いことになっていました。

Img_1182

クレマチス「HFヤング」の蕾が20個余りが一斉に開いたり、クローバーの茎がニョキッニョキッと伸びてしまって窮屈な姿になってしまいました。

Img_1175


Img_1154


Img_1155

今日は曇天のお陰でビオラも助かったようです。
長生きして欲しいです。

Img_1216


Img_1220

2016年4月26日 (火)

ベルオブウォーキングが6番手として(ベランダガーデニング)

クレマチスが一斉に開き始めて毎日が嬉しくてたまりませんhappy01
少々嫌なことは忘れさせてくれる大きな力を有していますbomb

Img_1141


Img_1142

今朝は6番手として大好きな花の一つ、ポンポン咲きのベルオブウォーキングモッコウバラが咲いている中で開きました。

まだ色づいていないので存在感がなく楽しむにはもう少し時間がかかりそうですsandclock

Img_1140


Img_1138

モッコウバラが散らないうちに咲いて欲しいなぁとあせりながら毎朝様子を見ていました。

1年間でいろいろな植物が創るシーンの中でこのシーンが最も好きなうちのひとつですgood

Img_1135

クレマチスがベランダの奥の高所に届いて壁面緑化を進めてくれるようになりました。
想定外のモッコウバラまでが頑張ってくれました。
不可能と思っても挑戦してみた方がいいですねhappy01

Img_1147


Img_1149




昨日用事あって行った集合住宅の中庭に綺麗な植栽があったのでちょっと覗いて好きなシーンを撮ってみましたcamera

Img_1131


Img_1132

2016年4月25日 (月)

アチコチでクレマチスが(ベランダガーデニング)

パッ、パッとベランダのアチコチでクレマチスが咲いてくれましたflair

Img_1113

Img_1114




Img_1118


Img_1119

Img_1124


大輪あり、半鐘型あり、色も白やブルー、ピンクといろいろあって華やかになってきました。
今の時期が勢いがあっていいのでしょうねsign02

Img_1121


Img_1120

几帳面に誘引していないので思いもしない場所で開いてくれるので楽しみもあります。

Img_1116


Img_1123

Img_1125

次はベランダ西側でクレマチスが開いてくれることを楽しみにしていますdog

Img_1129

2016年4月24日 (日)

HFヤングが開花スタート(ベランダガーデニング)

クレマチスの開花5番手としてHFヤングが開き始めました。
早くから大きな蕾を形成して存在をアピールしていましたが最も日当たりの良い場所に蔓を伸ばしていた部分が開きました。

Img_1109



やはり日照は大切ですねsign01

Img_1105


Img_1096

この花が咲くとベランダがイエロー、ピンクからブルーに変わります。
大輪で多花性なのでまとまって咲くとそこら一面がブルーに一変して景色が変わりますeye

Img_1099

ベルフラワーも応援するかのようにブルーの小花を咲かせ始めました。

Img_1098

このHFヤングはもう10年以上になる株なので貫録がありますpig

Img_1107



途中から枝分かれして軒下、それとは逆方向のベランダ奥の高い場所に登っていますup

Img_1100



我が家のベランダで植物が育つには最も難関な日陰で風通しが悪くその上、高い場所に届いてくれたので計画が実現した時の嬉しさは躍り上がってしまうほどでしたhappy01

開きかけた蕾が一つあるので明日には開いてくれそうです。

Img_1101

ルビーグローは開いたのも束の間、最盛期を終えてこれから花期を終えそうですdown

Img_1104

新入りの花水川も数個の花を咲かせましたが狭隘な場所に配置しているので写真が撮りづらいですcoldsweats01

Img_1111

クレマチスがベランダのあちこちで主張を始めて楽しみが増えますが、私は小さい花ながらも賑やかな咲き振りをするホットリップス(セージ)が結構好きですnote

Img_1110

2016年4月22日 (金)

新入りクレマチス「花水川」が咲きました(ベランダガーデニング)

ベランダ西側にクレマチスがもう2品種くらい欲しいなと今年新たに「花水川」「フォンドメモリーズ」を配置してみました。

Img_1086


Img_1084

Img_1082

緑葉の中では白系統の花が似合うかなと選んだのですがホワイトボードを背景に白い花はさすがに失敗ですねcoldsweats01

Img_1085



これから蔓が生長してもう少し高い位置で咲いてくれると形になってくれるかと期待しています。

花弁に薄く黄色い縦筋が入っているところは昨日開いた「イワンオルゾン」に似ています。

Img_1081



淡いピンク色なので優しい感じがして花芯も黄色いのでふんわり感があって和めますspa

ルビーグロー玉ゆらも花数を増してきてベランダが段々とクレマチス化してきましたshine

Img_1092


Img_1091

クレマチスが増える一方、冬の花ビオラが衰えてきますdown
今は朝と夕に水遣り、花がら摘みをして風通しよくしています。

Img_1090

今年はモッコウバラが全くの日陰場所でも花を咲かせることが分かりました。
前年に新しく伸びた枝をしっかり管理して生き生きさせておくと期待がもてるようですup
ベランダは植物を育てるには厳しい環境下ですがいろいろと試してみると新発見があって楽しめますnote

Img_1089

初挑戦のゲラニウムは枝を増やしながら先端部に青色の花を次々と咲かせています。
強い植物ですねsign03
夏の猛暑には耐えられないのでしょうねsign02 花期が終わったら涼しい場所に移動させる予定です。

Img_0962


2016年4月21日 (木)

3番、4番手は紫子丸、イワンオルゾンでした(ベランダガーデニング)

クレマチス「紫子丸」と「イワンオルゾン」が開きました。

Img_1079


Img_1072

昨年とほぼ同じ順番ですが気になるのが同じ頃に開いていたベルオブウォーキングがまだ開きませんcoldsweats01

Img_1080

折角モッコウバラが満開となっているのに残念です。
今日もこれから強風となるからモッコウバラは散ってしまうでしょうshock
(今年は”春の嵐”が多いですねtyphoon

「紫子丸」はまだ不完全で花弁を開いたといっただけで本来の色・形ではありません。
しかも高い場所で上向き開いているので正面を見ることが出来ません。

「イワンオルゾン」は一気に3個ほど開きました。夜中の風で刺激を受けて開いたような気がします。

Img_1077

テッセンが欲しかったのですが手に入らず代わりに求めたものです。
花弁中央の黄色の縦じまが優しい感じの花になり花芯もテッセンの色に似てアクセントがあって気に入りましたgood

Img_1074

ベランダがかなり動いてきましたrun

Img_1078


ブルーデージーも蕾を沢山付けていましたeye

Img_1076

昨日、ちょっとリフレッシュにと神戸港めぐりの”コンチェルト”に乗船してきました。

Img_1004

Img_1029



昼過ぎの便でしたが修学旅行の高校生約400名との乗船は賑やかで賑やかで元気をいっぱいもらってきましたnote

懐かしい造船所や綺麗になった須磨海浜公園そして世界最大級の吊り橋”明石海峡大橋”の近くまでと1時間半の航海でしたyacht

Img_1060

Img_1050


Img_1051

2016年4月20日 (水)

散り始めたモッコウバラ(ベランダガーデニング)

わぁ~~~~!ため息が出てしまいますcoldsweats02
モッコウバラが散り始めましたshine

Img_0972

パラパラと小さな花びらがベランダ床に落ちるようになってきました。
しっかりと水遣りして少しでも落ちないようにと頑張ってみるものの仕方ありませんねhappy01

Img_0941

気温が上がってきたので一気に満開になってしまいました。

Img_0977


Img_0976

5月上旬になればモッコウバラに絡ませたクレマチスも咲いてくれるのでもう少し今の状態を維持するように頑張って欲しいです。

Img_0943


Img_0953


Img_0954

ベランダ奥の上方部に展張計画のモッコウバラも数は少ないですが花を咲かせましたshine

Img_0992


Img_0984

Img_1000


Img_0996

明日はまた南風が吹き荒れる予報なのでモッコウバラが散ってしまわないかと心配になりますshock

Img_1002

2016年4月19日 (火)

風に揺れるエリゲロン・プロヒュージョンはいい感じ(ベランダガーデニング)

10年前にハンギングポットにエリゲロン・プロヒュージョンを寄せ植えしたら種子が風に飛ばされていろんな所で繁茂しています。

Img_0966


Img_0967



小さな植物ですが頑強な性質のようです。
華奢な姿ながらすごく粘り強いさまは元気をもらえます。

Img_0969


今の時期は丁度全開といったところでそよ風に揺れる動きは気持ちよさそうですsun

Img_0970

アケビも生きていました。
傍のブライダルベールが冬の間に地上部を全て枯らしてしまったので寒波が厳しくアケビもやられてしまったかなと心配していましたがやっと緑葉を出してきましたbud

Img_0965



しかし、これまで年々生長して大きくなった蔓は枯れたようです。
ベランダの場所によって厳しい環境下に晒されたようですimpact

ホットリップスの花は赤一色から紅白模様に変化してきましたshine
ベランダの狭いスペースながら野草のような佇まいで立体感を演出してくれます。

Img_0957


Img_0975

ベルフラワーが咲き始めましたnote
今年もGWの花として楽しませてくれそうです。

Img_0959

今年はメイン花壇のビオラを高くして日当たり良くしている分、その下方にハンギングしたベルフラワーが日陰となってひょろっとした茎になってしまいました。
どちらを選択するか迷うのですが狭いベランダでは仕方ないかも…

Img_0960


2016年4月18日 (月)

這沢Mの鉢増し(ベランダガーデニング)

3年前に種子を戴いてうまく発芽、生長し続けているクレマチス「這沢M」の蔓が伸びてきたので鉢増しをしました。

Img_0939



2本ある内の1本が昨日の春の嵐で蔓が支柱(と言っても割り箸)よりも高い位置で折れてしまったので鉢増しして高い支柱にしてやろうと折れた箇所を応急処置して鉢増し作業をしました。

種子から4苗が出来たのですがもう2本は既に昨年春に本植えして成長し続けていますup
(画像では分かりづらいですねcoldsweats01

Img_0947

クレマチスの生長が旺盛になってきましたup
今春に新入りした花水川が開き始めましたsign02

Img_0940

1番手に咲いたルビーグローも花数が増えて6個になりました。
特に下方で咲いてくれるのでベランダでの観賞としては助かりますeye

Img_0948

Img_0949

HFヤングは沢山の蕾を付けて開花の準備は出来ているようですhappy01

Img_0951





春の嵐でモッコウバラの花がかなり散ってしまいましたが7分咲き程度だったのでまだまだ楽しめそうで安心しましたnotes

Img_0941


クレマチス「ベルオブウォーキング」との競演も可能性を残してくれました。
今の楽しみはこのシーンが見られるかどうかですhappy01

Img_0943


2012年から始めた高所緑化の場所にモッコウバラも這わせてみているのですが昨年に続いて今年もうまくいけました。

Img_0946



もっと沢山の枝を誘引したいのですが完全に日陰場所なので簡単にはいきませんshock

Img_0944

Img_0952

 

2016年4月17日 (日)

またもや春の嵐が荒れ狂う(ベランダガーデニング)

つい先日も春の嵐が荒れ狂ったのですがまたもや昨夜から台風並みの風が吹き荒れています。風向きが南で長い時間継続するので台風よりもタチが悪いshock
(この風雨が熊本地方にも襲い掛かったかと思うと胸が締め付けられます。自然は普段は恵みとなって助けてくれるのですが時にはむごいことをしますねangry

Img_0917

折角咲き誇ったモッコウバラの花がベランダに落ちていますdown
冬の厳しい寒さに耐えて花を咲かせたのですがたったの数日間だけで散ってしまう(散らされて)運命ははかないですねぇ。

暴風警報が出たまま10数時間も荒れていたでしょうかsign02
こんな時に地震が発生したらと落ち着かない時間が経ってしまいましたsad

風がおさまってからベランダに出て傷んだ箇所の手入れや鉢受け皿に溜まった水の排水、落ち葉・ゴミ拾いなどして清潔にしておきましたshine
雨上がり後の日照りの強さが半端でないsun
温度がグングン上昇して植物がグッタリしそうなくらいですdown

クレマチス「ルビーグロー」「玉ゆら」の花は大丈夫でしたscissors

Img_0925

Img_0934





少し傷んでいるものの姿を残していました。あの強風下でよく耐えてくれました。

Img_0927


Img_0929


Img_0931

メダカもほっとしたのか水面に上がってきましたfish

Img_0921

*嵐がやってくる前に撮っておきましたcamera

Img_0914


黄色のモッコウバラに囲まれたヘンリーツタの銅葉もアクセントになって可愛いかな??

Img_0913

エリゲロン・プロヒュージョンのこぼれ種がアチコチで芽を出して花を咲かせています。

Img_0936


ベルフラワーが色付いてきました。開花までもうすぐといった感じですsign01

Img_0937

今年は黄色のビオラを多目に植えてみました。ベランダが明るくなりますねhappy01

Img_0938


2016年4月16日 (土)

久しぶりにフウセンカズラを(ベランダガーデニング)

熊本地震は想像を絶する規模の災害をもたらせ、尚も収まる兆候をみせずこれからも心配です。被害がこれ以上大きくならないことを願うばかりです。

プランターが空いていたので昨日北風が収まった夕方にフウセンカズラの種を蒔いてみましたhappy01
用土は前に植えていた時計草の古い土に緩効性肥料を適量混ぜて、その上に新しい土(赤玉土7、腐葉土3に緩効性肥料を適量)を加えたものです。
古い土と新しい土の割合は4対1くらいです。

Img_0900

以前は夏の風物詩として毎年のように楽しんでいたのですがベランダに置く場所がなくなり(他の植物に目移りしてしまいましたhappy01)種はあるものの止めていました。

フウセンカズラは発芽しやすいようで失敗はありませんでしたが久しぶりに植えるのでどうなることでしょうsign02

一昨日から種を水に浸しておきました。

Img_0898

ついでにと思い立ち河内木綿の種もまいてみました。
綿の発芽温度は20数℃と高いので微妙な時期ですが東側ベランダの日がよく当たる場所だから大丈夫だろうと決心しました。

こちらはアルカリ性の用土を好むので苦土石灰を混ぜた方が好ましいのですが急遽だったので新しい用土を使ってみました。

Img_0899


エリゲロン・プロヒュージョンの種子が遠くから飛んできて発芽、雑草化した状態なので綿の発芽もうまくいくかもしれませんsign02

今朝はルビーグローがもう一つ花を咲かせて合計4つになりました。

Img_0905


Img_0906

今夜はまた南風と雨が強く吹き荒れるとの予報なので綺麗な姿は今日限りの見納めかと撮っておきましたcamera

Img_0911

植物は自然の力に対しては無力に近くはかないですねsign01
冬の寒さにじっと耐えてようやく花を咲かせたのに滅びていくのかと思うと可哀想です。

Img_0912


オリーブが蕾蕾を形成し始めました。少し希望をもたらせてくれます。

Img_0908


Img_0909

オリーブの傍で咲くクレマチス「玉ゆら」も静かな落ち着けるシーンを演出してくれますgood

Img_0915

【独り言】
昨夜からPCの調子が悪く、今朝早くからシステムの復元などに挑戦するも一向に改善することなく、15時過ぎにやっとログインできた始末です。

ネットに繋がらず、繋がっても2分くらいで「応答なし」やらフリーズの繰り返し。
今は何とか記事の書き込みが出来ていますがまた前のようになったらと憂鬱ですshock

SNSは暴走してまだログイン出来ない状態ですcoldsweats02

2016年4月15日 (金)

姫リンゴが満開になりました(ベランダガーデニング)

姫リンゴの花がゆっくり観賞する間もなくあっという間に満開になってしまいましたcoldsweats02

Img_0886_2

今日は風が強くて花びらが飛ばされているものもあります。
(フウセンカズラ河内木綿の種を蒔く予定をしていましたが風の収まるのを待っています)

Img_0887_2

慌てて綿棒で受粉作業をしておきましたsmile

姫リンゴは薄暗い場所を明るくしてくれるので助かります。
花期がもっと長いと嬉しいのですが…sandclock

Img_0888_2


寄せ植えしているユキノシタが活動を開始したようですrun

Img_0890_2

サクラソウも満開を迎えていましたshine

Img_0894_2



こちらは花期が長いのでつい満開の時期を見逃してしまいそうになります。

Img_0896_2


クレマチス「ルビーグロー」が完全に開いたので撮っておきましたcamera

Img_0893_2

Img_0910

2016年4月14日 (木)

2番手も昨年と同じ玉ゆらでした(ベランダガーデニング)

昨日はクレマチス「ルビーグロー」が咲いて嬉しかったのですが、今日はダブル咲きが楽しみでしたhappy01

Img_0861


Img_0862

Img_0870






その通りにダブル咲きが見られウキウキでしたが更に2番手として「玉ゆら」が開いていたのでテンション上がりっぱなしですhappy01

Img_0864


Img_0865


半鐘型の落ち着いた感じの花でメダカ鉢の景観をセンスアップしてくれますup

Img_0868


Img_0866


昨年よりも1週間早くの開花です。
濃い緑葉に桃紫〜薄黄緑色といったグラデーション(うまく言い表せませんので画像をcoldsweats01)がかかった半鐘型の花は可愛らしいですねsign02

Img_0869

蔓(茎)が太くて強そうですが強風で折れることがあるので支柱、紐に誘引してやろうと思っていますdanger

冬が去ってから黄色⇒ピンク色⇒ブルーといった花が咲いてくれましたが次は白色の花が咲いてくれるようになりました。

①イベリス

Img_0858

Img_0872

②エリゲロン・プロヒュージョン

Img_0856

③セダム類

Img_0855

Img_0878





Img_0880

白色の花は目立たないのでつい忘れがちですが他の植物を際立たせる脇役として活躍してくれることを最近になって知りましたcoldsweats01
寄せ植えや背景としてバックアップしてくれますup

そして赤色の花も咲き始めました。

Img_0860


Img_0883


Img_0859


Img_0885

2016年4月13日 (水)

今年も1番手はルビーグロー(ベランダガーデニング)

クレマチスの開花シーズンに入ってきました。
我が家のベランダでは昨年に続いて今年も最初に開いたのがルビーグローです。

Img_0821


Img_0822

蕾を付けたのは1番ではなかったのですが一気に抜いて赤紫色の大輪を開きましたnote

Img_0831



赤い花芯が特徴のルビーグローはちょっと高貴にも見えますcrown

Img_0841

Img_0828




クレマチスが咲いてくると浮かれてしまいますnote
何かいいことが起こりそうな気分になるんですcoldsweats01

Img_0836

Img_0824

まだ1輪だけだから存在感がそれほどありませんがベランダ中央部で開いて仲間に早く開くように呼びかけている感じもしますので(私の勝手な解釈ですhappy01)これからアチコチでいろんなクレマチスが咲いてくれるでしょうsign02



Img_0839

Img_0826

夕方には1番花の上方の蕾が口を開いたので明日はダブルで楽しめそうですnotes

Img_0850




Img_0838

ブライダルベールが寒波に耐えた証しを現しました。
通常なら地上部の一部に青葉を残して春を迎えるのですが今年は途中までは例年以上の青葉を残していたのですが突然の厳しい寒波襲来によって地上部全部を一気に枯らしてしまいましたshock
地上部は枯れても根は生きているので水キレをさせないようにしていたら2,3日前から新芽を出してきましたbud

Img_0833



ベランダで育てている植物達の性質が分かるようになってきたので長生きさせることができるようになってきましたgood

Img_0834

 

今冬はイエロー系のビオラに挑戦してみましたが、今の時期は黄色のモッコウバラと開花時期が合って新しいシーンを見ることが出来ましたeye

Img_0845


Img_0846

背景に合う花は何がいいだろうと自分の好きな花をいろいろと検討するのも楽しみの一つですpencil

Img_0849

2016年4月12日 (火)

4月のベランダ東側(ベランダガーデニング)

今朝は冷え込みましたねwobbly
冬の間に続けた窓の結露拭きが終わってほっとしていたところ再び朝の窓ふきをしましたcoldsweats01 
健康のために身体を動かすのもいいかと変な納得をしながら作業しました。

冬越しするために室内に移動させていた植物達をベランダに出したので一応フルメンバーが出揃いましたshine

Img_0794

ハートカズラは長生きしています(丸10年になります)
乾燥気味に育てて蔓が長くなれば丸めて鉢の上に載せておけば大丈夫なようです。

Img_0807

Img_0810





そしてベランダ格子箇所の寒冷紗も取り除いたのでいよいよ春のガーデニングスタートですhappy01

Img_0783

4月になると気候もよくてベランダに出ても植物達にいろいろと変化があって楽しくなりますnotes

クレマチスは蕾を数十個付けて開花を待っています。

Img_0806

ヴィオルナ系のクレマチスは釣鐘状の小さな花を咲かせて静寂空間を創ってくれますgood
2年前に新しい空間つくりに挑戦して成果あったものですdollar


Img_0805


つるバラとの競演も可能かも…?

Img_0809

ベランダ東側は冬を彩るビオラを配置しているのですが4月になってもまだ生育旺盛でボリュームを増していますclover

Img_0816

Img_0817




暖かくなってくると背丈が高くなってきて姿が乱れてきますが今はまだ大丈夫そうですpass

Img_0787


Img_0771

常緑のワイヤープランツはこれから新葉を増やしてくれそうです。
そして注視してないと見逃してしまう花も咲かせてくれます。

Img_0812

そしてもう一つ、常緑(斑入り)のカレックスは冬は緑葉を春先からは穂を出して新しい姿を披露してくれますnote

Img_0813

ベルフラワーは既に蕾を付けて私のGWの花として着々と準備をしています。

Img_0811



ビオラが生育旺盛となって日陰になってしまいベルフラワーの生育環境が徐々に悪くなってきたので以前ほどの勢いがなくなってきましたshock

Img_0814

ベランダ奥に配置のメダカ鉢も春になるとメダカが活動を開始して小さな波が立ちます。
強い寒波があったので冬越しできなかったかもしれませんcoldsweats02

Img_0819


Img_0820

2016年4月11日 (月)

沢山咲いたオリビア(ベランダガーデニング)

品種改良されてまだ歴史の浅いオリビアですが最近は多花性でコンパクトな苗が出回るようになってベランダで育てるには好都合で助かりますhappy01

Img_0799

耐寒性も耐暑性もあるので尚更ですnote

白地に赤い模様の入った小花が長く咲いているので寄せ植えとしても重宝するのではないでしょうかsign02

Img_0802


Img_0800



今シーズンは冬の間、寄せ植えメンバーを迷っているうちに残ってしまいビオラの傍で仮住まいですcoldsweats01

Img_0798

Img_0804






オリビアにとって良い場所を模索中です。

Img_0795

2016年4月10日 (日)

モッコウバラが二分咲きに(ベランダガーデニング)

モッコウバラが二分咲きになってベランダが明るくなってきましたshine

Img_0738


Img_0745


Img_0743

Img_0760






小さな花がいっぱいベランダに調和するように咲いてくれるので気に入っています。
そんなに主張するほどでもなく小さな力がまとまってキラリと輝くところがいいですね。

Img_0746


今年は下方でも花が咲いてくれそうですsign02

Img_0740


Img_0752

ベランダでは日当たりが少し不足気味ですがそれでもいっぱい咲いてくれて楽しませてくれます。

Img_0761

春になるとパッと辺り一面を明るくするモッコウバラの花に出合うと元気が出ますrun

Img_0755

ベランダが春らしくなってきましたcherryblossom

Img_0754


Img_0763

今朝、レースフラワーの種を蒔いてみました。
昨年採取した種が物置内で見つかったので昨夜水に浸してから直接ポットに埋め込んでみました(レースフラワーは移植を嫌うそうです)

Img_0764

2016年4月 9日 (土)

姫リンゴが咲いた(ベランダガーデニング)

春の嵐の後片付けをしていたら薄暗いベランダのコーナー部に白いものを発見eye
姫リンゴの花です。

Img_0729

昨年よりは少し早く咲いたようです。

Img_0732

蕾は柔らかい感じのピンク色で春を連想させますcherryblossom

Img_0734

慌てて冬の間寒風対策としてベランダ格子部分に張っていた寒冷紗を取り除くことにしました。

Img_0730



寒冷紗があると蜜蜂がベランダの中に入りにくいのではないでしょうかsign02
近年蜜蜂が随分少なくなってきたので貴重です(蜜蜂の姿を見かけないときは綿棒で受粉させています)

こちらは何の花か名前を忘れてしまいましたcoldsweats02

Img_0735


小花をびっしりとつけます。

Img_0737

雨に濡れたビオラも昨日、今日と日を浴びてスッキリとしてきましたsun

Img_0731

2016年4月 8日 (金)

春の嵐の後(ベランダガーデニング)

昨日の雨・風は何だったのといった穏やかな今朝の様子です。
春の嵐が満開の桜の花をを西日本・東日本と吹き飛ばしてしまいましたねcoldsweats02
日本独特の桜の景色を一掃してしまいテンションが下がってしまいますdown

今朝は落ち葉を拾い集めたり鉢受け皿に溜まった水の排水をしておきました。

気になったモッコウバラクレマチスも大した被害なく安心しましたup

Img_0696


Img_0697

つるバラもかなりの葉っぱを風で飛ばされてしまいましたが頑張ってくれました。

Img_0698

壁際にハンギングしているベルフラワーが小さな小さな蕾をいっぱい付けていました。
春の嵐で荒れたベランダに小さな楽しみがみつかりましたeye

Img_0699


2016年4月 7日 (木)

春の嵐のために緊急避難(ベランダガーデニング)

天気予報で7日は朝から大雨・強風とのことだったので昨日夕方南風がまともに当たってしまうメイン花壇のビオラ軒先にハンギングしている植物を下して壁際に置いてやりました。

Img_0685

予報通り、朝8時ころから雨がベランダに降り込んでくるようになりベランダに出られない状態になってしまいましたtyphoon

予報では9時間くらい横殴りの雨が続くとのことなので厳しいですねshock

Img_0684

植物の避難状況を撮っておきましたcamera(次回避難時の参考のために)
画像を見ると意外やちょっとした春の小路sign02
(そんなわけないですね)

Img_0686

少しでも厳しい環境から守ってやってダメージを軽減させてやろうと今回は時間的に余裕があったので頑張ってみました。


Img_0679

Img_0683

明日は晴れ予報sun
低気圧が去っていくのを待って再び日に当ててやりたいです。



Img_0688

風が弱まった16時頃に植物を元の位置に戻してやりました。
明日は晴れ予報なので朝からしっかりと陽に当ててやろうと今日のうちにと頑張りましたhappy01

Img_0690


Img_0691


Img_0692

クレマチスの蕾が数個が落ちおちたり、蔓が2か所折れていましたが大したダメージは無かったようです。

Img_0694

2016年4月 6日 (水)

クレマチス「玉ゆら」に蕾(ベランダガーデニング)

桜が満開となってあの冬の景色が一掃されパッと明るくなり、ウキウキ気分になってしまう今日この頃ですcherryblossom
自然と背筋が伸びて歩く速度も速くなりますrun

ベランダのクレマチス「玉ゆら」も突然蕾を付けましたnote

Img_0658


Img_0661

Img_0668



今はクレマチスが蔓を伸ばして次々と蕾を付けるので誘引作業が忙しくなりましたsweat01
出来るだけ花が見られるように誘引するのですが間に合わずにハンギングポットの裏側にまわったり葉っぱの陰になることがあり悔しい思いをすることがありますcoldsweats01

Img_0662

既に沢山の蕾をつけているHFヤングベルオブウォーキングも着々と準備をしています。

Img_0663


Img_0664


Img_0665

ゲラニウムが私の好きなシーンを創り出してくれましたhappy01
予想以上のものが出来上がると小さな出来事ですが嬉しくなり舞い上がってしまいます。

Img_0670


ホットリップスの花も色を添えてくれます。

Img_0674

明日は春の嵐が吹き荒れるようですtyphoon
南の風なので被害が免れないような感じです。
折角活動を開始した植物が可哀想な気がしますshock

2016年4月 5日 (火)

桜を見に清水寺へ(ベランダガーデニング)

明後日の雨(予報)で桜が散ってしまうとのことなので頑張って京都・清水寺まで桜を見にいきましたcherryblossom

Img_0635




Img_0608

ラッピング電車に揺られること約2時間、沿線のどこの桜並木も満開なので最高気分でした。
桜の花は独特なものがありますねsign03
1年待って瞬間的にパッと開いてすぐに散ってしまうちょっとはかないような気もしますが1年のスタートを切る希望が膨らむ花のようですup

Img_0625

Img_0649


清水寺に導く三年坂、松原通りは人、人、人で身動きが取れないほどの混雑でした。特に海外からの旅行者が多いようで聞きなれない言葉が行き交っていました。

Img_0655

今朝、木苺の花が再び咲いていました。今年は植え替えしたので土の養分もタップリなので1個でもいいから結実して欲しいですhappy01

Img_0604

2016年4月 4日 (月)

桜に誘われた芝桜(ベランダガーデニング)

週の始まりは生憎の雨ですrain
昨日満開となった桜が雨に濡れて可哀想な景色ですshock
まだ散らずにとどまってくれることを願っています。

冬の間、室内移動した植物、ビニール袋を覆って防寒対策した植物を元のようにして本格的な活動の準備ができましたup
残すところベランダ格子箇所の寒冷紗を外すことです。この作業が終われば私の春がやってきますcherryblossom
ベランダでは周りを片づけたり、移動させないと作業出来ないので面倒になってすぐにできないところにもどかしさがありますcoldsweats01

ソメイヨシノに誘われてか芝桜が咲いてくれました。
光るようなピンク色の芝桜ではなくて薄いブルーの芝桜です。

Img_0597


Img_0598




植栽計画をした時に春にはピンクのブラキカム黄色の水仙に薄いブルーの方が似合うだろうと思って決めましたpencil

Img_0600

芝桜は最も低い位置にプランターの縁に這うように広がるので高低差があまり確保できないベランダでは寄せ植えに好都合であることを発見しましたeye

モッコウバラがポツリポツリと開くようになってきました。

Img_0588


Img_0589


ベランダがにわかに賑やかになってきましたnote
変化が激しくクレマチスの誘引を怠るとすぐに傍の植物に絡んでしまって大変な目に遭いますshock

Img_0593

Img_0595

2016年4月 3日 (日)

ミヤマホタルカズラがあっという間に(ベランダガーデニング)

桜の満開に誘われるようにミヤマホタルカズラがあっという間に鮮やかなブルーの小花を開きました。

Img_0569

春になって黄色やピンクと明るい花が続きましたがこの鮮やかなブルーは冬の寒さから目覚めぼんやり過ごしていた生活に気合が入ります。

Img_0553

背丈が低くく横に広がる性質があるので足元が明るくなります。
ベランダで観賞するのに好都合ですgood

Img_0567

鉢植えなのでベランダのいろんな場所に置いて背景と共に楽しんでいます。

今朝、もう大して気温も下がらないようなので冬の間室内に移動していた植物をベランダの元の位置に戻してやりました。
ハートカズラベゴニア、観葉植物などが春の外気に触れて嬉しそうですnotes

Img_0562


Img_0560


Img_0561


Img_0564

天気が下り坂ですがまだ雨が降らないんで満開になった住宅下のを撮りに行ってみましたcamera

Img_0581


Img_0583


Img_0587

Img_0585




ついでに外から見た我が家を。

Img_0582

ビオラが乱れんばかりに咲いて窮屈になってきました。
「春爛漫」ってこのような状態でしょうかsign02

Img_0558


少し株間の距離をとってやりたいのですが置く場所もなく…

Img_0557

2016年4月 2日 (土)

クンシランに蕾が付いていました(ベランダガーデニング)

桜が満開になった週末、青空も広がり気持ちいいですねぇsun
何かいいことが起こりそうな期待を持たせる空気感ですup

Img_0540


Img_0543

Img_0551

冬の間はビニール袋(ベランダに置いています)の中で過ごすクンシランです。
暖かくなってきたので昨日ビニール袋を取り除いて中の様子を見たら白い蕾とオレンジ色の蕾2本窮屈そうにもがいていました。
気温が低かったり日当たりが十分でないと花茎が伸びない状態になるようです。

Img_0537

そして光をずっと一方向から当てていたので株が傾いてしまいましたcoldsweats02
(平均して光を当てればこのようなことはないのですが冬の間は全くと言っていいほど近づかないのでこのような結果になってしまいます)

冬は乾燥気味に育てるので2か月に1回、天気のよい日に水遣りする程度で殆んどやりません(ビニール袋で被っていることもあって水遣り回数が少なくて済むのかもしれません?)

花茎が出来る頃は水遣りが必要です。不足すると育たなかったり蕾を落とすようですdown

クンシランはその名や姿から中国か日本が原産のように思っていましたが南アフリカが原産地のようですpencil
南アフリカ原産と言えばオスティオスペルマムやネメシア、ブルーデージーなどもそうですが私のお気に入りの植物が多いようですhappy01

Img_0545


Img_0546

毎日いろんな花が咲いてくれるようになりましたshine
先日買ってきたシレネ・ユニフローラも白い小花を咲かせていました。
いつも見逃していましたが今回はしっかりと捉えましたcamera

Img_0536

Img_0530

Img_0529

ハオルチアも小花を咲かせ続けていますが今日ベランダに出して外の空気に合わせて新しいスタートです。

Img_0534

気温が上がってきたのでヘンリーツタを所定の梯子型トレリスにハンギングしました。
新芽を次々と現してきてヤル気モードスタートのようですrun

Img_0548

Img_0565





Img_0549

ビオラ・ラブラドリカが薄暗いベランダの奥を少し明るくしてくれましたflair

Img_0547

そろそろ冬季にリビングに避難していた植物達をベランダに出してもよさそうですねsign02

2016年4月 1日 (金)

木苺の花が咲きました(ベランダガーデニング)

4月1日、新しく社会人になった方、人事異動で新しい職場に移られた方、希望と不安が交錯する中、家を出られた方も多かったことでしょうnotes
桜が満開で迎えてくれているのでいいスタートが切れたことでしょうsign03
positiveに進みたいですねrun

モッコウバラ同様、木苺の花が昨年よりも1週間早く咲きました。

Img_0517



こちらも葉っぱの形成にお構いなしに花を咲かせた感じです。

Img_0499


Img_0508

この花を見る度に木綿生地を思い出してしまいますhappy01
爽やか感が凄く伝わってきます。

Img_0507

植え替えした後だけに勢いがあります。

隣の山椒も小さな蕾を沢山付けていました。

Img_0519


Img_0504

新入りのクレマチスの花水川とフォンドメモリーズの蔓が伸びてきたので誘引してやりました。
新天地で大きく育って欲しいと願いを込めながら丁寧に誘引しておきましたhappy01

Img_0524

住宅前のソメイヨシノは一昨日はまだ2,3分咲きだったのに今日は満開状態、その様変わりに驚かされましたcherryblossom

ベランダの春のワンシーンsign02

Img_0525


Img_0526

【独り言】
今日は孫の保育園デビュー。
昨年予定日よりも早くて小さく産まれたのですがその後は順調に成長して標準近くまでになりました。
10か月を過ぎるとヨチヨチ歩きが出来るようになり動きも活発になったようですrun

Img_0408

娘も育休がそろそろ終わるので何とか保育園に入れようと遠くの保育園等条件の悪い所も含めて第6希望まで記入し、最後の最後どうにか受かって職場復帰するらしい。

孫は初めての経験、きっと大泣きをしたのだろうと落ち着きませんshock
娘も今朝は後ろ髪を引かれる思いで保育園に預けたのではないだろうか?

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »