« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

2016年モッコウバラ開花スタート(ベランダガーデニング)

我が家のモッコウバラが開花するのは大概4月の中旬なのですが(昨年一昨年の様子は下線部をクリックしていただくと見られます)今年は何故か早いsign01

Img_0487


Img_0488



そしていつもの光景とはちょっと違います。
葉っぱが少なくてボリューム感に欠けた感じがします。植え替えした時に根鉢を取り除き過ぎたせいでしょうかまだ活動が十分でないのかもしれませんsign02
生育旺盛な植物なのできっと回復してくれるでしょうup

Img_0491


Img_0493

それでもこうやって毎年見事に咲いてくれるモッコウバラに感謝ですhappy01
小さな花なのですが数がまとまれば真っ黄色になって辺りを明るくしてくれますshine

Img_0506

一番の楽しみはポンポン咲きのクレマチス「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」とのコラボです。

満開時の光景が楽しみで楽しみで……happy01

Img_0489



バラクレマチスのコラボの光景が気に入っています。本格的なバラではありませんが日当たりがそれほどよくないベランダでも花を咲かせてくれるので助かりますnote

Img_0495


Img_0498

東京は桜が満開とニュースで繰り返されていますが住んでいる住宅周辺は昨日はまだ二分咲き、今日の暖かさで4分咲き程度で満開にはもう少し時間がかかりそうですcherryblossom

Img_0520


Img_0522

2016年3月30日 (水)

3月下旬のベランダ東側(ベランダガーデニング)

一気に活動を始めて壁面を緑色に染めていくベランダ東側ですclover

Img_0353


Img_0357

冬からずっと咲き続けるビオラに目がいき続けますが春になると目覚めて動く植物が沢山ありますrun

メインの一つ、つるバラは植え替えしたこともあって力強く濃い緑葉を付けました。凄く元気をもらえます。

Img_0481


Img_0480




ミニバラも今年は新しい仲間が増えたので楽しみ倍増ですnote

Img_0485


Img_0374

クレマチスは日々蔓を伸ばしたり、蕾を付けていて変化が大きいので1日のスタートに弾みがつきますhappy01

Img_0369


Img_0370


Img_0360



東側には6品種のクレマチスがあり、それぞれの特徴ある花を背景と共に楽しんでいますnotes
HFヤングは高所まで登ってくれて壁面緑化に貢献してくれていますclover

Img_0373

ベランダ奥のミニパーゴラ上面に置いている小物の鉢では今、ツルニチニチソウが爽やかなブルーの花を咲かせています。

Img_0366

Img_0361





その上方のハンギングバスケットにもブルーの小花を沢山咲かせるビオラ・ラブラドリカが満開を迎えました。

Img_0482


Img_0367

春になって水温が上がってくるとメダカ鉢のメダカも水草も活動を始めます。冬の間は鉢底でじっとしているメダカも水面に上がって日向ぼっこをすることもあります。
ウォーターマッシュルーム紅チガヤも緑を増していき、メダカ鉢が生き返ります。

Img_0363


Img_0362

今シーズンは植え替えをした植物が多くオリーブもその一つです。

Img_0368

クリスマスローズも植え替えたので茎葉がしっかりしてきました。
来シーズンはかなり期待出来そうですshine

Img_0486

もうひと月もするとブルーの小花を密に咲かせるベルフラワーもベランダ東側にあって今は茎葉を形成しているところです。

Img_0359


Img_0372

2016年3月29日 (火)

今年も宿根ブラキカムが咲きました(ベランダガーデニング)

一度植え付けてうまくいくと毎年生育サイクルを繰り返してくれる宿根草を沢山楽しんでいますnotes
ベランダでガーデニングを楽しむとなると作業場所の制約があるので出来るだけ作業機会を減らせる宿根草に注目するようにしています。
そして華やかな1年草を季節のアクセントとして活用するようにしてガーデニングを継続していますhappy01

宿根草の一つとして宿根ブラキカムをベランダの中央部と東側に寄せ植えしています。

Img_0327


Img_0365


毎年、新しく衣替えする今頃の姿に感動します。
仕事を終えて枯れた茎を残しながら新しい芽を地中から伸ばして蕾、花を付けます。

Img_0364

Img_0328

Img_0329

Img_0378


Img_0377


グレゴマの花が咲いていました。
表土が剥き出しになって寂しいからとグランドカバーとしてよく活用するのですが頑強な植物なのでほったらかし状態ですcoldsweats01
今朝オキザリスで覆われた箇所をかき分けてみると小さなラベンダーのような色の小さな花を付けていましたeye

Img_0380


強い植物らしくプランターの縁を伝って1m以上も離れた箇所まで広がっています。

Img_0376

【独り言】
3月8日からだったでしょうか姿を見なくなった野鳥「ジョウビダキ」ですが一昨日から再び見かけるようになりました。
北の方へ帰って行ったのだろうと思っていましたが住宅の公園や近くの公園でジョウビダキを見かけていたのでもしや危険を感じて別の場所に塒(ねぐら)を替えたのかなとも。

最近は夕方4時半頃から夕暮れ時まで1時間半くらいヒヨドリがベランダのバードフィーダーにじっと置物のように居座っていたから警戒してジョウビダキもいつものような行動をとっていなかったのでしょうか?
ジョウビダキは以前よりも暗くなる6時を過ぎてからベランダに戻ってきました。そしていつものツルニチニチソウの鉢の中に入っていきました。

もう少しの間、身体を上下に揺らすジョウビダキのあの可愛らしい姿を楽しめそうですeye

2016年3月28日 (月)

3月下旬のベランダ西側(ベランダガーデニング)

朝陽がよく当たるベランダ西側は春の目覚めが早いムスカリが咲いてくれます。

Img_0346

Img_0318


Img_0344



クロッカスも東側よりも早く咲いてくれます。

Img_0342

3月下旬の今はクレマチスが蔓をグングン伸ばしてモッコウバラの中に潜り込んでしまうので表側に誘引してやります。

Img_0325

今年は新たにクレマチス2品種をベランダ西側に配置しましたhappy01

Img_0343

モッコウバラは今年は早くから蕾を付けました。葉っぱよりも早くから蕾を付けたので何だか変な感じですhappy01(異常気候の影響でしょうかそれとも植え替えしたからでしょうか?)

Img_0324

ハンギングしているフリル咲きビオラ「ミルフル」と昨年からのアズーロコンパクトは西側エリアのビューポイントにしているのでこれからが楽しみですnotes

Img_0334

Img_0323


Img_0319

Img_0347

日当たりの良い軒先に設置した梯子型トレリスにハンギングしているオレガノディクタムナスやイベリスは健康そのもの、今年も花を咲かせてくれそうですshine
イベリスは小さな白い花を付け始めましたgood

Img_0338


Img_0340

壁面を生きた空間に創り上げるために雑貨などを配してみました。
台風など強風が吹いても安全にそして出来るだけ手間がかからないように配置、対策を講じるように心掛けていますthink

Img_0339


Img_0335

Img_0351

壁面が立体的空間に見えるようにいろいろとやってきたベランダ西側ですが当初の頃と比較するとやはり進歩の跡は窺えるのかなsign02
いろんなことをしながらガーデニングを楽しんでいますnotes

Img_0348


Img_0350

冬の間元気をくれたアリッサムの休憩やこれから大きく生長する過程待ちのクレマチスミセバヤもこの西側で管理していますwheelchair

Img_0321


Img_0320

Img_0322

2016年3月27日 (日)

新入り苗がなかなかいい感じ?(ベランダガーデニング)

春苗として新しく買ってきてベランダ中央部に配置したゲラニウムセダム類がいい感じに収まってきました。

Img_0307

Img_0314

Img_0308

Img_0309


Img_0286

夏バージョンはハイビスカス、冬バージョンとしてラベンダーを定番として何年も壁掛けハンギングに置いて繰り返していたのですが今年は春の間はゲラニウムを置いてみましたhappy01

Img_0296

うまくいったことを繰り返すのも安心できていいのですがたまには冒険して新しいことに挑戦、新しい発見をすると楽しみが増えますup

Img_0315

Img_0283

Img_0287





Img_0284

ゲラニウムの小花と近くの梯子型トレリスに配置したセダム類がマッチングしたこじんまりとまとまった空間が創造できて満足です。あとはもう少しデコレーション出来れば生きた空間に変わるかも???

Img_0311


Img_0316


Img_0317

ブルーの花が増えてきましたが、ツルニチニチソウが一斉に開いてくれました。
中心部が白くて優しい感じがして花びらも風車のように爽やかな姿です。

Img_0312

2016年3月26日 (土)

姫リンゴが芽吹きました(ベランダガーデニング)

「春眠暁を覚えず」でゆっくりと春に目覚めるような姫リンゴがやっと芽吹き開始ですbud

Img_0291



春になってもなかなか新芽を覗かせない姫リンゴアケビ寒さで枯れてしまったのかなと心配になりますthink

3月下旬になってやっと小さな緑を発見するとほっとします。
姫リンゴは目を覚ますのは遅いのですが電光石火のごとく一気に緑を増して花を咲かせますshine

Img_0295

ベランダの日陰の薄暗い場所に白い花を沢山咲かせるので明るくなります。
同じ鉢に植えているユキノシタも寒波に驚いたのか今年はスタートが遅れたようですshock

Img_2494

花後のリハビリとして東側ベランダの日当たりのよい場所に移動させているつるバラが勢いよく緑葉を増やしてきました。もう少しで南のベランダに戻すことができそうですhappy01

Img_0285

昨日に続いてクレマチスの状況

①ベルオブウォーキング
既に高所で蕾を付けて同じく蕾をつけているモッコウバラとのコラボの準備は出来ているようですgood

Img_0274


Img_0275



今年もこのシーンを見られると思うとワクワクしてきます。

Img_0279

②HFヤング
多花性のHFヤングは毎年花径の大きい薄紫色の花を咲かせてくれます。
今年も高所緑化計画場所で花を披露してくれそうです。

20個以上の蕾を付けていますshine

Img_0273

③イワンオルゾン
緑葉の中に白い花でアクセントを付けてくれます。
花びらにクリーム色の縦筋模様が入ってやわらかい感じの花です。

壁面中央部まで登って蕾を付けているのでいい感じの光景が見られそうですsign02

Img_0271


Img_0280


傍にハンギングしているビオラ・ラブラドリカは沢山の小さなブルーの花を咲かせています。

Img_0272

ビオラ・ラブラドリカはこぼれ種でベランダのあちこちに生育するよう生命力の強い植物のようですrun

今日は青空が広がっているのですが寒気が入ってかなり寒いです。
こんな気候をビオラは好むようです。今日も沢山咲いています。

Img_0282

春らしい光景も。

Img_0300_2


Img_0302

2016年3月25日 (金)

クレマチスの挿し木のその後(ベランダガーデニング)

2年前に挿し木に挑戦したヴィオルナ系クレマチス
うまく発根に成功して生き続け、初冬に地上部を枯らし春になると新芽を出してくれますbud
まだまだ糸のような蔓なので心配でしたが今年は少し太くなりそうです。

Img_0266

3年目を迎えてもまだこのような状態ですが生長する姿を観察する楽しみが毎日ありますeye
いつか花が咲くまではこの観察が続くのでしょうhappy01

今の時期はクレマチスが生育旺盛です。
どの場所に花を咲かせてみようかと誘引するのですが蔓が絡んでクレマチス任せになることも度々ですcoldsweats01

我が家のベランダの幾つかのクレマチスの今の様子を昨年咲いた順番に…pencil

①ルビーグロー

Img_0258



ベランダの中央部にロマンティカと同じスリット鉢に植えているのですが床から数十㎝の低い位置に蕾を付けています。

Img_0259

②玉ゆら
一昨年に初めて挑戦した釣鐘状の花のヴィオルナ系のクレマチスです。

Img_0260



3個の新芽を早くから出していたのですがなかなか伸びずにうごかなかったのですが最近グッグッと目に見えるような感じで伸びてきました。
まだまだ十数㎝の高さですが昨年は我が家では17品種ある内で2番目に花を咲かせました。

Img_0261

③紫子丸
紫色の八重咲きで長い間花を楽しむことが出来ます。

Img_0264



グローリーと同様、ベランダのかなり日当たりの良い場所に置いているからでしょうか3番目に花を開かせました。
日が全く当たらないベランダ奥の高い場所にまで上って花を咲かせてくれるようになりました。

Img_0263

今日は冬に逆戻りしたかのように寒いshock
あおの影響でしょうか開いていた花も温度を保とうとして開かないものもあります。
オスティオスペルマムはずっと日中は開いていたのに今日は半開き状態です。

Img_0269


傍の宿根ブラキカムはかなり開きそうな雰囲気でベランダを春らしく演出してくれますcherryblossom

Img_0267


芝桜も小さな小さな花なんですが頑張っていますhappy01

Img_0268

2016年3月24日 (木)

ミヤマホタルカズラに蕾が(ベランダガーデニング)

VIVID COLORの花が気に入って衝動買いしたミヤマホタルカズラです。

Img_0231



横に広がるように茎を伸ばす控え目な植物の割に花の色が鮮やかなので小さいながらベランダで際立ちます。

触るとチクリと痛いほど葉っぱが硬いので要注意ですdanger

花期が4月頃から始まるのでよく観察すると蕾がありました、ありましたeye

Img_0232



星型の花を咲かせて元気をくれますnote

冬を越したアズーロコンパクトが新芽を伸ばし始めましたbud
冬に短く刈り込んで体力消耗を極力控えるようにしておいたら効果あったのか元気に春を迎えてくれたようです。

Img_0242



新しい苗も新鮮でいいのですが枯れた箇所のある苗もナチュラル感があって好きですhappy01

Img_0238


Img_0240

桜の開花も次々と報告されています。
春になる速さが増してきました。ベランダの変化も著しくなってきました。

Img_0243


Img_0246


2016年3月23日 (水)

木苺、山椒の植え替え(ベランダガーデニング)

3月になって暖かくなってきたら植え替えしようと計画していた木苺、山椒などを植え替えしました。

Img_0216

前の植え替えは5年前になるのでそろそろ植え替えしてやらないと養分不足になって花を咲かせなくなるのではないかと今年こそは頑張りました。

根鉢を引き抜くとやはりかなり根が詰まってきていましたshock
何とか間に合ったのでしょうsign02

Img_0218

木苺は既に新葉を広げ蕾を付け始めていますclover
4月上旬には花を咲かせるので楽しみですnotes

Img_0229






用土は赤玉土6、腐葉土3、ピートモス1に顆粒性肥料を適量としました(ピートモスはpH調整として少量付加しました)

山椒の木は根が浅いので根鉢を抜くのが簡単に済むので助かります。
植え替えで最も時間を要するのが根鉢を抜くときです。びっしりと根が張った素鉢などは30分を超えることもありますよねcoldsweats02

Img_0219

山椒は先日小豆色の丸い芽を弾いたのですが今は山椒だと認識できるようになっています。

Img_0230



用土は赤玉土6、腐葉土4に顆粒性肥料を適量混ぜて用意しました。

今日はついでにヘンリーツタオレガノディクタムナスも植え替えしてやりました。
これらは小さなポットに植え付けているので毎年植え替えしています。
用土が少ないので1年間で養分を消費すると予想されるからです。
鉢増しをしない代わりに毎年植え替えですhappy01

用土は赤玉土7、腐葉土3の割合に顆粒性肥料を適量入れたものです。

ヘンリーツタオレガノディクタムナスもびっしりと根が回っていました。

Img_0220


Img_0222

ヘンリーツタは今年も新芽を出しました。
冬の間は山椒の木と同様、枯れたような枝のみになってしまうので新芽が出てくるとほっとしますscissors

Img_0225_2

Img_0226_2


初夏になると花を咲かせてくれるでしょうsign02

Img_0227_2


 

2016年3月22日 (火)

そろそろペラルゴニウム・シドイデスが咲く頃ですが(ベランダガーデニング)

3月になればペラルゴニウム・シドイデスが花期を迎えます。
今冬の寒波襲来をベランダでまともに受けたので少しダメージを負ってしまいましたcoldsweats01

いつもベランダで冬越ししていて年2、3回の氷点下に遭っても大丈夫でしたが今回の寒暖差が大きかった寒波には対応が難しかったようですsign02
植物も人間と同じように調節が難しいのでしょうかねshock

Img_0209_2


ひょっとしてもしかしたら水を遣り過ぎたのが原因かもしれません。
(直ぐに土表面が乾くので水遣りを繰り返したような気がします)

Img_0210

ペラルゴニウム・シドイデスは大人な花を咲かせるので惹かれます。

挿し木した苗も順調に生育しています。
今日は日光によく当ててやりましたsun

Img_0213

親苗は背が高くなってきたので剪定してみましたhairsalon

Img_0212


Img_0211

昨日は洗濯物を干していたので撮影出来なかったエリアの画像を載せてみました。
植物達に日が当たるように壁際に梯子型トレリスDIYしてハンギングスペースを創ったエリアです。

Img_0205

Img_0215





Img_0203


植物も日をいっぱい浴びて嬉しそうですsun

Img_0206


Img_0207

2016年3月21日 (月)

ベランダが徐々に生きた空間に(ベランダガーデニング)

3連休も今日で終わりですね!
連休はくるまでは早くこないかなぁと凄く楽しみなのですがあっという間に終わってしまいますcoldsweats02

昨日はガーデニング作業で忙しくゆっくり植物達が活動する様子を観察出来ませんでしたhappy01
今日は昨日植え付けた植物を所定位置に配置してみました。

青空が広がる今日はうまく根付いてくれるか少しばかり心配ですが新しい植物がベランダにやってくると新鮮な気分になります。

クレマチス「花水川」は我が家のベランダで育てている18番目の品種です。
花期や花の色・姿そして咲いてくれる場所を想定して品種を選定していますpencil

Img_0187

ベランダ西側壁際には今パーゴラまで届くベルオブウォーキングとワインレッド色のMEアンドレが咲いてくれるのですが花期が少し遅いので花期の早い「花水川」を選んでみました。モッコウバラの株元で咲いてくれたら最高ですgood

ベルオブウォーキングは蕾を付け始めてモッコウバラとの競演を準備中です。

Img_0198

大好きな花の一つであるネメシアを既に寄せ植えしているハンギングバスケットに足してみましたcoldsweats01 

Img_0184

もう一方のハンギングバスケットのビオラ・ラブラドリカはベランダ奥に。

Img_0185


Img_0196

セダム類も予定の場所においてリフレッシュに。

Img_0191

Img_0201





Img_0194

ゲラニウムは日当たりのよい場所において今までなかった光景を楽しんでみようと思っています。

Img_0195

オスティオスペルマムも以前植えたことのあるクレマチスの株元を明るくするために配置しました。

Img_0189

Img_0200



ちょっと花を添えるだけで空間が生きてくるので元気をもらえますup
冬の間、色物が無かっただけにビューポイントが増えますshine

Img_0190



2,3年前に植え付けた周りの宿根ブラキカム芝桜が小さな蕾を付け始めています。

Img_0197

ムスカリの花がいい感じになってきましたshine

Img_0188

2016年3月20日 (日)

クレマチスなどを植え付けました(ベランダガーデニング)

先日買ってきた春苗を植え付けました。
新しくポットに植え付けるのはスムーズに作業が進むのですが寄せ植えしているプランターにスペースを確保して植え付けるときは苦労しますcoldsweats01

根が張っているプランターではなかなか土を掘り起こすことが出来ません。
ヘデラは地中に強い根を張っていて表土がカチンカチンになっていて植え付けスペースを確保するのに30分もかかってしまいましたshock
ブツブツ言いながらも何とか午前中に作業を終えることが出来、スッキリですhappy01

これから気温も上がって植物の活動が活発になるので植え付けた苗もきっと大きくなって綺麗な花を咲かせてくれるでしょうsign02
楽しみいっぱいですnotes

クレマチスフロリダ系のフォンドメモリーズパテンス系の花水川です。
どちらも白色を基調とした柔らかい感じの花のようです。

Img_0180


あとはゲラニウム宿根ネメシアです。

Img_0181


Img_0182

そしてもう一つ、ビオラ・ラブラドリカです。
元々はヘデラとハンギングプランターに寄せ植えしていたのですが日陰場所といった生育環境が厳しかったのかいつの間にか消滅していました。
しかし、こぼれ種がベランダのアチコチで発芽を繰り返して生長しています。
日陰場所でもしっかり生長しているものもあり再挑戦してみようと思いました。

Img_0183_2

2016年3月19日 (土)

ホットリップスが咲きだした(ベランダガーデニング)

3連休ですね!暖かくなってきたので旅行に、お花見に絶好のようですcherryblossom
天気が少し気がかりですが回復に向かっているのできっと良い休日を過ごすことができるでしょうnotes

ホットリップスが咲き始めました。

Img_0172


Img_0171

Img_0170





ボリュームのある植物ですがベランダでナチュラル感を演出してくれるので植え付けて丸9年を迎えますが大切に育てています。

Img_0173

気温によって赤い花、白い花そして紅白混じった花が咲生きます。

Img_0174

昨夜の雨はベランダにかなり降りこみました。
鉢受け皿に水がいっぱい溜まっていました。早速鉢受け皿の水を排水してついでにベランダの排水溝も掃除しておきました。

Img_0165



午後からは晴れ予報なので土も徐々に乾いてくれるでしょうsign02

Img_0175


先日咲いたツルニチニチソウの花が見当たらないので探すと風で茎が折れたのでしょうか下方のメダカ鉢の中に落っこちていました。

Img_0164

次の花が交代するように開いてくれました。

Img_0161

Img_0169




Img_0163


Img_0177

ブリキ製アルファベットを買ってみましたhappy01
確定申告での還付金が入ったので何か雑貨でもと張り切って行ったものの狭いベランダに合うものがなかなか見つからず結局アルファベットだけを。

Img_0179


置く場所は計画していたノウゼンカズラの背景板(すのこ)の前で後ろの物置の上の雑然さを隠す狙いですcoldsweats01

Img_0178


Img_0167

2016年3月18日 (金)

ムスカリが色付きました(ベランダガーデニング)

ムスカリが花茎を増やして段々と色付いてきました。

Img_0158

Img_0121



特徴的な花で最初は苦手でしたが毎年春になると自然にベランダに現われてくれる姿を見ているうちにお気に入りになってきましたscissors

Img_0133

ブルー系の花は落ち着きますねsign02
ムスカリはそのうえ地味とくるから座禅でも組んでいるような気分になることもhappy01
周りが見えずムスカリだけの空間にはまりこみそうになります。

Img_0126

Img_0159

ブルー系の花が好きですが今回買ってきたゲラニウムも小さなブルーの花で咲いた姿が気に入ってしまいましたgood

Img_0125



庭に植えると横に広がって繁茂するらしいので寄せ植えは諦めて5号鉢くらいに単体で植えて楽しもうと思っています。

Img_0124

ツルニチニチソウも先日咲いた鉢とは別の鉢が数個の蕾を付けていました。

Img_0160

2016年3月17日 (木)

3月中旬のビオラ(ベランダガーデニング)

2月下旬に満開となったビオラが更にこんもり状態となって継続していますshine

Img_0155


Img_0152



生活面で暖かくなってくるのは嬉しいのですがビオラが弱ってくるので複雑な気持ちになりますcoldsweats01

Img_0141


Img_0140

弱った時にアブラムシに襲われることがよくあるので数日前にオルトランを撒いておきました。

Img_0104Img_0105Img_0106Img_0108Img_0107Img_0110Img_0111Img_0112Img_0113
Img_0114
















Img_0109Img_0118







Img_0120


Img_0119

Img_0151

園芸店では夏の花サフィニアがもう並んでいるのですね。ビックリですeye
これからビオラをしっかり楽しもうと思っているのに夏の花が出てくるとそちらも気になって落ち着きませんcoldsweats01
まあ、そんなことにとらわれず今をしっかり楽しもうと思っていますhappy01

Img_0132


Img_0128


Img_0130

Img_0143

Img_0148

独り言】
今朝中継のあったATPワールドツアーでの錦織圭選手の大活躍は観ていてしびれましたねsign03
米国ランキング1位のイズナー選手との対戦でしたが2mを超える長身から打ち下ろされるサーブは200㎞/時を優に超える高速でエースは20を超えていました。
圧倒的に押される試合の中でほんの僅かなチャンスをものにして錦織圭選手は勝利を得ましたgood
2時間釘付けの圧巻の試合でしたtv

午前中いっぱいTVにかじりついていたので午後は墓参りして用事を済ませておきましたcar

2016年3月16日 (水)

時計草の整枝(蔓)(ベランダガーデニング)

時計草の枯れた蔓を取り除いてトレリスに誘引しなおす作業をしましたhairsalon
今日は寒気が居座っているのでハサミを握る素手がかじかんで思うように切ることが出来ませんでしたwobbly

時計草は昨年植え替えて生育旺盛になったまま冬を迎え、冬越しのためにビニール袋を被せたのですが暖冬のために袋内が蒸れてしまいダメージを負ってしまいました(温度が高いときに袋を外す手間を怠ったのが原因ですcoldsweats01
折角復活した時計草でしたが再び復活を強いられました。

Img_0093

冬に枯れた枝や蔓を取り除いて整枝すると気持ちも「今年もガーデニングを頑張るぞ!」と気合が入り嬉しくなります。

Img_0099

半分以上の蔓を切除しましたhairsalon
見た目以上にダメージが大きかったですshock

大きくなった蔓が枯れていたので今シーズンに花が咲いてくれるかどうか微妙な感じです。

Img_0101_2

Img_0102


ついでにベランダ東側壁面のクレマチスつるバラも整枝して誘引をしましたshine


Img_0094


Img_0095


Img_0096




2016年3月15日 (火)

春苗を買いにいきましたが…(ベランダガーデニング)

昨日ベランダを春らしく1年草で鮮やかにしてみようと春苗を買いに出かけましたrvcar

Img_0085



しかしながら前日から降り続いた雨から苗を守るためでしょうか移動ケージごと狭い場所に置かれていたのでオスティオスペルマム等欲しいものを見つけることが出来ませんでしたcoldsweats01
(陳列台の半分が空の状態でした)

折角だからとクローバーセダムなどグランドカバーに役立つものを揃えているとクレマチスの苗を見つけ、フォンドメモリーズ花水川を買ってしまいましたshock

Img_0087



クレマチスはもう植え付ける場所がないのに持ち帰ってしまいましたcoldsweats02
好きなものはどうしても衝動買いしてしまいますhappy01
フォンドメモリーズは1つだけが残っていました。苗の状態も見ずに買ってしまいました)

今回初めて買った(挑戦する)苗は残雪草、レプティネラスクウォリダとゲラニウムです。

Img_0086_2

Img_0077





Img_0078_2



最近は初めて見るような植物があって楽しみがありますねsign02
海外から入ってくるものもあるのでしょう?

今日は晴天でビオラクロッカスも嬉しそうですsun

Img_0083_2


Img_0089_2

【独り言】
主にTVですがスポーツ観戦が趣味の私にとっては今若い選手が大活躍するLIVE中継を観られるので楽しみが増えました。
卓球やバドミントンは世界の頂点を争うなど応援にも熱が入りますhappy01
テニスも全く歯が立たなかった世界トップ選手を打ち負かすほどのレベルになってきたしワールドツアーが楽しみですnotes

一方、プロ野球はいよいよ開幕といったところに歴史ある球団の賭博や公式戦での金銭授受などの不祥事。
士気を高めるための金銭授受との釈明ですが卓球やバドミントンなどで活躍した選手達のすがすがしい姿を見た後では開幕戦は楽しみではなくなりましたcoldsweats02

2016年3月14日 (月)

ブルーベリーの芽がふっくらと(ベランダガーデニング)

ブルーベリーの新芽がふっくらとしてきました。

Img_0060


Img_0061



昨年は遅くまで暖かかったのでなかなか紅葉せずに終わってしまいましたが新しい年が始まると早くからスタートを切っていました。

株に対して小さな鉢に入れているので可哀想なのですがその分植え替えを頻繁にするように心掛けていますdanger

Img_0068

特徴的な花を咲かせるので楽しみの一つになっています。
1株しかベランダにないので結実はあまり期待出来ないのですがそれでも花、実、葉の紅葉と1年中楽しめるのでベランダで楽しむには好都合な植物のではないでしょうかsign02

Img_0069


Img_0066

ハオルチアが花茎を伸ばしていました。

Img_0053


Img_0057



氷点下近くになると凍傷に遭って駄目になってしまうので(今シーズンも試しましたが先日の寒波でやられました)室内に入れて冬越ししていました。

Img_0062


Img_0063

多肉植物も寒さに強いものあり、弱いものありですね!

Img_0071


Img_0064

エケベリア十二の巻などは霜に当てなければベランダで冬を越せそうです(年に2,3回程度氷点下がある神戸でのことですが)

Img_0073

【独り言】

朝起きてリビングに来るといつもヒヨドリがベランダで待っている。まるで置物のようにじっとして動かない。
顔を洗って新聞に目を通している間も同じ格好で動かない。
40,50分間してからみかんをやるのですがそれまでは行儀よく待っています。
あっという間に食べるのですがその後も外を見張るようにしてその場所に留まっています。
決してベランダ床に下りてきたり花を食べたりしませんpass

 物干竿などにとまると追い払うことを繰り返して行儀よいときだけエサを与えていたらおとなしくなって3年前にやってきていた賢いヒヨドリのようになりました。
(複数でやってくるヒヨドリは追い払うようにしています)

繰り返して躾けていると学習するヒヨドリもいるものですnotes

夕方もじっとしてベランダから立ち去ろうとしませんdog

2016年3月13日 (日)

再会したいノウゼンカズラの花(ベランダガーデニング)

天気予報の「下り坂」にも拘わらず、眩しいほどの太陽光と青空に誘われて洗濯を始めたのですが洗濯が終わるころにカーテンを閉めるように雲が広がって太陽光を遮断してしまいましたcoldsweats02 あまりの速さにただ茫然です。

寒の戻りがありましたが着実に春が進んでいます。
ベランダガーデニングを始めたときに真っ先に選んだノウゼンカズラも節々から新芽を出してきましたbudノウゼンカズラの開花には灼熱の太陽光が必要なのでベランダでは難しいのですがそこは期待を込めて挑戦してみました)

Img_0049





Img_0044

昨年は枝先に太陽光を当ててやろうと軒先に出るように誘引を試みたのですが達成できずに花を見ることはできませんでしたshock

Img_0045

蔓がかなりの所まで届いているので今年に期待です。

Img_0047


Img_0048

白色のクロッカスも咲いてくれそうです。

Img_0039

Img_0040





傍の去年の夏から葉っぱを出して準備しているムスカリも羨望の眼差しで見つめているようですhappy01

Img_0042

そして一昨年挿し木したヴィオルナ系のクレマチスも昨年同様、新芽を出してくれました。

Img_0050


2016年3月12日 (土)

今年もいっぱい咲いてくれるかな?モッコウバラ(ベランダガーデニング)

今神戸の市街地を歩くとあちこちからイカナゴの釘煮を煮込む香ばしい香りがしてきます。
条件反射となって春だなぁと感じるときでもありますhappy01

大好きな花のひとつであるモッコウバラがもうじき咲いてくれそうですshine
いやいや満開となるのは4月下旬だからまだまだ時間がかかるのですね。
この待つ時間が楽しいものですnotes

Img_0030

背丈が30㎝もない小さな小さな苗を購入して大事に育てていたら今は幹の大きさは約2㎝、最も長い所まで8mを超えパーゴラの上方まで伸びてくれていっぱい花を咲かせてくれます。

Img_0028


Img_0029

モッコウバラが咲いてくれると日頃はあり得ないほどのテンションが上がります。
これも春真っ盛りとなりベランダが最も盛り上がるときだからでしょうねsign02

Img_0032

Img_0033

近づいてよく見ると小さな蕾を結構沢山付けています。
同じパーゴラに絡ませているクレマチスも蕾を付け始めているので今年もコラボが見られそうですhappy01

Img_0031


Img_0035

今日は晴れ間が広がってベランダの気温も上がってきました。
ホットリップスが開き宿根ブラキカムが土中から出した新芽を広げてきました。

Img_0037

Img_0036


Img_0038

2016年3月10日 (木)

山椒が芽吹きました(ベランダガーデニング)

ポカポカ陽気が続いていたので春近しと喜んでいたのですが急に冬に逆戻りですshock
折角土中から新芽を出したクレマチスが凍死しないかと気がかりですcoldsweats01

春苗を買いに行こうとワクワクしていたのですがこんなに寒いと傷むので少しの間様子見したほうがよさそうです。

枯れ木状態だった山椒の木の先端から小さな小さな新芽が出てきました。

Img_9990





Img_9973




木の状態があまりにもカサカサ状態で弱っているように見えたので3月に植え替えしようと思っていたところ元気な証拠を見せてくれたので一安心です。

Img_9966



毎回思うのですが冬の間、枯れたような状態になっているのでこの新芽を見るまでは気になって気になって仕方ありませんcoldsweats01

Img_9967


すぐ隣に置いている木苺は生長が速いはやい!
新芽を出したかと思っていたら大きな葉っぱ、蕾まで付けています。

Img_9969


Img_9965

あの木綿生地のような柔らかい感じの白い花がすぐにでも咲いてくれそうですhappy01

Img_9963


Img_9964

今日は市内中学校の卒業式、この地へ引っ越して卒業式の光景をよく見ましたが当初の頃巣立った卒業生は既に社会の中堅どころとなって活躍されているかと思うと不思議な感じがします。

Img_9977

昔は「仰げば尊し」でしんみりと送られたように記憶していますが、今はその時々の曲をブラスバンドが演奏して明るく卒業生を送るといった送り方も随分変わってきましたnotes
きっとこの時の曲は一生の思い出になることでしょうsign03

Img_9975

Img_9974

2016年3月 9日 (水)

ムスカリが蕾を覗かせました(ベランダガーデニング)

ここ2,3日で植物の動きが凄いのでムスカリの葉をかき分けて花茎が出ていないか確認したら期待に応えてくれて、小さな青白い蕾を付けて出していましたscissors

Img_9950


Img_9952

一斉に数個の蕾を出していましたhappy01
クリスマスローズが咲く頃にムスカリが蕾を出してバトンタッチする我が家のベランダの花の順序がこの頃分かるようになってきましたcoldsweats01

Img_9946



1年中連続して花が咲いてくれるようにメンバーを選出してほぼ出そろい、ベランダの1年間に繰り返されるサイクルが段々と分かるようになってきたので準備も以前と比べると楽になってきましたfoot

傍に植えているクロッカスも青色に続いて白(?)の蕾を現しました。

Img_9947

数年前から緑化計画を進めているベランダ奥の高所に誘引しているクレマチスもここ数日間の暖かさで虫が湧くように新芽が伸びました。

Img_9954

〈3月の作業〉
 ・今日、ビオラに害虫(アブラムシ)の防止としてオルトランを撒いておきました。
 ・バラに固形肥料を置きました。

Img_9953



 ・残る作業として木苺、山椒、ヘンリーツタ、オレガノディクタムナスの植え替え等があります

HPのDIY・ガーデニング雑貨のページを更新しましたpencil

Img_9959



主役の植物達をより良い環境にし、少しでも引き立つようにDIYや雑貨などを配置することで応援しています。

Img_1581_2

2016年3月 8日 (火)

気付きませんでした(ベランダガーデニング)

クレマチスの新芽が早く伸びないかと毎日観察していたのですが、なんと既に蕾まで付けているクレマチスがありました。

(ルビーグロー)

Img_9931


Img_9932

Img_9933

ベランダ出入り口に最も近くに鉢を置いているルビーグロー紫子丸などです。
あまりにも近くてつい見逃していました。

Img_9930



(紫子丸)

Img_9934

Img_9935


他のクレマチスも驚くほど生長しています。
グローリーは地中から芽を出すと一気に伸びて同じ鉢に植えて早くから新芽を出していた玉ゆらを抜いてしまいました。

Img_9936

HFヤングも今年は土中から大きな新芽を出してくれましたbud
この2,3日でクレマチスが見違えるほど生長しました。
やっぱり春がやってくると嬉しいですねhappy01

Img_9937

2016年3月 7日 (月)

ツルニチニチソウが咲きました(ベランダガーデニング)

薄紫色の爽やかな色・形をしたツルニチニチソウが開きました。
昨年よりは少し早く咲きました。

Img_9917


Img_9915

Img_9919






20年前から育てているツルニチニチソウですが我が家のベランダではなかなか花が咲かずに諦めかけた9年前にやっと花を咲かせて驚きました。

ベランダで初めて見たときは嬉しさのあまり中心部の忠実に実現された5角形の穴など全てを見つめたものです。

Img_9920

それ以来は毎年花を咲かせてくれるようになりました。一旦花を咲かせるとクセがつくのでしょうかsign02 あれだけ咲かせなかったのに。
ひとつ思い付くのは日当たりが悪いとやはり花付きは悪いようですdanger

Img_9928


Img_9922

今日もビオラは花盛りshine

Img_9927


Img_9925

Img_9923

Img_9926

Img_9929

【独り言】
毎日のように野鳥のジョウビダキが帰宅するのを確認しているのですが一昨日、昨日と確認できませんでしたeye
南風が強いのでどこか別の場所で寝ているのかそれとも最近夕暮れ時にヒヨドリがベランダで1時間も陣取っているから警戒して近づけない(そんな時は追い払っているのですが…)のかと心配になっているwobbly
ジョウビダキヒヨドリの縄張り争いもなかなか見ごたえがありますよ。
小さなジョウビダキもしっかり鳴いてエリアを主張します。横暴なヒヨドリはおかまいなしにその領域内に入ってくるのでジョウビダキは安全な場所に隠れます。
そんな時、私はジョウビダキを応援してやりますhappy01
 

昨年はいつ頃までここで寝とまりしていたかなと調べてみると3月上旬でした。
と、なるとここ2,3日ポカポカ陽気で暖かくなったのでジョウビダキは北の方へ移動して行ったのかもしれませんsign02

2016年3月 6日 (日)

3月のベランダ(ベランダガーデニング)

昨日は暦の上の「啓蟄」で冬ごもりしていた虫たちが動きだす時期らしい。
ポカポカ陽気でまさに人も虫も動きだすような暖かさでしたsun

Img_9905

厳しい寒さを乗り越えた植物たちもこれから一気に動き始めそうな暖かさです。
(今年は突然の寒波で枯れた植物もいくつかありましたcoldsweats02

Img_9904

モッコウバラクレマチスの新芽が伸びてパーゴラの景色を変えつつありますclover

Img_9908


Img_9909



冬の間に葉をもぎ取って蔓だけの状態で誘引をやり直したのですが、さあ計画通りの花付きになってくれるでしょうかsign02

Img_9906


Img_9907



ワクワクしますhappy01

Img_9910

つるバラもしっかり葉を形成してきました。

Img_9898

Img_9899





Img_9912

その時々のベランダ風景を顧みて自分のガーデニング感性をチェックしています。
歳と共に変わる好みも分かってどこでそんなふうになったのか笑ってしまうこともありますcoldsweats01

Img_9911

ビオラの甘い香りが春風に漂うようになってきました。

Img_9901


Img_9902

2016年3月 4日 (金)

今年も姫路・綾部梅林へ(ベランダガーデニング)

今年も梅の花を見に姫路・綾部梅林へ行ってみましたrvcar

Img_9842

Img_9862






車で約1時間半で行ける姫路郊外の梅林です。

Img_9887


Img_9865

Img_9880_2


昨年梅の木を襲ったウィルスの影響でしょうかかなりの梅の大木が切られていましたcoldsweats02
伝染を防ぐために早めの対策を講じられたのでしょうねsign02

Img_9864

瀬戸内海に浮かぶ家島もはるかかなたに見られましたeye

Img_9856

それでもかなりの梅の花を見ることが出来、春の到来を肌で感じることができました。

メジロも沢山いて梅の花を美味しそうについばんでいました。

Img_9868

Img_9867

Img_9894

その他の写真。

Img_9846Img_9850Img_9860Img_9873Img_9874Img_9884














2016年3月 3日 (木)

オリビアが咲きそう(ベランダガーデニング)

今朝は比較的暖かいせいかクロッカスが開きました。
植物は気温や明りに敏感ですね、寒いとじっと縮こまっていますが日光が当たって気温が上がると開きます。

Img_9800_2


Img_9798





秋に咲いたオリビアが蕾を沢山付けて再び咲いてくれそうです。

Img_9793_2





Img_9794_2





寒さに負けずに緑葉をずっと付けて元気な証を見せ続けてくれたので安心していましたhappy01

秋以上に花が咲いてくれそうな雰囲気なので楽しみいっぱいですnotes

Img_9790_2


クリスマスローズも満開となって春を演出してくれます。

Img_9795


2016年3月 2日 (水)

冬の様子をHPに(ベランダガーデニング)

奈良・東大寺のお水取りも始まり春到来といった感じがします。

冬が終わるということで12月から2月のベランダの様子をHPにまとめましたpencil

Verandahigasi271jpg



今回は早めにまとめるぞと気合が入りました。
これもこれからガーデニングが始まるといったはやる気持ちの表れかもしれませんcoldsweats01
(ガーデニングシーズンが終わるときはどうしても気持ちが入りませんcoldsweats02

春の陽射しを浴びてクロッカスが開きそうですshine

Img_9787


ミニバラも芽吹いて新葉を形成してきましたbud

Img_9789

2016年3月 1日 (火)

ツルニチニチソウの蕾を見つけました!(ベランダガーデニング)

今日から3月、ガーデナーはワクワク気分になるのではないでしょうかsign02
私も春苗が欲しくて欲しくてたまりませんhappy01

冬の間、古くなった寄せ植え鉢に新しいメンバーを追加してみたくていろいろと検討したので早く実際に植えてみたいですpencil

ツルニチニチソウの蕾を見つけましたeye

Img_9771



爽やかな薄紫色ですがこの時期に見ると肌寒く感じますshock

Img_9773



春の到来を知らせる黄色、その次は梅や桜のピンクそしてブルーの花と続くのですがベランダではサクラソウがちょっと褪せた色になってしまいました。

Img_9769


Img_9768

今年はサクラソウのピンクがちょっと春をイメージ出来ないのでクリスマスローズが代わって頑張ってくれていますnote

Img_9775

春らしい色ですねsign02

Img_9777

春の色は黄色、ピンク色から新鮮なブルーのクロッカスとツルニチニチソウにバトンタッチです。

Img_9774

Img_9772

昨年は3月下旬に咲きましたが今年は少し早く咲いてくれそうですgood

 

一昨年我が家にやってきていたヒヨドリでしょうかsign02
なかなか行儀のいい鳥ですpass
バードフィーダーのところでじっとエサを待っています。
朝と夕方にミカンをやります(単独でやってきたときだけエサをやることにしています)

Img_9765

行儀の悪いヒヨドリは花を食いちぎったりイチゴを食べたりと荒らしてしまいます。特に、複数でやってくる鳥には要注意ですdanger

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »