« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

2月も終わり(ベランダガーデニング)

今日で2月も終わり明日から3月ですcherryblossom

Img_9755

Img_9757



2月が終わると寒さからやっと脱出できると気持ち的にも活動的になれますrun
空気の香りも違います。
住宅街を歩いているとどこからか沈丁花の香りがしてきましたnote

ベランダではスノードロップの花が終わりかけたらクロッカスが咲き始めてくれそうです。
1年を通して何か花があると生活にハリがあって助かりますnotes

Img_9750


Img_9749


Img_9761

スノードロップの凛と咲く姿に会えるのもまた1年かかる訳ですねcoldsweats02

Img_9751





クリスマスローズも3月の花ですね!

Img_9753

下向きに咲くのでかがみこんで顔を覗いてやります。


Img_9754

Img_9758

2016年2月28日 (日)

春の色(ベランダガーデニング)

ベランダが徐々に春らしい景観になってきました。

春を思わせる色の黄色は暖冬の影響で普段よりも早く現われてきました。
真冬時に春と勘違いして咲いたオキザリスはその後の寒波に遭って重傷を負って未だ癒えていませんが精一杯頑張っています。

Img_9743


Img_9738

ビオラは寒さ大好きで今はのびのびと生育旺盛ですup

Img_9742


Img_9735


Img_9744

Img_9748

旧枝咲きのクレマチスは節々から新芽を出して虫が飛んでいるような景観を創り出しています。

Img_9733


Img_9739


Img_9740

新枝咲き品種も殆どのクレマチスが地中から新芽の顔を出してほっとさせてくれました。
最も遅かったコンパクトクレマチス、シャンテリーの新芽を今朝見つけましたeye

Img_9747


春の日差しは柔らかくて植物に優しく喜んでいるように見えます。

Img_9741


Img_9736

Img_9731





クリスマスローズが全部開いたので(と、言っても今年は3個だけ?coldsweats01)しばらくの間、楽しめそうですnotes

Img_9737

冬前に室内に取り込んだ植物達もそろそろ外気に当たりたがっているようです。
シュガーバインは好みの環境なのか緑葉を沢山付けました。

Img_9730

今シーズンはエアプランツがベランダで冬越しできないか試しています。
乾燥気味にしたままにしていると寒さにも耐えているようですgood

Img_9732

2016年2月27日 (土)

やっとクロッカスの蕾が(ベランダガーデニング)

冷たいけれども春の匂いがする今朝の空気ですcherryblossom

クロッカスがやっと花の色が分かる蕾を覗かせましたnote
クロッカスの蕾は細長く薄い皮で包まれているのでどのような状態か分からず突然開くのでビックリしますhappy01

Img_9644


色がハッキリしない球根を(お楽しみ)買ったので私の好きな紫色が入っているかどうか気になりましたが最初にその色だったので一安心。


Img_9645

Img_9647


クロッカスは日当たりがよく気温が上がらないと開かないので午前中日が当たるベランダ西側に置いているプランターに植えています(試しに東側の日陰場所にも3球ほど植えてみましたcoldsweats01

Img_9650

スノードロップがいよいよ花期を終えそうです。

Img_9646

セミダブルのクリスマスローズの花の正面がよく見えるようになりました。
ガクの中の花びらもしっかり確認できますeye

Img_9648

Img_9649

2016年2月25日 (木)

耐寒性のあるイベリス(ベランダガーデニング)

昨年秋から初めて挑戦しているイベリスです。

Img_9576

耐寒性があると説明書にあるのでベランダに出したまま冬を越させようとしていますが確かに寒さには強いようですpig
緑葉を付けたまま全く弱ることなく健康を維持しています。
花後に花がらを摘み取って体力の消耗を防いだのがよかったかもしれませんsign02

Img_9579


Img_9580

日当たりのよい場所にハンギングして肥料も少なめにして乾燥気味に育てています。

今日小さな蕾を見つけましたeye

Img_9577

これからの課題は夏の高温多湿に耐えられるかどうかです。

Img_9578

2016年2月24日 (水)

冬に逆戻り!?(ベランダガーデニング)

今日は冬へ逆戻りしたような寒い日になりました。
折角春に近づいているような感じになってきていたので余計に寒く感じますshock

それでもベランダに出て新発見があると寒さも少しはまぎれますnote
今朝もヴィオルナ系のクレマチスが地中から新たに芽をだしていました。

Img_9570


Img_9571_2



前から出している芽と合わせると2,3個になり嬉しさも倍増ですup
(一旦芽を出していたものも、氷点下になりそうなときに傷まないように土を被せてやったのが再び顔を覗かせたものもあります)

クレマチス「紫子丸」も蔓が絡んだユーカリの中で新芽をニョキニョキ伸ばしています。

Img_9572

クリスマスローズも2輪咲きとなりましたnotes
クリスマスローズは花びら(正確は”ガク”らしい)のグラデーションも独特で落ち着いた花ですね!

Img_9569



下向きに咲く控えめなところも気に入ってますhappy01

Img_9563


写真を撮るのにゴソゴソしていると手が手前の矮性ローズマリーに当たって独特な香りが漂ってきました。  新鮮でいいですね。

Img_9567

独り言】
3日前に野鳥「ジョウビダキ」ヒヨドリと鉢合わせになってから翌日は帰宅を確認できず心配になり、、昨日は外出していたので不明でどうしているかなと気がかりでしたが今夕帰ってくるのを確認出来てほっとしましたcoldsweats01
折角冬の宿として我が家のベランダを選んでくれたのに安全が確保できず別の場所でも探し求めて何処かへ行ってしまってもう会えないかなと思っていましたcoldsweats02

3年もやってきてくれると家族の一員になったような気になります。

2016年2月23日 (火)

ベランダを明るくしてくれるガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

冬の寂しいベランダに明かりを灯すように咲いてくれるガーデンシクラメンflair

Img_9468


Img_9470

寒さにも強くて鮮やかな花を咲かせてくれるので冬には欠かせない花のひとつになっていますhappy01

Img_9472


Img_9474

管理も霜に当てず水キレさせない程度と簡単なので助かります。

寄せ植えも楽しんでいるのですがそちらはまだ花が咲いてくれるには時間がかかりそうです。

Img_9471


Img_9476

単体でポットに入れて楽しんでいるガーデンシクラメンは沢山の花を既に咲かせてくれましたがまだまだ頑張ってくれています。

Img_9475

この花を見ていると寒さを少し忘れさせてくれますspa
ビオラと共に冬のベランダを明るく、温かくしてくれます。

Img_9469

2016年2月22日 (月)

2月下旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

冬の花ビオラが満開になってきましたshine

Img_9455


Img_9457



全ての株が花を沢山咲かせてくれました(一部は折角咲いたのにヒヨドリに食べられてしまいます。黄色の花が美味しいようですsign02

Img_9459

Img_9464


Img_9463

花がら摘みも忙しくなってきました(長い期間楽しむには花がら摘みや水遣り・肥料などの管理が大切なようですdanger
切り戻しを繰り返してコンパクトにしたので葉っぱの中で咲こうとしている蕾は手助けしてやっています。
通常は風に揺られて解かれるのですが最近は強風がないので人工的に手助けですhappy01

Img_9449


Img_9450

フリル咲きビオラ「ミルフル」は豪華咲きで気に入っています。他の種苗メーカーでも同じような種類のビラがあるので挑戦してみたいのですが園芸店で見かけないのでこの「ミルフル」を毎年楽しんでいます。

Img_9433Img_9434Img_9435Img_9436Img_9438Img_9439Img_9440Img_9441Img_9437





Img_9465














ちょっと高価ですがその分豪華だから目的に合わせて寄せ植え、ディスプレイに使って楽しんでいますnotes

Img_9443


Img_9447

日ごとに豪華になってくれるフリル咲きビオラ「ミルフル」です。
まとまって咲いてくれる姿が気に入ってますgood

Img_9461

【独り言】
どうしてるのかなsign01
昨日野鳥ジョウビダキヒヨドリと鉢合わせして気になって夕方戻ってくるのを待っていましたが姿を確認することが出来ませんでしたshock
かなり長い時間ヒヨドリとにらめっこしていたのでいろいろと考えたでしょうねcoldsweats02
危険を感じたので別の所を探したのでしょうかsign02
明日も観察してみることにします。
今夜はどうしているかな?心配です。

2016年2月21日 (日)

クリスマスローズが開きました(ベランダガーデニング)

昨日は春の嵐がやってくるというのに出掛けてきましたgolf
それほど荒れることなく十分楽しんできました。やはり運動することは身体にいいですねhappy01

今朝は晴れsun
雨が降った後の晴れは空気も新鮮、視界も広がって気持ちいいですねnotes

そろそろガーデニングを楽しむにはいい季節になってきました。

Img_9428



春苗はなにがいいかいろいろと計画していますpencil
その前に植え替え作業が待っていますwobbly
ベリー類と山椒です。
この作業が終われば後は植物達が次々と開花する姿を見られますeye

クリスマスローズが開いてくれましたnote

Img_9416




今か今かと待っている期間の長いこと!
開いてくれるとほっとしますね。

Img_9417

クリスマスローズは交配を繰り返していろんな種類があり、どれも欲しくなりますが一旦自分好みのものを選択すると愛着がわいてきます。

Img_9420


Img_9422

Img_9423

Img_9413



スノードロップがそろそろ花期を終えるようになりました。
今年はかなり集団で咲いてくれたので目標の半分ほど達成です。

Img_9429

Img_9432






早目に花茎を元から切って球根に栄養分を蓄えてやりますup
また、来期に期待ですnote

Img_9430

独り言】
今日は心配していたことが起こりましたthink
野鳥のジョウビダキヒヨドリの鉢合わせです。
早目の5時過ぎにジョウビダキがベランダに帰ってきたときにヒヨドリも居座っていました。
ヒヨドリは悪戯をしないときには追い払われないことを覚えると人影を見てもベランダでじっとしています。
ジョウビダキも他の鳥がいるとなかなか巣(寄せ植え鉢)には入りません。
それどころか小さい体ながら羽を広げて威嚇しているようです。
結局30分近くにらみ合いが続き薄暗くなってくるとヒヨドリが退散しました。

やれやれです。
その後、ジョウビダキはいつものように周りを警戒、確認したのち巣に入っていきました。

2016年2月19日 (金)

HP更新(ベランダガーデニング)

Img_7657

2015年秋の様子をHP更新しましたpencil
サイト管理会社が変更になってから記事の文字がおかしくなって不細工な体裁になっていますが何とか継続できているHPです。

Img_9404

記録を残すことでベランダガーデニングの作業がより効率的になるのでずっと続けようと思っています。

Img_9405

毎日昼間に数回やってくるヒヨドリです。
昨年に続き、今年もちょっと行儀の悪い2羽ですが少しずつマナーを覚えてくれることに期待です(一昨年はとっても利口なヒヨドリで感心させられてのですが…)

夕方にジョウビダキが戻ってくるので鉢合わせしないかドキドキしながら帰宅を待っています。

Img_9412

2016年2月18日 (木)

クリスマスローズがもうすぐ咲きそう?(ベランダガーデニング)

冬のベランダは寂しく、変化に乏しいのですが2月も後半になってくると植物達が一斉に活動を始めるので驚かされることがありますeye

Img_9409

今朝もクレマチスの新芽がにょきっと大きくなっているのを発見しました。
頭を覗かせてからは殆ど変化がなかったのですがここ数日でググッと大きくなって伸びていましたup

Img_9410

クリスマスローズも蕾を付けてから外観は殆ど変化がありませんでしたがシベなど中身が充実したのか蕾が弾けそうな雰囲気になってきましたbomb

Img_9408


Img_9400


Img_9401

昨年はいつ開花したのか調べてみましたpencil
もう1週間先の26日でした。もう少し待たされるのでしょうかsign02
楽しみなことを待つのは時間がかかりますよねhappy01

Img_9399

Img_9406

段々と春の光景が見られるようになってきましたcherryblossom

Img_9397


Img_9402

Img_9403

2016年2月17日 (水)

バラが芽吹き始めました(ベランダガーデニング)

今朝食事をしているとベランダにメジロが2羽やってきました。
いつもはヒヨドリがやってきて人の食事を覗きこみながらエサを要求しますが、今日は特別に可愛らしいメジロがきてくれたのでいいことがありそうな気がしますpresent
(*ジョウビダキは毎夕帰ってきてくれています)

昨年12月に植え替えしたつるバラ、モッコウバラ、ミニバラが芽吹き始めたようですsign02

Img_9393


Img_9388_2



モッコウバラは日が当たる箇所は次々と芽吹きましたbud

Img_9383_3





Img_9384


老体ミニバラは今年も頑張ってくれそうです。凄く元気をもらえますrun

Img_9392


Img_9390






新しい用土になったので喜んでいるように見えますnotes

新芽に勢いがありますup
つるバラの蔓は赤銅色になって健康そのものですhorse

Img_9386

クレマチスも枯れ葉を取り除いてみると大きな新芽を節々に付けていました。

Img_9381


Img_9394


Img_9396

まだまだ寒さが続きますが新芽を探しながら春を待つ楽しみがありますnotes

Img_9387

Img_9389

2016年2月15日 (月)

木苺が芽吹きました(ベランダガーデニング)

今朝は家中の窓ガラスが真っ白に結露!
外が全く見えずに狭い空間に閉じ込められた閉塞感で圧迫されましたcoldsweats02
冬に逆戻りですねsign01 

こんなに寒くてはベランダに出て作業するわけにはいきませんが、暖かい日が続いたので変化がなかったか気掛かりですeye

寒くても早くから春の準備をしてくれる植物のひとつに木苺があります。
ついこの間まで昨年の葉っぱを付けていたのですが落葉するなり新芽を膨らませ、そしてすぐに芽吹いてきましたbud

Img_9326


Img_9327



何か虫が動いているようにも見える感じです。

Img_9328

Img_9329

3月になれば植え替えしようと予定しています。
栄養分タップリの土を準備してやるときっと結実してくれるでしょうsign02

Img_9331


隣の山椒木苺につられて新芽を膨らませ始めました。

Img_9332

確実に春が近づいていますねcherryblossom
ブルーベリーも日毎に蕾を大きくしてきましたnote

Img_9333


Img_9334

2016年2月14日 (日)

冬も楽しませてくれるグレゴマ(ベランダガーデニング)

昨夜は「春の嵐」が吹き荒れましたtyphoon
朝方に予めベランダをチェックしていたので倒れたり落下するものはありませんでしたが、枯れ葉・枝が床面に落ちていて嵐の凄さを物語っていましたshock

鉢受け皿に溜まった水を除いたり、床面を清掃して植物達の復活を待ちますsandclock
(明日からまた冷え込んで凍結する恐れがあるので鉢内の水をできるだけ排水しておいた方がいいようです)

冬のベランダに緑を添えようとグレゴマの小さなビニルポット苗を買ってベランダの片隅においていたら逃げ回るようにプランターボックスの縁を伝うように伸びていました。

Img_9321


Img_9320

冬の時期は緑葉を楽しめるのは勿論、斑入りの白の部分が薄い紫色に変わるので楽しみも増えます。

Img_9319

今日も雨雫に濡れたスノードロップはしっかり開いてくれましたshine

Img_9317


Img_9318


クロッカスがかなり大きくなってきましたよup

Img_9323


ビオラが日光を浴びて復活!復活!

Img_9322

冬の景色を演出してくれる白い花のアリッサム、小さな蜂が蜜を集めに毎日のようにやってきます。

Img_9324

グレゴマ同様、蔓を伸ばすシュガーバインはこの時期生育旺盛でリビングのテーブルの上で思いっきり広がっています。

Img_9325

2016年2月13日 (土)

春が待ち遠しい(ベランダガーデニング)

今朝は春の匂いがする生暖かい朝でした。
明後日から冬に逆戻りの予報が出ていますがこうやって段々と春が近づいてくるのでしょうねsign02

今夜は春の嵐が吹き荒れるとのことなのでベランダをチェックしておきましたpencil

宿根ブラキカムが春の新芽を出しましたbud
先日オリーブを植え替えしたときにブラキカムの株を傷めたかなとちょっと心配になりましたがどうやら大丈夫だったようですok

Img_9311


クリスマスローズはもう少し待てば開花しそう……

Img_9312


オキザリスも寒波に遭って大変でしたが復活してきましたup
黄色の花は周りが明るくなって春に相応しいですね。

Img_9309


Img_9310

2016年2月12日 (金)

楽しみなことが…(ベランダガーデニング)

この時期になるとワクワクしてくることがありますnote
大好きなクレマチスが地中から新芽を出し始めるからです。

Img_9295


Img_9296

今シーズンは既にヴィオルナ系の2,3品種が新芽を出していますが更ににょきっと伸ばすから毎日のように覗いています。

Img_9292


Img_9293


今日は南から生暖かい風が吹き込んでいました。
予報されていた春一番でしょうかsign02
明日、明後日は「春の嵐」の予報ですtyphoon
”春風のいたずら”くらいなら歓迎ですが嵐はいやですねcoldsweats02

モッコウバラに蕾が付いていましたeye
まだ新芽を付け始めてばかりというのに一か所だけ蕾のようなものが膨らんでいました。

Img_9291_2

Img_9297





暖冬だった影響でしょうかsign02

今日もスノードロップが咲き続けてくれています。

Img_9301


Img_9298

留守をしている間にヒヨドリビオラの黄色を沢山食べていました。
相当美味しかったのでしょうか10数個の花を食いちぎっていましたshock

Img_9304

Img_9305


日が延びたせいで野鳥のジョウビダキの帰宅が遅くなってきました。
年末までは5時前後でしたが今は5時45分くらいにならないと日が暮れないのでジョウビダキもそれまで一生懸命活動しているようです。

薄暗くなってくると無事に帰ってくるかどうか気が気ではありませんが元気な姿を見るとほっとします。

Img_9306

2016年2月11日 (木)

もう春一番が?(ベランダガーデニング)

久しぶりに広い大地で運動してきましたgolf
整備されたグリーンを独占してプレイできるなんて気持ちいいですねhappy01
冬はスキーが定番で続けてきたのですが今年は雪不足ということで計画もせずタイヤ交換もしないままになっているので運動はもっぱらゴルフです。

Img_9277

下手は下手なりに目標を掲げて頑張れるスポーツではないでしょうか。
松山英樹選手が優勝した中継をじっくりと見ていたのでイメージを描きながら自分なりに集中することを大事にプレイしを試みましたが見事にすぐに崩れましたcoldsweats01
平日というのに超満員でビックリしましたsign01  寒くてもみんな頑張っているのですねrun

春一番が吹くかもしれないとの予報が出ていますが、そのとおり春がやってきそうな穏やかな天気ですsun

青空を背景にいろいろと撮ってみたくなるほどですshine

Img_9283

Img_9282


Img_9284

青空は気持ちいいですね。

Img_9274





グラデーションのかかる葉はいいですねsign01
我が家では主にゼラニウムで年間を通してグラデーションの葉を楽しめるのですが今シーズンは先程の寒波でかなり傷んでしまったので今はペラルゴニウム・シドイデスくらいでしょうかsign02

Img_9273


Img_9276

そのペラルゴニウム・シドイデスも新しい緑葉を揃えてまだ先の初夏に向けて準備中です。

Img_9276_2

確定申告した還付金で何の雑貨を買おうかと物色中ですeye
最近雑貨屋では戸建て住宅の庭に飾られるような大型の雑貨が多く、ベランダに合ったサイズが減ってきたようでなかなか手に入れることができませんcoldsweats02

Img_9287


Img_9288

今日は先日の寒波で地上部が枯れてしまったラベンダーを刈り取りました。
0℃以下になってしまったので生存が微妙ですがそこは前向きに考えて春になるまでこのまま様子見してみます(水キレだけ注意して)
これまでは寒さに強く、夏の高温多湿の夏越しに注意が必要でしたがこれからは氷点下にも注意ですねdanger

Img_9279

2016年2月 9日 (火)

2月中旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

数日間おとなしくしていたら風邪(インフルエンザだったかも?)も治りましたnote
今朝は気温も低く突風があったので用心して昼前に水遣りしました。

エサが無くなったのかヒヨドリがベランダにやってくるようになり、黄色が目に付くのか黄色のビオラの花を食いちぎってしまいますshock
大した被害にはなっていないのでそっとしておいてやります(集団でやってくるようになると早目に追い払った方がいいようです)

今シーズンのフリル咲きビオラ「ミルフル」は開花が少し遅れてしまいましたがやっと全ての株が花を咲かせてくれました。

Img_9227


Img_9234


過去の様子と比較しながらベランダの進展をチェック&フォローしていますeye

Img_9229


Img_9232


Img_9248Img_9249Img_9251Img_9252


Img_9255


Img_9256


Img_9257


Img_9258

ベランダの植物はほぼ同じメンバーが揃っているので変わり映えがしませんが好きな植物達の四季折々の様子を楽しめるのはこの上ありませんnotes

今回は意識して黄色を増やしてみたのですが、実際はそれほどではないような気がしますcoldsweats01

Img_9245

勿論、ノーブランドのビオラも可愛く咲いてサポートしてくれていますshine

Img_9268


Img_9269

Img_9259Img_9260Img_9261Img_9265


Img_9264



Img_9263



Img_9262_2






Img_9271








Img_9270


2016年2月 8日 (月)

冬越し中のアメリカンブルー(ベランダガーデニング)

氷点下近くまで冷え込むときには室内に取り込む方法で冬越ししているアメリカンブルーです。

Img_9214



この方法だと大概大丈夫なのでしょうが室内スペーの制限や数が多いと大変なことからアメリカンブルーに限っての冬越し法ですhappy01

この株も5年継続して育てているので木質化してきました。
通常は柔らかい茎なのですが短く刈り込んだ茎は突き刺さるほど硬くて危険なほどです。

Img_9216


葉の色も今は黄緑色をしていますが活動を開始する春には濃くなってきます。

晴れの日は日光にタップリ当てています。

Img_9215

隣の鉢のクリスマスローズはしっかりと日光に当たり葉の陰で蕾を大きくして開花の準備も万端です。

Img_9217

Img_9219


Img_9218

スノードロップがいい感じに咲いてくれましたshine

Img_9222


Img_9223

Img_9220


Img_9221




そしてクレマチスの新芽があちこちで顔を出しましたbud

Img_9224_2

ミニバラがほぼ開きました。
やはり買ってきたときに咲いていたカップ咲きのミニバラとは品種が違うようです。

Img_9213

【独り言】
また米男子ツアーで松山英樹選手がやってくれましたねgolf
朝起きてTVをつけてみると松山選手らの最終組が16番ホールを終えたところでした。
首位と2打差の2位をキープしていました(首位は昨日までのリーとは変わってランキング4位のリッキー・ファウラーでした)
残り2ホールで2打差は難しいかなと思うものの期待していたところ首位のファウラーがPar4をONE ON狙ったものが何とグリーンを超えて池に入ってしまったのです(普通はうまくいって届くかどうかなのにはるか向こうまでいってしまったのです)
松山選手はこのホールをバーディーとして追いつきました。
終盤になって追いついたのです。

プレーオフになってからは松山選手に勝利のチャンスがあったのですが決めきらずファウラーがさらっていくのかと思ったのですが松山選手も粘り強く、4ホール目でとうとう勝利の女神がやってきました。

世界で日本選手が活躍するのでスポーツ観戦が趣味な私は楽しみが増えました。
スキージャンプ女子の高梨沙羅選手は敵なしの断トツ状態でおもしろみがなくなるとのことでルール変更の動きもあるほどです。凄いですねsign03

2016年2月 7日 (日)

ベルフラワーの冬の過ごし方(ベランダガーデニング)

風邪をひいて身体がだるいcoldsweats02
しかし、水遣りを待っている植物もあるのでベランダの掃除は後回しにして水遣りだけしておきました。
昨日から額に冷えピタを貼って過ごしていますcoldsweats01

ベルフラワーは園芸店では室内に陳列されていることが多く、てっきり寒さに弱い植物だと思っていました。
育て始めて耐寒性のあることが分かりました。寒さにはかなり強いようですpig
室内に置いて販売されているのは雨・風に当たると花が溶けたようになったり細い茎が絡まったりするからのようですね(商品価値を下げない為の対応でしょうねsign02

Img_9209

冬の過ごし方としては特別なことはやっていないのですがもう10年以上も生き続けています。雑草のように強い植物です。
冬の間は少し乾燥気味に育てています。

Img_9210

1年中同じ場所に置いているのですがここがベルフラワーにとってベストポジションなのでしょうねclover
夏は午前中日が当たり、冬は寒風が遮られているので丁度いいのでしょうね?

Img_9212

ミニバラが段々と開いてきました。

Img_9206


スノードロップは気温が上がると外側の花びらをしっかりと開いてくれて独特な姿を披露してくれます。

Img_9207

今の楽しみはスノードロップがいつまで咲き続けてくれるかです。


Img_9208

2016年2月 6日 (土)

スノードロップが群生?(べランダガーデニング)

スノードロップがまとまって咲いてくれましたshine
理想としていた群生ですsign02

Img_9194

目標としている”群生”にはまだまだ遠いのですが30%くらいまで達成でしょうか?
と、言うのは昨年秋に新しい球根を足したのが数個咲いたので群生とまでは言えないですねcoldsweats01

Img_9195

自然に繰り返し咲いてくれるのが理想ですup
実現に向けて活動中の今、顆粒の追肥をやって球根に栄養を与えています。
しっかり養分を吸収して球根を大きくして来期に備えます。
(鉢栽培ではどうしても栄養不足になりがちなので管理がポイントかもしれないですねsign02

Img_9204

2016年2月 5日 (金)

違うタイプかな?ミニバラ(ベランダガーデニング)

週末は午前中は大掃除で時間を費やしてしまいます(普段も掃除しているんですよcoldsweats01
掃除を終えた後は室内の空気も新鮮に感じられリフレッシュできますshine

そのあとにベランダに出るのですがこれまた新鮮です。
ビオラの香りがプーンと春の訪れを感じさせてくれますhappy01

年末に新しく買ってきたミニバラはピンクのカップ咲きが咲いていたのですがそれらの花が終わって次に蕾を付けた花は濃い赤でどうも高芯咲きのようですeye

Img_9191


Img_9180


小さなポットに5本もあるのでそれぞれ違った品種が植えられていたのでしょうかsign02
未だ蕾の状態なのでこれからどのように進展するかは分かりませんがミニバラには違いないでしょうから楽しみですup

Img_9182

Img_9199




Img_9181


今日までは穏やかな天気で明日の夜からまた冷え込むとの天気予報ですsnow

Img_9200




植物達もほんわかしているように見えます。
宿根ネメシアは野生の姿でナチュラル感があって気に入っていますconfident

Img_9183


ベランダで最後に咲き始めた(植え付けが最後だったので)フリル咲きビオラ「ミルフル」です。

Img_9192


他の仲間から約1ヶ月遅れたでしょうかsign02
これから次々と花を咲かせて楽しませてくれるかと思うと嬉しいですね!

Img_9193

Img_9197


Img_9198

【独り言】
今年は運よく、年賀はがきの”お年玉”で切手シートが5枚当たりましたsign01
1等賞の10万円が当たれば最高なのですがそれは夢の夢ですねsign02

Img_9201


ハガキが5円、7円の時代もありましたねshock

Img_9203

2016年2月 4日 (木)

アズーロコンパクトを剪定(ベランダガーデニング)

確定申告してきましたhappy01
以前はかなりの部分を税務署職員(税理士の方?)の方がさっさとインプット作業をされて待ち時間も短かかったのですが今回はちょっと様子が違いました。
職員の方も「初めてやります」とか「来年からはかなりの部分を申告者に作業していただきます」と…実際これまで10分程度で済んでいたものが30分もかかっていましたshock

面倒ですが私のガーデニングに使う貴重な資金だから申告しなくてはなりません。
ガーデニングを楽しむことができますnotes

今日は穏やかな天気なのでアズーロコンパクトを剪定してみました。

Img_9169



花が咲いたまま冬越ししていたアズーロコンパクトですが先日の強力な寒波で先端部分が枯れてしまって醜い姿になったので刈り込んで新しい芽だしに期待するものです。

これまでは花が咲いたまま冬を越して(冷蔵保存状態)春、夏と咲いてくれていたので今回のような作業をするのは初めてですhairsalon

Img_9178

元々アズーロコンパクトは1年草なので春、夏の開花シーズンを終えれば枯れていく植物なので翌シーズンに新しく苗を買って楽しむブランド苗なのですがしっかりと生育した苗で環境が整えば冬を越すようですgood
シーズン期間にうまく剪定すると2度楽しめることがありますnotes

Img_9179


確定申告した還付金(僅かですがcoldsweats01)で何を買おうかウキウキしているせいか(大概日頃買えない雑貨になります)ベランダの植物達も喜んでいるように見えますnotes

Img_9173

ビオラはやっと全ての株が花を咲かせましたshine

Img_9174

これからは緑葉を隠すように花が咲き乱れてくれます(その筈ですが…)

Img_9175


体感温度も上がってきますup

Img_9170


アズーロコンパクトも花数が増えてきました。

Img_9176


花だけでなく、ミントブッシュやオレガノディクタムナスなども季節折々の姿で楽しませてくれますnote

Img_9172


Img_9171

2016年2月 2日 (火)

新しいミニバラ(ベランダガーデニング)

12月に衝動買いしたミニバラが新しく花を咲かせようとしています。

Img_9141

Img_9126



買ったときには既に3個の花が開いていてその花をずっと楽しんでいたのですが最近花びらが散ってしまいましたdown

Img_9130


Img_9134

交代するかのように今日新しく蕾が弾けるようになっていました。
たった一つの花ですが嬉しくなりますnote
先日一回り大きなポットに植え替えたので少しは養分を蓄えたのでしょうかsign02
何となく力強い花に見えてきます。

Img_9128


日が当たって矮性ローズマリーも喜んでいるようですnotes
オリーブと一緒に昨年末植え替えたのですがしっかりと根付いてくれているようです。
一安心です。

Img_9131

スノードロップの2番花、3番花が咲いてくれました。
先日の寒波の影響でしょうか、外側の花びらに段が付いていますeye

Img_9139

傍で咲いている1番花とはまるで違った姿です。

Img_9140


Img_9144

2番花は仲間から離れた別のプランターでこれまたちょっと性格が違うような姿で咲いています。

Img_9138



2016年2月 1日 (月)

もう2月(ベランダガーデニング)

ちょっと前に正月、初詣したかと思えばもう2月、新年も1か月が過ぎてしまいましたbullettrain
1年で最も寒い時期です。先日のような寒波はコリゴリですねshock
水分を葉や茎にタップリ蓄える植物はかなりダメージを負ってしまいましたdown
0℃近辺では大丈夫であっても氷点下4℃くらいになってしまうと耐えられない植物がかなりありますね。水の氷点と関係しているのでしょうsign02
まるで金属の低温脆性と同じように急激な変化を起こすようです。

寒波がやってくる前に暖冬とかで早くからオキザリスが咲いたのですが不運にも寒波に遭って醜い姿に変わってしまいました。
やはり異常気象に狂わされず本来咲くときに咲いて欲しいですね。
いや、いや従順なオキザリスが気象に騙されたのですねhappy01
それでも自然の姿をベランダで見られたような気分になれたので満足ですclover

Img_9122

もう1ヶ月もすると植物界では春ですね!
サクラソウがピンク色の花を咲かせて春を演出してくれます。

Img_9116


Img_9117



ピンク色=春のイメージが身体に染みついているのでこれから周りの空気が生暖かくなるものと勝手にそんな気分になりますcherryblossom

Img_9118


Img_9119

Img_9121

凍傷に遭った箇所を取り除いて次の花に期待しています。

Img_9123


Img_9124


Img_9125

毎日夕方5時になると気になって炬燵から出てベランダを見張るのが日課になっていますeye
野鳥「ジョウビダキ」が日没前に戻ってくるのです。
大概決まった時間±10分の範囲内で帰ってくるのですがたまに薄暗くなってから帰ってくることもあります。こんなときは何かに襲われたのではないかと心配で心配で…
昨日も日暮れ前の5時半に戻ってきましたhappy01

ジョウビダキと過ごせるのも1年で3か月です。
あと一月の野鳥との共生を楽しみますnotes

Img_9115_2

このジョウビダキも今月末になると北の方に移動するようです。
一昨年、昨年はそうでした。
もう1ヶ月の間、無事にここで過ごして帰って欲しいです。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »