« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

大晦日(ベランダガーデニング)

今年を締めくくる日がやってきました。
この1年間、どうだったでしょうか?
嬉しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと…いろいろと身の周りで起きました。
反省しながら次に繋げたいと思っていますhappy01

縁あった花から元気・勇気をもらったことで始めたガーデニングですが、のめり込んでいくと今度は空間創造に興味をもってベランダガーデニングを継続中ですrun

記録を残すために始めたブログも花日記(1)(2)で丸10年を迎えましたpencil
(毎年その年を総括して次年度の目標を掲げています)

来年「申年」も”ベランダの花日記”を継続できるようにがんばりますのでどうぞよろしくお願いします。

≪平成27年の総括≫
①ガーデニングに関しては年初めに目標としたベランダ奥の高い場所の緑化がうまくいってクレマチスの花が沢山咲いてくれたことが一番の成果です。

Img_3209


Img_3251


Img_3437


Img_3331

②昨年、目標としたメダカ鉢の上方の空間創りはクレマチスが更に生長したので想定以上になりましたhappy01

立体感を出すために苦労しているベランダ西側の壁面も年々の目標を何とか達成して昨年よりは今年、今年よりは翌年と自分好みに仕上がっていますup

野鳥もその季節になるとやってきて宿として利用するようになりました。
今年も先日からジョウビダキもやってきて夕方になるとツルニチニチソウの寄せ植え鉢に戻ってきて寝ているようです。

いつも決まった時間に戻ってきます。今日も日暮れで暗くなる直前の5時に戻ってきたので撮ってみました。
ジョウビダキと年越しですsmile

Img_8560


暖かくなると北の方へ移動する渡り鳥のようです。
この”宿”は5月頃になるとセキレイが利用します。

2015年12月30日 (水)

冬のメダカ鉢(ベランダガーデニング)

寒くなって水温が下がりメダカが休眠期に入ると水面も動かない静的なメダカ鉢となりました。

Img_8549

水面に浮かぶ浮草とメダカ鉢で育てているウォーターマッシュルームと紅チガヤがメダカ鉢の存在を知らせてくれます。

Img_8550

秋以降乾燥期になると水の蒸散が著しいので水の補給が大事な作業になります。水生植物を傷めないために1,2週間に1回くらいペットボトルでカルキー抜きした水道水を補給しています(メダカがいるためにカルキー抜きは大切です)

Img_8552

ウォーターマッシュルームと紅チガヤは夏の高温にも冬の寒さにも強いので特別な対策は講じていません。

Img_8554

今年はシュガーバインの耐寒性を調べてみるために冬もベランダに出したままにしていますpencil
今冬は暖かいせいかまだ傷んでいません。

Img_8551

Img_8553

ベランダの奥を生きた空間にしたくて置いてみたメダカ鉢ですがすっかり定着しました。
そこで育つ植物達も大体分かったのでこれからより長生きさせたいと思っていますup

Img_8558

2015年12月29日 (火)

挿し木したペラルゴニウム・シドイデスのその後(ベランダガーデニング)

3月に挿し木したペラルゴニウム・シドイデスはしっかりと発根して生長しました。
初めての挿し木でしたがゼラニウムは今まで全て挿し木に成功してきたので付き易い植物なんだろうと軽い気持ちで挑戦してみました。

Img_8544

そのリラックスさが功を奏したのか青葉を枯らすことはありませんでしたscissors
ずっと風通しのよい日陰に置いておくといつの間にか花を咲かせていました。

これで一人前の苗に生長したので一安心しました。

親苗がいつ枯れても大丈夫!

Img_8547



大切に長い間育てている植物もいつ駄目になってしまうか分かりませんcoldsweats02
バックアップがあると気持ちに余裕ができますnote

今日もビオラが元気です。
寒さも吹っ飛ばしてくれます。

Img_8548

Img_8541

2015年12月28日 (月)

一気にビオラが咲きました(ベランダガーデニング)

数日前にビオラの様子を投稿しましたが、一気に花が咲いてきたのでその様子を載せてみましたcamera

Img_8536

Img_8522

Img_8539




Img_8524

きっと何かがあったのでしょうがこの加速感は年末年始が更に楽しくなりそうですnotes

フリル咲きビオラ「ミルフル」も半数が花の色が判別できるようになりました。

Img_8535_2



Img_8534

Img_8525

ハンギングしたビオラも日当たりがよいせいか元気もりもりです。
今シーズンは明るい色のビオラを選んでみました。

Img_8532


Img_8531

今日も青空を背景にラベンダーが背伸びしていますsun

Img_8527

【独り言】
暖冬のせいで今までに起こったことのない現象が発生しましたshock
時計草の防寒対策としてビニール袋で被っていたのですが気温が下がらず中が蒸れてカビが発生、伝染して大変なことになるところでした。
枯れ葉や伝染した茎・葉を除去して袋は被せないことにしました。

2015年12月27日 (日)

クレマチスの枯葉除去(ベランダガーデニング)

昨日は打ち納めgolf
年末とは思えないほどの暖かさと前の組のプレーを待つこともなく気持ちよくプレー出来て成績も今シーズンの同コースの自己更新と楽しい1日でしたhappy01
(同伴者もみんな同コースでの自己更新だったので大盛り上がりnote

今朝も天気よくてビオラが凄い勢いで花を咲かせています。
気持ちいい朝なので何か作業をしようと探しているとクレマチスの枯れ葉が気になり早速開始です。

Img_8514


Img_8516

Img_8517

誤って蔓をハサミで切らないように(よくやるんですよshock)注意しながら枯れ葉を1枚ずつ除去するので時間がかかりますsnail

Img_8515

途中から曇ってきて気温が下がり身体が冷えてきたので中断です。
それでも壁面半分を終えたので少しスッキリしましたshine

Img_8518

1月になってから枯れた蔓を除去して剪定・誘引の予定ですhairsalon

Img_8519

2015年12月25日 (金)

やっぱり冬はこの花で(ベランダガーデニング)

なかなか花が咲かないので気をもんでいたのですが、この2,3日で一気に花・蕾が増えましたshine

Img_8498


Img_8499


Img_8500

毎年寒くなってもこのビオラの花から元気をもらって過ごしているのでこれからビオラがどうなるのか少し心配していましたcoldsweats01
病原菌に冒されてしまったのかとか肥料が多すぎたのではないかと…

Img_8504


Img_8505


Img_8506

やはり気候、気象の影響が大きいのでしょうねsign02
晴れの日が続くと一気に生長したので日照もかなり影響したのでしょう。

まだ数個は花の色が分かりませんがほぼ出揃いましたshine

Img_8501


Img_8502


Img_8503

メイン花壇がにわかに色付きました。
野鳥も食べられるものかとベランダにやってきます(山にエサがなくなってきたのでしょうね、ベランダの姫リンゴ、オリーブ、イチゴを狙っているようですshock

Img_8508


Img_8510

突然華やいできたのでテンション上がりっ放しですnote

Img_8509


Img_8513

2015年12月24日 (木)

12月のベランダ全景(ベランダガーデニング)

いつもの12月だと茶色の枝・蔓が多く単色なベランダですが今年は暖冬の影響で様子が違うようです。

Img_8488

花が咲いたり変化のある植物を主にブログに載せて全景を撮るまで気が回りませんが久しぶりにベランダ全体を見回すために撮ってみました。

ブルーベリーなど紅葉の遅い植物もあり、オキザリスのように早く咲いてしまった植物ありで今までに見なかった光景を発見できましたeye

Img_8486




Img_8483

Img_8496

今年はベランダ奥の高い壁の緑化がかなり進みましたscissors
来年はこれ以上の成果が出るようにしっかり管理していきますhappy01

Img_8495

1年中、何かが見つかるように植物達の開花期を調べて植栽計画をしていますpencil
宿根草を主体に1年草を季節ごとのアクセントとして加えるようにして年間を通して楽しめ、元気をもらっています。

Img_8491


Img_8493

来春に向けて苗の準備を日当たりのよい物置の上でしています。

Img_8494

この2,3日でメイン花壇が急に様変わりしてきました。
ビオラがポッ、ポッと花数を増やしてきました。
黄色などの暖色も増えてきたので暖かく感じますup

Img_8481


2015年12月23日 (水)

12月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

押し迫ってくる年末に年賀状を早く出さなくてはと作成に昨日からあたふたと忙しいrun
何とか宛名書き、裏のレイアウト印刷を終えて残すは一筆添えを残すところまで辿りつきましたcoldsweats01

今日は天気予報どおりの曇のち雨で室内も暗く朝から照明を点けての生活です。

ビオラがかなり蕾・花を付けるようになりました。
今シーズンは明るい色を選んだと思っていたのですがブルー系が多く、ちょっと暗い感じになるのでしょうかsign02

Img_8466


Img_8471

Img_8469

いつもなら12月下旬にはかなり満開状態に近づいているのですが今シーズンは全くのロースタートのようですsnail

Img_8472


Img_8473

満開になることを待ち望んでいるところですがまだ厳しくない寒さなので楽しみはとっておきます。

Img_8470


Img_8474_2



Img_8468




2015年12月22日 (火)

着々と開花準備するクリスマスローズ(ベランダガーデニング)

9月末に植え替えしたクリスマスローズがしっかりした新芽を出して葉を形成、開花に向けて準備してくれているようです。

Img_8460

セミダブルのクリスマスローズが新芽を出してから旧葉を刈り取って日をよく当ててやっています。最終的には旧葉の全てを取り除きます。

総替えでフレッシュなセミダブルのクリスマスローズですbud

Img_8461

随分前から育てているリビダスは茎の途中から新しい芽と花茎を伸ばして花を咲かせます。

Img_8462


Img_8464

これらのクリスマスローズを植え付けている鉢も閉店セールで見つけた物ですが質素なデザインと形が気に入っていますscissors

Img_8463

 

2015年12月21日 (月)

紅葉した千日古坊(ベランダガーデニング)

千日古坊が紅葉して柔らかい感じの色に変わりつつあります。

夏の間は薄い緑葉ですが先端部分をピンク色に変色してきました。
ガラス越しの太陽光線を浴びた千日古坊のこの姿が晩秋から初冬の楽しみの一つになっています。

Img_8428


Img_8439

花は小さくて咲いたことを見逃しそうになることもしばしばです。
赤紫色の小さな花で10月頃になると咲き始めます(短日植物)

ひょろっとした花茎の先端に花が咲くのでコンパクトに咲かせるために8月に思い切って剪定していますhairsalon

Img_8438



これよりも遅いと花芽を取り除いてしまうので(短日植物なので)注意が必要です(花はあまり期待していないのですが千日古坊のためにも咲かせてやりたいですhappy01

Img_8427

 

2015年12月20日 (日)

また暖かくなるのかな?(ベランダガーデニング)

ここ2,3日冷えきって本格的な冬に向かうのかなと思ったたら今日はポカポカ陽気で”小春日和”のようですsun
(”小春日和”は初冬の12月初旬頃までに使う季語らしいですが今年はなかなか寒くならないから感覚的にはそのような感じです)

植物達はこの陽射しの恩恵を受けて喜んでいるように見えます。
日頃はあまり感じないのですが冬の陽射しは貴重ですよねsign02

暑さに強いレッドフラッシュは室内入れて日当たりのよい場所に置いて冬越しに挑戦中です。
窓越しの日照はかなり強いのですが水遣りを注意して今のところ枯れずに元気です。

Img_8419

夏の花、アズーロコンパクトは日光が当たって喜んでいるのか開花を続けます。

Img_8422

ふと上方を見るとペラルゴニウム・シドイデスの花が思わぬ場所で咲いていました。

Img_8423


ビオラが花を咲かせるようになってベランダが少しずつカラフルになってきましたshine

Img_8421


Img_8420

Img_8433




ミセバヤは表舞台を終えて既に来季の準備万端な状態です。
冬の日が当たる光景もちょっと気に入ってますscissors

Img_8424

単色化し冬のベランダに色を添えてくれるジュリアンは小さい花ながらも暖色化パワーは凄いものがあります。毎年そのパワーを貰っていますcoldsweats01

Img_8425

ミニバラも日を浴びてまだまだ頑張るぞ状態ですgood

Img_8430


Img_8431

2015年12月19日 (土)

球根が芽を出しました(ベランダガーデニング)

今朝も随分冷え込みました。
しかし、青空が広がって気持ちいい神戸の朝ですsun

Img_8412

水遣りするときにバークチップの間から新芽を見つけましたeye

Img_8417


Img_8416

先日植えた球根が芽を出してくれるかどうか気になって水を切らさないように注意していたのですが土中でしっかりと生長していたようです。

スノードロップは群生するように1か所にまとめて植え付けているのですが新しく3つほど芽を出していましたbud

Img_8407_2

クロッカスクレマチスとムスカリを植えているプランターの空きスペースに新たに植え付けてみました。
日がよく当たるので安心して見守っているのですが案の定、力強い芽を出してくれましたbud

Img_8409


花が咲くときの景観をイメージすると自然と温かくなってきますspa

Img_8408


Img_8410

2015年12月18日 (金)

寒さにも強いワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

朝起きると窓には結露がビッシリと。しかも水滴が大きいのでタチが悪いcoldsweats02
すぐにつるっと下に大きくなって滴り落ちてしまう。

窓ふきから一日が始まる。春まで続くのでしょうねsign02
その分、植物達への水遣り作業が少し減るようなので朝の作業時間としてはあまり変わりはないようですhappy01

寒くなると気になるのが植物の健康状態です。
低温や乾燥で枯れてしまうのではないかとつい気になります。

現在のベランダの植物達は一応これまで経験して冬も越してくれるメンバーになっているので(弱いものは室内で冬越し)ガーデニングを始めた頃に比べると随分気楽になりました。

Img_8401

ワイヤープランツを初めて育てるようになった時はその華奢な姿から冬の寒さには耐えられないだろうと室内に入れたり、ビニール袋を被せたりして防寒対策を講じてやりました。

Img_8402

ところが、ワイヤープランツが寒さに強いことを知ってからは何もしないでベランダで冬を越しています。もう何年になるでしょう?
いつ頃からワイヤープランツを育てているのだろうかとブログで遡ってみると2006年には既にベランダにあってその苗が今も小さなブリキ製ポットの中で生き続けてくれています。

Img_8404

緑が欲しい時に買っていたら今では5つになり、ベランダの各所で演出効果の役割をしっかりと担ってくれていますshine

Img_8403

冬の間は部分的に黄葉になって落葉しますが枯れることはありません。体力維持のために調整しているのでしょうね、春になって暖かくなってくると緑葉を増やしますup

Img_8405

 

2015年12月17日 (木)

ヴィオルナ系クレマチスは新芽を出しました(ベランダガーデニング)

クレマチスの新芽が土中から覗くようになってきました。
昨年は暮頃に新芽を出したのでそろそろかなとバークチップを取り除いてみるとやっぱり同じように大きな芽が顔を覗かせていました。

地上部を枯らして来春には新しく土中から芽を出した蔓に花を咲かせる「玉ゆら」が新芽を出しました。

Img_8378

計画ではベランダ奥のコーナー部の低い位置に2,3㎝の半鐘型のクレマチスを咲かせることです。

Img_8379

日陰場所なので花付きが心配だったのですが問題なく咲いてくれて大喜びしました。
生育旺盛で計画した位置よりも高い場所まで蔓が伸びて処理に困るようになりましたwobbly

Img_8380

まだ高い場所まで緑葉を付けていますが1月になると強剪定する予定ですhairsalon

他のヴィオルナ系の幼苗も小さなポットの中で新芽を出しました。

Img_8375_2


Img_8381


一昨日買ったミニバラをじっくり見るとなかなかいい感じの色・形なので気に入りましたhappy01

Img_8377

2015年12月16日 (水)

白のシャコバサボテン(ベランダガーデニング)

先日久しぶりに赤色花のシャコバサボテンがまとまって咲いてくれて喜んだのですが、更に白のシャコバサボテンが咲いてくれました。

Img_8366

こちらはかなり弱った苗で今はゆっくりと回復中なので花数もたったの2つですがやはり嬉しいですねhappy01

Img_8367



今年はずっとベランダに出しているので短日植物の性質を自然に現してくれました。

Img_8365

乏しい姿のシャコバサボテンですが長い付き合いあって頑張っている姿を見ると嬉しくなりますnotes

こんな小さなことでも1日がハッピーになれることもありますnote

小さな花が咲いてくれただけでも元気をもらえますrun

Img_8371


Img_8373


Img_8368

日陰場所の植物として南天に初めて挑戦です。
家の西側や東側でも見かけたことのある南天なので過酷な場所でも育ってくれるのではないかと赤い葉に惹かれて買ってみました。

Img_8370

2015年12月15日 (火)

苗を買ってきました(ベランダガーデニング)

今朝は健康診断に行ってきましたhappy01
歳と共にボロが出てくるようになりましたが悪い所が無いことを願うばかりです。
年明け予定の結果が私の平成28年のスタートに大きく左右されそうです。

年末年始の家の中を少し明るくしようと花苗を買ってきました。
冬定番の葉ボタン、ガーデンシクラメン、ビオラなど数点です。

Img_8351

小さな苗を集合させてディスプレイです。
定番ものにカレックスやシルバーブッシュを足して流れや動きをもたせて(?)仕上げです。
予算内で自分に元気が出る作品が出来上がりましたscissors

Img_8353


園芸店でちょっと割安なミニバラも目に入ったので買ってみました。
赤い花のミニバラを随分前にもらったので今回はピンクの花でもと優しい感じのミニバラを選んでみました。

Img_8354


ビオラが少しずつ花を咲かせるようになったのでベランダがほんの僅か明るくなってきましたflair

Img_8358

Img_8357





オキザリスは慌てん坊が目を覚ませたのではなくてどうも温度スイッチが入って花を咲かせたようです。
花茎が次々と繁茂した葉っぱの間から頭を出してきました。

Img_8364

小さな虫が飛んでいるように見えるホットリップスも今の時期では貴重な花です。

Img_8363

先日植えた球根(?)がバークチップの下で芽を出しましたbud

Img_8361

2015年12月14日 (月)

モッコウバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

今朝も大した冷え込みはありませんでしたが今週は冬将軍がやってくるらしいですよsnow
突然氷点下近くまで下がるとのことなので気を付けましょうねhappy01

今はうろこ雲が広がっているので明日は雨が降るのでしょうsign02

Img_8343


つるバラの葉摘みを終えたので続けてモッコウバラもしてやりました。
偶然にも昨年と同じ日にやっていましたhappy01

Img_8308

ベランダではどうしても日照不足となるので少しでも新芽に日を当ててやりたくて葉摘みをするようになりました。

Img_8339

狭くて高い場所の葉を摘むのでなかなか難しく全ての葉を取り除くことはできませんでしたが残った葉はまたの機会に摘むことにしました。


Img_8338

姫リンゴの実が真っ赤になりました。

Img_8342

2015年12月13日 (日)

オリーブを植え替えました(ベランダガーデニング)

先日オリーブを植え替えようとしたら用土の準備ができてなくて(中和作業を忘れていました)今日になりましたcoldsweats01
植え替えに適した時期と用土でやれば失敗の確率も低いだろうと出来るだけ基本を守るようにしています。

Img_8330

2年前くらいに植え替えをしたと思ったら4年が過ぎていましたsad
月日の経つのは早いですね~sign01

かなりの根が張っていて鉢から取り出すのに苦労しましたshock
3分の1ほど古い土を取り除いて(古い根も除去)新しい土(石灰を入れて10日ほどおいた土)に植え替えました。

Img_8331

あとは活力液を希釈した土をたっぷりとやって作業終了です。

Img_8333

今年は結実が大小1個ずつでしたscissors

Img_8321


Img_8320



いつもはヒヨドリが盗んでいくのですが今年は見つけにくい場所だったこと、実があまりに大きかったのでヒヨドリの口に入らないことが分かったのでしょうね、今でも残っています。

これからも元気に生長してくれることを願って元の位置に戻しておきました。

Img_8335

今朝はもう一つ、作業をしました。

つるバラ「サマースノー」の剪定と葉摘みですhairsalon

Img_8334_2





軒から出た部分をバッサリと切りました。
来春は壁を背景に白い花を沢山咲かせてくれることを期待して葉摘みもしておきました。

かなりスッキリした姿になりましたshine

Img_8336

2015年12月12日 (土)

12月のベランダ(ベランダガーデニング)

午前中は日が射して穏やかでしたが午後からは雲が広がって薄暗くなってきましたcloud
明日は天気予報どおり雨なんでしょうねsign02

Img_8319

いつもの12月だともう少し寂しいベランダになっていたと思うのですが今年は温かいせいか茶色よりも緑が勝っているようですclover

Img_8309



冬景色は少し遅れそうです。

Img_8326

その反面、寒いのが好きなビオラの活動も遅れ気味です。
例年だと花盛りとなっているのですが殆ど咲いていません。

Img_8324

Img_8325


ガーデンシクラメンはマイペースを保っている感じですshine

Img_8323

アリッサムグレゴマも小さいながらも応援してくれているようですpaper

Img_8311


Img_8328

寒さに弱い植物達を室内に入れたので少し空間ができた箇所もある12月です。

Img_8318


Img_8327




2015年12月11日 (金)

強風で目が覚めた(ベランダガーデニング)

今朝は台風のような雨風が窓を叩きつける音で目が覚めました。
まだ5時過ぎで暗いのでベランダの様子は分からなかったのですが夜が明けて確認してみると落ちたり倒れたものはありませんでしたが葉っぱがかなり散らかっていましたcoldsweats02

朝一番にベランダの掃除ですshine

Img_8306



床の葉っぱを拾って溝はタワシでごしごしと汚れ落としです。

Img_8307




植物をチェックしてみると、こちらも強風で目を覚ましたのかクレマチスが小さな花を咲かせようとしていました。

Img_8300

Img_8299




ビオラも昨日とは違って花を沢山咲かせていました。

Img_8296


Img_8294

Img_8304





突然環境が変わると植物達も異常な行動を起こすようですsign02

Img_8295


Img_8297

Img_8302

2015年12月10日 (木)

長生きしてくれるネメシア(ベランダガーデニング)

ここ2.3日はいい天気でしたが今日は曇天、鉛色の空が垂れ込んで寒々としています。
空の色で気分がこんなにも違うものかと単純な自分を認識していますcoldsweats01

大好きな花のひとつのネメシアが咲いていました。

Img_8285


Img_8283

エリゲロン・プロヒュージョンに囲まれて雑草化したような多年草のネメシアです。

Img_8312

Img_8286



ハンギングバスケットの中でもう何年になるでしょうか、長生きしてくれて自然に溶け込んだネメシアを気に入っています。

Img_8287


Img_8290

雨風など自然にもまれて葉・茎は傷んでしまうのですがその中から輝くように咲く花がいとおしいです。

Img_8288

この寒さが好きなラベンダーが花穂を増やしました。

Img_8289

2015年12月 9日 (水)

ビオラがぼちぼちと(ベランダガーデニング)

11月下旬にフリル咲きビオラ「ミルフル」が開花スタートを切ってくれたのですが、ノーブランド苗がそろそろ花を咲かせそうです。

Img_8251


Img_8250

思い切ってピンチ(摘心)したのでコンパクトな姿になってくれました。
小さな蕾を沢山付けているので満開の情景を妄想してウキウキ気分になります。
こんなことで幸せ気分にしてくれる植物達に感謝ですnotes

Img_8244


Img_8243

まだまだ緑葉だけが目立つビオラ達ですが根がしっかり張って開花の準備は出来上がっているようです。

Img_8245


Img_8249

アイビーゼラニウム「カリエンテ」が花の少ないこの時期のベランダに華を添えてくれます。
ゼラニウムはベランダで大活躍してくれる植物のひとつです。

Img_8252

 

2015年12月 8日 (火)

京都・嵐山に行ってきました(ベランダガーデニング)

京都の紅葉を見ないと1年が終わらないような気がして昨日嵐山に行ってきましたmaple
紅葉シーズン中には用事があって行けなくて焦っていましたが何とか紅葉をみることができましたhappy01

どこの名所も”落葉近し”の情報だったので迷いましたが少しでも紅葉を実感できればと嵐山駅に下りましたtrain

Img_8014

Img_8018

いやいや嵐山自体は今までに見た中で最も美しいとは言えませんでしたが”紅葉”を楽しめましたscissors

Img_8008


Img_8013


大概の名所は2回以上行ったことがあったのですがどこも”落葉近し”だろうと今回は今までに行ったことのない寺院に行くことにしました。

最初に宝筐院

Img_8025



周辺に清凉寺や祇王寺、二尊院など大きな寺院があるのでこれまで訪れることはありませんでしたが初めて入ってみるとそこに広がる紅葉に驚きの声が出るほどでした(後から入ってくる人達も同様に大きな声が出ていましたhappy01

Img_8027


Img_8032


Img_8040


Img_8037


境内はそれほど広くはないのですが紅葉シーンは豊富でしたdollar

Img_8043


Img_8046

本殿にも上がれるようになっていたので畳の上でゆっくりと紅葉を眺められ、気持ちも落ち着いてこの上ないひと時を楽しめました。

Img_8063


Img_8064


Img_8075


Img_8081


穴場なのか訪れる人も少なく紅葉そのものを楽しむには最高でしたsign03

Img_8091


Img_8096

これから、もう一度行ってみたい私の紅葉名所になりました。
楽しみが増えましたmaple


Img_8102

Img_8105


Img_8115


常寂光寺は”見ごろ”とあったので一昨年いったのですが寄ってみました(これまでに数回は行っているでしょう)

Img_8149



これまでに何度か綺麗な常寂光寺の紅葉を見てきたので昨日は紅葉に終わりの寂しさにほんの一部を見て次の寺院に行くことにしました。

常寂光寺の紅葉の様子です。

Img_8121


Img_8127


Img_8139


Img_8142


Img_8146

腹ごしらえをして次の寺院へ。
昼食は軽めの湯豆腐を食べたくてcoldsweats01

Img_8159


次の寺院も初めて行きました。
宝筐院を訪れた時に人力車の車夫の方に嵐山の紅葉状況を聞いておきましたear
新聞の情報よりも生の声はやはり新鮮でしたね。
宝厳院がまだ紅葉が残っているとのことだったので日が暮れないうちにと急いでいきました。

Img_8209

宝筐院と同様、まとまった境内に私の好きなシーンが沢山見つかりましたeye

Img_8172

Img_8177

Img_8180


Img_8187


Img_8190


Img_8193


Img_8197


Img_8199


Img_8204


Img_8207

これで今年の紅葉巡りは終了です。

2015年12月 7日 (月)

ほんのりと紅葉のミントブッシュ(ベランダガーデニング)

小ぶりなので全く目立たない植物のミントブッシュですがその場を和らげてくれる姿が気に入っていますscissors
寒さが厳しくなる今の時期から僅かながら葉の先端がピンク色に変わってきますmaple

Img_8002

ミントブッシュの紅葉なんでしょうねsign02
斑入り葉が更に柔らかい感じになります。
小さな葉ですがなかなか味のある姿です。むしろベランダではこのコンパクトさがいいのではないでしょうか?

Img_8003

ガーデニング中級向けの植物とあったのでベランダで育てるのは難しいのかなと自信がありませんでしたが基本を守って管理していたら丸1年が過ぎてこれは何とかなるぞと一安心です。

冬もベランダに出したままでも枯れることなく(氷点下には年に2,3度ある程度です)真夏も軒下に置いているので直射日光は避けられているので弱ることもありませんでした。
水キレさせないように乾いたら水遣りを続けています。

ブルーベリーの剪定には少し早いようですがベランダの移動が困難になってきたので切ってやりましたhairsalon(休眠期に入る1月2月が適期でしょうね)
ストレスも減って快適になりました。
狭いベランダは僅かの枝でも邪魔になってしまいますねweep

Img_7990

【独り言】
寒さが厳しくなると野鳥も山の麓や市街地に餌を求めて移動するのでしょうね。
それとも南の暑さから免れて北に移動する途中にやってくるのでしょうか?

今年もジョウビダキがベランダのツルニチニチソウの鉢にやってきました。
一昨年の秋からこの時期にここを棲み家として使っているようです。  

この場所を知っているということは同じジョウビダキがやってきているのでしょうねsign02
よく知っていますね。
我が家を選んでくれてありがとうといった感じです。
驚かさないようにして
春まで見守ってやりたいです。  

今日は日暮れ後暗くなってからやってきたので画像はタイミングの良い時に撮ってみたいと思いますcamera

2015年12月 6日 (日)

つるバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

なかなか寒くならないからいつものガーデニング作業を忘れそうになりますcoldsweats02
休眠期に入るつるバラの葉摘みや植え替えです。

昨日節々に小豆色の新芽を覗かせ始めているのを確認して今日葉摘みを決行です。
いつもだと12月に入ると真っ先にやる作業です。

Img_7985


Img_7994

ベランダ西側に置いている「春がすみ」はガラス越しの日照だからか日照不足となるようなので初めて挑戦してから年々苗が弱くなってしまいました。
そこで一昨年前のシーズンの花期が終わってから比較的日当たりのよい東側ベランダでリハビリさせてやると復活したのでそれからはこの移動方法を続けています。

Img_7989

年々しっかりとした苗に生長してくれました。やはり環境がよいと随分生育に影響しますね。今シーズンは更に元気よくなりましたよrun

Img_7992



春には相当沢山の花を咲かせてくれそうです。今からワクワクしていますhappy01

もう一つのつるバラ「サマースノー」も葉摘みをしたかったのですが冷え込んだのと作業するには危険な場所にあるので後日やることにしましたcoldsweats01

植物達にとってはもう春なんでしょうかsign02
水仙の芽が次々と出てきましたbud

Img_7997

Img_7998





バラ咲きジュリアンは春らしい色で温めてくれますspa

Img_8006

四季成りイチゴ「夏姫」はまだまだ…

Img_8001


Img_7999

2015年12月 5日 (土)

京都・紅葉狩り(続き)(ベランダガーデニング)

今朝は足腰が痛くてなかなか起きられませんでしたsad
久しぶりの筋肉痛になりました。

昨日は帰宅するなりのUPで全てを残せなかったので永観堂紅葉狩り後の様子を少しだけ。

すぐ隣にある南禅寺の三門周辺に回ってみたのですが、こちらは既に落葉近しそのまんま状態でした。
初めて南禅寺の紅葉を目にした時も感動したのですが昨日はかなり違った光景ですぐにあとにしましたcoldsweats02

Img_7958


Img_7946


Img_7951


次は知恩院
こちらは大改修工事真っ只中で工事用の遮蔽壁で制限されました。
静寂感のある知恩院を体験できました。

Img_7962


Img_7963


Img_7968


Img_7972


最後は八坂神社に回っておみくじ引いて帰路につきました。

Img_7979

電車に乗る前に一服。

Img_7982


これで京都・永観堂他の”紅葉狩り”終了です。
ギリギリセーフの紅葉狩りでしたcoldsweats01

2015年12月 4日 (金)

今年も京都・永観堂の紅葉を(ベランダガーデニング)

ちょっと遅くなりましたが京都へ紅葉狩りに行ってきました。
”紅葉だより”を見て行く場所をいろいろと検討しましたが、昨年行ってあまりの綺麗さに感動した永観堂へもう一度行ってみようと決めました。

Img_7943


Img_7942



〈落葉近し〉の情報でしたが昨年の紅葉のインパクトが強すぎて諦めきれませんでしたcoldsweats01

Img_7835


Img_7941


〈落葉近し〉それでもまだ紅葉を楽しめるシーンもかなりありました。

Img_7841


Img_7860


Img_7866


Img_7868

行ってみて知ったのですが昨日までは”秋の寺宝展”とやらでも拝観料千円でしたが今日からは通常の600円とのことでした。

Img_7873


Img_7876


Img_7880

今冬最も寒い日となりましたがしっかりと防寒して出かけたこともあって紅葉を十分楽しむことが出来、大満足な1日になりました。

Img_7889


Img_7913

Img_7932


沢山撮ったので残しておくことにしました。

Img_7859Img_7843Img_7824Img_7825


Img_7832


Img_7854


Img_7878


Img_7892


Img_7900


Img_7906


Img_7912
Img_7923


Img_7914


Img_7936


2015年12月 3日 (木)

2度目の挑戦、四季咲きオリビア(ベランダガーデニング)

朝方降っていた雨も止んで11時には空が明るくなってきました。
それでも気温が下がる感じでどうも明日は「冬将軍」がやってくるらしいですよshock

予報通り、一桁の気温でかなり冷え込むらしい。

随分前に買ってきたオリビアの苗なんですが予定していた場所にはクレマチスなどの根が張っていて植え付けることが出来ませんでしたcoldsweats01

Img_7810

アチコチと探してみたのですがやっぱり駄目、小さなビニポットのままだと生長を阻害してしまうので結局ビオラのポットに植え付けてやりました。

Img_7816

このオリビアは耐寒性(-5℃)、耐暑性のある四季咲きでしかもコンパクトとくるからベラダで育てやすい条件が揃っています。
品種改良が進んでいるのですねsign03

Img_7811

オリビアを育てるのは2度目です。
前回は失敗に終わり、原因をいろいろと考えたのですが日当たりが不足したくらいしか思いつきませんでした。
今回は最も日当たりのよい場所に置いてみようと思っています。

Img_7813

根腐れに注意が必要でしっかり乾燥してから水遣りするようにしています。
肥料は1か月に1回程度の緩効性肥料を予定。

Img_7814

2015年12月 2日 (水)

室内に移動(ベランダガーデニング)

とうとう今週末から最低気温が10℃以下になってくる予報なので寒さに弱い植物を室内に取り込みました。

これで我が家の植物の冬越対策完了ですhappy01
あとは植物達に頑張ってもらいましょう。

多肉植物はハオルチアのような一度寒い目に遭わせると駄目になるようなものは室内に寒さに強い多肉植物はそのままにしています。

Img_7801

Img_7803

今日はポカポカ陽気な小春日和、植物たちには少しでも日に当ててやりたかったのですが作業がどれくらいかかるか分からなかったので朝一番にとりかかりました。
その結果、丁度お昼に何とか片付けることができました。

オキザリスの花はまた1輪増えて三つになりましたnotes

Img_7805

Img_7804





バラ咲きジュリアンも日に当たっていい感じになりましたsign02

Img_7806

Img_7807

2015年12月 1日 (火)

オリーブの植え替えをしようとしたら(ベランダガーデニング)

オリーブを植えている鉢の表土が固くなっているので植え替えをしてやることにしました。
根の張り方が速い植物のようですbullettrain

Img_7796_2

1,2年で鉢内が根でビッシリとなります(根は浅い場所でしっかりと張るようです)

小さな苗を10年近く前に買った記憶があるのですが大きくなってベランダでの占有面積(体積)も大きくなって通行の邪魔になるほどになってきました。

Img_7795

オリーブの木が存在するだけでベランダの雰囲気が大きく変わるような気がしますshine
草花との相性がいいと言いますかお互いを引き立たせる樹木のようです。
葉の表裏の色、形そして樹の姿に優しさがあるように感じますup

植え替えしますと言ったものの準備が出来ていませんでした。
オリーブは酸性土を嫌いアルカリ性を好むので用土に石灰を混ぜておいた方がいいのです。 混ぜて直ぐに植え付けると石灰が水分と反応して高温になり根を傷めてしまうので1週間から10日程度おいておく必要があります。

Img_7786

赤玉土(小粒)6、腐葉土4に苦土石灰そして緩効性肥料を混ぜて準備しておきました。
植え付け時の様子はまた後日投稿しますpencil

今日から12月、”師走”なんですね。
この師走と聞くと何故か落ち着かないし、せわしく感じます。
このせわしさに押し流されないように努めて冷静を装うようにしていますhappy01
12月の主な園芸作業はオリーブの植え替えとつるバラの植え替えです。

ミセバヤが真っ赤に紅葉しましたmaple

Img_7792



ヘンリーツタが完全に落葉してしまったので我が家のベランダで紅葉が目立つミセバヤです。
小さいながらも燃えるような色から元気をもらっています。

Img_7788


Img_7790

傍のラベンダーのブルーとのコントラストもなかなか…sign02

Img_7780

Img_7789





しっかりと子孫を残して枯れていくのですね。
株元では小さな芽を出しています(最初に見たときにはこれから寒くなるから新芽が枯れてしまうのではないかと心配しましたが氷点下2,3℃に数回なるくらいの神戸では大丈夫なようです)

Img_7793

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »