« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

フリル咲きビオラ「ミルフル」苗をゲット(ベランダガーデニング)

昨日は前から欲しかったフリル咲きビオラ「ミルフル」を偶然手に入れることが出来ましたhappy01

Img_7164



来週車で出かけるためにガソリンを給油しに出かけたのですが途中偶然バス停に向かう友人に出会い目的地まで載せて行ってガソリンスタンドに行って給油中に日用品をついでに買って帰ることを思い付きHCに寄ってみました。

Img_7165


Img_7169

まず最初に花コーナーで何かいいものがないかと見回るとミルフルを発見、しかし苗が少し元気がないようなので躊躇して結局諦めて(昨年の失敗(回復させるまでに時間がかかりました)が頭をよぎりました)目的の日用品を買いに建物内に入って用を済ませました。

駐車場に戻ろうと館外に出た時に丁度サントリーフラワーズの苗が到着したのかダンボールから出される作業に出くわし、目の前にミルフルを見つけましたeye

Img_7166

ナイスタイミング!
嬉しいことこの上なし!
フリル咲きビオラ「ミルフル」10苗をゲット出来ましたhappy01

Img_7168

友人を送ってあげて時間が経ったこと、ガソリンスタンドで日用品を思い付いたことでこの苗を手に入れるチャンス到来でした。
これからピンチ(摘心)を繰り返してベランダデビューです。

Img_7167

これからの寒い冬をビオラの花から元気をもらって乗り切りたいですspa

2015年10月30日 (金)

ミニバラの今(ベランダガーデニング)

心地よい冷気に包まれて気持ちのいい朝が続いていますsun
小鳥がチッチッと鳴きながら群れをなして住宅周辺の木々を渡る光景も秋にピッタリといった感じです。

涼しくなってからミニバラが活動が活発になりました。
冷気の中の真紅のミニバラの花は更に綺麗に見えますshine

Img_7154

本物のバラはベランダで育てられないとミニバラで我慢して育てているのですが(ちょとしたことがきっかけで数年前からつるバラを育てていますが)ミニバラでも十分楽しめますgood
我が家のベランダスペースには丁度いいサイズでもあり気に入っています。

Img_7158


病害虫にも殆ど罹らず、強健で管理も容易なので助かりますsmile

Img_7157

ミセバヤも紅葉が進んできましたmaple

Img_7161


Img_7162

シャコバサボテンの蕾が大きくなってきました。
全体をバランスよく咲かせられないのが素人の私ですcoldsweats01
ベランダに漏れる光でムラがでるのでしょうsign02
鉢を回して平均にやろうとしたのですがつい忘れたりして…

Img_7159

2015年10月29日 (木)

これから活躍してくれるジュリアン(ベランダガーデニング)

これから花が少なくなる時期に明るい花を咲かせて温めてくれるジュリアンが咲き始めましたhappy01

Img_7133



園芸店では鮮やかに咲き揃った苗が出回っていますが夏越ししてこれから活動期に入る我が家のベランダのジュリアンはやっと1番花を咲かせたところです。

Img_7134

少し色が薄くなった感もありますがこれから花数が増えてくると見栄えも違ってくるでしょうsign02
何よりも寒い時期にジュリアンが咲いてくれると体感温度がグッと上がって気持ちがホッとしますwheelchair

Img_7137

冬を温かく過ごさせてくれるもう一つの花、ガーデンシクラメンも頑張ってくれていますrun

Img_7136





晴れの日はブライダルベールの花が咲いてくれるので楽しみが増えますsun
もう少しで冬越しの準備のために刈り込むのでそろそろ今年の見納めですねcoldsweats02

Img_7135

2015年10月28日 (水)

秋のアリッサム(ベランダガーデニング)

夏越ししたアリッサムが再び咲き始めましたshine

Img_7132


Img_7126

夏の高温多湿が苦手で南側のベランダで春の花を咲かせた後、そのままにしておくと大概枯らしていたのですが数年前から比較的涼しい北側のベランダに置いておくと夏越しできるようになりましたgood

Img_7123


Img_7125

春先から花を咲かせる植物ですが夏を越すと秋にも咲いてくれます。
宿根草なので手間がかかりませんが長生きすると茎が木質化してきます。

Img_7124

ベランダの3か所でアリッサムが生き続けています。
小花であまり目立ちませんがグランドカバーとして主役の花を引き立たせる役割をきっちりとこなしてくれるところが気に入っていますhappy01

午前中のベランダは日が入ってきて明暗が強すぎて画像撮りが難しいですcoldsweats02

Img_7128


Img_7130

日が射し込むようになってからベランダ奥にある矮性ローズマリーにも日が当たるようになり僅かですが花が咲くようになりましたsun

Img_7131


2015年10月27日 (火)

いろいろと(ベランダガーデニング)

今朝も冷気が入りこみヒンヤリしました。
水温が下がったせいかメダカもいつも水面まで上がってエサの要求をしていたのですが今朝はがありませんfish

朝一番、昨日買ってきたビオラの切り戻しをしましたhairsalon
折角咲いた花を切り取るのはいつも可哀想で抵抗がありますが苗が強くなって後から沢山の花を咲かせてくれることを願ってハサミを入れましたcoldsweats01

Img_7110


ベランダの奥に日が入るようになってクリスマスローズの鉢にも当たるようになりました。
新芽も顔を覗かせ始めたのでしっかりと日が当たるように旧葉を切ってやりましたhairsalon
(旧葉を刈り取って栄養分を新芽に注ぎますが、すべての品種がそうではないのでご注意をdanger

Img_7113


日頃は花に目がいっていたのですが花が少なくなってくると多肉植物やエアプランツ植物の葉や枝そして雑貨類が視界に入ってきますeye
これから春先までの当分の間この状態が続くのでしょうねsign02

Img_7114


Img_7115


Img_7116

今日は強い南風が吹き荒れて8階のベランダにまで砂埃が舞い上がってくるほどです。
ベランダの出入りに戸の開け閉めに苦労するので出ないことに決めましたcoldsweats02

近くのHCにブランド苗のビオラを探しに出かけてみましたがここは自社ブランド苗が成功した(?)せいか他社の苗はあまり入荷しないようで見当たりませんでした。

結局のノーブランドのビオラ2つとサクラソウを買ってきましたhappy01

Img_7122

2015年10月26日 (月)

手に入らなかったビオラ(ベランダガーデニング)

今朝はヒンヤリ感の空気に包まれていましたがそれが新鮮さを増して青空が一面に広がっていました。
「天高く馬肥ゆる秋」を連想させる爽やかさです(この故事には違った解釈もあるようですが?)

Img_7098


Img_7099


午前中に掃除を済ませて冬の苗のビオラを求めて園芸店に行ってみましたrvcar
さすがに人が多かったです。秋のガーデニング真っ只中といったところでしょうかsign02

Img_7107

私は毎年楽しんでいるブランド苗のビオラをまず手に入れようと直行したのですが残念ながら週末に売れてしまったのか殆ど苗がありませんでした。
ぐるっと店内を回っても見つからず結局シュガーバイン2苗だけ買って退散出直しです。

Img_7108

帰り道にHCまで足を伸ばして寄ってみるとそこもブランド苗は売り切れて次の入荷は11月3日とのことcoldsweats01

そこはノーブランド苗が入荷したばかりなのかパレットいっぱいに埋まっていました。
結局ノーブランドビオラを15苗ほど買って帰りました。

Img_7109

色は毎年ほぼ同じで私好みの色ですhappy01

Img_7105

明日以降切り戻しを繰り返して苗を強くしてからベランダデビューですshine

2015年10月25日 (日)

ヘンリーツタが紅葉(ベランダガーデニング)

紅葉前線が南下してきたので今年は何処に行ってみようかと情報収集中ですmaple
京都は勿論ですがもう少し足を伸ばしてみたいような気もします。

ベランダではハツユキカズラに続いてヘンリーツタが真っ赤に紅葉してきました。
ヘンリーツタは紅葉して直ぐに落葉するので画像に残すタイミングを逸することがありますcoldsweats02

Img_7090


Img_7088

緑葉から赤葉になっても白い葉脈がポイントとなって楽しめます。青紫色になった実も残っています(見た目はブルーベリーの実と似ているのでヒヨドリが食べるのかと思いきや全く寄り付きません)

Img_7091


Img_7092

完全に落葉して冬を過ごすので最初の頃は枯れたのではないかと心配したものです。
寒さにも強く、氷点下には滅多に下がらない我が家のベランダでは寒風に晒さないような場所に置いて冬越しですsnow

下方のオレガノディクタムナスも好きな色に変わってきましたhappy01

Img_7089


Img_7095

ミセバヤが日々開花を進め、満開状態となりました。
葉っぱも紅葉して夏の姿とは全く違ってきましたshine

Img_7094

2015年10月24日 (土)

冬に向けてのトレード(ベランダガーデニング)

突然天気予報で「木枯らし1号が吹くかも?」との解説tv
冬が近づいてきた知らせですね!

そろそろ寒さに弱い植物達の防寒対策を考えなくてはなりません。
アメリカンブルーの葉も少し変色してきました。震え上がっているのでしょうかsign02

Img_7079


Img_7076



この時期になると寒さが好きな植物と苦手な植物のトレード(置き場所の交換)をしています。

今日はアメリカンブルー鉢とサルビアやブルーデージーなどの寄せ植え鉢ハイビスカス鉢とラベンダー鉢を交換(ハイビスカスは室内に)しました。

Img_7077


Img_7073


Img_7074

サルビアはベランダの奥で暑さから避けていました。
茎を伸ばして枝垂れる姿になってナチュラル感を醸し出してくれます。
しかし、日照がまだ足りないので蕾を形成しません(露地栽培では既に青紫色の花を咲かせているのを見かけます)
累積日照が足りてくると花芽が付き、花を咲かせるのでしょうね。

Img_7081

これからベランダの軒先でいっぱい太陽光を浴びて例年通り”いい感じ?”になってくれるでしょうsign02

アメリカンブルーはもう少し楽しんでから刈りこんでから冬越しですsnow

Img_7080

ラベンダーの画像は今撮れないので(洗濯物がいっぱいで)夕方アップしましたcamera

Img_7093

Img_7083





Img_7084

植物一つが入れ替わるだけで雰囲気が変わってきましたnotes

Img_7087

2015年10月23日 (金)

これから楽しめるユーカリ(ベランダガーデニング)

ベランダに日が射し込むようになると気付くのがユーカリです。

Img_7061

ベランダのシンボルツリーとして存在感がある筈なのですが、むしろクレマチスの支柱の役割を存分に発揮してくれることばかりを気にしているのでユーカリの存在を忘れがちになります。

Img_7064

春や秋は直射日光が当たってキラッと葉が輝くのでカラーリーフを楽しめます。秋は花が少なくなる時期にいろんなカラーリーフを楽しんでいます。

Img_7066

ユーカリは剪定したときなどに急に枯れることがよくありましたhairsalon
多分切り口から細菌が入ってしまうのではないでしょうかsign02 

今回は夏前の台風で幹がグルグルと振り回された後も頂部から段々枯れてしまいました(画像の白線で囲んだ箇所)

Img_7062



かなり敏感な植物のようです。

日頃は殆ど水遣りもせず肥料もやらないといったノー管理状態です。水や肥料をやるとどんどん成長して大きくなり過ぎるからですhappy01

Img_7065


枯れた植物の鉢に突然現れた植物が花を咲かせました。苗を買ったときから種子が混入して芽を出したのでしょうが正体が分かりませんcoldsweats01

Img_7068

夏に剪定した千日古坊が新しい葉っぱを出して紅葉し始めました。短日植物なのでじきに花を咲かせるかもしれませんsign02

Img_7070

2015年10月22日 (木)

今年は期待できそうシャコバサボテン(ベランダガーデニング)

おういつもシャコバサボテンを置きっぱなしにして10月頃になってから短日処理に気付いて置き場所を変えるのですが「時すでに遅し」で花をあまり咲かせませんでしたcoldsweats01

今年はつるバラを花後のリハビリのために東側ベランダに移動させたのでその場所にシャコバサボテンを置いてみました。

Img_7037_3

短日植物本来の性質で花芽がしっかり付くことに期待しました。

久しぶりに春先からしっかりとガラス越しの明るい陽射しに当たったこと(シャコバサボテンは直射日光が苦手なようなので)、更には8月下旬からの日が短くなったことや10月からの気温が20℃ちょっとまで下がったことで花芽を付け始めました。

Img_7034


Img_7035

室内で育てるとどうしても照明が夜遅くまで当たってしまったり、気温の変化が緩慢なので花芽が付く条件になりません。
それなりに環境が揃わないとやはり駄目ですねcoldsweats02

Img_7036

今年は早くから花芽を付け始めたのでかなりの花が期待出来そうです。

Img_7038

蜜蜂がやって来なくなって受粉が十分でなかったイチゴは変形した実になってしまいましたsad

Img_7039

Img_7040

Img_7041



2015年10月21日 (水)

豪華になったフィットニア(ベランダガーデニング)

さすがに豪華になってブリキのヤカンからこぼれる程に生育したフィットニアです。

Img_7004


毎年何とか冬越しは出来るようになったものの地上部が枯れてしまっていたので春になってベランダに出してもなかなか大きくなれずになったと思ったら冬がやってくるといった繰り返しでした。

Img_6995


Img_6997

Img_7001

室内に入れても地上部が枯れないためにはどうしたらいいかなと昨冬は乾燥気味に管理してみたら功を奏したのか見事にうまくいきました。

Img_7007

こうなると春からのスタート早々にこんもり状態になっていい感じになってくれました。

あとは加速的に大きく生長するばかりで安心です。

葉っぱもおおきくなり、葉脈もくっきりとしてフィットニアの特性を楽しめましたnotes

Img_7003

Img_7009

春菊・水菜の間引きをしておきました。

Img_6987


ハツユキカズラは真っ赤に色付きました。

Img_6989

秋晴れの日が続くと植物達も大喜びしているようです。
ミセバヤは宝石が輝いているように開いていきますring

Img_6992


Img_6990

ミニバラも日替わりで咲いてくれます。

Img_6993

2015年10月20日 (火)

ナチュラル感を演出してくれるホットリップス(ベランダガーデニング)

暑い夏が終わると再び花を咲かせるホットリップスです。

Img_6954


Img_6953

ベランダの中央部に配置してナチュラル感を演出してくれることを期待しています。
ちょっと場所をとりますがベランダでふんわりとボリューム感を出すには好都合な植物と思って長い間育てています。

Img_6956



強靭な植物でそのままにしておくと他の植物に覆いかぶさって弱らせてしまうので時々剪定していますhairsalon
(繁殖力旺盛なので肥料は殆どやりません。水遣りも控えています)

Img_6955

これからは落葉を始めるので落ち葉拾いが忙しくなりますcoldsweats01

Img_6959

先日咲いたクレマチス「グレイブタイビューティ」はしっかりと開いて存在をアピールするようになってきました。

Img_6957

2015年10月19日 (月)

つるバラの今(ベランダガーデニング)

午前中にたっぷりと日が当たる場所に移動させているつるバラ「春がすみ」は涼しくなった10月を待っていたかのようにシュートをグングン伸ばしてボリュームを増しました。

Img_6918

8号鉢に植えているのですが毎日土表面が乾くほど水揚げしているようです。それほど活動が活発なのでしょうsign02
水キレにならないように注意しています。

今日は混んだ箇所や弱い枝を剪定しておきました。強い枝をより強く生長させるためにです。

Img_6919_2

秋は肥料は殆どやりませんが9月と10月にそれぞれ晴れの日が続く日に1回だけ液肥をやりました。

Img_6920

もう1ヶ月もすると休眠期に入るので肥料はやらない方がいいようです。
休眠期に入ると”植え替え”適期になるので今年も植え替えしてやろうかな。
鉢植えはどうしても根がはびこってしまうので毎年植え替えしてやった方がいいようですhappy01

鉢植え植物は環境に合うように置き場所を変えたり植え替えして植物をより大きく生長させてやります。
今夏も弱ってきたラベンダーや時計草を植え替えして涼しい場所でリハビリさせてやると元気を取り戻しましたup

Img_6916


Img_6917

2015年10月18日 (日)

いっぱいペラルゴニウム・シドイデスが咲きました(ベランダガーデニング)

今年もいっぱいペラルゴニウム・シドイデスが沢山の花を咲かせてくれました。

Img_6911

挿し木したペラルゴニウム・シドイデスも花を咲かせてくれたものだからつい油断して画像に残しておくことを忘れていましたcoldsweats01

Img_6910

秋の今も少しだけども花が咲いていたので撮っておきましたcamera

Img_6912

小さい花ながら何故か惹きつけられてしまいますeye

傍にハンギングしているブライダルベールは秋の斜光を浴びている箇所は花を開かせますsun

Img_6908

2015年10月17日 (土)

まだ花数の少ないグレイブタイビューティ(ベランダガーデニング)

クレマチス「グレイブタイビューティ」が1輪咲いてくれました。

HFヤングのように多花性で壁面いっぱいに咲いてくれるクレマチスは勢いがあって元気をいっぱいくれますが秋に1輪そしてまた1輪としっとり咲いてくれるクレマチスも風情があって嬉しいですhappy01

Img_6907

クレマチス「グレイブタイビューティ」の苗を種苗メーカーから買ってもう何年になるでしょうか、なかなか「咲いた!」というほどの景色にはなりませんcoldsweats01

Img_6902

それでも年々一歩一歩前進しているようなので楽しみなクレマチスのひとつです。
時間がかかるほど大事に育て愛着がわいてきますnote

Img_6903

今年の春は久しぶりに花を咲かせたので感激、来春が楽しみになりました。

Img_6904

四季咲きの性質をもつので秋にも咲いてくれそうです。
3年前にも咲いたので苗が充実してくると春と秋にはこの真紅のチューリップ咲きのクレマチスに出合えそうです。

Img_6905

 

2015年10月16日 (金)

色付いた姫リンゴ(ベランダガーデニング)

最近は毎日のように大阪まで車で出かけていましたcar
山手の幹線道路を運転しながら信号で止まるたびにチラリと沿道の公園や住宅の軒先の花壇に目をやるとバラゼラニウムの鮮やかな色の花が目に入ってきて疲れを癒してくれますnotes

姫リンゴがかなり色付きました。

Img_6831



店頭では美味しいリンゴが並んでいるだけに「そんな頃なんだぁ」と呟きながら食べられない姫リンゴを眺めていますcoldsweats01

Img_6832

春先にパッと咲く姫リンゴの花が好きで育てていますがその後の結実や色付いていく変化を観察するのも楽しいものです。

Img_6834


Img_6835


ガーデンシクラメンが次々と咲く季節になりました。
株元を覗きこむと小さな蕾が沢山準備していますshine

Img_6837

Img_6838

2015年10月15日 (木)

開花時期に入ったミセバヤ(ベランダガーデニング)

ベランダに出したままでも冬越し出来るミセバヤが小さな小さな花を咲かせる時期に入りましたshine

Img_6824


Img_6823

近づいてよく見ないと花が開いたかどうか確認しづらい花ですがよくみると見事な花です。
このような植物をベランダで案外簡単に育てられるのは嬉しいですねhappy01
(夏の高温対策や冬越しの特別な対策も不要な手間がかからない植物です)

Img_6825


Img_6828

Img_6827

ミセバヤを育て始めてまだ丸2年ですがどうにか性質が分かるようになりましたeyeglass
基本は乾燥気味に育てればいいようです。特に冬は水をかなり控えめに育てた方がいいようです。

Img_6829


Img_6830

2015年10月14日 (水)

花期の長い木立性ベゴニア(ベランダガーデニング)

ベランダの日陰で暗くなる場所に木立性ベゴニアを置いて周りを明るくなるようにしています。

Img_6812


Img_6814



ある程度の日照を必要とする木立性ベゴニアですが日陰でもよく育ちます。
長い間、日陰に置いておくと茎が細くなったり間延びすることも稀にありますがそのような時は明るい場所に置いてリハビリさせてやりますscissors

Img_6808

木立性ベゴニアはむしろ高温多湿が苦手なので日蔭でも明るく風通しがよい場所で育てた方がいいようですshine

Img_6811

日陰場所で育つ植物は限られてきますが木立性ベゴニアのように明るく存在感のある花を咲かせてくれる植物は活気が出て助かりますflair

Img_6809

花期も寒い冬が終わる3月下旬から冬が始まる11月下旬までと長いのでスペースが限られているベランダで育てるには好都合の植物のひとつです。

Img_6810

 

2015年10月13日 (火)

10月のベランダ西側(ベランダガーデニング)

最近DIYや雑貨を配置して立体的に見えるように装飾して充実化を図ったcoldsweats01ベランダ西側です。

Img_6775



東側同様、春はつるバラ、モッコウバラやクレマチスなどで豪華な景色になるのですが冬は隣との境界ボードが丸見え状態になってしまいます。
この無機質な姿をどうにかしたくてイラストや雑貨で飾って奥行感を出そうと頑張ってみましたhappy01
でも、なかなか難しいですねsign02

Img_6781

ハンギングのブライダルベールは太陽の軌跡が低くなって日が当たるようになると花を咲かせます。花が咲き誇るまではいきませんが十分楽しめますnotes
完全を求めず自分なりに楽しめればいいかぁで満足していますhappy01

Img_6758

紅葉が始まったヘンリーツタオレガノディクタムナス、そして夏の間ずっと冷涼感を提供し続けてくれたアズーロコンパクトが今は数少ない色添えの一つですshine

Img_6760


Img_6759

Img_6763

四季咲きクレマチスが花を咲かせて賑やかになることもありますが今年は残念ながら会うことができそうにありませんsign02

Img_6772

Img_6765

しっかりと日を浴びてそれなりに頑張ってくれているベランダ西側の植物達です。

Img_6761

2015年10月12日 (月)

久しぶりのグレゴマ(ベランダガーデニング)

ガーデニングを始めた頃にはベランダのどこかに配置していたグレゴマ久しぶりに育ててみることにしました。

Img_6754

まだ我が家のベランダで育ってくれる植物がよく分からないときから育てていたグレゴマは斑入り葉の姿が気に入っていましたok

気温が下がってくる10月に入ると一気に元気を出して買ってきたビニポットから逃げ出すように茎を伸ばしました。

Img_6757


Img_6755

矮性植物のグレゴマは節々から発根して繁茂するほどの強健な植物です。
しかし、高温多湿で風通しが悪くなるとすぐに弱ってしまい消えるようになくなってしまいます。梅雨時から夏にかけて注意して風通しをよくしてやった夏越しする必要があるようです。
私も最近になってやっと夏越しできるかどうかの実力になってきましたhappy01

傍のオキザリスも芽を出すと一気にボサボサ状態になりました。

Img_6756

2015年10月10日 (土)

10月のベランダ東側(ベランダガーデニング)

春はクレマチスつるバラそしてビオラが沢山咲いて賑わうベランダ東側ですが10月になると落葉が始まり寂しくなっていきますnotes

Img_6778


メイン花壇では猛暑の夏に元気をくれたサフィニアがそろそろ花期を終えそうです。下旬には冬の花のビオラにバトンタッチですrun

Img_6701

アメリカンブルーももう少し活躍してもらって冬越しに入ります。短く刈って体力消耗を減らして冬眠ですsleepy

Img_6731

壁際は”鉄線(テッセン)状態”に変わりつつありますが黄金カズラツルニチニチソウが緑を維持して和ませてくれます。

Img_6715

Img_6732


Img_6733

寒さに弱い植物はこれから室内に入れたりして防寒対策(11月下旬頃?)をします。

Img_6727


Img_6725


メダカは冬の冬眠に備えて食欲旺盛です。水温が下がってくると鉢底でじっと寒さに耐えていますfish

Img_6708


Img_6707Img_6705Img_6711Img_6725_3

日陰場所でも育つヒューケラコクリュウが活躍してくれるので助かっていますnotes

Img_6714


Img_6716

5月の連休頃には薄紫色の小花が一斉に咲いて見違えるようなシーンとなるベルフラワーは地上部を一部枯らしますが年中青葉で過ごしますclover

Img_6728

Img_6722

Img_6780

2015年10月 9日 (金)

こんなときは多肉植物を楽しみます(ベランダガーデニング

秋はこれから迎える厳しい冬の寒さに耐える植物が活躍しますが育てられる品種が限られるのでベランダも春に比べると寂しくなってきますdown
”ガーデニング”もちょっと手持ち無沙汰になってきますが、こんなときは多肉植物を育てて楽しんでいます。

Img_6688


Img_6686

多肉植物は存在をあまり主張しませんが近くでいろんなフォルムを楽しめますnotes

Img_6689


Img_6690

Img_6692




そして寄せ植えや入れ物を替えるだけでも見え方が違ってくるのでいろいろと楽しめます。

Img_6696


Img_6694


Img_6695

何よりもスペースを必要としないのがいいですねscissors

Img_6700

2015年10月 8日 (木)

落ち着いてきたローズマリー(ベランダガーデニング)

4年前にオリーブのグランドカバーとしてブラキカムと共に矮性ローズマリーを植えてみたのですがうまい具合に共生しています。

Img_6681


Img_6684

ダメだったら他の植物を挑戦してみようと軽い気持ちで植えてみたのですがうまくいって嬉しいです。勿論、それぞれの性質を調べて寄せ植えメンバーにしたので可能性としては期待できるものでしたok

Img_6678


Img_6682

植物が長生きしてくれると嬉しいですね!
これからもこのメンバーでより長く楽しみたいと思っていますwheelchair

Img_6679


Img_6683

少し前にオリーブを植え替えしたときに寄せ植えしたと思ったのにもう4年も経っているのですね。土カバー用の小石を取り除いて土表面をチェックしてみると固くなっていましたsad
植え替えどきですねsign02

Img_6680

2015年10月 7日 (水)

開花準備中のミセバヤ(ベランダガーデニング)

今年のノーベル賞に日本人が続けて授賞!
連日嬉しいニュースが飛び込んできますねsign01
いやなニュースが多く重苦しい空気の最近ですが吹き飛ばしてくれましたsun

秋晴れに誘われて外に出たい気分になります。
折込広告にHCの秋・冬苗がPRされるようになり、早く植えたい気持ちになりますがこの誘いに失敗した経験があるのでもう少し我慢、ガマンhappy01

ミセバヤがかなりの数の蕾をつけて開花準備中です。

Img_6666

これから紅葉と同時に小さな花を咲かせますshine

Img_6669

何となくユーカリの姿に似ていますが葉は肉厚で赤い縁取りがあります。
肉厚葉に水分を貯めるので乾燥気味に育てた方がいいようですscissors
特に冬はかなり乾燥気味に育てています。

Img_6670


Img_6674

コンパクト仕立てにしたいためもあって肥料は殆どやりません。

Img_6675


Img_6677

2015年10月 6日 (火)

神戸・布引の滝(ベランダガーデニング)

今日は急遽、新神戸駅の裏山にある布引の滝を訪れてみました。
紅葉にはまだ早過ぎますが運動がてらにと神戸に長く住んでいても一度も訪れたことがなかったので行ってみましたsubway

Img_6623

かなりの急坂を登るのですが駅から近いので私にとっては丁度いい運動量です。

Img_6660

那智の滝(和歌山県)、華厳の滝(栃木県)と並んで日本三大神滝の一つらしい。
規模的には那智の滝や華厳の滝のような迫力はどうかなと思われるが(私はいずれの滝も生で見たことがありませんが)なかなかいい感じの滝ではないでしょうかsign02

Img_6636

両岸にはもみじなど紅葉する樹木が重なり 合ったようなロケーションでもありこれからの紅葉時期は見事な景色になるのではないでしょうか。その頃にもう一度訪れてみたい場所です。

Img_6651


Img_6656

帰り道は北野の異人館の通りを回ってみました。コンビニまで周辺の異人館に合わせた特別な外装に?

Img_6663

2015年10月 5日 (月)

花期の長いクレマチス「篭口」(ベランダガーデニング)

涼しくなってきて朝夕は肌寒いくらいです。
夏蒲団では丸くなって寝る始末になるので毛布を出して暖かくして寝ていますspa

クレマチス「篭口」が半鐘型の花を数個咲かせてくれましたnotes

Img_6611



このクレマチスは花期が長くてずっと楽しめます。花径が小さく可愛らしい花なので存在感が薄いですがベランダで観賞するには丁度いいサイズではないでしょうかsign02

Img_6612

ちょっと気になるのがうどんこ病が発生しやすい品種のような感じがします。
管理をもっと頑張れば何とかなるようなきもするのですが…coldsweats01

Img_6616

先日咲いたコメレイもベランダの隅っこから応援しています。

Img_6613

ミニバラも再び咲いてくれました。

Img_6620

ベランダの日陰でちょっと暗い感じの場所も明るい花を咲かせる植物を配置することで生きた空間になって嬉しくなりますdown

Img_6615


Img_6614

先日種まきした春菊と水菜が芽を出しましたbud
冷蔵庫の中で何年間もずっと眠っていた種子が土の中に入れられ、水をかけられると突然目を覚まして活動するなんてちょっと不思議な感じもしますhappy01

発芽率もよくて僅かな種ですみます。
これから大きくなる過程を楽しめて更にはおいしく食べられるなんて楽しみは続きますeye

Img_6617

2015年10月 4日 (日)

ラベンダーが咲いた(ベランダガーデニング)

今年は猛暑でかなり弱ってしまったラベンダーですが、植え替えて回復を待っていたら涼しくなってきた9月になると活動が活発になり蕾を付け始めて今朝は花を咲かせていました。

Img_6600

Img_6609

新しい青葉と穂状になった澄んだ青紫色の花は周辺を新鮮な雰囲気にさせてくれますclover
北海道のラベンダー畑を連想させるから条件反射としてそんな気持ちになるのでしょうかsign02

Img_6601

もう随分昔ですが最初にラベンダーに出合ったときは独特な香りに馴染めませんでしたが花が好きになってからはこの香りが好きになっていました。

今年は初めてカルーナの夏越しにも成功しました(まだ油断できませんがhappy01

Img_6602


ガーデンシクラメン、アリッサムは何とか夏越しに失敗しないようになりましたnote

これからは冬が苦手な植物達の冬越しの準備をしてやらないといけないですねdanger
ブライダルベールもじきに刈り込んでやらないと。ちょっと寂しいなthink

Img_6574


Img_6594

Img_6593

【独り言】
昨夜のラグビーワールフォカップの日本代表の活躍も凄かったですねsign03
今までは体力的に海外チームに劣ってスクラムでも劣勢だったのですが昨日のゲームは別次元の試合内容でした。
長い時間がかかりましたが互角いやそれ以上のゲームを出来る実力のチームに仕上がりこれから楽しみいっぱいです。

2015年10月 3日 (土)

ガーデンシクラメンの季節(ベランダガーデニング)

品種改良で冬の戸外でも楽しめるようになったシクラメンの1種のガーデンシクラメンの季節になってきました。

最近は八重咲きや豪華咲きなどいろいろなガーデンシクラメンが出回るようになって欲しくなります。
我が家はまだポピュラーなガーデンシクラメンを長生きさせて楽しんでいます。
鮮やかな色で冬の寒さを忘れさせて元気をくれるものを選んでいますhappy01

Img_6576

枯れてしまったら八重咲きも考えてみようと思っていますが、結構長生きしてくれます。

Img_6597


Img_6598


アイビーゼラニウム「カリエンテ」が再び咲き始めました。ゼラニウムは頑強で花期が長いのでいいですね! スペースのないエリアで花を楽しむなら第一に選びたくなる植物のひとつですring

Img_6580


Img_6583

木立性ベゴニアも葉っぱ+花で1年中楽しめる植物ですねgood

Img_6599




これから落葉してベランダが寂しくなっていきますがその時は雑貨が目を楽しませてくれないかと配置していますconfident

Img_6586


Img_6589


Img_6591


Img_6595

Img_6592





Img_6596

Img_6587


Img_6588

2015年10月 2日 (金)

爆弾低気圧(ベランダガーデニング)

台風並みの強風が長い時間吹き荒れるのでたまったものではありませんtyphoon
台風21号は先島諸島を襲って台湾そして中国に向かって日本本土は被害を免れたかと思われたのですが何の何の爆弾低気圧となって西日本、東日本と全国に強風、豪雨をもたらしましたrain
関西地方も昨日は夕方から急に南の風が吹き荒れ未明まで長時間に亘りました。
台風よりも長い時間吹き荒れるので気が気ではありませんsad

予めベランダの植物達を移動させていたので何とか被害を免れましたhappy01
朝方掃除をしておいたので床も大して汚れずに済み一安心です。

片付けをしているとクレマチス「ベルオブウォーキング」が咲いているのを発見!eye
強風の刺激を受けて開いたのでしょうねsign02
大変なことが起きたときにはよくサプライズがあります。

春の花よりも径が小さいのですが清楚な姿がいいですねscissors

Img_6561


モッコウバラを背景に勢いよく咲く姿が最も好きですが秋の澄んだ空を背景にひっそりと咲く姿もなかなかのものです。

Img_6562


Img_6564


もう一つ蕾があるのでもうちょっとベルオブウォーキングを楽しむことが出来るかもしれませんnotes

Img_6566

篭口も新たに蕾を付けていました。

Img_6569

今日は気持ちのいい晴れ、昨夜傷めつけられた身体癒すように陽射しを浴びています。

Img_6567


Img_6555

2015年10月 1日 (木)

日陰場所を活性化するシュガーバイン(ベランダガーデニング)

1年を通して全く日が当たらないベランダの奥の場所にシュガーバインを配して緑化に挑戦したのですが愛嬌のある5枚葉が生きた空間に変えてくれましたclover

Img_6552

Img_6535


Img_6539

日陰の影響か葉が少し変色しましたがこれがまたナチュラル感があって気に入っています。

Img_6532

瑞々しい姿も勢いがあっていいですが年季が入った姿もベランダに馴染んで共生感があって気に入ってますhappy01

Img_6546

土表面が乾燥したら水遣りし、3週間に1回程度の液肥をやっています。寒い冬は念の為室内に入れています。
寒さにも強そうなので1回ベランダに出したまま様子をみてみようかなとおもうもののなかなか実行にうつせませんcoldsweats01

Img_6530

下方のメダカも気に入ってくれてメダカ鉢の中に垂れ下がったシュガーバインに寄ってきます。

Img_6533

どこに配置してもそこの空間がグレードアップするシュガーバインは人気のある理由が理解できますup

Img_6538

スタベリアが開きました。

Img_6547

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »