« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

クレマチスの4,5,6番手として(ベランダガーデニング)

晴天が続き、気温も上昇してきたからかクレマチスの蕾が一斉に開き始めましたshine

昨日の正午頃からポンポン咲きのベルオブウォーキング大輪ブルーのHFヤングそして白い花のイワンオルゾンが我が家のベランダの4,5,6番手として開きました。

Img_2741

HFヤングは10個ばかりが緑色の壁際で同時に開いたのでベランダの雰囲気が様変わりしました。

Img_2709


Img_2719

Img_2768





Img_2720



GWらしくベランダもゴールデンsign02coldsweats01

モッコウバラが咲いてからは早くベルオブウォーキングが早く咲いてくれないかと毎日ウォッチングしていたのですがやっと咲いて競演に間に合いました。

Img_2748





Img_2722



このシーンを楽しみに1年間、いろいろと準備をしてきたので嬉しさは格別ですhappy01

Img_2725



まだ日当たりの良い軒先にはみ出した箇所のみなのでカメラに収めるのが難しいのでもう少しまってからの方がいいようですthink

Img_2751

Img_2726

Img_2710

イワンオルゾンは白い落ち着い感じで東側の壁でHFヤングと競演、壁際の下方部分を担当です。

Img_2762




Img_2764

ブルー系と白色系はクールな演出が出来、落ち着けます。
テッセンの白い花弁に紫色の花芯に憧れ育てていたクレマチスが「月宮殿」であることに気付く迄に数年もかかりましたcoldsweats01
(1年苗の名札上部に”テッセン”と記載があり、土中に挿し込んで見えない部分に小さな文字で「月宮殿」ですって…)

テッセンの代替として育てたのが「イワンオルゾン」です。花弁中央部に薄い黄色の縦筋が入った柔らかい感じの花が気に入りましたgood

Img_2789


Img_2770_2


Img_2771

2015年4月29日 (水)

クレマチス3番手は紫子丸(ベランダガーデニング)

クレマチスの蕾が一斉に開き始めました。

Img_2732





ダブル咲きの紫子丸の蕾がパッカーンと割れて花弁を覗かせましたsign01

Img_2692

まだ紫色に着色しておらず薄い緑色のままです。
これから時間をかけて本来の紫色に変わるようです。
他のクレマチスは大概開いたら色づいているのですが紫子丸は工程が異なるようです。

Img_2696


2012年計画から実施中の高所壁面緑化のエリアまで届きましたup

Img_2685



この場所は今年のガーデニングの強化エリアとして支柱を準備してその場所に誘導・誘引に頑張りましたhappy01

Img_2687


Img_2686

紫子丸八重咲きで多花性なので多くの花が咲き揃うと見栄えがあり、花期も長いのでベランダで楽しむ植物としてとってもいいですdollar
(ベランダはスペースが狭いので観賞期間が長いと効率的ですねgood

昨年末に蕾を付けたものが暖かくなってから色付いてきましたhappy01
(これが本来の姿ではなくもっと綺麗なので紫子丸に代わって言っておきますcat

Img_2691

今日のルビーグローの様子ですshine

Img_2693

毎日変化があってついシャッターを押してしまいますcamera
今日は背景の高所にHFヤングが咲いてくれました。
明日のブログに載せたいなpencil

Img_2727

Img_2665_2

ビオラはまだまだ元気ですrun
曇りで気温が上昇しないときは喜んでいるようです。

Img_2670

中でもフリル咲きビオラ「ミルフル」は茎もしっかりしていて強いですね。

Img_2717

ベランダが黄色、ピンクからブルー系の花へと変わりつつありますcat

Img_2683


Img_2684




Img_2718

2015年4月28日 (火)

2015年のモッコウバラ満開(ベランダガーデニング)

モッコウバラが咲き始めたときに春の嵐に見舞われたので今年の桜のように無惨なことになってしまうのかなと心配しましたがその後は晴れの日が続くのでいい感じの姿を披露してくれました。

Img_2616

Img_2631

約10年前にあの数十㎝高さだった苗がこんなに大きくなって年々ベランダを華やかにしてくれるなんて夢のようですshine

Img_2609

クレマチス「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」との競演が気に入り、毎年GWが楽しみになりましたが今シーズンはどうしたことでしょう?

Img_2622



モッコウバラが満開となり一部が散り始めたのですがクレマチスは未だ咲いてくれません。

Img_2636_2

Img_2623


Img_2661


Img_2645

競演が見られるかどうかハラハラしながら毎日早くクレマチスが咲いてくれないかと待ち望んでいます。

Img_2635

Img_2628

Img_2606


2015年4月27日 (月)

ゼラニウムの季節(ベランダガーデニング)

晴れの日が続いて気持ちいいですねsun
気温も丁度いいのでこれ以上暑くなって欲しくないですhappy01

葉模様や鮮やかな色の花が綺麗に咲くゼラニウムが目立つシーズンになりましたshine

Img_2541

催し物の受け付けに置かれて盛り上げ役を担っているゼラニウムもありますnote
(錦織圭選手参加のバルセロナOPでも盛んに映し出されています)
兎に角、元気が出る花ですねnotes
種類も多くて好みのものが楽しめます。

Img_2542

1年中ベランダに置いて楽しめるものも多く、手間もかからず育てやすいのが何よりですdollar
(一部は暑さ又は寒さに弱いものがあるので対策が必要です)

Img_2539

我が家ではアイビーゼラニウムペラルゴニウムを楽しんでいます。

Img_2544

今、アイビーゼラニウム「カリエンテ」が花期を迎えました。1年に何度も咲いてくれるので限られたスペースのベランダでは重宝する植物です。

Img_2540

もみじ葉ゼラニウムもよく花を咲かせて楽しませてくれます。

Img_2626



蕾を付け始めたので直に鮮やかな濃紅色の花を咲かるでしょうsign02
もみじ葉ゼラニウムは暑さに弱いので夏の間は北側のベランダに移動させています。

Img_2634


Img_2632

ペラルゴニウム・シドイデスは開花までもう少し時間がかかるようです。

Img_2659


Img_2660

暖かくなったときは嬉しかったのですが、これも過ぎると困りますねcoldsweats02
20℃を超えるとビオラが悲鳴を上げ始めますwobbly
弱ってくるとアブラムシに襲われてしまいます(予防のためにオルトラン粒剤を蒔いておきました)

中間期の今は後から咲いたエリゲロン・プロヒュージョンとコラボ中です。

Img_2595


Img_2596


Img_2592

次々と咲いてくれる植物達ですが日頃繰り返して咲いてくれる植物も見逃さないようにとウォッチしていますeye
大好きな花のひとつであるネメシアも老体に鞭打って咲いてくれました。

Img_2598

斑入りカレックスも穂がいい感じになってくれました(あくまでも私見ですがcoldsweats01

Img_2657


Img_2658

2015年4月26日 (日)

ベルフラワーが咲き始めました(ベランダガーデニング)

ベルフラワーは私にとってGWの花して楽しみにしていますが今年もGWが近づくと咲き始めましたshine

Img_2549


Img_2551

小さな花ですが密に咲くのでボリューム感タップリです。
鮮やかな青紫色でパッと周りを明るくしベランダの雰囲気が一変しますnote

Img_2545

10年以上もずっと植えっぱなしですが(時たま株分けします)生き続けています。
最近は上方の花壇のビオラが大きくなって日陰となるのでベルフラワーがひょろっと徒長気味になることがしばしばありますcoldsweats02

Img_2548


Img_2546

雨が当たりにくい場所なので結構長い期間楽しめます(花が濡れると溶けたようになって醜い姿になってしまうので御注意wobbly

Img_2547

午後からは晴れ間が広がって気持ちいいですhappy01

Img_2560


ルビーグローは花びらを更に大きく広げて大輪ヲアピールですpig
こんなに大きい花になるとは計算していませんでしたcoldsweats01

Img_2581

Img_2553

ベランダにブルー系の花が増えてきました。

Img_2555


Img_2554

このエリア(次の画像です)も初めてクレマチスを登らせてブルー系(いや赤紫に近いかな?)の花でデコレーション出来そうですconfident
ベノサバイオレシア、篭口、グレイブタイビューティなどです。更には今年植え付けた這沢も2,3年後には加わってくれるでしょうsign02

Img_2557

2015年4月25日 (土)

玉ゆらが2番手として(ベランダガーデニング)

今シーズンのクレマチス開花は「ルビーグロー」に続いてヴィオルナ系の「玉ゆら」が2番手として咲いてくれましたhappy01

Img_2508

Img_2485


「玉ゆら」は半つる性で比較的蔓が短く太めの蔓(茎)ということで自立もできるようなことが園芸書に記載がありましたが我が家のそれは無理でしたsad
先日の春の嵐で蔓が折れてしまいましたcoldsweats02
(セロテープで補強してやると復活しましたscissors

ベランダの日蔭場所になるのですが小型パーゴラに何かを絡ませたくて「玉ゆら」を選定して昨年から楽しんでいます。

Img_2524

Img_2486

その花の薄赤紫色と半鐘型の姿が気に入りましたgood
濃い緑の葉を背景として花を見ていると落ち着きます。イメージ通りのシーンを創り上げることができて満足です。
(メダカ鉢の”動”と玉ゆらの”静”のシーンを)

Img_2489



ちょっと困ったことは予定していた高さよりも高く蔓が伸びて処理(誘引)が大変であるlことですcoldsweats01

Img_2490



7号鉢に同じくヴィオルナ系の「グローリー」と一緒に植えてコラボを夢見ていますthink

Img_2505


Img_2501


Img_2503

まだ2つしか花が咲いていませんが、これから蔓が伸び、沢山の花を咲かせてくれるでしょうsign02

Img_2536


Img_2537

ブルーデージーが蕾をいっぱい付けましたshine

Img_2527

クレマチス「ルビーグロー」は花びらを大きく広げてアピールですup

Img_2512

Img_2530

2015年4月24日 (金)

ブルーベリーが満開に(ベランダガーデニング)

いろんな花が咲いてくれるのに見とれていたらいつの間にかブルーベリーが満開状態になっていました。

Img_2453

Img_2397


Img_2393

ベランダの中央付近に置いていると水遣りもそうですがチェックをつい忘れがちになってしまいますcoldsweats01

Img_2462

Img_2394


Img_2403


小さな花の集合体で姿が他の植物達とは異なるのでベランダのワンポイントとして育てています。
当初は結実を目指して異種を2本植えていましたが、もう1本が枯れてしまい今はこの木の花や樹形を楽しんでいますnotes

Img_2395


Img_2396

今日もスッキリといい天気sun
青空が広がってベランダの植物達の表情も違って見えますhappy01

青空を背景としたモッコウバラです。

Img_2444


Img_2449


レースフラワーも違った雰囲気にcamera

Img_2459

クレマチス「ルビーグロー」は日ごとに花数を増していますshine

Img_2483

Img_2491

ハツユキカズラも小さな蕾を付けて開花準備中です。
ずっと前は花を咲かせることが難しかったのですが最近は沢山の花を咲かせて楽しませてくれますnotes

Img_2450

Img_2446

2015年4月23日 (木)

クンシランが咲いてくれました(ベランダガーデニング)

名前とその姿からラン科植物と思われがちですが実際はそうではなくヒガンバナ科クンシランが今年も鮮やかなオレンジ色の花を咲かせてくれました。

Img_2423

田舎の玄関や縁側でよく見かけるこの花です。
見る度に余程愛されている花だと思っていました。
我が家のクンシランも私が故郷から持ってきたものです。
株分けしながら継続して育ててもう30年以上にもなります。

Img_2424


最近は管理が疎かになっているので色艶、花数が思わしくありませんthink

鉢内は根がびっしりと張っているのできっと息苦しいのでしょうsign02
最近いつ植え替えしたかと調べてみたらもう5年前でした。

その前も植え替えを怠っていたので反省したのですが…coldsweats01
これでは駄目ですね!

先日、近所の方に頂いたレースフラワーが花を咲かせるようですshine

Img_2415



命名されたようにレースを広げたような花なのですねsign02
まだレースを編み上げない状態なのでこれからが楽しみです。

Img_2417

Img_2458

クレマチス「ルビーグロー」が一気に開き始めましたshine

Img_2414




Img_2410_2


Img_2411

モッコウバラが満開を迎えましたshine

Img_2419

Img_2420

2015年4月22日 (水)

ミヤマホタルカズラを買ってきたのに(ベランダガーデニング)

昨年ミヤマホタルカズラのVIVIDな青色の花を楽しんだのですが醜い姿になってしまいましたcoldsweats02
地上部が段々枯れてきて先端部のみに辛うじて緑葉を残すのみになってしまいこのまま駄目になってしまうのかなと落ち込んでいたところですdown

Img_2362

VIVIDな色と姿が気に入ったのでもう1回挑戦してみようと先日新苗を買ってきました。

Img_2351


Img_2352

ところが最近、株元から柔らかい新芽を出し復活の兆しですbud
初めて育てるので新たに地中から新芽を出す性質を知らなかったので早合点したようですcoldsweats01

Img_2349



そして、何とか先端部に花も咲かせましたscissors

Img_2348

元々購入したときに根元部が枯れたような状態で葉が1枚も無かったので切り戻しは無理(光合成が出来ない)と思い解決策を探っていたところでしたflair
ミヤマホタルカズラは新旧交代しながら横に広がりながら生長する性質があるのでしょうねsign02

Img_2353

昨日開花スタートしたクレマチス「ルビーグロー」が次の蕾を開きましたshine

Img_2365

Img_2373





クレマチスと競演してくれるつるバラも蕾を付けて準備中です。

Img_2361



何だかワクワクしてきます。

今日は1日中晴れですが空気がヒンヤリして気持ちよく、植物達も喜んでいるように見えます。

Img_2355


Img_2360


Img_2357

2015年4月21日 (火)

クレマチスの1番手はルビーグロー(ベランダガーデニング)

昨日の「春の嵐」は全国的に荒れまくったようですねtyphoon
毎年この「春の嵐」に見舞われてベランダの植物が傷めつけられますweep
リビングからベランダの植物が吹き飛ばされそうになっている様子を見ていると心が痛みますdown
その嵐も昨日の夕方には収まりました。やれやれですnote

Img_2346

嵐の後はベランダの様子が大きく変わっていることがよくあります。
今朝、植物達が傷んでないかどうか見回っているとクレマチス「ルビーグロー」の蕾が割れて開き始めていました。

Img_2344

予想通りクレマチス開花の1番手となりましたmotorsports
薄紫色の花弁と濃い紫のシベは緑葉の多い今の時期に映えます。

Img_2347

ベランダ中央部のユーカリの前に鉢を置いているのですが、ユーカリの枝に届きましたup

Img_2341

紫子丸、ロマンティカに続いてユーカリとの競演に参加です。

Img_2328

これからクレマチスがベランダのあちらこちらで咲いてくれそうですshine

Img_2329

Img_2337

2015年4月20日 (月)

落ち着いたウォーターマッシュルーム&紅チガヤ(ベランダガーデニング)

朝から雨が降り、9時過ぎからは強めの南風が吹いていますtyphoon
折角1年も待ってやっと開花した植物達が美しい姿を披露してくれているのに可哀想ですsad
自然の成り行きに任せるしか仕方ないですねcat

4年目を迎えたウォーターマッシュルームはずっとメダカ鉢で元気です。
メダカの生育に一役かっています。

Img_2298


メダカが隠れるには絶好の場所のようですsign02

Img_2305


姫睡蓮のように1年で駄目になってしまうかもとあまり期待しなかったのですが、気楽に考えたのがよかったのかもしれません(姫睡蓮は日照が十分でないと生育が悪いのでしょうね?2度失敗をしたので諦めましたwobbly

Img_2309

このウォーターマッシュルームは半日蔭の場所でも育つようです。
むしろ、夏の暑さで水温が高くなると弱ってしまう植物のようなので半日蔭で比較的水温が上がらないことが功を奏すようですscissors

Img_2301

メダカ鉢に水浸させているので肥料はやりませんdanger
(植え付け時に緩効性肥料を埋めておきました)

丸3年経ったので年季が入ってきてナチュラル感のある姿になってしまいましたが、結構粘り強く葉っぱが水中をさまよっても生き続けますcoldsweats01

Img_2304


紅チガヤも初めての冬を越しましたpass
地上部を枯らすのですが新芽を覗かせて衣替えといったところですbud

Img_2307

ベルフラワーの蕾が青色に変わってきましたnote
私にGWが近づいてきたことを知らせてくれるベルフラワーです。
いつの日か一斉に咲いてベランダの景色を一変させてくれますshine

Img_2310

2015年4月19日 (日)

モッコウバラが7分咲き(ベランダガーデニング)

数日前に開花スタートしたモッコウバラが7分咲きになりましたshine

Img_2288


Img_2261

軒先からせり出した部分は一気に開きました。

Img_2262


Img_2258

冬の間、静かだったベランダが段々とに賑やかなってきました。
これからGWに向けて絶頂期を迎えます。

Img_2246


Img_2268

大好きなモッコウバラクレマチスがベランダいっぱいに咲いてくれる頃がMAXですup

Img_2284

モッコウバラは活動期なので7号鉢に毎日水遣りしているのですが土表面がすぐに乾いてしまいます(ちょっと窮屈なようです。毎年植え替え必要な感じです)

1週間に1回液肥(隔週で窒素系控えめの液肥)を与えています。

Img_2253

冬の花、ビオラもまだまだ元気です。
花がら摘みをしっかりして植物の体力消耗を抑えていますhairsalon

Img_2293

Img_2290


2015年4月18日 (土)

嬉しいことが!(ベランダガーデニング)

今朝、水遣りしているときに思わぬ物を発見sign03

ベランダで一番遅く新芽を伸ばし始めた「篭口」「グレイブタイビューティ」のグループを植え付けた場所で蕾を見つけましたeye

Img_2231_2





Img_2232_2


蔓を辿っていくと「グレイブタイビューティ」のようです。
3年前に苗を購入して僅かな花を見たのですが昨年は全く咲きませんでした。
日照不足で生長が不十分で蕾を付けないのかなと落ち込んでいました。

Img_2233_2


今年も芽を出すのが遅いうえ、ひ弱な芽だったので諦めないといけないのかなと成り行きに任せていました。

Img_2234_2


今年は隣に植えている「篭口」の勢いに乗せられたのでしょうか蔓も力強くなりました。
いつの間にか蔓も「篭口」に追い付いて私の身長を超えましたnote

Img_2236

何度も何度も株元までたどって「グレイブタイビューティ」であることを確かめ、そのたびに妄想が始まりますcoldsweats01

Img_2235_2


この調子だと「篭口」の反対側に今年植え付けた「這沢」も奇跡的に花を咲かせてくれるかもしれませんsign02
益々、妄想が広がりますnotes

Img_2242

東側の壁際に配置しているヴィオルナ系クレマチス「玉ゆら」も蕾が割れそうな感じになりました。

Img_2238


Img_2239



発育が遅くて心配しましたが一気に生長してくれましたup

Img_2240


いろんなクレマチスが日ごとに生長してくれます。

Img_2241

昨日、今日と晴れが続いていますsun
4月は雨の日が長く、多かったので晴れだと嬉しいですね。
ベランダの花のシーンも雨の日と晴れでは随分違います。

Img_2237


Img_2229

2015年4月17日 (金)

もうひとつの宿根ブラキカム(ベランダガーデニング)

何年目になるのでしょうか、今年も宿根ブラキカムが新芽を出して数週間で花を咲かせ始めましたbud

Img_2218


Img_2220



冬は地上部のか細い茎を殆ど枯らすのですが春になると新芽を覗かせてホッとさせてくれます。

Img_2221

ベランダの2か所で宿根ブラキカムを育てています。

Img_2227

日当たりの良い場所で育てているブラキカムはこぼれ種などで広がって先日から多くの花を咲かせていますが、こちらの日陰場所のブラキカムはそれほど広がりません。

Img_2228

オリーブのグランドカバーとしてほふく性ローズマリーと寄せ植えしています。

Img_2223


Img_2224


傍のメダカ鉢周りの植栽としても役割を果たしてくれます。

Img_2226

姫リンゴが満開となりましたが蜂の姿を見かけないので今朝綿棒で受粉作業をしてやりましたhappy01

Img_2216


2015年4月16日 (木)

クレマチスのシーズンスタート!(ベランダガーデニング)

クレマチスの開花シーズンがいよいよスタートですrun

Img_2205


Img_2206

クレマチスは大好きな花の一つで今ベランダには17品種が育っています。
未だ幼い苗や消滅しかかっている苗もありますが、大概は勢いよく蔓を伸ばして蕾モードに入っています。

Img_2204_2

最も遅い品種は先週末にやっと地上に新芽を出しました。

Img_2195

毎年1番最初に咲いてくれるのは「月宮殿」でしたが、最近は新入りの「ルビーグロー」です。
鮮やかな青紫色の花びらで迫力のある花で元気をもらえますup

Img_2210

ポンポン咲きのベルオブウォーキングも既に大きな蕾を膨らませて準備万端です。
モッコウバラとのコラボが毎年の楽しみです。

Img_2211



日当たりの良い場所に誘引しているので沢山の花を咲かせて豪華さがありますshine

Img_2212

紫子丸は昨年末まで花を咲かせて(残念ながら発色はしませんでしたcoldsweats02)昨シーズン以上に大きくなって高所壁面緑化に貢献してくれそうですdog

Img_2214

日蔭場所で昨年は生長がすぐれなかったグレイブタイビューティ篭口と競争するようにいい感じで蔓を伸ばしているので今年は花を見ることが出来るかもしれませんsign02

Img_2213_2

クレマチスを育て始めた頃は大輪花で賑わいをと増やしてみましたが、最近は半鐘やつぼ型の花にはまっています。
半日蔭場所に置いていますが(あとから育てる植物はこんな場所しか残っていませんcoldsweats02)昨年は元気に育ってくれましたbud

ヴィオルナ系の「グローリー」と「玉ゆら」はスタートが少し遅いのですが一気に追いついて今にも咲きそうな勢いですup

Img_2202

2015年4月15日 (水)

あっと言う間に満開の姫リンゴ(ベランダガーデニング)

つい2日前に開き始めた姫リンゴの花があっという間に満開状態になりましたshine

Img_2174


Img_2176

ソメイヨシノが瞬く間に満開となるように(それよりも速いような)姫リンゴが房状に沢山の花を咲かせました。

この時だけは日頃は薄暗いベランダの片隅もパッと明るくなりますflair

Img_2177


あとは早く蜜蜂がやってきて蜜を集める作業をしてくれることを期待です。
蜜蜂の姿を見かけないときは綿棒で受粉作業をしますhappy01

Img_2181


Img_2183


今日は久しぶりに青空が覗きましたsun
ほんの僅かの時間ですが日が射すと植物達が喜んでいるように見えますnotes

昨日開いたモッコウバラも嬉しいようです。

Img_2185


Img_2187

Img_2189

2015年4月14日 (火)

2015年のモッコウバラ開花スタート(ベランダガーデニング)

やはりモッコウバラが開きました。
昨日の風に枝を振り回されてか蕾が弾けて黄色い花を咲かせましたshine

Img_2108

昨年植え替えをしたので今年はしませんでしたが、7号鉢だと根がビッシリ張っています。
そのせいか根詰まりしているような葉の色の濃さですcoldsweats01
来年は鉢増ししなくては。

軒先からはみ出して日が当たる箇所の枝にはビッシリと蕾を付けました。

Img_2130




Img_2105

Img_2106

ベランダでこれだけの花を咲かせてくれるとテンションも上がりますup

Img_2102_2


今年は昨年と比べてどうでしょうかsign02

Img_2157

植え付けた9年前は50㎝程度の高さで早く花を咲かせようと頑張って管理したものですcoldsweats01

Img_2153

もうじき咲いてくれるクレマチス「ベルオブウォーキング」とのコラボを見られることがこのエリアの楽しみですnotes

Img_2134

Img_2133


Img_2140


Img_2139


日陰になるベランダ奥にも誘引しているのですがこのエリアには蕾があまり見当たりませんcoldsweats01
やはり花を咲かせるには日照が必要なようですね。

Img_2141

Img_2155

モッコウバラの花の少ない分、クレマチスが頑張ってくれるでしょうsign02

Img_2111


雨の日が続いていますrain
それでもベランダなら濡れることなく植物を楽しめますnotes
日頃は庭のようなスペースを欲しますがこんな日はベランダの利点を享受できますhappy01
腰掛に座って春の気分を味わっていますjapanesetea

Img_2142


Img_2144

2015年4月13日 (月)

姫リンゴが咲きました(ベランダガーデニング)

またまた雨ですねrain
東の風が強くて窓が開けられないほどです。
桜の花が殆ど落ちてしまって葉が覗いてきましたclover

真っ白い姫リンゴの花が咲きました。
気持ちいいほどの純白です。

Img_2079_3



Img_2080_3




新年度のスタートにふさわしい花のようで私の気持ちが入れ替わりますhappy01

Img_2081


まだ部分的にしか開いていないのでパッとしませんが白い花が沢山咲いてくれるとフレッシュ感があふれて新鮮な気持ちになれますshine

Img_2082


次々と花が咲いてくれるベランダになってきました。
次はモッコウバラでしょうかsign02
今朝の雨風の刺激を受けて今にも開きそうですhappy01

Img_2083

球根を植えっ放しのガーデンシクラメンが花を付け始めました。
HCなどでは既に過去の花となった(開花調整されてクリスマスの時期が最も店頭を賑わせていますね)ガーデンシクラメンですが、我が家のベランダでは3月頃から開花時期のようですshine

Img_2096

Img_2127

Img_2128





そろそろゼラニウムが鮮やかな花を咲かせるシーズンですね!
街路などいろんな場所でハンギングされている姿を観賞出来るので楽しみです。

Img_2099

2015年4月12日 (日)

ベルフラワーに蕾が(ベランダガーデニング)

いろんな花が咲いてくれるようになって毎日が楽しくなってきました。
あの寒々しい冬のベランダが嘘のようですhappy01

ベルフラワーが蕾を付けるようになりました。

Img_2072


Img_2073


店頭では薄紫色の小さな花がビッシリと咲いたものが売られていますが、本来のサイクルではこれからが花期ですshine

Img_2059


Img_2060

我が家のベランダでは丁度”ゴールデンウイーク”の頃に一斉に咲いてパッと明るくしてくれます。
私のガーデニング熱にスイッチが入る瞬間です。
花の力は凄いものがありますねsign02

Img_2061


Img_2062

ベルフラワーの花は雨に弱いのでベランダで育てるのが好都合ですscissors

Img_2063


Img_2064

2015年4月11日 (土)

繰り返し咲いてくれるアリッサム(ベランダガーデニング)

Img_2029

春と秋に小さな花を繰り返し咲かせてくれるアリッサムです。

Img_2049


Img_2051



容易に手に入る植物なので寄せ植えのグランドカバーとしてその都度買ってきては育てていたのですが、最近はアリッサムが夏越し出来るようになり木質化した姿になってしまいました。

Img_2042


Img_2044


目立たない花ですが、色が少なくなったベランダに色を添えてくれる助っ人です。

Img_2050

今はコニファの寄せ植え鉢とネメシア+エリゲロン・プロヒュージョンとの寄せ植えにアリッサムがずっと生き続けています。

夏前に短く刈り込んで涼しげな姿にしてやると苦手な夏を越すようですhairsalon

Img_2046_2


新苗のフレッシュ感ある姿も好きですが、木質化した茎が現われたナチュラル感のある姿を気に入っていますscissors

Img_2030


Img_2047

 

クレマチスの蕾が大きくなってきました。
ベランダの両サイドと中央部そして天井壁面とあちらこちらに蕾をつけていくので楽しみいっぱいですhappy01

Img_2057

多肉植物も活動を始めたようです。
新しい芽を伸ばし始めましたbud

Img_2037


Img_2038


Img_2036



2015年4月10日 (金)

姫リンゴの花が咲きそうです(ベランダガーデニング)

木苺の白い花に引き続いて、姫リンゴの白い花が咲きそうですshine

Img_1984

同じ白でも花の感じは随分違いますsign01

Img_1985



単独で柔らかい感じでおとなしく咲く木苺の花に比べ房状に真っ白い花がパッと咲く姫リンゴは周りが一気に明るくなりますflair




Img_1986



ベランダで最も暗い箇所に置いて日頃は薄暗いエリアなのですが姫リンゴの花が咲いてくれるときだけは明るくなります。

Img_1988


Img_2020


花が咲く頃には蜜蜂がやってきて受粉作業を手伝ってくれます。

Img_2022


Img_2023


Img_2024

今日の木苺の花の様子です。

Img_2025

1日中雨が降って残念ですrain
洗濯物を干しにくくなったのでビオラを東側ベランダに移動させました。
違った場所で見る花もまた新鮮に見えます。

Img_2026


Img_2027


今の楽しみのひとつ、パーゴラに絡ませたモッコウバラが咲いてくれることですhappy01
毎日先端が黄色くなった蕾を早く弾けないかと待っています。

Img_2007

ヒューケラが活動を開始して葉っぱを大きく広げ始めました。

Img_1992

2015年4月 9日 (木)

ブライダルベールのベランダデビュー(ベランダガーデニング)

冬の間、短く刈りこんで東側のベランダに避難させていたブライダルベールを本来の位置である南側ベランダのアーチにハンギングです。

Img_1975


昨年植え替えたこともあってか今年はプランター内の栄養が足りたのでしょうね、地上部をあまり枯らさずに冬を乗り越えましたcat
勿論、昨年は濃い色の茎葉が整った姿で枝垂れて沢山の花も咲かせましたshine

Img_1981

地上部の枯れた茎を切って養生してやってからハンギングです。

Img_1974



このブライダルベールはもう何年になるのでしょうか、かなり長生きしてくれます。

Img_1978

アーチやパーゴラに絡ませているモッコウバラクレマチスの緑葉や蕾が増えてブライダルベールを迎えてくれました。

Img_1980

モウッコウバラの蕾が膨らんできましたshine

Img_1983

Img_1982

ブライダルベールの上方に蔓を伸ばしていたアケビも一気に新葉を付けましたbud
東側ベランダの壁面緑化として今年も活躍してくれるでしょうsign02

Img_1963

春の色も段々と増えてきましたcherryblossom

Img_1998


Img_1995


そうなってくると冬の植物達とはもうじきお別れしなくてはなりませんweep

Img_1989


Img_1997


2015年4月 8日 (水)

クンシランが頑張ってくれています(ベランダガーデニング)

昨年は絶対に植え替えしないともう駄目になってしまうくらいになっていたクンシランが頑張ってくれて蕾を付けてくれました。

Img_1960

昨年、鉢内にびっしりと根を張って危険な状態になっているにも拘わらず植え替えのタイミングを逸してしまいました(ちょっと怠けグセが出てしまいましたcoldsweats01
ちなみに昨年は花が咲きませんでしたcoldsweats02

Img_1961

この葉の色だとプラ鉢だと鉢を割ってしまうほどの根が張っているのではないでしょうかsign02
クンシランの根は強くて鉢を割るほどですbomb

植物も健康だと色艶よく、花も沢山咲かせます。
鉢植えは植え替えをして鉢内を健全な状態にしてやらないと植物は弱ってしまうし元気な花を咲かせませんdangercoldsweats02

今年こそは植え替え適期の花後に植え替えなきゃhappy01
(時計草と一緒に作業すれば効率的かな…)

クレマチス「這沢」とオスティオスペルマムを植え付けました。
既に寄せ植えしているプランターに植え付けるときは他の植物が根を張っているので作業が難しいです。
根を傷付けないように土を掘り起こさなければなりません。

Img_9626

Img_1965


Img_1966

こちらはクレマチス「這沢」です。
まだまだ小さいので将来が心配ですが頑張って欲しいですdog

Img_1967

クレマチスの成長の勢いに元気をもらっています。
誘引が間に合わず暴れ回っている蔓もありますcoldsweats01

Img_1973

Img_1968




スタートが遅かった「玉ゆら」もあれよあれよと蔓を伸ばし先端には蕾まで付けましたeye

Img_1970

雑貨と植物が互いに引き立たせてくれる季節になりましたclover
イメージを描いたシーンです。

Img_1950





Img_1956

2015年4月 7日 (火)

ブルーベリーの実がふっくら(ベランダガーデニング)

桜の花が咲いているというのに空がスッキリしませんねwobbly
青空を背景にした桜の花は最高に美しいのですが…
その上、今朝は冷え込んで窓の結露の凄いこと、久しぶりの結露拭きに泣かされましたweep

ブルーベリーの蕾がふっくらしてきました。

Img_1945


Img_1915






昨年はいつ咲いたかなと調べてみたら4月下旬でした。それ以前も大体4月下旬でした。

Img_1940

今にも咲きそうな感じですがもう少し時間がかかるのですねsandclock
せっかちな私は待ちきれないcoldsweats01

Img_1917

今年はヒヨドリが様子を窺っているので直ぐに無くなってしまうかもしれません。
(余程美味しいのでしょうねsign02

Img_1932


背景に写り込んでいる雑貨(ウォールデコレーション)は昨日買ってきたものです。
壁際シーンを良くして植物達を引き立ててやろうと思い検討して決めましたthink

Img_1941

Img_1938



これでこの壁面の仕上げも一段落です。

Img_1936

立体感を出せないかとか植物が生き生き見えるためにいろいろな段階を経てここまで辿りつきましたhappy01
様子見しながらステップアップですup
(飽きてきたり、何かを閃いたときに再検討ですhappy01

Img_1935

雑貨屋で一緒に買ってきたボール状鉢には苔を入れてメダカ鉢の傍に置いてみました。

Img_1947


Img_1946

ベランダで育つ植物がひとつ増えるだけで嬉しくなりますnotes
日陰で育つ植物は特に嬉しいです。

Img_1957

2015年4月 6日 (月)

木苺が咲きました(ベランダガーデニング)

あれよあれよという間に木苺の花が咲きましたshine

Img_1924


見る度に思うのですが、柔らかい木綿の感じの花です。
クシュクシュとした花びらがほんのり感を出してくれます。

Img_1919

Img_1922

Img_1930







傍の山椒も負けじとばかりに小さな小さな蕾を沢山つけましたよ。

Img_1926

Img_1923




Img_1927


この2本の木はいつも競い合っているようですrun
新芽を出すのも花を咲かせるのも早くてほぼ同時です。
仲がいい感じす!

Img_1920


Img_1921

クリスマスローズ「リビダス」も花期を終えようとしています。

Img_1913

2015年4月 5日 (日)

ラブラドリカが咲きました(ベランダガーデニング)

ずっと開花を待ち望んでいた桜の花も雨風で無残にも散ってしまいましたcoldsweats02
はかないですね!
今年はあまりにも天候とのタイミングが悪かったようです。

 

………

可愛らしい紫色の花が咲きました。

Img_1900



冬の寒さに強く、濃紫色の葉っぱがずっと楽しめるのでベランダで育て始めたのですがグランドカバーとして頼もしい植物ですね!
ビオラ ラブラドリカです。

Img_1898


ラブラドリカは耐寒性がある植物でその寒さに当てないと花が咲きにくい性質があるので過保護に室内に入れてしまうと折角の花を見られる機会を逃してしまうかもしれませんcoldsweats01

Img_1901


これからは2,3週間に1回くらい液肥を与えます。水キレにはくれぐれも注意した方がいいようです。回復困難なようですdanger

Img_1902

もうじき冬が好きな植物を寄せ植えしている鉢は夏が好きなアメリカンブルーと交代です。

クレマチスの活動が著しくなってきて誘引作業に忙しくなりましたrun

Img_1904

Img_1908





ヴィオルナ系クレマチスは芽が伸びずに心配していたのですが、動き始めるとあっという間に1m近くまで伸びましたeye

Img_1903

ブラキカムの花が増して花壇らしいシーンになりましたcoldsweats01

Img_1905

ツルニチニチソウも。

Img_1907

ホットリップスsign03

Img_1906




春、春、春らしくなってきましたhappy01

Img_1910

2015年4月 4日 (土)

2012年、2013年壁面緑化計画の今(ベランダガーデニング)

昨日の嵐でクレマチスの蔓が乱れに乱れてしまいましたcoldsweats02
それでも随分生長してくれたので嬉しいですnotes
昨シーズンよりも沢山の花を咲かせてくれそうな感じです。

Img_1893


2013年計画で新たに攻めている壁面もクレマチス「ロマンティカ」に加えて紫子丸、更にはHFヤングが頑張ってくれるようになりました(本当にHFヤングかどうかは蔓を追ってもわからないのですが…多分そうでしょう)

Img_1885

Img_1887




2012年計画の壁面モッコウバラの応援もあってノウゼンカズラ、クレマチス「篭口」等が壁面緑化に頑張ってくれていますrun

Img_1895


今シーズンは「篭口」「グレイブタイビューティ」がかなり頑張ってくれそうな予感がします。蔓の伸びに勢いがあります。

Img_1896

天気予報では天気がよくないことでしたが晴れ間も出て桜を楽しめそうですcherryblossom

Img_1891

午後から用あって西宮に出掛けたのですが、どこの駅も春休み+花見で人でいっぱい、混雑していました。
帰り道で出会った桜の木を撮ってみましたcherryblossom

Img_9625

2015年4月 3日 (金)

これから春のベランダに(ベランダガーデニング)

昨日、冬の対策から解放してやっとベランダを本来の配置に戻しました(室内に取り込んでいた観葉植物などをベランダに出してやりました)

Img_1872


Img_1874

重いコートを脱いだような開放感で肩の力を抜くことができ、ホッとしますhappy01
やっぱり嬉しいですね!

Img_1861

Img_1867



自分が計画したベランダ植栽図が実現できるかどうかこれから楽しめますnotes

Img_1860


ところが今日は朝から”春の嵐”が吹き荒れていますtyphoon
東北地方は警報が出ているくらいだから台風並みなんでしょうねcoldsweats02

毎年4月上旬にこの”春の嵐”に襲われてベランダの植物達が傷めつけられてしまいます。
折角活動を開始した矢先にダメージを負ってしまうと生育速度に影響しますdown

Img_1878


少しでもダメージを抑えてやろうと避難できる植物は風が当たらない場所に移動させましたrun

勢いよく伸びているクレマチスの蔓も風に飛ばされそうになるので何かに摑まろうと必死の形相です。

Img_1877


昨日、ベランダに出された植物達はビックリしているでしょうねsign01
いきなりこの強風ですから。

観賞する私は見たいシーンが見られるので嬉しいのですが…happy01

今朝、水遣りするときに今は土だけでむなしい姿になったポットの中央部に何やら”つま楊枝”くらいの大きさの緑色なるものを発見eye
これはきっと昨年挿し木したヴィオルナ系クレマチスの新芽に違いないでしょうねsign02
長い月日が経た後にこうやって生きた証を覗かせてくれると嬉しいっですね。
水キレさせずに見守った甲斐がありました。最高!!!!

Img_1875

傍に置いている種からのクレマチス「這沢」は順調に生育しています。
何処に植え付けようかと慎重に検討中なんですhappy01

Img_1876

2015年4月 2日 (木)

ヘンリーツタとオレガノの植え替え(ベランダガーデニング)

小さなポットに植えてハンギングしているヘンリーツタオレガノディクタムナスを植え替えてやりました。

Img_1859

鉢内が根でいっぱいになっているだろうと毎年植え替えるようにしています。
案の定、根がまわって息苦しいようですね。

Img_9616

Img_9620


半分の土を取り除いて、古い根を切り取って同じポットに植えつけです。鉢増しするとハンギングポットに入らないので毎年同じサイズのポットです。

Img_9618

用土は赤玉(小粒)6、腐葉土4の割合で緩効性肥料を適量混ぜたものです。
植え付け後に活力液を薄めた水をタップリやって植え替え作業は終わりです。

Img_9621

ヘンリーツタは既に芽吹いて葉を形成しつつあります。

Img_1862



今シーズンも昨年同様にこれから年末まで、結実、紅葉と長い期間楽しませてくれるでしょうnotes

オレガノディクタムナスは昨シーズンは調子悪く花を一つだけしか咲かせてくれませんでしたcoldsweats02
ひょっとしたら勘違いして植え替えをしなかったのかもしれないなと…で今年は必ずと思い植え替えしましたcoldsweats01

今日は防寒対策のビニル袋やカンレイシャを取り除いたり、室内に入れていた植物をベランダに出しました。
その後、春苗を求めて園芸店に出掛けてみましたrvcar
目的のひとつのクレマチスの苗は気に入りのものが無くて断念、サフィニアアズーロコンパクトなどを買ってきました。

Img_1869

今回、初めてオスティオスペルマムのコンパクトタイプ(?)のキララ(サントリーフラワーズ㈱の商標登録)を買ってみました。
私のベランダサイズに丁度合っているかなと初挑戦ですhappy01

Img_1870

2015年4月 1日 (水)

日蔭でも咲くツルニチニチソウ(ベランダガーデニング)

一斉に桜が開いたかと喜んだのに朝からシトシト雨ですrain
テンションが少し下がり気味ですdownhappy01

春本番になりましたねcherryblossom
ベランダでも春らしいシーンが見られるようになってきて朝が楽しみになってきました。

先日、日当たりの良い場所に置いているツルニチニチソウが咲いたのですが、今度は日蔭場所にハンギングしているツルニチニチソウが咲いてくれました。

Img_1839


Img_1847

一昔前は花を咲かせることが難しい植物でしたが品種改良されたのでしょうね、最近は殆どの苗が花を咲かせてくれるようですsign02

Img_1852


花が容易に咲いてくれると嬉しいですよね。
育苗に携わる方々の努力によってこうやって楽しめる訳ですねscissors
何の気なしに楽しんでいる植物も、病害虫に強く色々な色形のものが日々開発されているようですshine

Img_1840


ここ2,3日の強烈な陽射しから免れたビオラは休息できるようですsleepy

Img_1850


Img_1842

今の時期は土中からタップリ養分を吸収しながら光合成を繰り返すので元気もりもりといったところです。

Img_1848


Img_1849

Img_1851

水菜もとうとう花を咲かせるようになりました。
鍋して楽しんだ後は花を楽しませてもらいましょうnotes

Img_1854

花期を終えようとしているクリスマスローズですが最後の花(?)として可愛らしいのを咲かせました。
精一杯頑張ったのでしょうねsign02

Img_1857

新しい花が咲く喜びがあるかと思えば花期が終わり、また来年まで会えない植物もありちょっと複雑な気持ちになります。

Img_1844_2


Img_1845_2

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »