« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

背景板の取付(ベランダガーデニング)

今朝は震え上がるような寒さで窓に結露した大粒の水滴も拭き上げても直ぐにまた曇って結露を開始するほどでしたsad
今日は気温も上がらず冷蔵庫の中のような1日みたいですsign02

昨日製作した背景板ミニトレリスに取り付けるために朝から頑張りましたrun
(昨夜は夜なべして文字など化粧(加工)仕上げしてみましたcoldsweats01

Img_0741


単調な白い壁面を少しダークな色に(私の気に入りのグリーン系)にして雰囲気を変えてみようと試みるものです。

Img_0729


板の切断やねじ止めは寒いベランダで手を震わせながらの作業です。
好きなことをやるときは厳しい条件でもやれるものですねcoldsweats01

Img_0734_2


壁面にしっかり取り付けるのは結構難しいものですcoldsweats02
釘を打ち付ける訳にはいかないし、立てかけるだけでは台風時に倒れてしまうし…
コンパクトにカチッと固定させておかねばなりません。

Img_0736


今は傷んだ植物の物置(仮置き)状態なので春の本番が楽しみですcherryblossom

次の画像がボード(背景)無しのときの様子ですがどうでしょう?

作業が終わったときには身体が冷え切ってしまいましたが、いつもと違ったシーンは新鮮でまたベランダに出た時の楽しみが増えましたnotes

Img_0714

2015年1月30日 (金)

冬に逆戻り!(ベランダガーデニング)

冬らしくなりましたね!

東京ではかなりの雪が降ったようですねsnow
これまでが暖か過ぎました、寒さに慣れていない身体なので体調管理に気を付けましょうdanger
神戸は朝から冷たい雨が降り続きましたrain

植物の変化が少ないので雑貨を見つけるかDIYをしてベランダをブラシュアップ出来ないかといろいろ考えてみましたthink

攻める場所をあれこれ探してみましたeye

……

ありました!と言いますか、無理やり決めた所がここです。

Img_0714


背景が躯体の白壁のままだったので変えてみたらどのような雰囲気になるかと取り敢えず違った色にしたらどうかなと板材を買ってきて塗料を塗ってみました。

Img_0715


一応4時過ぎに塗装は終了しましたが雨なので板材を切断すると掃除が大変なので今日は止めておこうと設置は明日の楽しみに残しておきました。

リビングで作業をしているといつものヒヨドリジョービタキがやってきました。
ベランダで遊ぶのはいいですが最後のオリーブの実を食べてしまいましたwobbly

Img_0724



これらの野鳥は今のところ花を食べないので歓迎しています。

今シーズンのジュリアンは”バラ咲き”が目立っていたような気がします。
どんどん品種改良されて色々な花を楽しめるようになりましたねnotes

Img_0716

Img_0718

ビオラもF1ナチュレで”ブロンズシェード”とやらを初めて楽しんでいます。
なかなか渋めの色あいで興味津々毎日様子を観察していますsearch

Img_0722

フリル咲きビオラ「ミルフル」は豪華咲きで貫録あり、高価ですがそれなりの風格があって頼もしい花ですpass

Img_0720

2015年1月29日 (木)

嬉しい新しいシーンの発見(ベランダガーデニング)

昨日は午前は病院、午後は全豪オープンテニスの錦織圭選手の応援でガーデニングはお休みしてしまいましたcoldsweats01
錦織圭選手、善戦しましたが残念でした。でもこれまで随分楽しませてもらって大満足です。

今朝の冷え込みは厳しかったですね、窓の結露が半端ではありませんでしたsign01
戸を動かそうものなら滝のように雫が流れ落ちるほどwobbly

明日は雨予報なのでいつもよりも入念にベランダの掃除をして活動中の植物には液肥、休眠状態のものには水遣りしておきました(勿論、乾燥している植物にです)

ミニバラが活動開始してしっかりとした新葉を覗かせましたbud
濃い緑葉は力強くてこれからのイメージが広がって嬉しくなりますnotes
春がすぐにやってきてくれそうな気にもなりますcherryblossom

Img_0703

中腰になってミニバラを観察していてつい視線をそらすと日頃気付かないシーンが見られて新鮮な気分になりましたhappy01

Img_0699

Img_0702

今日は曇り空でちょっと暗いベランダですが黄色など明るい色の花が明りを灯してくれますflair

Img_0705


Img_0706


花単体の生育過程の観察も好きですがベランダのアレンジメントを楽しむことが好きなので新しいシーンの発見はレパートリーが一つ増えた気分になれますnote

Img_0707

Img_0710

【独り言】
年賀はがきのお年玉プレゼントで切手シートが2枚当たったので交換しに行ってきましたpostoffice
手紙を書くことが殆どないのでそのまま切手ホルダーに収めています。
貯めていても仕方ないのでそろそろ”小包”に利用して整理ですねhappy01

Img_0694


昔は話題の商品が1等賞だったのですが、何と今年は1万円sign02 
ネットが普及して年賀状を出さない人が増えたとかで冴えない通信手段に扱われるようになった影響でしょうか、1等賞も全く話題になりませんねcoldsweats02

Img_0695

2015年1月27日 (火)

1月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

全豪オープンで錦織圭選手が快進撃ですねtennis
観ていて感動しますsign01世界ランキング5位らしい風格ある試合内容です。
厳しい試合が続きますが次の昨年覇者ワウリンカ選手にも立ち向かって欲しいです。
毎日が楽しみですnotes

昨日、今日と少し寒さがやわらいだ感じです。しかし、明日からまた厳しい寒さになる模様です。インフルエンザも流行っているので気を付けないといけないですねsign01

最も寒い1月下旬を迎えましたsad
山にエサが減ってきたのか小鳥がベランダによくやってきます。

冬の花ビオラが勢いを増しました。

Img_0678


Img_0680


全部のプランターの苗が花を咲かせました。メイン花壇が華やかになってきましたshine

Img_0682

フリル咲きビオラ「ミルフル」、F1ビビッド、ノーブランド苗などいろんな色・模様のビオラガ誰にも負けじと頑張っています。

Img_0692


ベランダ西側にハンギングしているブルーの「ミルフル」も花数を増して存在感を増してくれました。

Img_0687


今の時期は2週間に1度くらいに液肥をやっています。

Img_0689

Img_0679

2015年1月26日 (月)

スノードロップが咲きそうです(ベランダガーデニング)

3日前に投稿したスノードロップですが、白い蕾が覗いてきましたeye

Img_0668


嬉しいですnotes
自立した茎に一つの花を下向きに咲かす健気な姿は寒空の下でも黙って「頑張るぞ!」と私にエールを送ってくれているように感じますhappy01

Img_0669


独特な花・姿ですねsign01
一見スノーフレークに似ているのでウオーキングしているときに庭先で見かけるときは間違うこともあります(立ち止まってじっくり見ることが出来ないのでcoldsweats01

Img_0670


毎年2月前後にスノードロップが咲いてくれるので楽しみです。
1年中、何かの花がベランダに咲いてくれないかと選定しているのですが、あまり自己主張しないスノードロップは私の最もお気に入りの花のひとつですshine

Img_0674


Img_0675

2015年1月25日 (日)

クレマチスの強剪定(ベランダガーデニング)

寒くても気になるのがクレマチスバラの管理です。
寒い冬の休眠期だからこそやっておかないといけない作業がありますdanger
これをやっておかないと結果が春になってから表われるので大事ですねcoldsweats02

今日はクレマチス新枝咲き品種であるテキセン系の「グレイブタイビューティ」インテグフォリア系の「篭口」の強剪定をしましたhairsalon

Img_0654

どちらのクレマチスの株元にも地中から新芽を覗かせているので蔓が2m高さまで伸びているのですが徐々に枯れつつあったりうどん粉病に襲われているので地際から3,4節を残して剪定(強剪定)してやりました。

Img_0661_2

Img_0663_2


折角伸びている蔓を切るのは切ないけれどもこれらの植物にとってはこの方が今春からの生育にとってはいいようですgood

Img_0666_2

勿体ないような気もしますが植物の性質からして育てる上でポイントのようですbook

今日も穏やかな天気に誘われてオキザリスの花が開いています。

Img_0657

年末に大胆に刈りこんだホットリップスが新芽を伸ばしています。
ナチュラル感が低減しましたが整然とした姿は気持ちいいですcoldsweats01

Img_0656


2015年1月24日 (土)

カルーナに再々挑戦してみます(ベランダガーデニング)

耐寒性は非常に強いカルーナ冬の寄せ植えとして過去2回ほど挑戦してみましたが、7,8月頃になると弱ってしまい駄目になってしまいました。
ベランダで夏の強い直射日光は当たらないのですがそれでももう少しで涼しくなろうかというときに枯れてしまいます。
夏を乗り切れないのですsad

Img_0648


2回駄目にしたので諦めたのですが数年経ったので再々挑戦してみようと思い、耐暑性がかなり弱いので今回は夏は北側の涼しいベランダに避暑させてみようと思っていますhappy01
特に夏の姿を楽しむ訳でもないので一旦避暑させておいて涼しくなる頃に寄せ植えして楽しんでみることに。

Img_0651_2


品種改良されて耐暑性も多少上がっていれば嬉しいのですが…coldsweats01

10日くらい前に新芽の活動を開始したクリスマスローズは活動を加速しました。
新葉を形成して春の開花準備中です。

Img_0644


Img_0645

ガーデンシクラメンのショッキングピンクの花は寂しいベランダを明るくしてくれるし、元気をもらえますrun

Img_0652

2015年1月23日 (金)

スノードロップ、クロッカスとの再会(ベランダガーデニング)

今シーズンは新たに球根を植えなかったのでスノードロップとクロッカスに出合えるかどうか心配でしたが(ムスカリ、水仙は球根を植えっ放しでも大丈夫なのですが)芽を出していましたbud

Img_0632


Img_0636


バークチップの間から必死に芽を出そうとしているので中には腰が曲がって姿勢の悪くなったスノードロップもあります。小さな植物でも力持ちですね!

Img_0633


本当はもっと早く気付いてあげてバークチップをどけてあげればよかったですね。
スノードロップの群生を夢みているのですがどうなるでしょうsign02

髭のようなクロッカスの芽は花が咲くまで生長しきるかどうか分かりませんが期待して見守ってやりたいですhappy01

Img_0635_2



水仙はやはり強いです。毎年しっかりと芽を出してくれますnote
そんな中でも植えっ放し球根のスノードロップがひょっこりと芽を出してくれると喜びは倍増しますnotes

Img_0638

Img_0639

この寒さで多肉植物が少し変色してきましたsign02
寄せ植えしようと思っているのですがなかなかいい案がわきませんcoldsweats01

Img_0642

2015年1月22日 (木)

ベランダで楽しめるブルーベリー、木苺(ベランダガーデニング)

今日も錦織圭選手が勝ってくれましたねsign01
さすがにランキング5位の選手です。決める所をしっかり決めるところは凄いですね。
次の試合が楽しみです。

1日中雨が降り続けるようですrain

Img_0614



植物達に水遣りする必要もなく、お蔭で錦織選手の応援が出来ましたtennis

Img_0626


ずっと紅葉を楽しんでいたらいつの間にか蕾をふっくら膨らませていました。
紅葉、新芽、新葉と連続して楽しませてくれるブルーベリー、木苺です。

Img_0616

Img_0631


1年が終わっても休憩をとることもなくすぐに翌年度の準備、活動できるところを見習いたいですcoldsweats01(実際には、1,2月の寒い時は休眠期に入っているようですsleepy

Img_0617


Img_0620


ブルーベリー、木苺はあまり大きくなることなく、しかも1年中ベランダでも育てやすい植物なので有難いですgood

Img_0629


1,2月の休眠期に枯れ枝や不要な枝を剪定しますhairsalon
今の時期は乾いたら水やりすることを忘れないようにしています(水キレさせると復活は難しい植物のようですdanger

一昨年前から植え放しのガーデンシクラメンが蕾の準備は出来ているのですが、なかなか花茎を葉っぱの上に覗かせませんcoldsweats02
もう少し時間がかかるようですsandclock

Img_0622


Img_0623

2015年1月21日 (水)

乱撮り(ベランダガーデニング)

東京では雨が降っているようですが、神戸の朝は晴れ間もあるまあまあの天気ですsun
今夕から雨が降るとの予報なので少しでも日光の恩恵に授かりたいので掃除・洗濯に大忙しですrun

最も寒い時期を迎えてもバラクレマチスの新芽を見つけたり、大きくなる変化を認識すると嬉しくなり温まりますspa

Img_0600

Img_0608


Img_0604


つい春の花の咲いた景観を妄想してしまいますcoldsweats01

Img_0603

Img_0613

今日はテーマが定まらないので乱撮り(こんな用語はありませんねcoldsweats01)してみました。

Img_0594


Img_0595


Img_0596


撮影スキルアップのために日ごろからアレコレ撮ってみてはしているのですがなかなか思うように撮れないですね。
でもフィルム時代と違って費用もかからないので助かりますhappy01

Img_0598


Img_0601


Img_0602

Img_0609


Img_0610


Img_0612

Img_0597



2015年1月20日 (火)

オキザリスが開いた!(ベランダガーデニング)

全豪オープンでの錦織圭選手の活躍に期待ですね!
今朝の試合はTVにかじりついて応援してました。
相手の強烈なサーブにハラハラしましたが結果はストレート勝ち!
初戦を突破!次の試合が早く観たいですねtennis

今朝は消防設備の定期点検の日、熱・煙感知器のチェックとベランダに設置の避難梯子の点検です。
年に2回実施されますが早いですね!6ヶ月があっという間に経っていますrun
最近は火災事故も増えているようです。気を付けましょうdanger

北風がメチャクチャ冷たいのですが南側のベランダは日がよく射し込んでまったりできますspa 
北と南では随分気温差があるようです。

そんな陽気からか早くもオキザリスが開きました。

Img_0578


開花の準備は出来ていたのですが肝心の開花条件である日照と温度が揃わないのでまだまだ先のことかなと思っていたのですが、この陽気で昼過ぎに開いてくれました。

Img_0581

すぐに曇り空となったのでオキザリスは瞬く間に店仕舞いですcoldsweats01
1時間もたたないうちに閉じてしまいました。

Img_0582


花茎が次から次と葉っぱの間から覗くようになったのでこれから期待できそうです。
春がやってくるのが早いのでしょうかsign02

Img_0583

今日はビオラも寒いけれども午前中の日照を浴びて大喜びをしている様子ですnotes

Img_0590


Img_0593

アイビーゼラニウム「カリエンテ」はまだまだ咲き続けています。

Img_0587

2015年1月19日 (月)

冬のメダカ鉢周りの様子(ベランダガーデニング)

メダカが活動休止状態の冬のメダカ鉢周りの空間は淀んだ感じがしますがそれでもその静的な空間も落ち着いた感じがして気に入ってますgood
メダカが活動を始めるとエサやりに毎日必ずこの場所に腰を据えるので生きた空間に変わるのですが…)

Img_0554


花が少ない冬に咲いてくれるクリスマスローズをこのメダカ鉢の傍に配置しています。

Img_0551

Img_0570

秋後半から春まではしっかりと日が当たり、強い陽射しが照り付ける夏には陰となる場所なのです。
落葉樹の株元が好環境のクリスマスローズなのですが丁度似た環境と思われるのですくすく育っています。

Img_0550

メダカ鉢の上方にワイヤープランツを1年中配置していますが適度な湿気が効果あるのか冬も葉が縮れることなく元気です。

Img_0553

上方棚(自作小型パーゴラ)には観葉植物を置いているのですが冬は室内に取り込んでいます(*シュガーバインも室内に入れているのですが今日は撮影のために所定位置に配置してみました)

Img_0557


Img_0558

このベランダの奥まった場所は日照が十分でないので日陰場所でも育つものや多肉植物を配置して楽しんでいます。

Img_0563


Img_0566


オリーブの木もこの場所で順調に育っています。水を控えめにすることに注意しておけば大丈夫なようです。大木にならないように栄養分も控えめにしています。
1本の木だけなので結実が難しく毎年1,2個の実(これまでの記録は5個coldsweats01)が実るだけですが楽しむには十分です。

Img_0556_2


オリーブのグランドカバーの矮性ローズマリーもすっかり定着して今の時期にブルーの小さな花を咲かせてくれて和ませてくれますnotes

Img_0569

このエリアもかなりグリーン化が進みましたが、昨年はクレマチス2品種を追加して低い場所に半鐘型の花を咲かせてみました。
今シーズンの地中からの新芽も出してきました。

Img_0562

2015年1月18日 (日)

条件さえそろえばオキザリスが咲いてくれるかも(ベランダガーデニング)

空気は冷たいですがカラリと晴れて気持ちいい日ですsun
ベランダの植物たちにも久しぶりにタップリと日が射しています。

Img_0532


乾燥している鉢に水遣りしたり、活動期のビオラクリスマスローズには液肥を与えてやりました。

こんな日はベランダに出てゆっくり過ごせるので球根が芽を出してないか、クレマチスが新しい芽を地中から出してないかとバークチップを取り除いて覗きこんだり、早春咲きの植物が蕾を付けてないかとワクワクしながら探しますeye

やはり、植物はいろいろと活動していますね!
クレマチス「グレイブタイビューティ」が地中から新芽を出していました。

Img_0542


このクレマチスは4年目になりますが最初の年しかチューリップ咲きの花を咲かせていないので心配なのですが地中ではしっかり生長してくれているものとほっとしました。
ベランダでは日照が不足気味なので花を咲かせるのが難しいのでしょうかsign02
強剪定品種だから昨年伸びた蔓は思い切って剪定してやろうかな。

周りをよく見てみると傍の篭口も2つ新芽を覗かせていました。
(肉眼で見るよりもカメラを通して見た方が分かりやすい私の眼になってしまいましたcoldsweats01

Img_0544

既に花茎を伸ばしているオキザリスの先端が黄色くなってきました。

Img_0540

Img_0537



これからしっかり日に当たって暖かくなると花びらを開くでしょう。準備万端といったところでしょうか?
これから開くまでなかなか長いものですsandclock

Img_0539



オキザリスは一定の日照と温度が開花条件のようです)

Img_0538


Img_0541


このオキザリスも繁殖力が強いですね!

Img_0545



これまでユーカリのグランドカバーとして幾つかの植物を植えてみたのですが何れも失敗したのですがオキザリスは2,3年でプランターいっぱいに繁茂しましたup
一般の植物と寄せ植えする場合は侵食に注意が必要かもしれませんね。
ミントのように根がはびこって(このオキザリスは球根ですが)他の大事な植物を駄目にしてしまうかもしれませんねdanger

午後に怪しい雲模様が広がっていたので撮っておきました。
明日は雨予報、関係あるのかな?地震じゃないよねsign02

Img_0546

Img_0549

2015年1月17日 (土)

大事に育てたい葉ボタン(ベランダガーデニング)

今日1月17日は阪神・淡路大震災の日、もう20年の月日が経ち、当時産まれた人達が成人になるとのことですが早いですねsign02
何年経ってもこの日の朝のニュースなどを見ていると鼻の奥がキュンとなって特別な思いがこみ上げてきます。

当時の悲惨な状況として新長田駅がよくTV画面に映し出されますが、震災直後の仮設の板張りで揺れる惨めな姿の駅ホーム床を毎日通勤で利用したものです。
沢山の月日が経った現実はあるものの当時からそんなに経過した実感がありません。

朝は晴れていたものの正午頃から突然の雨と風が吹き荒れています。天気予報どおりのお天気です。

年末のHC店頭では一面に並べられて正月の寄せ植えとして使われる葉ボタンですが今はその数も随分減ってきました。

Img_0530


冬の代表的な植物としてすっかり定着した葉ボタンも鑑賞期間が終わると処分されることが多いようです。
春になると輝かしい花が目立ってきて葉ボタンは忘れがちな存在になってしまうのでしょうかsign02

そのままにしておくと春には黄色い花を咲かせます。更にほっておくと茎をグーンと伸ばしてしまいます。

Img_0527

ちょっと見苦しい姿になってしまいますが、私はこの滑稽な姿を気に入ってますgood

Img_0528

Img_0536

今日の寒空の下でも元気なビオラです。

Img_0526

Img_0525


2015年1月16日 (金)

冬のクレマチス「紫子丸」(ベランダガーデニング)

四季咲きクレマチスの「紫子丸」は花期が長いのでベランダの主役として活躍してくれます。

Img_0514


Img_0518


Img_0516


秋後半に花が咲くとそのまま冷蔵保存状態となって冬の間花を楽しめることもあります

今年は寒くなってから花を咲かせようとしているので本来の濃い紫色の姿ではなく不完全な色・形で姿を披露してくれますscissors

Img_0520


Img_0515


我が家のベランダのクレマチス16品種の中で1番最初に咲いて最後まで咲いてくれるのがこの「紫子丸」です(以前は「月宮殿」がずっと1番最初に咲いてくれていましたが最近は調子が少し悪いようです)

強靭な上、花期が長いのでベランダで育てやすい品種のようです。勿論、気に入ればの話ですがcoldsweats01

Img_0517


ユーカリの木に絡ませて楽しんでいます。ユーカリの銀葉の中で咲くクレマチスの姿もなかなかいい感じです。

Img_0522

7号鉢に入れて冬肥えも与えているのジワジワ効いて春には元気な姿を披露してくれるでしょうsign02 期待しているんですよhappy01

Img_0524

2015年1月15日 (木)

1月中旬のベランダ東側(ベランダガーデニング)

 朝から横殴りの雨で通勤・通学は大変な状況でしたrain
徳島地方には竜巻注意報が継続して発令されていましたtyphoon
そんな折、10時に突然神戸市危機管理室から”防災訓練(エリアメール)”とやらで携帯が鳴り響いたので大きな地震が発生するのかとビックリしましたsign03

幸いにも北寄りの風だったので南側のベランダには雨は降り込みませんnotes
日頃は広い庭に憧れますがこんな時はベランダでよかったと嬉しいですhappy01

Img_0495


雨で花が乱れることもなく楽しめるのはベランダならではですねok
満開に近づいているビオラの花も吹き飛ばされることもなく生き生きとした姿で見られます。
(一旦、荒れた姿になると落ち込んでしまうだけでなく復活するまでに時間がかかるので憂鬱になりますよねdown

Img_0504


東側の壁はクレマチス6品種が登りますが今は殆どが”鉄線”です。

Img_0505


ヴィオルナ系の「玉ゆら」だけが地中から新芽を覗かせています。

Img_0510



”鉄線”状態から新芽を出して徐々に壁際を緑に変えてくれる勢いのある時期が大好きですclover凄く元気をもらえるからですrock

Img_0503


こんな頼りない”鉄線”から壁全面を緑いっぱいにしてくれるパワーを秘めています。

Img_0502

Img_0496_2


ツルニチニチソウや黄金カズラ、ヘデラなどのカラーリーフなども冬のベランダを生きた空間に変えてくれます。

Img_0509

Img_0506


Img_0507


Img_0508



足元ではオリーブクリスマスローズなどの常緑植物が緑を継続してくれるので冬の寂しさを忘れさせてくれますdelicious

Img_0499


メダカはさすがに冬眠状態ですね!

Img_0513


鉢底でじっとして寒さに耐えているのでしょう?
再会が待ち遠しいです。

Img_0512

2015年1月14日 (水)

1月中旬のベランダ西側(ベランダガーデニング)

時間と共に雲が厚みを増してきましたcloud
明日は雨が降り風も強く荒れるとの予報ですtyphoon気を付けましょうねdanger

寒い日が続く1月中旬はベランダも冷え切ってしまいますwobbly

Img_0482



Img_0480


何も無ければサッシ戸は閉め切ったままになるかもしれないのですが、期待するものがあるから時々ベランダに出ては新芽が覗いてないかと動き回っています。
今の時期は大好きなクレマチスが地表から新芽を覗かせるので見つけた時はこの上なく嬉しいですnotes


Img_0485


最近は野鳥がよくやってくるのでそんな楽しみもあります。昨日はつがいのメジロがパーゴラやトレリスに飛び移ってエサを探しているようでした。野鳥の鳴き声は何ともいえませんねhappy01

Img_0494

緑葉が無くなって寒々としたベランダですがこの季節は日頃植物達の脇役として密かに応援していたものが目立ってきます。

Img_0493


オーナメントプレートは植物が配置出来ない無機質な所に配置して寂しさを少しでも和らげようと思いましたthink

Img_0484


Img_0486

ベランダ西側で咲いている花はジュリアン程度ですがリーフカラーの葉ボタンやミントブッシュなども楽しませてくれます。

Img_0489

Img_0487

Img_0491

羽毛のような覆われた葉のオレガノ・ディクタムナスも冬に強い植物としてハンギングしています。

Img_0490

夏の花、アズーロコンパクトエリゲロン・プロヒュージョンと共に咲き続けてくれていますgood

Img_0483

新入りのネメシアも花を咲かせているのを忘れていましたcoldsweats01

Img_0488

2015年1月13日 (火)

ビオラの花が出揃いつつあります(ベランダガーデニング)

1週間で随分変化のあるこの頃のビオラです。もう少しで全体が満開状態となるようですshine
花数が増えてくれるのでベランダが明るくなって温度もテンションも上がりますup

Img_0462


Img_0459

Img_0474



Img_0466


今シーズンは意識して黄色の花苗を増やしてみたのですが、ビタミン色は特に元気をもらえますhappy01

Img_0462_2


従来はどちらかと言えば黄色は苦手だったのですが、意識して挑戦してみるのも新しい発見があるようです(時には後悔することもありますがcoldsweats01

Img_0471


Img_0469

2015年1月12日 (月)

クリスマスローズの新芽が出ました(ベランダガーデニング)

今日は成人の日、全国各地で成人式が行われている様子、朝は気持ちいい晴れでしたが正午頃急に小雪が舞い散るようになりましたcloud
門出の日だけにいい天気になって祝ってあげられればいいのですが…。

クリスマスローズがやっと新芽を出し始めましたbud

Img_0446

Img_0448


Img_0449



6年目を迎えたセミダブル花のクリスマスロ-ズです。
庭先で見るクリスマスローズの花を羨ましく見つめ、ベランダでは場所をとるだろうなぁとなかなか手をだしませんでしたがコンパクトタイプのリビダスで試験的に育てたところベランダサイズに育つことが分かり、好きな花だけに更にもう1品種をとセミダブルを育ててみることにしました。

Img_0450


大きくなれば株分けしてベランダサイズの大きさにしようと考えています(植物は大きく生長させたいところですがスペース制限があるベランダではコンパクトサイズにまとめたいですね!)

Img_0451


クリスマスローズは夏の高温多湿に弱く、秋から春にかけては日当たりのよい環境を好むので南向きベランダでは丁度いい生育環境ですね。風通しに配慮すればずっと育ってくれるようですgood

Img_0455_2

最初に育て始めたリビダスも8年目を迎えますが新芽を出しています。

Img_0452


クリスマスローズの寿命は10年を超えると言われるので大切に育てて共生したいですhappy01

Img_0451_2

2015年1月11日 (日)

我が家の落葉樹(ベランダガーデニング)

3連休の中日、寒いですが空気が澄んで気持ちいいです。
しかし、作業をするにはちょっと無理といったところでしょうかcoldsweats01

冬も真っ只中になり、落葉樹は殆ど素っ裸状態になってしまいました」wobbly
ガーデニングを始めた頃はベランダが枯れ葉で汚れてしまうので落葉樹を敬遠していましたが好きな植物や思い出のある植物を楽しみたくなってしまいました。

我が家で最も枯れ葉を落とすのはアケビです。夏は緑葉をワサワサ状態に付けてベランダ緑化に最も頑張ってくれるのですがその分冬は沢山の葉っぱを落として掃除に忙しいですrun

Img_0434


アケビと同じ東側のベランダに置いている山椒の木木苺は12月下旬にはすっかり落葉します。

Img_0437


山椒は春になるまで新芽を覗かせないので枯れてしまったのではないかと毎年不安になります(幹も精彩を欠いたカサカサ状態になって生きている証しがないので最初は勘違いするところでした)

その点、木苺は新芽を覗かせてから落葉するので安心して冬を過ごせます。

Img_0436


Img_0441


ブルーベリーも落葉樹ですが、こちらは完全に落葉しないこともあり。今の時期も紅葉したままの状態でその姿を楽しませてくれます。

Img_0444

水菜と春菊がかなり大きくなってきました。

Img_0440Img_0438




2015年1月10日 (土)

まだ寒さに耐えています(ベランダガーデニング)

今日から3連休、正月休みから急に仕事始めになって未調整な身体が少し休養できて嬉しいですねsign02

株分けして余った苗で寒さに強いかどうか(どれ位いの寒さにたえられるか)を試しています。
寒さに弱そうな多肉植物でも強いものもあるので寄せ植えするときに役立てるためですpencil

カネノナルキは寒さには凄く弱そうに見えるのですが5℃くらいなら平気のようです。園芸図書に書いてあるように1~3℃が目安のようです。霜に当てなければ何とかいけるといったところでしょうか?
そうであれば氷点下に下がる予報が出たときだけ室内に取り込んでやれば済むので随分助かりますgood

Img_0431



ミセバヤも1~3℃が目安のようですがこちらは昨シーズンにベランダに出しっぱなしで大丈夫なことが実証済なので心配はいらないようです(1,2回の氷点下くらいなら耐えられるようです)

Img_0428

既に新芽を覗かせて準備万端なので安心して冬の様子を楽しんでいます(寒風が直接当たらないような壁際に置いています)

Img_0427

枯れた花もなかなかいい感じなのでそのままにして楽しんでいます。

Img_0426

株が大きくならないことを望んでいるので少しくらいは体力を消耗してくれたら丁度いいかもしれませんねcoldsweats01

名前を忘れてしまったこの植物も。

Img_0424


木立性ベゴニアホヤのように寒さに耐えられないようになったら室内に移動させてやろうと思っています。

2015年1月 9日 (金)

ツルニチニチソウで穴埋め(ベランダガーデニング)

冬の間、寒さに弱い植物を室内に入れるのでベランダが所々で歯抜け状態になってしまいますcoldsweats02
ベランダ全体の景観が損なわれ、ガーデニング熱が冷めそうになります。何かカバーするものはないかと探してみると生長し過ぎて株分けしたツルニチニチソウが北側のベランダにありました(処分するには可哀想なので余った植物達をまとめて管理しています)

Img_0410

ベランダ東側の壁にハンギングしていた木立性ベゴニアが一昨日にとうとう寒さにギブアップして室内に入ったのでその場所にツルニチニチソウを置いてやることにしましたgood

Img_0413


やはり緑があると感じが違いますね、元気が出ますnotes

Img_0414

この鉢受け皿いいでしょうsign02

Img_0416


深底の受け皿を鉢の下部にスッポリと嵌めておくのです。そうすれば水遣りするときにわざわざ鉢を下ろすことなく鉢内の水が落ちた後に受け皿を外して水を捨てるのです(勿論、水を遣り過ぎて受け皿の容量を超させると大変なことになるから要注意です!)

Img_0415_2

処分せずにとっておくと良いこともありますねscissors
朽ちたプラ鉢ですが英字新聞で化粧しておいたら何とか見られますねsign02

Img_0419


ツルニチニチソウのメインはベランダの高い所にシンボルとしてハンギングしています。

Img_0420

冬の花のジュリアンが次々と咲いてくれるようになりました。新しい色のジュリアンは従来の脇役のイメージとはかなり違って可憐と言いますか主役の花に格上げされたようにも見えますflair

Img_0429


Img_0422

2015年1月 8日 (木)

ベランダ東側クレマチスの枯葉除去(ベランダガーデニング)

冬の時期はベランダに長い間出ていると身体が冷え切ってしまうので少しずつ作業をしていますhairsalon

30分くらいかけてベランダ東側のクレマチスの蔓の整理というか、枯れ葉除去をしました。
クレマチスが遅くまで活動していたので休眠に入る今頃に整理してやっています(きっと根を生長させて十分な栄養を蓄えて春を待っているのでしょうsign02

*枯れ葉除去前のベランダ東側
Img_0401


Img_0400

東側の壁にはパテンス系のHFヤング、月宮殿、イワンオルゾンそしてジャックマニー系のコメレイが登っています。
蔓を絡めているので上方ではどれが何か全く分からない状態ですcoldsweats01
コメレイは強剪定品種ですがそれ以外は弱剪定品種です。

枯れ葉を取り除くとスッキリとして気持ちよくなります。節に大きな新芽を見つけるとこの上なく嬉しくなります。

Img_0404


Img_0405


Img_0409



春から夏にかけて強風で折れた箇所の救命処置をしたセロテープなども現われてたくましく生長してくれたクレマチスの1年を思い出しましたhappy01

Img_0408

Img_0402

【独り言】
今日、遅くなってしまいましたが初詣に行ってきました。
人混みが苦手なのですがこんなに遅くなって出掛けたのも初めてでしょうか。
ここ数年神戸・三宮神社ですがそれにしても人の少ないに驚きでしたcoldsweats01

Img_9573


昨年は三社参りをしましたが今年はここだけでと引いたおみくじも「大吉」でした。
良いのかこれ以上は良くはならないのかといろんな解釈が出来ますが

Img_9575


これまでの感謝とこれから1年がいい年になるようにとお参りしてきましたhappy01

2015年1月 7日 (水)

再び寒波がやってくる!(ベランダガーデニング)

再び寒波がやってきて北日本では猛吹雪で荒れるそうですsnow
しかしながら関西地方は気温は低いものの青空が広がっている穏やかな天気ですsun

このところの冷え込みで試験的にベランダで冬越しさせている植物達も震え上がって白くなってきましたdown

木立性ベゴニアの葉が緑色から黄緑に変色しましたwobbly

Img_0395



やはり、ベランダでの冬越しは無理なんでしょうかsign01
きっと、3℃〜5℃以下の寒気に一度でも当ててしまうとそれを境に駄目になってしまうのでしょうsign02
鋼材のSS材が室温では粘り強いのですが氷点下になると突然脆くなる低温脆性を起こすのと同様に、あるポイントを少しでも超えると突如としてダメージを広げて壊れてしまうのでしょう。

天気予報で気温をチェックしていますが、ベランダの実際の気温が何度になっているかは測ったことがないのですがやはりかなり低くなっているのでしょうcoldsweats02

今日から木立性ベゴニアを刈り取って室内に入れることにしました。

Img_0398


Img_0399


ホヤ(ラブラブハート)は真っ白になってもう駄目かもしれませんが5℃以下の寒気に当てないように夜はリビングに入れることにしました。

Img_0388

Img_0394


室内に入れているホヤはしっかりと緑色を保持していますhappy01

Img_0396





アメリカンブルーはベランダでも冬越しできることが分かっていますが地上部をかなり枯らして春のスタートが遅くなるので一昨年から夜は室内に取り込んでいます。

Img_0391


今は刈り込んだ節から小さな芽を沢山出しています。

Img_0393

2015年1月 6日 (火)

クレマチスの枯葉除去(ベランダガーデニング)

朝からシトシト雨が降っていますrain
ベランダに出ても少し濡れてしまうかなといったくらいの大した雨ではないので何か作業をしておこうとまずは枯葉の始末です。

モッコウバラの葉摘みは昨年のうちに終えたので今日はモッコウバラに蔓が絡んでいるクレマチスの枯葉除去と剪定をすることに。

*枯れ葉除去前
Img_0382


ベランダ西側のパーゴラにはクレマチスのMEアンドレとベルオブウォーキングを登らせています。ほぼ休眠状態になっているので枯れ葉除去をしてやろうと脚立に上がって慎重に作業をしましたhairsalon
(最近、脚立に上がってからの事故が増えているらしいのでしっかりと安定した場所に設置して滑らないように素足になって上がっていますdanger

葉っぱが少ない状態になっているので誤って蔓を切断する事故はないと思うものの間違ったら「後悔先に立たず」とならないように老眼鏡をかけてこれまた慎重にやりましたcoldsweats01

*除去後

Img_0384

約1時間半の作業でしたが、蔓先端の節に新芽を覗かせていたり、MEアンドレの株元には地中から芽を出したりと新しい発見があったので楽しい時間でしたnotes

Img_0386

クレマチス「MEアンドレ」の中剪定を2月になってからを予定しているので緑葉はそのままにしておきました。

Img_0383


「ベルオブウォーキング」は弱剪定品種なので枯れている箇所のみを剪定しておきました。

冬の作業が春になって効果を出してくれることを願っています。昨年の春以上のシーンを楽しめるだろうと妄想しながら春を待ちますsandclock

2015年1月 5日 (月)

元気をくれるビオラ(ベランダガーデニング)

正月休みも終わり、今日から出勤の人が多いでしょうね。
学校の部活も始まったのでしょうか「おめでとうございます」などと弾んだ声で賑わっていますsun

2015年のスタートはやはり冬の花のビオラでしょうかsign02
厳しい寒さの中でもしっかりと花を咲かせ続けます。

Img_0346

Img_0339



朝方に霜や霜柱に遭ってうなだれてしまっても朝陽が当たると次第に復活して元通りになってくれます。

Img_0342_2


Img_0344



寒さにはめげないたくましさがあります。こんな姿を見ているといっぱい元気・勇気をもらって活動的になれますrun

Img_0368


今シーズンはいろんな品種のビオラを楽しんでいます。

Img_0348


Img_0354



フリル咲きの「ミルフル」を始め、F1ナチュレ…ノーブランド苗まで種々雑多です。

Img_0355


Img_0357


色もいろんなものをと…、違った色の花びらが付くものまで。

Img_0359


Img_0361

ブルー&イェローとあるからどのような花・姿になるのかなと思ってたビオラもやっと花が咲いてくれましたscissors

Img_0332

上弁が青で下弁がイェローといった花なのですね。
ビオラは耐寒性のある強健な植物であり、花期も長くて小花なのでベランダのような近距離から眺めるのにはいいのではないでしょうか?

Img_0372

これから花がら摘みに忙しくなりそうですhairsalon
花がらはしっかり刈り取って種を付けるのを防ぎます(種をつけるためにかなりのエレルギーを消費するのでその前に刈り取って消耗を防ぎますdanger

Img_0373

2015年1月 4日 (日)

冬の楽しみ方(ベランダガーデニング)

ガーデニングを始める前にまず掃除をと室内から始めると想像していた以上に手間取ってしまいましたsad
ガスコンロ周りの脂分を除去しようと金具類や平板を浸け置き用粉末洗剤を使って洗浄、そして室内清掃、ベランダの掃除とやっていると昼を過ぎてしまったcoldsweats01

折角昨日思い付いたガーデニングのことも諦めざるを得ない状況になってしまいましたweep
穏やかな天気なのに勿体ないけれどもやるべきことをやってからが鉄則、楽しみは後回しですね!

冬は草花が枯れてどうしても寂しくなるベランダです。
メダカ鉢の紅チガヤ冬には地上部を枯らしてしまいます。

Img_0316


そんな寂しくなるベランダでも仕掛けをしておくと冬を楽しくそして早く春がやってくるように感じますcherryblossom
雑貨をうまく配置していると夏の緑葉で隠れていたのが落葉するにつれ雑貨が現われてきて新しいシーンを発見できますeye

Img_0324


Img_0326

Img_0321

DIYして自分の作品を創り込んでおくのも楽しみです(他人に見られるのはちょっと恥ずかしいですがcoldsweats01

Img_0327


Img_0318

Img_0328


バラミニバラは小豆色をしたしっかりとした新芽を覗かせるので寒いベランダにいても自然と嬉しくなります。

Img_0317


多肉植物の寄せ植えも冬の楽しみ方のひとつですねnotes
寒さに強い品種を選ばないといけないですが結構沢山あるのでバラエティ富んだ寄せ植えが出来ます。
私はこれから多肉植物の寄せ植えをしてみようと計画中ですhappy01

Img_0315

2015年1月 3日 (土)

2015年スタート(ベランダガーデニング)

正月に我が家に帰っていた家族も自分の家に戻っていき急に寂しくなりました
(普通の生活に戻ったのに何故か特別に寂しくなりますweepやはり、家族っていいですねspa

このところの厳しい寒さに遭っただけでなく管理が十分行き届かなかったので植物達は悲鳴を上げていたのではないでしょうか?
ここ数日間、水遣りだけは忘れずに遣っていたのですが、枯れ葉・枝の除去や害虫チェックは全くしなかったので気がかりです。

Img_0312


午後から青空が広がってベランダに日が射し込みだすとビオラなども霜柱から解放されるからでしょうか喜んでいるように見えます。

Img_0309


久しぶりにゆっくりと眺めるベランダに「今年もいっぱい花を咲かせたり、好きな景観を創造して楽しもうnotes」っと妄想が始まり明日はアレをしようとうずうずしてきますrun
私の2015年ベランダガーデニングがスタートですshine

Img_0313

元日の夕方、薄暗くなってから野鳥のジョービタキがベランダにやってきて高い場所にハンギングしているツルニチニチソウの鉢の中に入ってゴソゴソして、その内じっとしたのでひょっとしたらねぐらにするのかなとそっとしておきました。
今年はもっと野鳥が沢山やってくるベランダにもしてやろうかなとも考えていますhappy01

Img_0307

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年(ベランダガーデニング)

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

Img_0274

昨年は半鐘型の花のクレマチス2種が新しく加わってこれまでと違った雰囲気を醸し出してくれました。
今年は生育中の新しいクレマチスを更に大きく生長させて来年か再来年には花を咲かせることが目標の一つです(ちょっと先が長いですがしっかり生長させるのも楽しいものですnote
もう一つの目標はつるバラの花数を増やすことです。しっかりと日を浴びさせるなど開花条件を少しでもよくさせて昨年以上の花数にすることです。
ベランダでバラを育てることが難しいことを実感していますが、一旦始めたことは継続させたいものですhappy01

今年もアドバイス、コメント、感想など…よろしくお願いいたしますclover

家族と共にこじんまりとお屠蘇、御節と雑煮をいただいて新年を祝いました。

Img_0304


Img_0305

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »