« 室内に移動したエアプランツ、ハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | 自分流の楽しみ方(ベランダガーデニング) »

2014年12月 7日 (日)

冬のワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

今朝も冷え込みましたsad
ベランダのウッドパネルを取り除いて掃除しているとコオロギ(カネタタキ)の子が凍死寸前状態になっていました。身動きできない状態だったのでビニル袋で被っている時計草の葉の上にとまらせていたら日が当たるようになり温度が上昇すると移動していました(この中には既に2匹のカネタタキが冬を過ごしています)

寒くてもベランダの植物では水キレをさせてはなりませんdanger
鉢の中を点検して乾燥しているものには水遣りしています。

細い茎と小さくて薄っぺらい葉のワイヤープランツはどう見ても冬が苦手のように見えます。

Img_2401


私は冬越しさせるためにワイヤープランツをビニル袋で覆っていましたが、何年か経ってそんな防寒対策をする必要がないことを知りました。

Img_2402


今では夏冬関係なく同じ場所に配置して楽しんでいます。
冬はかなり落葉しますがそれでも緑葉を観賞することが出来るのでベランダガーデニングを1年じゅう楽しめる植物として重宝していますshine

Img_2403


Img_2400

冬は乾燥すると葉が縮れるので葉水をして生き生きするようにしています。

Img_2398

« 室内に移動したエアプランツ、ハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | 自分流の楽しみ方(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 室内に移動したエアプランツ、ハイビスカス(ベランダガーデニング) | トップページ | 自分流の楽しみ方(ベランダガーデニング) »