« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

大晦日(ベランダガーデニング)

とうとう今年最後の日がやってきましたsign01
なんだか特別の日に感じるのはどうしてでしょうdog
けじめの日でもあるのでしょうねsign02
1年を振り返って翌年に活かしたいです!

≪平成26年の総括≫

①ベランダの緑化がかなり進んで攻める箇所が無くなってきましたが、ブラシアップも含めて少しでも快適で素敵な空間に仕上げたいと頑張ってみましたnotes

これまでは生き生きと勢いのある空間創造に励んできましたが柔らか味のある”静”のスペースもとヴィオルナ系クレマチス(半鐘型の花を咲かせる)を初めて加えてみました。

きっかけはよくアドバイスをいただくブロガーさんの「這沢」の姿に引き込まれたからです。いきなり高価な「這沢」に挑戦しても育てる環境が厳しいだろうなと(特に日照が)同種で日蔭にも強い品種を選定して挑戦してみました。

見事に成功しました(本来はもっと花数が多いのでしょうが半日蔭環境では私には十分ですhappy01

Img_9033


「這沢」の種子と挿し木苗もいただいて育てているのですが、種を蒔いて6ヶ月後に芽を出してくれた時は凄く感動しましたgood 6ヶ月も経って諦めかけたときに小さな芽が現われたのですbud

Img_0275


私の今年のトップニュースですbell
挿し木苗はつらい目に遭わせたのでちょっと心配ですが生きていることを信じてしっかり管理しています。

Img_0276


②壁際処理も少しだけ手を加えてみました。
無機質壁面をナチュラル感のあるようにするのは難しいですが植物や雑貨と絡ませてそれっぽくするのも楽しいものですnotes

Img_0278



少しずつレベルアップすればいいかなとまずは行動していますcoldsweats01

Img_0288


③今年でブログを始めて10年目の大晦日を迎えました。記事数も2700を超えてとうとうディスク容量いっぱいになり、新たにベランダの花日記(2)を立ち上げることになりましたpencil

来年「未年」も「花日記」を継続させたいと思っています。
1年間、ありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください。

Img_0289

2014年12月30日 (火)

クレマチスの剪定(ベランダガーデニング)

今年も残すところ2日ということで”やり残したこと”がないかとベランダでキョロキョロ見回りをしましたeye
バラの植え替えはしないことにしたし、主な作業は終えたかなと安心したところに目に入ってきたのがヴィオルナ系クレマチス2種の枯れてきた葉っぱでした。
12月上旬まで青々とした葉で元気いっぱいだったので見落とすところでしたcoldsweats01

新枝咲きの品種なので強剪定が好ましく1月上旬から2月上旬が剪定適期の筈なので思い切って剪定しておきましたhairsalon

Img_0265


ワサワサ状態だった夏とは見違えるほどの姿にスッキリしましたhappy01

Img_0266

Img_0267_2

バークチップを取り除いて株元を見ると新芽が頭を出していました。
来春の花が確定されたようで嬉しくなりますnote

Img_0269





ベランダの壁部分の大半をグリーン化出来たと思っていたのですがもう少し残っていました。

Img_0268


攻める箇所がありましたsign011,2点の植物なら配置できそうですscissors
この場所で育つ植物を見つけて楽しみたいです。
妄想が始まりましたnotes

Img_0280

 

2014年12月29日 (月)

マクロ撮影(ベランダガーデニング)

花単体も好きですがどちらかというと植物達や雑貨を配置してベランダ全体のアレンジメント(ランドスケープ)を楽しんでいるのですが記録を残すために始めた写真撮影、いつの間にかこっちにも興味をもつようになりましたhappy01

忠実に映っているかどうか(撮れているかどうか)、より美しく撮れないかと一生懸命になるうちに撮影技術が劣っていることをカメラでカバーできないかと一眼レフを買ったりと…coldsweats01

カメラの撮影に凝っていると植物とりわけ花をマクロ的に観たりするようになっていましたsearch
これがまた新発見をしたりして、ドンドン惹きこまれてしまいました。

①シャコバサボテン

Img_0248


②ミセバヤ

Img_0249


Img_0250


③ガーデンシクラメン

Img_0251


④オリ-ブの実

Img_0258



⑤ローズマリー

Img_0255


⑥ビオラ

Img_0252


Img_0238


Img_0237

⑦ワイヤープランツ

Img_0259

難しいですね!coldsweats02
ゆっくり勉強しながらカメラも楽しみたいですbook

アイビーゼラニウム「カリエンテ」がまだまだ咲いて和ませてくれます。

Img_0253


Img_0263

Img_0254

2014年12月28日 (日)

気に入りました!ミントブッシュの紅葉(ベランダガーデニング)

春の開花を期待しているミントブッシュですがその前に”紅葉”が気に入りました。
斑入り葉が赤紫色に変色するような”紅葉”ですgood

Img_0215


葉だけの姿でも十分気に入っていたのですが初めて見た”紅葉”も…この上、花が咲いてくれるとなると絶対に枯らさずにベランダの仲間に入ってもらいたいです。

Img_0218


夏の高温に弱いようだし、冬の水管理も難しいなど中級者以上の植物のようなのでこれからうまく育てられるかどうか不安ですが挑戦です(冬は土表面が乾燥してから更に数日してから水遣りするなど結構注意を要するようですdanger
まあ、やれることをやるだけですがhappy01

Img_0216_2


ガーデンシクラメンビオラから毎日元気をもらっていますhappy01

Img_0222


Img_0224

Img_0227

2014年12月27日 (土)

室内移動させた植物の今(ベランダガーデニング)

今日はラグビートップリーグの神戸製鋼とNTTの試合を観に出掛けてみました。
ラグビーファンは一時の盛り上がりから衰退していたものの再び人気が出てきたのでしょうかまあまあの入りでしたnote

Img_9572


嬉しいですね!ファンが増えて試合が盛り上がると。
昔々、新日鉄の前身、八幡製鉄時代のラグビーで確か宮井選手でしたか…パスを受けた後の加速感の凄いこと、誰も追いつけず必ずトライ。あのプレイを見てからラグビーの虜になってしまいましたcoldsweats01
その後もいろいろ足の速い名選手を見てきましたがあの時の宮井選手の加速感は群を抜いているような感じがします。

今日から正月休みの方も多いことでしょうsign02
家族でレジャーや故郷に帰省される方も多いでしょう。年末の休みは独特な気持ちになりますよね?
日本海側では年末に大雪の恐れありとの予報も出ていますが災害がないことを願いたいです。

ガーデニングは寒くてつい管理が怠りがちになりますねcoldsweats01
防寒対策としてビニル袋を被せた植物達にも水遣りしないといけない今日は天気が良いので朝のうちに遣って蒸れないようにカバーの上部を取ってやりました。
これで3週間は水遣り不要だと思いますgood

Img_0205

今日はラグビー観戦から帰ると既に薄暗くなっていたのでベランダのチェックは出来ませんでしたcoldsweats02
こんな時は油断しがちなリビングに入れた植物たちのチェックをしておきましたeye

室内に入れるといつも地上部が駄目になってしまうフィットニアは今のところ大丈夫ですok
これから寒くなってからが要注意です。今年はかなり乾燥気味に育ててみようと思っています。

Img_0210


シュガーバインは葉の色が薄くなってしまいましたdown
肥料不足だったのでしょうか?
今は肥料遣りも危なっかしいのでこのままを継続させてみようと思っています。
環境が変わったのでそれに馴染むために調整しているのかもしれませんsign02

Img_0209


室内でずっと楽しんでいるシュガーバインは大した変化はありません。
植物は環境の急変で葉を落としたりするものがあるので注意が必要ですdanger

Img_0211


カネノナルキは夏の間、ベランダに出していたので元気もりもりです。濃い緑葉をしっかりつけています。
よくカイガラムシに襲われるのですが今のところ健康体ですhappy01

Img_0212

今シーズンは別のカネノナルキをベランダに出したままにして冬を越せないか試しています。

木立性ベゴニアはいつもの通りに冬を楽々とリビングで過ごしています。

Img_0213

2014年12月26日 (金)

今年から主役のジュリアン(ベランダガーデニング)

今まではどちらかと言えば脇役として活躍してもらっていたジュリアンですが最近はいろんな色・形の花があって単独でも十分楽しめるので主役として扱っていますcoldsweats01

Img_0187


随分昔は「サクラソウ」と言って花壇の縁取りに黄色の鮮やかな花を咲かせていたのを記憶しているのですが…(この「サクラソウ」が「ジュリアン」と同一の植物かどうかは知りませんが)

Img_0199

最近はピンク色や赤色、青色、黒色などカラフルで選ぶのに戸惑ってしまうほどです。

Img_0186



しかも”バラ咲き”までが出回るようになったから脇役どころではありませんcrown

Img_0192


今年は薄紫色を発見したのでそれを楽しんでいますeye

Img_0197


ジュリアンは寒さに強く管理も難しくないので安心しておられますhappy01
夏の高温に弱いので夏の管理に気を付けなくてはなりません(乾燥気味に育てた方がいいようです)

Img_0200

Img_0202_2

Img_0208

2014年12月25日 (木)

冬のベルフラワー(ベランダガーデニング)

宿根草をベランダで冬越しさせるにはハードルが高いように感じますが植物の性質を知って管理を十分すれば何とかクリア出来るようですok

特に好きな植物は絶やしてはならないと一生懸命になる自分がいますcoldsweats01
ガーデニングを始めた頃、その鮮やかなブルーの小花が密集する姿のベルフラワーに魅せられて冬越しに懸命になったことが今は懐かしい思い出になっています。

Img_0185


確か初回は失敗したけれども次からはずっと成功し続けて10年以上になるでしょうかsign02
(元々、ベルフラワーは寒さに強く、むしろ夏の高温多湿に弱い植物のようです)

Img_0179

このベルフラワーは霜が当たらないベランダならでは育てられる植物ではないでしょうか?
開花期も雨に当たると溶けてしまう残酷な姿になってしまうので鉢植えで移動できるようにしておけば大丈夫ですし。
鉢植えで楽しめる宿根草なのでしょうねsign03

Img_0181


冬は地上部をからして地下茎で生育するので水キレさせないことが大事なようです。
しかし、多湿にすると腐ってしまうので乾燥気味にしてやっています。

Img_0177

春になれば緑葉を増やして、5月には開花を始めパッと周りが明るくなりますshine

大好きな花だけに我が家では最も高価なテラコッタの一つに植えて楽しんでいますcoldsweats01

Img_0183

Img_0180_2


【独り言】
今日まで投函すれば年賀状が元日に届くとのことだったので「一言」を添えることに頑張りましたpencil
印刷部分は予定通り、終えたのですが最終仕上げには期限がくるまで手を付けない(付けられない)習慣が抜けないのが情けないcoldsweats02
朝から書いて昼過ぎに終え、ギリギリ間に合わせることが出来ましたsmile

2014年12月24日 (水)

球根の芽がアチコチから(ベランダガーデニング)

今日はクリスマスイブxmas
駅前のケーキ屋さんではサンタクロースの衣装を着た店員さんがケーキの販売に一生懸命でした。
今晩はホームパーティーなど賑やかな夜を過ごす人が多いことでしょうnotes

私は朝から冬用タイヤに交換するために重いタイヤを8階からせっせと運んで取り替えたり、リビングのシーリング照明が調子悪くなったの買いに行ったりと忙しかったですrun

ベランダのアチコチで球根が芽を出して喜ばせてくれますbud

Img_0174

球根で最も楽しみにしているのが「カタクリ」なのですがなかなか大きく成長してくれませんcoldsweats02
生育環境が合わないのでしょうかsign02 花が咲くまで数年位かかるとのことなのでまだ丸2年だからもう少し時間を要するのかもしれません?

Img_0173

最も頑強なのはオキザリスで次はムスカリ、水仙でしょうか、そしてスノードロップ、クロッカスと続くようです。

Img_0168


Img_0169


Img_0170

Img_0171





2014年12月23日 (火)

結局100均ショップで(ベランダガーデニング)

yしょうもない記事ですcoldsweats01
でも、私自身にとってはベランダに変化があってちょっと嬉しいのですnotes

Img_0152


100均ショップで小物を2点買ってきました。
冬のベランダは変化がゆっくりなので何か刺激が欲しくなり雑貨を見つけに出掛ける機会が多くなります。
本格的な雑貨店では庭で使うといいだろうなぁと思うものは目につくのですが、ベランダスペースとなるとサイズ的になかなかこれはといったものが見つかりませんcoldsweats01
(実は昨日も新しい雑貨店に行ってみたのですがいいものは沢山あるのですが、ベランダではなかなか難しく結局小さなバケツを買っただけでした)

Img_0157

Img_0159

Img_0167

Img_0166



その点100均物では失敗を恐れれることもなく買うことが出来るので安心ですhappy01
今回はウサギスズメのオーナメントを。

Img_0150


Img_0149

今日も穏やかな天気なので植物達はのびのびしているように見えます。
ビオラは勿論、生き生きと活動していますnote

Img_0161

クレマチスも節々から新芽を出しました。

Img_0162


2014年12月22日 (月)

野鳥がやってくる(ベランダガーデニング)

青空が見えるけれども風があるからでしょうか寒い朝ですsun
このような天気のいい日には野鳥がベランダによくやってきます。

ヒヨドリは毎日やってきますが最近はジョウビタキがやってくるようになりました。

Img_9565


山に雪が降り積もる頃に市街地に下りてくるそうですbook
単独行動するらしくつがいでやってくることはありません。

警戒心もあまり強くなくリビングからカメラを構えても逃げることはありません。
虫でも探しているのでしょうか、ベランダのアチコチを飛び移っています。

メジロスズメもベランダにやってきましたがカメラに収めることが出来ませんでしたcoldsweats01
今年はハクセキレイも初めて8階まで上がってきて何か探し物をしていましたeye

シャコバサボテンが開きましたshine
蕾を形成してからかなりの時間がかかったので余計に綺麗に見えます。
透き通ったピンク色が新鮮で何回見ても飽きませんhappy01

Img_0136


Img_0146

今日も日がよく当たって植物達は喜んでいるようです。
フリル咲きビオラ「ミルフル」がしっかりと根付いて力強い花を咲かせ始めました。

Img_0142


Img_0138

白のネメシアも花数を増やしましたnote

Img_0140


Img_0141

ペラルゴニウム・シドイデスは氷点下にならない寒さくらいではベランダで過ごしても弱らないようです。室内が植物達でいっぱいになるのでできるだけ外で過ごせる植物は頑張ってもらっていますrun

Img_0143

もみじ葉ゼラニウムの花が日を浴びて紅が炎のように鮮やかになります。

Img_0145

 

2014年12月21日 (日)

穏やかな日曜日(ベランダガーデニング)

この1週間は寒さが厳しかったのですが今朝は青空が覗き、風も無い穏やかな日曜日ですsun
肩の力も少し抜け、気持ち的にも楽になれますhappy01
あまりの寒さにとうとう熱量の大きい電気ストーブを一昨日、買ってきたのですが今日は必要ないようです。

ベランダのビオラは今朝は縮こまることもなく花びらを大きく広げていました。花数を随分増やしてきました。

Img_0134


Img_0127


後から買ってきた白色のビオラもやっと花を付け始めてメイン花壇が華やかになってきました。

Img_0129

この時期に貴重な日照を植物達に少しでも浴びせてあげようと今日はクレマチスの小さな苗を日の当たる場所に移動させました。

Img_0128

アメリカンブルーも日光浴を!

Img_0131


新しく買ったカメラはマクロ撮影が容易なので助かります。
画像を確認しながら撮影の練習をしていますcoldsweats01

Img_0125


Img_0124

Img_0123

【独り言】
関西での買い物を楽しんでいますnotes
チラシに特価とあっても大概は「価格は相談に応じます」と互いに他店舗を意識して販売しているので最安値を知ってネゴシエーションすれば予算内で手に入れられることがあります(関西ではこのネゴシエーションが普通だそうだから最初は戸惑いましたcoldsweats01
今回の電気ストーブは特価(店頭価格)の3割引き(10千円down)で手に入れることが出来ましたdollar
ネットで買うよりも安く手に入ることもあり、予算内でうまくGETできた時は嬉しいですねsign01

2014年12月20日 (土)

グリーンを提供してくれるヘデラ(ベランダガーデニング)

今朝は雲間から晴れ間も覗いていたのですがあれよあれよという間に厚い雲に覆われてしまいましたcloud
これから雨が降る予報ですcoldsweats02

脇役として大活躍してくれるヘデラですが、冬季は緑葉で元気をくれますhappy01

Img_0118


春から秋にかけては殆ど目立たないのですが他の植物達が枯れたり落葉すると緑葉が目につくようになりますeye
嬉しいですね、生きている証拠がベランダで発見、確認できると自然と元気が出ますrun

Img_0115


ヘデラは夏にも冬にも強くて大概の場所で生き生きと育ち縁の下の力持ちのように主役を引き立たせてくれます。

Img_0110


Img_0113_2


あまり繁茂しても困るので肥料はほとんどやらず主役のおこぼれ状態ですcoldsweats01

余計に伸びた箇所をカットして水に浸して発根させてやってから植え付けています。

Img_0117

もうすぐクリスマスですねxmas

Img_0109_2

2014年12月19日 (金)

シャコバサボテン(ベランダガーデニング)

やっと年賀状の印刷を終えました。あとは手書き文章を添えるだけです(これが結構時間を要しますcoldsweats01
パソコンといった処理能力のある道具が普及して年賀状書きも便利になりましたねsign03
大掃除は日頃の掃除の成果もあって大したことは残っていないので年末はゆっくり過ごせそうですsign02

久しぶりにシャコバサボテンの白い花が咲いてくれそうです。

Img_0104


紅色は昨年咲いてくれたのですがリビングに置いたままにしていたので(短日処理をしない)今年は花を咲かせてくれそうもありませんcoldsweats02

Img_0105

花数は少ないのですがリビングの窓越しの日光に当たって咲く姿を見るとほっこりしますnote

ベランダの寒気の中の植物たちは震え上がっていますがそれなりに紅葉したりそれぞれの生育サイクルを繰り返しています。

Img_0098


クリスマスローズ
は新芽を出し始めましたbud

Img_0100

オリーブの実はまだ野鳥に盗られることなく熟した状態のままです。

Img_0102

2014年12月18日 (木)

霜柱が立っていました(ベランダガーデニング)

今朝はベランダの鉢に霜柱が立っていました。
ビオラが霜柱で浮き上がってしまうほどの冷え込みでしたcoldsweats02

Img_0081


それでもしっかりと咲いているビオラは凄い!と、いうか寒い季節が好きな植物ですねhappy01

Img_0091


Img_0090


何かを撮ろうとしても指先が思うように動かず……camera

Img_0085


とりあえず何枚かを撮ってみましたcoldsweats01

Img_0088

モッコウバラの葉摘みをしたり、クレマチスの葉が落ちたので雑貨が現われるようになったベランダ西側です。

Img_0086_2

2014年12月17日 (水)

ブルーベリーの紅葉(ベランダガーデニング)

寒波襲来snowtyphoon
寒い!寒い!
強い寒気団が日本列島をすっぽり覆い、低気圧が急速に発達して北国では大雪、九州でも雪が降るとのこと、気を付けましょうねsign01
結露を拭きとってもすぐにまた結露するといった冷え込みですcoldsweats02

ベランダの植物達もふるえあがっているようです。
こんなときは水やりを怠りがちになって枯らすことがあるので気を付けています。
今朝もそれぞれの鉢・プランターを見て回って乾燥しているものに水遣りしてやりましたhappy01

ブルーベリーがやっと紅葉の見ごろになりましたmaple

Img_0070



昨年の今頃は真っ赤になって落葉寸前の状態になっていましたが今年はまだ緑も残っています。
きっとこの寒波で真っ赤になるのでしょうねsign02

今年ベランダにやってきた斑入りブッシュミントもやっと紅葉を始めたようです。

Img_0074


寒風に弱いということですがベランダに出したまま試しています。
(腰壁の高さにハンギングして少しは風に当たるのを防いでいます)

アイビーゼラニウム「カリエンテ」がまた咲き出しました。
ピンク色の花はベランダを明るく温かくしてくれるので嬉しくなりますnote

Img_0075

ポインセチアは赤く色付いた花(?)が特徴ですが、この赤い部分は”花”ではなくて”苞葉”だそうです。
花は中心部のプツプツとした部分だそうです。
その花の部分をよく見てみるとなかなか面白い。
これが”花”とはなかなか納得しがたいですねsign02

Img_0077


2014年12月15日 (月)

オキザリスの花茎が上がってきました(ベランダガーデニング)

潜水艦の潜望鏡のような姿でオキザリスの花茎が伸びてきました。
昨年よりも2週間も早く上がってきました。

Img_0060


昨年は一昨年と同じ日に上がってきてその精度に驚いたのですが今年はかなり違いました。
大概、宿根草や植えっ放し球根の植物は精度よくサイクルを繰り返すのですが今年は環境の変動が大きかったのでしょうか、少し狂ったようですthink

Img_0058

オキザリスの繁殖力も強いようですup
ユーカリのグランドカバーとして育つ植物がなかなか見つからない中、最初はオキザリスの球根を数個植えただけだったのですが年々増えてきて今ではプランターいっぱいになって他のグランドカバーを覆ってしまいました。

Img_0066

寒さが厳しいのですが、寒いのが好きな植物達は心地よい環境を喜んでいるように見えますhappy01

Img_0063


Img_0064

2014年12月14日 (日)

モッコウバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

つるバラの葉摘みを終えてモッコウバラの葉摘みをしました。
モッコウバラは病害虫に強いので葉摘みをしなくてもよいのでしょうが私の目的は少しでも新芽を日光に当ててやりたいので葉摘みを始めました。

Img_0047



ベランダではどうしても日照が少なくなるのでそうであれば葉っぱをもぎ取って陰を少しでも減らしてやろうと数年前から始めました。

Img_0048



気持ちのせいかどうかは分かりませんが春の花数が違うようです。
春がやってくるのを待つ楽しみも増えましたhappy01

Img_0049

Img_0053



その他ベランダでは構造的に日照が限られてしまうのですがその分、嵩上げをしたりして植物が少しでも日が当たるようにしています。

2014年12月13日 (土)

苗を買ってきました(ベランダガーデニング)

寒い日が続きそうだから電気ヒーターを買いに家電量販店に出掛けてみたのですがそこは既に撤退されていて遊技施設に変わっていました。
随分長い間、行ったことがなかったのですが目的のヒーターをネットで調べるとそのグループ店が安いとのこただったので行ったのですが残念!

突然の目標喪失に真っ直ぐ帰宅するのも勿体ないので園芸店に寄ってみることにしましたrvcar
クリスマス向け、いや正月向けの寄せ植えがいっぱい陳列されていました。

私も年末向けにと少しの苗を買ってきました。今の時期は種類が少ないのでテンションがあまり上がりませんでしたがウロチョロしている間にスイッチが入ってしまいましたcoldsweats01

Img_0027


特にテーマはありませんでしたが好きな花、過去に失敗して再挑戦したい花などを持ち帰りましたgood

Img_0029_2


Img_0041



買ってきたのはクリスマスで定番のポインセチア、プミラ、ガーデンシクラメン、カルーナ、多肉植物、宿根ネメシア、葉ボタン、シルバーブッシュなどです。

Img_0032_2





Img_0044


リビングで楽しむためにも。

Img_0038

水菜、春菊、イタリアンパセリ、青じそが大きくなりつつあります。
鍋にはまだ遠いですが頑張ってくれています。

Img_2446


Img_2447


Img_2448

2014年12月12日 (金)

越冬中の植物達(ベランダガーデニング)

寒気団が入ってきたのか今朝は少し冷え込んでいますdown
昼になっても鉛色の雲が覆っているので冷え込みが一層増しているようですcoldsweats01
週末はこれまでで最も強い寒波襲来で冷え込むとの予報です。日曜日は投票日ですがどのようになるのでしょうsign02

冬の寒さはこれからですが越冬中の植物達は震え上がりながら頑張っているようですwobbly

ブライダルベール切り戻した状態をほぼ保っています。これから寒気に当たると葉の色が変わってくると思われます。
しかし、根がしっかり生き続けば春になると復活してくれます。
水遣りを忘れないことですdanger
東側ベランダの排水管に抱かれるようにハンギングしています。朝陽が当たり、風を排水管で遮ってくれるからでしょうかもう数年もここで越冬していますscissors

Img_2444


ヘンリーツタは全ての葉を落として休眠状態になりました。枯れてと勘違いしないことですねsign02
高い軒下にハンギングしていましたが風が当たりにくいベランダ格子部分の寒冷紗を張った所で冬越しです。
土表面が乾燥したら水遣りして春を待ちます。
*画像の葉っぱは姫リンゴです。

Img_2453


ミセバヤは寒さに強いのそのままベランダに置いています。まだ真っ赤に紅葉した姿を楽しめます。
もうじき、地上部を枯らして消滅してしまいますが既に来年の準備を済ましているので安心です(株元に新芽を出しています)

Img_0011

時計草は晴れた日には上部のビニル袋を取って中が蒸れないように気をつけています。
コオロギ(カネタタキ)2匹もこの中で冬越ししています。

Img_2454

山椒の木はすっかり葉を落としました。
幹・枝の表皮がカサカサ状態なのでいつも枯れてしまったのではないかと心配になってしまいます。

Img_2450

木苺は紅葉がハッキリとせずこのまま冬を迎えそうです。
既に大きな新芽を覗かせているので葉を落としても大丈夫な状態です。

Img_2452

2014年12月11日 (木)

カメラの撮影練習(ベランダガーデニング)

今日は全国的に雨のようなrain
雨は嫌いだけど今朝の雨はそんな気にさせませんでしたcoldsweats01
朝の冷え込みが厳しくなく、窓も結露してなくて久しぶりに拭く必要もない、ベランダの掃除も出来ないので動き回ることもなくゆっくり過ごせますwheelchair

今日は昨日買ってきたカメラの撮影練習ですcamera

Img_0007


Img_0009


説明書を読みながら設定や撮影方法を楽しんでいますnote

Img_0012


Img_0013


小遣いが貯まったので今使っているカメラの上位機種だと私でももっと綺麗に植物達を撮れるかなと頑張ってみようと……。
家電量販店をアチコチ回っても予算ギリギリでは欲しい機種がなかなか難しかったのですが関西特有のネゴシエーションで4店目で成功!

Img_0014


Img_0015


買ったばかりなのでまだまだカメラが有している機能、性能を引き出せませんがこれからいろいろと撮ってみて腕を磨きたいですcoldsweats01

Img_0005

ズームやマクロなど植物を撮るときに役立つ機能を試してみて違いを実感するとやはり嬉しいですね!
カメラマニアになっていく気持ちが分かるような…coldsweats01

Img_0021


Img_0023


Img_0025Img_0026

Img_0008





2014年12月10日 (水)

12月中旬のビオラ(ベランダガーデニング)

昨日に続いて今日も穏やかな天気の兵庫南部地方ですsun
身体の力も抜けて動きやすいですねhappy01
植物達も同様に喜んでいるようですnotes

Img_2423

Img_2430


12月中旬にもなるとビオラの花がら摘みが始まりますhairsalon
今までは花数が増えることを楽しみに眺めているだけでしたがより沢山の花を付けるためにも花がら摘みは大切ですね!

Img_2440


花をそのままにしておくと種を付けるためにエネルギーを消費するのでそれを抑止するためです。

Img_2443


フリル咲きビオラ「ミルフル」が段々と豪華咲きになってくれるのでベランダが明るくなってくれますflair

Img_2441


Img_2442

この穏やかな天気が続いてくれれば嬉しいのですが今夕から崩れ明日は雨予報ですcoldsweats02

Img_2427

2014年12月 9日 (火)

小さなハイビスカスの花(ベランダガーデニング)

冬越しするために短く刈り込もうとしたら小さな蕾を付けていたのでそのままリビングに入れて花を咲かせるのを待つことにしていたハイビスカスです。

すると昨晩真紅の小さな花びらを開いていました(通常の花の7割くらいの大きさです)
ハイビスカスは大概朝早く開いて午後には閉じてしまう”1日花”なのですがこの寒さでセンサーが狂ってしまうのでしょうか真っ暗になってから開いてしまいましたhappy01

Img_2415


念のためにと昨夜フラッシュをたいて撮影していたのですが、朝起きてみるとまだしっかり開いていたので安心、ゆっくりと楽しめます。

Img_2422


寒い空気の中でハイビスカスの花を楽しんでいますnotes
同じ花でも秋と冬では見て感じるものが随分違いますねdog

Img_2419

一昨日、ベランダ掃除のときに見つけて時計草のプランター内に移してやったコオロギ(カネタタキ)が今朝朝日が当たるとビニル袋の内側につかまっていました。
冷え切ってしまうベランダもビニル袋内だと多少は気温の下がり方も違うのでしょうsign02
生き延びてくれていてよかったです。

Img_2420

2014年12月 8日 (月)

自分流の楽しみ方(ベランダガーデニング)

今朝は寒さも少し緩んで結露の拭き作業も簡単に済みましたhappy01
青空も広がって気持ちよく洗濯物もよく乾きそうですsun

今年は秋植え球根を全く植えていないのでちょっと心残りというか不完全燃焼でモヤモヤ気分です(HCでは早くから球根コーナーを取り除き、クリスマス商品が並べられましたcoldsweats02

それでも既に水仙スノードロップなどが芽を出してくれたので今はそれらの生育観察が楽しみですeye

Img_2409_2


Img_2410


冬は花や葉が少なくなって寂しいベランダになりますが、そんなこともあろうかと少しずつ配置した雑貨類が現われてそのシーンを楽しめますnotes

Img_2405

Img_2408_2


少しでも緑が欲しいのでカラーリーフなども活用していますclover

Img_2404


Img_2406


昨日、今日とつるバラの葉摘み(1品種残っていたもの)をしました。
新芽を病害虫から守ると共にしっかり日光に当てて健康に育つことを願って寒さに負けず頑張りました。
ベランダの庇から出た部分は危険なのでもう少し先で体調のいい日にしようと残しておきましたcoldsweats01

Img_2413


2014年12月 7日 (日)

冬のワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

今朝も冷え込みましたsad
ベランダのウッドパネルを取り除いて掃除しているとコオロギ(カネタタキ)の子が凍死寸前状態になっていました。身動きできない状態だったのでビニル袋で被っている時計草の葉の上にとまらせていたら日が当たるようになり温度が上昇すると移動していました(この中には既に2匹のカネタタキが冬を過ごしています)

寒くてもベランダの植物では水キレをさせてはなりませんdanger
鉢の中を点検して乾燥しているものには水遣りしています。

細い茎と小さくて薄っぺらい葉のワイヤープランツはどう見ても冬が苦手のように見えます。

Img_2401


私は冬越しさせるためにワイヤープランツをビニル袋で覆っていましたが、何年か経ってそんな防寒対策をする必要がないことを知りました。

Img_2402


今では夏冬関係なく同じ場所に配置して楽しんでいます。
冬はかなり落葉しますがそれでも緑葉を観賞することが出来るのでベランダガーデニングを1年じゅう楽しめる植物として重宝していますshine

Img_2403


Img_2400

冬は乾燥すると葉が縮れるので葉水をして生き生きするようにしています。

Img_2398

2014年12月 6日 (土)

室内に移動したエアプランツ、ハイビスカス(ベランダガーデニング)

今朝も真冬並みの寒さですねsign01
窓の結露がひどくて朝の掃除アイテムが一つ増えますcoldsweats02

それでも今日は青空が広がっているので気分は良好happy01
ビオラなどの花の色が鮮やかに見えて寒さも少しは和らぎますspa

Img_2387


空気が冷た過ぎてベランダに出ると固まってしまいそうですヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
寒さに弱い植物をタイミングよく室内に入れたので彼らはホッとしている感じです。

エアプランツは窓越しの太陽光を浴びてほっこりしていますnote

Img_2396

ハイビスカスは蕾の先っぽが赤味を帯びてもうすぐ花を咲かせそうな状態になってきました。

Img_2397

こちらはベランダですが、寒さが好きなネメシアは満開になりました。
10数年前の花が少ないこの時期に初めて出会って色・形・姿が気に入りそれ以来ずっとベランダに必ずあります(今ではこの時期でもいろんな花がありますが当時は少なかったです)
Img_2393

2014年12月 5日 (金)

ベランダが明るくなります(ベランダガーデニング)

寒々とした光景になる冬のベランダですが、ガーデンシクラメンの鮮やかな花は炎のようにその場を明るくしてくれますshine

Img_2374


今のところ、先日買ってきたガーデンシクラメンしか咲いていませんが夏越ししたガーデンシクラメンももうすぐ花茎を伸ばして花を咲かせてくれそうです。

Img_2383


ちょっとしたことで気持ち的に温かくなれます。

今年は木立性ベゴニアも1鉢だけ切り戻しせずに置いて花を楽しんでいます。このオレンジ色のシャンデリア風の花も周りを明るく暖かくしてくれます。

Img_2377

Img_2378



苦手だった冬の寒さもガーデニングを始めてからはいつの間にか冬が終わっているように感じるようになりました。
明日の楽しみを繰り返しているといつの間にか月日が経って1年で最もゴージャスな春を迎えるからでしょうかsign02

ベランダのホットコーナーで四季成りイチゴ「夏姫」の大きな実を見つけましたeye

Img_2385

2014年12月 4日 (木)

今日はゆっくりと(ベランダガーデニング)

朝から雨が降っていますrain
12月の雨はさすがに冷たいですね!
今回の寒波襲来、特に北日本の突然の積雪に比べれば「冷たい」なんて言っておられないですね。
更なる1級の寒波が週末にやってきそうだと気象予報で言っていますcoldsweats02
気を付けましょうねsign03

ここ数日、ベランダの寒さ対策でバタバタしていましたがやっと一段落したので今日は寒いながらもゆっくりとベランダのチェック&観賞が出来ましたeye

今年はカイガラムシ等の越冬隊を見かけないので害虫対策が楽そうですhappy01
でも、油断は禁物ですねdanger

2,3日ビオラを見ないと景色が随分変化していて嬉しいです。今が一番の生長期で勢いがあって元気をもらえますnote

Img_2361_2

Img_2364

Img_2370



冬の花達がしっかり根付いて「冬のベランダ」に模様替えしてくれています。

Img_2365


Img_2367

Img_2368


花が少なくて寂しい冬のベランダも紅葉や新芽を見つけて妄想するのも結構楽しいものですhappy01

Img_2372


Img_2381


Img_2380


ここんところの寒さにも負けずに元気なベランダの植物をみて安心しました。

Img_2379





2014年12月 3日 (水)

寒冷紗を張りました(ベランダガーデニング)

寒風対策としてベランダの格子部分に白の寒冷紗を張り、最後の防寒対策作業をしました。

Img_2355


昨日からの寒波でベランダに吹き込む風の冷たいこと!
特に直接風が吹き込む格子部分は掃除をしているとその冷たさを感じますwobbly

Img_2356


一晩じゅうこの寒風に当たると植物達もかなりのダメージを負うだろうと毎年寒冷紗を張っています。白色だと照度を下げずに風対策ができる効果があるようです。

Img_2357

たかがこんなものでと最初は思いましたが、実際に張ってみるとすぐにその効果を実感出来ますscissors
お蔭でこのエリアの植物達も無事に冬越し出来ています。

Img_2358


Img_2359

2014年12月 2日 (火)

つるバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

毎年この時期につるバラの葉摘みをしています。
バラに関しては経験の浅い初心者なので管理は基本に沿って忠実に行うように心掛けています(先日のNHKの「趣味の園芸」でも丁度剪定・誘引、葉摘みに関して放映されていました)

Img_2345


葉が有している病気や害虫から新芽を守るために葉摘みをするそうです。
今の時期は丁度節々から小豆色の新芽を覗かせています。
それらを確認しながら葉をもぎ取るのも楽しいものですnotes

Img_2349


ベランダでバラを育てることは不可能だと初めから諦めていたのですが、何を思ったか突然我が家のベランダの環境条件に合っていそうなつるバラ2品種を選定して挑戦してみることにしましたhappy01

Img_2347


生育状態が悪くなり、やはり無理だと納得したのですが鉢を移動させることにより可能性があるかなとまだ挑戦が続いています。

昨年植え替えしたこのつるバラの新しい芽が春になって大活躍してくれることを願いながら30分間の葉摘みを終えましたhappy01

Img_2352

寒さにもめげずローズマリーが元気です。路地で木質化したローズマリーが沢山のブルー花を咲かせているのを見かけますeye
オリーブのグランドカバーとして矮性ローズマリーを見つけたのですが相性がいいようですgood

Img_2341

2014年12月 1日 (月)

ミセバヤの紅葉(ベランダガーデニング)

昨日のポカポカ陽気とは打って変わって、今朝は寒くそして通学中の学生から悲鳴が上がるほどの強い雨が降っていましたrain
明日の朝は相当冷え込むようですsnow 昨日防寒対策しておいてよかったですscissors

昨年から育てているミセバヤがすっかり紅葉しました。すべての葉が鮮やかに紅葉して綺麗ですmaple

Img_2328


1年を通して観察していると、この植物の生育サイクルが分かってきました。
寒くなると地上部の殆んどを枯らして春になってから新芽を出す植物が多いのですが、ミセバヤは地上部は枯らすのですがその前に新芽を覗かせた状態で越冬するようですbud

Img_2342


Img_2343


寒さに強く、年間を通してベランダで育てられるので手間がかからず、いいですね!

Img_2330


Img_2338

紅葉と言えばベランダで気に入っている千日古坊が色づいていい感じになってきましたcoldsweats01
京都のスケールの大きい紅葉は歓声があがりますが、ベランダのミニ紅葉はゆっくり静かに楽しめます。

Img_2339

【独り言】
今年はスズメバチが異様に多いようですdanger
毎日のようにやってきて飛び回ります。何を探しているのか数十分、時には半日くらいブンブンと飛び回るのでベランダに出られませんcoldsweats02
昨日は家の中に迷い込んだ蜜蜂を外に逃がしてやろうと布きれに掴まらせて手を出したところどこからか凄い音を立てて私の右腕にスズメバチがとまってしまいましたwobbly
手のひらの方に移動するスズメバチに刺されてしまうと思ったのですがじっとしていると飛び立っていきました。いや~、怖かったですねぇhappy01
(蜜蜂はとまってもじっとしていると刺さないのですがスズメバチにそのような習性があるのかどうか知りませんが恐ろしかった日曜日でした)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »