トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

寒さ対策をしました(ベランダガーデニング)

今日はポカポカ陽気で「明日から12月」が信じられないほどです。

Img_2316



しかし、明後日以降最低気温が3℃が予想されるので寒さに弱い植物の対策を講じてやりましたspa

Img_2321


小物の観葉植物は室内に入れることが出来るのですが孔雀サボテンクンシラン、アロエなど大きくなったものはベランダで冬を過ごしますsnow
ビニル袋を二重にして空気層を作ってやり断熱効果を少しでも上げてやりますgood

Img_2320

東側のベランダは数年前に棚をDIYして作って日光によく当たるようにしてやったので(午前中だけですが)植物達も喜んでいるようです。
鉢を床に直接置かないので植物の環境にも良いようですscissors
私にとってはベランダ床の掃除が楽になり凄く助かっています。

時計草は我が家のベランダではそのままでは冬越しが微妙(随分前に失敗)なのでビニル袋を被せて越冬させています。

Img_2326


株分けしたりして増えた植物は試験的にベランダで越冬できるかどうかを試しています。
今回はカネノナルキです。

Img_2325

陽気で刈りこんだアメリカンブルーに1輪の花が咲きました。

Img_2327

2014年11月29日 (土)

11月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

晴天の日が続くとベランダの様子が随分変化しますshine
ビオラがしっかりとした株になり一気に花数を増しますnote

Img_2288


それぞれの花の色が識別出来るようになって混色花壇が次第に仕上がっていきますup

Img_2286


Img_2287

弱ったものしかなかった色の苗も何とか見られるような姿になってきました。
まだまだ本来の姿にはなりませんが一生懸命頑張っているようです。

Img_2293

プランターや壁掛けのハンギングやつるし型のハンギングにとそれぞれの入れ物に助けられながら相応の色・形・姿で楽しませてくれますhappy01

Img_2291

Img_2298


Img_2309


遠くの山も紅葉真っ盛りで借景といったところですmaple

Img_2312


来週は強い寒波がやってきそうですsad
寒さに弱い植物は室内に取り込んでやろうと思っています。

Img_2304Img_2306Img_2307Img_2308








2014年11月27日 (木)

紅葉狩りに行ってきました(ベランダガーデニング)

京都へ紅葉狩りに行ってきましたmaple
片道2時間半電車に揺られて秋を満喫してきました。
天気もよかったので最高な気分でしたよhappy01

Img_2152


Img_2154


今年初めての紅葉狩りです。
昨日が雨だったので凄い人出でした。平日なのに電車は超満員sign03

Img_2165


京都の名所へは大概複数回行っているのですが最も人気のある「永観堂」は一度も行ったことがなかったので今回訪れてみました。

Img_2161


流石に紅葉狩りの人気No.1の名所ですね!

Img_2164


Img_2204


Img_2235

Img_2215




今回は「永観堂」に関する勉強を全くせずに紅葉シーンを楽しんできました。
これから少し歴史的な勉強をして今日のシーンと共に記憶に残しておこうと思っています。

Img_2158Img_2159Img_2167Img_2180_2





Img_2185Img_2191






Img_2195

Img_2219Img_2208Img_2226_2





Img_2257Img_2260

Img_2277Img_2285


2014年11月26日 (水)

四季成りイチゴ「夏姫」(ベランダガーデニング)

四季成りイチゴの「夏姫」が結実していましたcherry
未だ青々としてイチゴらしくない姿ですがそれなりに感慨深いものがあります。

Img_2138


ベランダで育てやすいイチゴをいろいろと試してみて最も適合していると思われる四季成りイチゴの「夏姫」がランナーを伸ばしながら自生するようになってからもう4年以上になります。

Img_2139


子株、孫株も増えて今では7か所で「夏姫」が生き生きと生育していますbud

Img_2143

今日、「お歳暮」の予約にデパートに行ってきましたsubway
平日にもかかわらずお歳暮コーナーは超満員で100人超の待ちで待つこと1時間弱、お腹を空かして待ちましたwobbly

帰りに雑貨屋に寄ってハンギングポットをそして100均ショップで小さなオーナメントを買ってきました。

Img_2145

何を入れるか、何処に置くかはこれからゆっくり考えますcoldsweats01

Img_2147

2014年11月25日 (火)

今年も元気な慌てん坊なスノードロップ(ベランダガーデニング)

毎年この時期に咲く慌てん坊のスノードロップがありますcoldsweats01

Img_2128


本来は最も寒さが厳しい2月頃に凛とした姿の花を咲かせてくれて特別な気持ちにさせるスノードロップなのですが冬がやってくる前に咲くとちょっと複雑というか「スノードロップ」と認めない自分がいますdespair

Img_2130


毎年同じ場所で咲くのでそのようなDNAを有する球根なのでしょうねsign02
早く咲かせて主を楽しませてやろうとする思いやりのある球根なのでしょう。

Img_2133


掘り起こさず植えっ放しのスノードロップですが長生きしています。

Img_2136

2014年11月24日 (月)

木立性ベゴニアが再び咲きそう?(ベランダガーデニング)

木立性ベゴニアが再び花を咲かせそうですshine

Img_2122



Img_2116


ベゴニアは鮮やかな花を1年じゅう咲かせてくれるのでベランダガーデニングにはもってこいの植物だと思うのですがこの木立性ベゴニアは寒さに弱い品種なので最低気温が10℃を切る11月中旬に刈り込んで室内に入れるので今回のような出会いは初めてです(元々、木立性ベゴニアの花期は4月〜11月頃までなので開花のチャンスは有り得るのでしょうがbook

Img_2117


今年は2鉢ある中、一つだけを先日刈りこんでもう一つはまだ刈りこまなかったら初めてこの時期の木立性ベゴニアの花に巡り合えそうです。

Img_2121


冬の間は室内に入れて乾燥気味に育てます。こうやってもう20年近くになる我が家の木立性ベゴニアです。

緑葉に銀白色の斑点模様を楽しめます。

Img_2124

2014年11月23日 (日)

ハンギングのビオラ「ミルフル」が咲きました(ベランダガーデニング)

今日も小春日和といった穏やかな天気ですsun
休日がこのような天気だと気分も随分違いますねnotes

ハンギングに植え付けていたフリル咲きビオラ「ミルフル」がやっと花を咲かせましたshine
今回の「ミルフル」苗は状態があまり良くなかったので少し不安でしたが何とか生長してくれましたup

清楚なブルーの花です。

Img_2108



まだ1輪だけなので寂しい感じですがこんもり咲いたシーンを妄想すると嬉しくなってきます。

Img_2112

Img_2111


朝食しながらベランダの植物の様子を見ていると朝陽が当たっていたのでその時の様子を撮っておきましたcamera

Img_2099


Img_2100


肉眼ではもっと朝陽の当たる箇所と陰の明暗がハッキリして綺麗なのですが…coldsweats01
撮影技術をもっと磨こうとガイドブックなどを読むのですが直ぐに忘れてしまいそのショックも大きい今日この頃ですcoldsweats02

Img_2101


Img_2102

Img_2106

光線が当たってオリーブの葉がキラキラするのもこの秋と春ならではですshine

Img_2113


2014年11月22日 (土)

紅葉が遅いベリー類(ベランダガーデニング)

街路樹のケヤキは既に紅葉の終盤でかなり落葉した状態ですがベランダのブルーベリー木苺は数日前からの冷え込みでやっと色付き始めたところです。

Img_2090


Img_2095


こんなに遅かったかなと昨年の様子を調べたら10月初旬にはヘンリーツタにやや遅れて紅葉を開始していましたmaple
こんなに違うのは何か条件があるのでしょうね?
毎年同じ場所に置いているので考えられるのは気温変動に対するセンサー感度の違いでしょうかsign02

Img_2088

Img_2094

Img_2096




京都の紅葉も丁度見ごろとなったので連休は訪問者で賑わうでしょうねsign03
昨年の祇王寺は凄くよかったのですが今年は何処に行こうかなと検討中ですthink

Img_2109


Img_2093

2014年11月21日 (金)

長生きするマザーリーフ(ベランダガーデニング)

5年前にそのユニークな成長に興味をもって育ててみたマザーリーフですが今も浴室で生き続けています。

Img_2076


ひたひた水に浸しておくと新芽(子株)を出して増える珍しい植物ですbud
常にひたひた状態にしておかないと成長しないので(皿の水がすぐに蒸発してしまうので油断禁物ですdanger

Img_2082


成長して土に植えてやると栄養分をグングン吸収して結構大きくなる植物のようです。
支柱を必要とするくらい伸びるようですよsign02

私は成長を抑制してやろうと小さなポットに植えています。
支柱も立ててやらないので自立できずに倒れて横向きになってしまいましたcoldsweats01

Img_2079


低温にならない場所で乾燥気味に育てれば長生きするようです。
丸5年になりました。

Img_2083

挿し木しても増やすことができますnotes

 

2014年11月20日 (木)

繰り返し咲いてくれるゼラニウム(ベランダガーデニング)

兎に角、ベランダを明るくしてくれるゼラニウムです。
花の少なくなるこの時期でも咲いてくれるのでベランダの花の保険のようですcoldsweats01

Img_2071


先週まで咲いてくれていたアイビーゼラニウム「カリエンテ」の花が散ってしまったかと思うと、もみじ葉ゼラニウムの花が再び咲いてくれましたshine

Img_2068

Img_2069




Img_2062

名前を忘れてしまったゼラニウムも先日刈り込んだらまとまった姿になりましたgood

Img_2057

Img_2060




日に日に寒くなりますが、寒さを好む水仙は喜んでいるかのように芽を伸ばしています。

Img_2061

先日植えつけたジュリアンも根付いていい感じになってきました。

Img_2065

2014年11月19日 (水)

11月中旬のベランダ東側(2)(ベランダガーデニング)

昨日は記事をUPできるかどうかの切羽詰まった日でしたが、何とかUPできていたようなので今日は落ち着いてベランダ東側の様子を記録ですpencil

Img_2008


冬の花ビオラだけでなくワイヤープランツオリーブの葉っぱも緑でもって花の少ないこの時期に生きた空間を創ってくれますclover

Img_2049


Img_2043

Img_2056


空気が乾燥しているのでワイヤープランツはチリチリ葉になることがあるので水遣りを忘れないようにそして葉水をしてやるようにしています。

オリーブは貴重な実が赤褐色から黒色に変化して熟しているようです。今年はまだヒヨドリに盗まれていませんcoldsweats01

Img_2040

大規模改修工事後に少しでも緑を増やそうとDIYして壁際処理をしたのですが今では工作物も馴染んできました。
絶対に手を出さないと決めていたバラもこの東側でつるバラ1品種を育てています。

Img_2010

今シーズンはつるバラのシュートが沢山伸びて背面の黄金カズラを覆ってしまいそうです。

Img_2055


メダカ鉢周りはそろそろ冬支度をしなくてはなりません。
メダカも水温が下がってきたので鉢底深く潜ってじっとしています。
Img_2044_3

Img_2039_3Img_2041_2Img_2045Img_2046





Img_2047Img_2048


2014年11月18日 (火)

11月中旬のベランダ東側(ベランダガーデニング)

今日から「ベランダの花日記」の第2弾「ベランダの花日記(2)」のブログ開始ですpencil
(ディスク容量がいっぱいになったので新たに登録しました)
過去の記録は「ベランダの花日記」に戻って見なければなりませんが、気持ちを新たにしてRE-スタートですrun

ブログアドレスが同じなので検索した場合、「ベランダの花日記」と「ベランダの花日記(2)」のどちらにアクセスするのでしょう?(最新版かな?もう少し私に技量があれば解決策もあったのでしょうが…coldsweats02

1日半パソコンの前に座って悪戦苦闘したのですが少し見通しがたったのでベランダに出て一息しましたcafe

メイン花壇のあるベランダ東側はこんなときに元気をくれますnote

Img_2014


ビオラも蕾・花を付けるようになって明るくなってきましたshine

Img_2025


こじんまりとまとまった姿は何とも言えません。
昨年に続いて今シーズンも混色モードです。

Img_2030

ミセバヤも紅葉して今までとは違った雰囲気を醸し出していますmaple

Img_2034

新たに加わったガーデンシクラメンも鮮やかな花と濃い葉でシャキッとさせてくれます。

Img_2038

まずは試験も兼ねて「ベランダの花日記(2)」の初投稿をしてみます。
これからボチボチと私の実力の範囲でブログを改善してみますcoldsweats01

引き続き、「ベランダの花日記(2)」もよろしくお願いいたします。

Img_2012

 

トップページ | 2014年12月 »