2017年7月22日 (土)

ハイビスカスの開花がもう少しです(ベランダガーデニング)

晴天が続くからかハイビスカスの蕾がムクムクと大きくなってきて色付きました。

Img_8693


Img_8684

この開きそうになる期間が楽しくて仕方ありませんnotes
開いてしまうと”1日花”なのでお別れしないといけないのでそれまでの時間がいいですねhappy01

Img_8687

ハイビスカスの花は青空を背景にした姿が似合うのですが、満開のサフィニアが背景になる姿はどうでしょうsign02

Img_8694


Img_8695


Img_8696

毎日の水遣り、花がら摘みでサフィニアが健康に育っていますnote

Img_8689


Img_8691


Img_8692

Img_8697

最後のクレマチス花です。

Img_8700

2017年7月21日 (金)

四季成りイチゴ「夏姫」が元気!(ベランダガーデニング)

真夏日になって気温が朝から急上昇して見る見るうちに朝水遣りしたプランターが直ぐに乾き状態になるイチゴです。

1日3回は水遣りが必要なくらいですsign01

それでもしっかりと”四季成り”を実行するから凄い品種なんですね!
朝ベランダに出ると甘い香りが漂ってきます。

Img_8670

いつもならヒヨドリが見つけて朝早くやってくるのですが今年はブルーベリーが不作の影響もあってベランダにやってきませんcoldsweats01

ミリオンベルが相変わらず花を咲かせ続けます。

Img_8673

Img_8645

2017年7月20日 (木)

梅雨明け(ベランダガーデニング)

「梅雨が明けたとみられる」と気象庁から発表がありましたsun
保証があるわけではありませんが梅雨のイメージが払しょくできてスッキリ気分になれます。

しかし、植物達も暑さに耐えられないのか30℃くらいまでは普通に元気だったのですが35℃を超えると急に萎れてしまって駄目になってしまったものがありますdown
私もちょっと外出するだけでもう目まいがするほどですshock

昨日見つけたクレマチス「HFヤング」が開いてくれましたshine
元気をもらえますrun

Img_8667


Img_8681

暑い日に気を付けなければならないことは朝の水遣りを忘れないことですdanger
万が一、忘れたときは鉢の温度が高い日中はやらず夕方になってからか、緊急時は日陰に移動させて温度が下がってからです。

暑さが苦手な植物の一部は北側ベランダで避暑させています。
耐えてくれるかどうかが問題です。

その一つ、ゲラニウムです。怪しい感じですがまだ大丈夫なようですscissors

Img_8679


マザーリーフは昨年の実績があるから大丈夫でしょうsign02
風通しのよい場所で更にパワーアップしてくれると思います。

Img_8678


フウセンカズラは水揚げがいいので直ぐに土表面が乾き、葉っぱがダラリとなってしまうので直射日光の強い場所よりも半日陰場所で育てる方がよさそうです。

Img_8677


Img_8675

Img_8672

2017年7月19日 (水)

7月中旬のベランダ中央(ベランダガーデニング)

今日は猛暑日になりそうな勢いで気温上昇ですup
朝から激しく鳴いていたクマゼミも暑さのせいか一休みしているのか静かですsleepy

ベランダ中央部は大して載せるものもないなと探していたらまだ残っていたクレマチスが開きそうになっていました。
もう終わりと思っていたらもう1輪、嬉しいですnotes

Img_8663

おとなしく咲いている篭口などももう少しもってくれそうです。

Img_8665

Img_8666





Img_8659


花がすくないので野草もそのままにして花や綿毛を楽しんでいます。

Img_8649


Img_8650


Img_8651


Img_8648

ワイヤープランツは1年中緑葉を楽しませてくれるので貴重です。
暑さ寒さにこんなに強い植物とは思いませんでしたcoldsweats01

Img_8655


Img_8658


エアプランツも冬季以外はしっかり緑を維持しています。
葉水を欠かさないように心がけています。

Img_8657


Img_8639

色がなく寂しい画像になったのでメイン花壇の今日の様子をsun

Img_8656


Img_8627


Img_8633

今シーズンはハートカズラの花がまだ見当たりませんeye

Img_8640


2017年7月18日 (火)

7月中旬のベランダ東側(ベランダガーデニング)

連休が終わり、通常の生活が始まりましたsun
1週間もすれば夏休みになるので学生はワクワク気分で通学でしょうかsign02
部活の朝練で動き回る生徒たちを見ていると元気をもらえますrun

朝は晴れて猛暑日になるのかと思いきや10時を過ぎると突然風が吹き、雲行きが怪しくなって遠くから雷の音が聞こえてきましたthunder

植物達は強い陽射しを浴びることなく一休み出来そうな感じですcloud

今夏のサプライズの一つ、センニチ古坊のお化けになるほどの生長です。
ここ数年背丈が数10㎝程度だったのですが、土を入れ替えると1mを超える程になってしまい周囲の植物が陰となって困っています。
センニチ古坊本来の背丈なので仕方ないのですが…coldsweats01

Img_8635

12時を過ぎると多少空が明るくなってきたので一安心ですdanger
最近の当然の豪雨は身に危険を及ぼすので恐ろしいですねshock

今日はベランダ東側の景観ですcamera

Img_8641


春はクレマチスが壁一面に咲いて賑やかでしたが今は花後の剪定を済ましたので寂しい感じになりました。

Img_8632


それでもしっかり生き続けて翌シーズンに好きな花を咲かせるので楽しみです。

Img_8643


Img_8644

Img_8642




暑い夏を乗り切らせてくれるサフィニアは夏に欠かせませんsign01
どんなに暑くても日々生き生きした花を咲かせて元気をくれます。

Img_8627


Img_8628


Img_8629

元気をもらえるアイテムがあると心強いですsun

Img_8646


Img_8647

夏場の留守時の水遣りのために今ペットボトルでの給水を試し中です。
約1日でペットボトルの水が空状態になるくらいが理想なのですが。
3日くらい家を空けても大丈夫ですwine

Img_8636

2017年7月17日 (月)

7月中旬のベランダ西側(ベランダガーデニング)

3連休も今日で終わり、夏の行事に参加されたり、旅行に行かれた方も多いことでしょうrvcar
猛暑日となって溶けてしまいそうですがチャンスはそうないので無理してしまいますcoldsweats01
明日からに備えてしっかりと体調を整えておきましょうdanger
(自分に言い聞かせているのですが…)

テーマが見つからないからベランダの景観を撮っておくことにしましたcamera
元々、景観を楽しむために始めたガーデニングなのですが当初計画の緑化が形だけですが達成したので一休み状態です。

Img_8595


Img_8596

Img_8598

花は少ないのですが小さな蕾を楽しめますnotes

Img_8603

Img_8624






ヘンリーツタの蕾が弾け始めました。

Img_8605

Img_8623

クレマチスも控えめに咲いていますが凄く和ませてくれますshine

Img_8600

Img_8634

Img_8611

Img_8610

不死身のアリッサムも生長著しくなってきましたup

Img_8606

Img_8613


Img_8614


Img_8615

非常に蒸し暑い1日が終わりました。
水分補給に気を付けながら室内で過ごしました。

Img_8620

2017年7月16日 (日)

夏いろいろ(ベランダガーデニング)

朝からクマゼミがジージーと物凄い勢いで鳴いています。
夏を印象づける蝉も以前は好きでしたが最近は”恐ろしい”と感じるようになってきましたshock
真夏日となってその気温の高さに恐怖を覚え、熱中症にならないかと心配するからでしょうかsign02
体力の低下を感じる今日この頃ですcoldsweats01

朝、起きてベランダの清掃、水遣りしているといろんな変化を発見することがありますeye
目の前で大きな虫を見つけてビックリ、一気に目が覚めることもありますsad

Img_8578_2



Img_8579


蕾を見つけて日々の変化を観察するのも楽しみです。

Img_8580


Img_8582

花期は終わったものの、最後の最後まで振り絞って花を咲かせるクレマチスはサプライズそのものですscissors

Img_8590

Img_8589


Img_8588


Img_8591

夏バテしないように元気をくれるサフィニアは私にとって夏になくてはならない花になっていますsun

Img_8585

1年中花を咲かせてくれるホットリップスはナチュラル感を醸し出してくれる貴重な花になっています。

Img_8587

2017年7月15日 (土)

ハイビスカスに蕾が付きました(ベランダガーデニング)

ハイビスカスが昨年よりも2週間早く蕾を付けました。

Img_8575

先月植え替えしたからか勢いがありますup
葉っぱの色も濃くなって健康色ですclover
やはり、鉢栽培だと植え替えは重要なポイントの一つのようです。

Img_8573

このハイビスカスは我が家にやってきて丸11年になるのですが植え替えを繰り返してコンパクト仕立てにしています。

Img_8567

ハイビスカスの花期は通常8月下旬からなのですが今年はちょっと早そうですsign02

Img_8572

Img_8569


2017年7月14日 (金)

復活中のフィットニア(ベランダガーデニング)

明日から3連休なんですね!
働き過ぎを改善し、もっともっと家族団欒の時間を増やして絆を大切にして欲しいものです。

冬の管理が悪かったので地上部を傷めて全てを切り取ったフィットニアですがやっとそれと分かる葉が出てきましたbud

Img_8559


Img_8560

小さい葉ながらもハッキリと分かる白い葉脈が現れてきましたeye
普通なら今頃のフィットニアは新鮮な葉を雑貨の如雨露からはみ出すくらいの勢いがあってその冷涼感のある姿を観賞できます。

Img_8561

いつもハラハラしながらもしっかりと復活してくれるのですが昨年は復活力が少し弱かったので今年はどうでしょうかsign02

Img_8562

ヘンリーツタの蕾がなかなか弾けません。
上方にハンギングしているオレガノディクタムナスの花が咲き始める頃に弾けるのですがまだでしょうかsign02

Img_8563

ハツユキカズラがいい感じに斑入り葉、着色葉など色々な葉が混ざるようになりましたnotes

Img_8564

2017年7月13日 (木)

今年もミリオンベルを楽しんでいます(ベランダガーデニング)

昨年、数年振りに出合ったミリオンベルですが無事に冬越し出来たので今夏も楽しむことが出来ています。

Img_8544_2

Img_8547

華奢に見えるミリオンベルですが意外と寒さにも強い植物のようですrun
以前に育てた時も冬越しして長い間楽しむことができました。

Img_8552

小さな花ですが次々と長い間咲いてくれるので元気をもらえます。

Img_8553


Img_8554

 

長い付き合いのネメシアがほんの少し咲いてくれました。
春に咲いた箇所は花後の剪定をしたので秋になったら再び咲いてくれるでしょうsign02

Img_8555

黄金カズラの葉っぱに赤色系の葉が見られちょっとしたアクセントになっています。

Img_8557

ハートカズラはそろそろ花が咲いてくれる頃なので蔓をかき分けて探したのですが見つかりませんでしたcoldsweats01

Img_8558




«オレガノディクタムナスも咲きました(ベランダガーデニング)